1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫auひかりホームを徹底解剖!10ギガ・5ギガの料金や速度など!

auひかりホームを徹底解剖!10ギガ・5ギガの料金や速度など!

auひかりでは、通常の「auひかりホーム1ギガ」の他に「auひかりホーム10ギガ」「auひかりホーム5ギガ」と言った高速通信可能なプランがあります。

そこで、

「auひかりホームとauひかりホーム10ギガ・5ギガの料金は変わらないの?」
「10ギガ・5ギガプランはマンションでも利用出来るの?」

など、疑問を持たれている方も多いんじゃないでしょうか。

という事で今回はauひかりホーム10ギガ・5ギガについて解説していきます。

また、auひかりホーム10ギガ・5ギガを利用する際の注意点もお伝えするので是非参考にしてみてください!

スポンサーリンク

料金

まずauひかりの初期費用ですが、「auひかりホーム」や「auひかりホーム10ギガ・5ギガ」どちらに申し込んでも特に違いはありません。

どちらも必ず以下の料金がかかります。

事務手数料3,000円
工事費用37,500円
割賦回数60回×625円
合計金額40,500円

通常のauひかりホームと10ギガ・5ギガの工事内容も違いはないので、基本的に初期費用に関してあまり気にしなくても良いでしょう。

auひかりホーム

auひかりホームとauひかりホーム10ギガ・5ギガの初期費用に違いはありませんが、
auひかりを利用する場合は共通して「料金プラン」と「基本内容」によって月額料金が変わります。

以下の表をご覧下さい。

料金プラン基本内容月額料金
ずっとギガ得プランネット+電話1年目:5,600円/月
2年目:5,500円/月
3年目:5,400円/月
ネット+電話+テレビ1年目:6,100円/月
2年目:6,000円/月
3年目:5,900円/月
ネットのみ1年目:5,100円/月
2年目:5,000円/月
3年目:4,900円/月
ネット+テレビ1年目:5,600円/月
2年目:5,500円/月
3年目:5,400円/月
ギガ得プランネット+電話5,700円/月
ネット+電話+テレビ6,200円/月
ネットのみ5,200円/月
ネット+テレビ5,700円/月
標準プランネット+電話6,800円/月
ネット+電話+テレビ7,300円/月
ネットのみ6,300円/月
ネット+テレビ6,800円/月

auひかりホーム10ギガ・5ギガ

「auひかりホーム10ギガ・5ギガ」の月額料金は上記の「auひかりホーム」に追加料金を支払う形となります。

回線速度のプラン料金のプラン
auひかりホーム10ギガギガ得プラン:追加1,280円
ずっとギガ得プラン:追加料金なし
標準プラン:追加1,280円
auひかりホーム5ギガギガ得プラン:追加500円
ずっとギガ得プラン:追加料金なし
標準プラン:追加500円

10ギガの場合は追加で1,280円、5ギガは追加で500円かかり高速通信を利用する場合は通常の料金より高くなります。

しかし料金プランをずっとギガ得プランにすれば1ギガプランと同じ料金になります。

例えば、auひかりホームの10ギガで「ずっとギガ得プラン」の「ネット+電話」で申し込むと、auひかりホームと同じ月額5,600円になるという事です。

なので、料金を安くおさえたいなら料金プランは「ずっとギガ得プラン」一択です。

回線速度

次にauひかりホームとauひかりホーム10ギガ・5ギガの回線速度の違いについてです。

プラン回線速度
auひかりホーム1ギガ最大下り1Gbps
auひかりホーム10ギガ最大下り5Gbps
auひかりホーム5ギガ最大下り10Gbps

auひかりはフレッツ光など他の光回線と違い「IPv6」に対応しているので通常の速度も速い方ではあります。

また「10ギガ・5ギガ」は高速通信を売りにしているだけにauひかりホームと比べて10倍回線速度が速くなりますが、ベストエフォートなので必ず10Gbpsの速度が出るワケではありません。

ちなみに、auひかりホーム10ギガ・5ギガを利用する場合は「新型ホームゲートウェイ」を使います。

新型ホームゲートウェイは、もちろん上りも下りも最大速度10Gbpsに対応しています。

更に無線LAN機能が搭載されており、現在主流である「11ac」と11acより高速である「11ax」に対応しているので、高速通信でインターネットを楽しみたい人にはうってつけのプランです。

ただ「11ax」を使う場合、最新型という事もあってスマホやパソコンも11axに対応していなければ高速化させる事は難しいです。

しかも、11axに対応している通信機器は今のところ存在しません。

出来る限り回線速度を高速化させたいなら10Gbpsに対応したLANケーブルを使って有線接続をするのがオススメです。

auひかりホーム1ギガの口コミ・評判

auひかりホーム10ギガの口コミ・評判

auひかりホーム5ギガの口コミ・評判

注意点

マンションタイプ

ちなみに「auひかりホーム10ギガ・5ギガ」は高速通信可能で魅力的なプランではありますが、集合住宅であるマンションタイプで利用する事が出来ません

集合住宅で回線速度を高速化させたいなら最大下り1Gbpsの「ミニギガプラン」を選択するのが良いです。

しかしauひかりのマンションタイプはauひかりの導入が済んでいるマンションに住んでいる人に限ります

更に住んでいるマンションが既にauひかりに対応していても、建物の構造によってタイプが分かれるので自分で「マンションタイプのミニギガプラン」を選択する事が出来ません。

提供エリア

auひかりは別の光回線であるフレッツ光等とは違い、提供エリアがかなり狭いです。

auひかりホームを利用する場合の提供エリアは以下の通りです。

auひかり提供エリア

■auひかりホーム(一戸建て)
大阪府、京都府、和歌山県、奈良県、滋賀県、兵庫県、三重県、愛知県、静岡県、岐阜県、沖縄県以外
■auひかりマンション
全国のauひかり導入済みのマンション
※沖縄県を除く
※マンションミニ ギガの提供エリアは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の一部

更にauひかりホーム10ギガ・5ギガを利用するとなると、もっと提供エリアが狭くなります。

auひかりホーム10ギガ・5ギガの提供エリア

東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の一部

上記の地域に住んでいればauひかりホーム10ギガ・5ギガを利用して高速でインターネットを楽しむ事が出来ますが、それ以外の人は「auひかりホーム」しか申し込めません。

また通常のauひかりホームも提供エリアが狭いので、場合によっては「auひかり自体利用出来ない」という事があります。

仮にauひかりを利用出来ない地域なのであれば、BIGLOBE光などの「auのスマホ割」を実施している光コラボを選択しましょう。

違約金

auひかりは「auひかりホーム」であろうが「auひかりホーム10ギガ・5ギガ」であろうが高額な解約費用がかかります。

以下の表をご覧下さい。

auひかりホーム1ギガ期間解除料金
(違約金)
初期費用分割金
(37,500円割賦)
利用開始
~2018年2月28日
30か月間×1,250円残分を一括請求
利用開始
2018年3月1日~
60か月間×625円残分を一括請求
契約プランずっとギガ得プラン3年自動更新15,000円
ギガ得プラン2年自動更新9,500円
標準プラン更新無し0円
割引プランスマートバリュー2年自動更新9,500円
+
その他

・撤去工事費用 28,800円強制徴収
・プロバイダごとの割引サービス解約 10,000円~20,000円

auひかりホーム10ギガ・5ギガ期間解除料金
(違約金)
初期費用分割金
(37,500円割賦)
利用開始
~2018年2月28日
30か月間×1,250円残分を一括請求
利用開始
2018年3月1日~
60か月間×625円残分を一括請求
契約プランずっとギガ得プラン3年自動更新15,000円
ギガ得プラン2年自動更新9,500円
標準プラン更新無し0円
割引プランスマートバリュー2年自動更新9,500円
高速通信サービス最低利用期間有り12か月以内解約2,500円
+
その他

・撤去工事費用 28,800円強制徴収
・プロバイダごとの割引サービス解約 10,000円~20,000円

以上のように「auひかりホーム10ギガ・5ギガ」は、高速通信サービスとして最低利用期間があり12ヶ月以内に解約した場合は2,500円がかかります。

更にauひかりは撤去工事費として28,800円が必ずかかるので、なるべく解約費用を抑えたいなら工事費の残債分と解約金が0円になる6年目に解約手続きを行う事です。

まとめ

以上でauひかりホームとauひかりホーム10ギガ・5ギガについてご紹介しました。

auひかりホーム10ギガ・5ギガについてまとめると、

auひかりホーム10ギガ・5ギガ
  • 追加で料金を支払うが「ずっとギガ得プラン」にすれば、auひかりホーム1ギガと同じ料金で安くなる
  • auひかりホーム10ギガ・5ギガにすると、回線速度は通常より速くなるが必ずしも10Gbpsや5Gbpsの速度が出るワケではない
  • マンションタイプに対応していない
  • 通常プランより提供エリアが狭い
  • 12カ月以内に解約した場合は「高速通信サービス」として2,500円の解約費用がかかる

となります。

auひかりを利用するにあたり、大切になるのが「提供エリア」です。

auひかりはどのプランを選択しても提供エリアが狭いので、まずは自宅が提供エリアかどうかを調べて、次にauひかりホーム10ギガ・5ギガに対応しているのかを確認しましょう!

スポンサーリンク

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。