1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫auひかりのギガ得プランとは?標準プランとの違いを解説!

auひかりのギガ得プランとは?標準プランとの違いを解説!

auひかりの契約をするにあたり重要になるのが料金プランです。

auひかりの戸建てタイプには、

  • ギガ得プラン
  • ずっとギガ得プラン
  • 標準プラン

の3つのプランがあり、それぞれ料金や契約内容が異なります。

更にauひかりでは超高速通信可能な5ギガプランや10ギガプランまであるので、
どのプランがお得なのか分からない人も多いかと思います。

そこで今回はauひかりの戸建ての料金プランの違いについて解説していこうと思います。

スポンサーリンク

料金プラン

ギガ得プラン

まず「ギガ得プラン」について説明します。

ギガ得プランは2年契約が条件となりますが月々の料金を標準プランより安く抑える事が出来ます。

料金は以下の通りです。

プラン内容 料金
ネット+電話 5,700円/月
ネット+電話+テレビ 6,200円/月
ネットのみ 5,200円/月
ネット+テレビ 5,700円/月

ただし更新月以外に解約した場合は解約金として9,500円が発生するので、解約のタイミングには気をつけましょう。

ずっとギガ得プラン

次に「ずっとギガ得プラン」は利用すればするほど料金が安くなるプランです。

料金は以下の通りです。

プラン内容 料金
ネット+電話 1年目:5,600円/月
2年目:5,500円/月
3年目:5,400円/月
ネット+電話+テレビ 1年目:6,100円/月
2年目:6,000円/月
3年目:5,900円/月
ネットのみ 1年目:5,100円/月
2年目:5,000円/月
3年目:4,900円/月
ネット+テレビ 1年目:5,600円/月
2年目:5,500円/月
3年目:5,400円/月

ずっとギガ得プランは契約期間3年が条件ですが利用期間に応じて安くなりますしauひかりのプランの中では月額料金が一番安いのでオススメです。

しかし更新月以外に解約した場合は解約金として15,000円が発生するので、解約のタイミングには注意です。

標準プラン

最後に標準プランについて説明します。

標準プランは契約期間の縛りがないので、いつ解約しても解約金が発生する事はありません。

ただ、短期利用が出来る為月額料金は最も高くなります。

プラン内容 料金
ネット+電話 6,800円/月
ネット+電話+テレビ 7,300円/月
ネットのみ 6,300円/月
ネット+テレビ 6,800円/月

また、auひかりはプロバイダを選択しなければいけないのですが、「BIGLOBE」や「DTI」では「標準プラン」を用意していません。

なので、標準プランを利用したい場合は他のプロバイダを選択しましょう。

解約に注意!

ちなみに標準プラン以外は契約期間が設けられており更新月で解約すれば解約金はかかりません。

例えば、ずっとギガ得プランを利用する場合は36ヶ月目に解約をすれば15,000円がかからないというワケです。

しかし工事費の残債分を支払う必要があります。

例えば分割で工事費を支払っていた場合、解約する際は625円×60ヶ月なので残りの24ヶ月分の15,000円を一括で支払わなければいけません。

更に撤去工事費が発生するので以下の料金がかかります。

auひかりホーム1ギガ 期間 解除料金
(違約金)
初期費用分割金
(37,500円割賦)
利用開始
~2018年2月28日
30か月間×1,250円 残分を一括請求
利用開始
2018年3月1日~
60か月間×625円 残分を一括請求
契約プラン ずっとギガ得プラン 3年自動更新 15,000円
ギガ得プラン 2年自動更新 9,500円
標準プラン 更新無し 0円
割引プラン スマートバリュー 2年自動更新 9,500円
+
その他

・撤去工事費用 28,800円強制徴収
・プロバイダごとの割引サービス解約 10,000円~20,000円

auひかりホーム10ギガ・5ギガ 期間 解除料金
(違約金)
初期費用分割金
(37,500円割賦)
利用開始
~2018年2月28日
30か月間×1,250円 残分を一括請求
利用開始
2018年3月1日~
60か月間×625円 残分を一括請求
契約プラン ずっとギガ得プラン 3年自動更新 15,000円
ギガ得プラン 2年自動更新 9,500円
標準プラン 更新無し 0円
割引プラン スマートバリュー 2年自動更新 9,500円
高速通信サービス 最低利用期間有り 12か月以内解約 2,500円
+
その他

・撤去工事費用 28,800円強制徴収
・プロバイダごとの割引サービス解約 10,000円~20,000円

引越しをする場合は解約金や撤去工事費はかかりませんが、auひかりのどのプランを選択しても解約するとなると結局高額な解約費用がかかってしまいます。

「ギガ得プラン」や「ずっとギガ得プラン」で解約金や工事費を安く抑えたいなら、6年は利用し続けないといけないので、おさえておきましょう。

回線速度のプラン

ちなみに上記のプランは「料金プラン」の事なので、料金プランによって回線速度に違いはありません

ただauでは1ギガプランの他に5Gプランや10Gプランと言った超高速プランを用意しており、回線速度のプランを選ばなければいけません。

つまり、auひかりでは、

  • 料金プラン
  • 回線速度のプラン

の2つを選択する必要があります。

例えば料金プランの「ずっとギガ得プラン」と回線速度のプランの「auひかりホーム5ギガ」を選択すると言った感じです。

組み合わせは以下の表を参考にしてみて下さい。

回線速度のプラン 料金のプラン
auひかりホーム10ギガ ギガ得プラン:追加1,280円
ずっとギガ得プラン
標準プラン:追加1,280円
auひかりホーム5ギガ ギガ得プラン:追加500円
ずっとギガ得プラン
標準プラン:追加500円
auひかりホーム1ギガ ギガ得プラン
ずっとギガ得プラン
標準プラン

ただ「auひかりホーム10ギガ」にする場合は1ギガプランに追加で1,280円を支払い、「auひかりホーム5ギガ」にする場合は1ギガプランに500円追加で支払わなければいけません。

なので、基本的に超高速でインターネットを利用する場合は通常より料金がかかります。

しかし料金プランの「ずっとギガ得プラン」に申し込めば1ギガプランと同じ料金となります。

なので、お得でかつ超高速でインターネットを使いたいなら「ずっとギガ得プラン」を選択しましょう。

まとめ

それでは、auひかりのギガ得プランについてまとめると・・・

  • ギガ得プラン、ずっとギガ得プラン、標準プランは「料金プラン」のこと
  • ギガ得プラン:2年契約が必須で標準プランよりは料金が安い
  • ずっとギガ得プラン:3年契約が必須で月額料金が最も安いうえ、利用期間に応じてどんどん料金が安くなる
  • 標準プラン:契約期間はないが月額料金は最も高い

となります。

どのプランを選択しても結局auひかりは工事費を分割で支払う場合60カ月は支払い続けなければいけませんし、高額な解約費用が発生します。

なので、月額料金や利用期間に応じて安くなる「ずっとギガ得プラン」を選択する方がお得です!

是非、検討してみてください!

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。