1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫auひかりはホームゲートウェイが速度に影響?交換方法や料金を解説!

auひかりはホームゲートウェイが速度に影響?交換方法や料金を解説!

auひかりが提供するホームゲートウェイ(HGW)は機種によって回線速度が違います。

また、古いタイプのホームゲートウェイと比べて最新型のホームゲートウェイは高速通信が可能でありながら無線LAN機能がついているので自分でWi-Fiルーターを用意せずとも簡単に利用する事が出来ます。

更にこの無線LAN機能が永年無料になる場合があります。

なので、なるべくなら最新型のホームゲートウェイを使いたいところですが、既にauひかりを契約していて別のホームゲートウェイを利用している人は最新型のホームゲートウェイを利用する事は出来るのでしょうか?

また「今使っているホームゲートウェイの回線速度が遅い」「なんか調子が悪い・・・」などと言った理由で交換する事は可能なのでしょうか?

そんなauひかりのホームゲートウェイに関する悩みを解消するべく、今回はauひかりが提供するホームゲートウェイの「料金・回線速度・交換」について解説していきたいと思います。

これからauひかりを契約しようと考えている人も既にauひかりを使っている人も、是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

料金

基本的にホームゲートウェイはインターネットに接続する為に必要なのでauひかりが無料で貸し出してくれます。

なのでホームゲートウェイ本体に料金がかかる事はありません

ただし、最新型のホームゲートウェイに搭載されている無線LAN機能は料金がかかります

これからauひかりを契約をする人は「BL1000HW」「BL900HW」「BL900HW」の最新型のホームゲートウェイを利用する事になります。

最新型のホームゲートウェイには無線LAN機能が搭載されており無線LANを利用する場合はオプション料金として月額500円が発生します。

なので、1年間利用すると6,000円、2年間利用すると12,000円、3年間利用すると18,000円がかかるので、年間の合計金額を見ると自分でWi-Fiルーターを購入した方が安いです。

しかし、スマートバリューが適用されている人はこの無線LAN機能のオプション料金が永年無料になります。

スマートバリューとは、KDDIが提供する「携帯電話回線」と「固定回線」の利用料金が割引されるセット割のことを言います。

スマートバリューが適用されると通信費の合計金額を安く抑える事が出来ますし、先程もお伝えしたように無線LAN機能のオプション料金が永年無料となるので必ず「スマートバリュー」に加入しておきましょう。

ただauひかりを既に利用している方でホームゲートウェイの機種が最新型以外だった場合は、いくらスマートバリューのセット割を受けていても無線LAN機能が永年無料になる事はありません。

また無線LAN機能が搭載されていない機器がありますので、Wi-Fiを利用したい場合は外付け無線LANルーターを用意する必要があります。

auひかりでも外付け無線LANルーターをレンタルする事が出来ますが、レンタル料金として月額500円が発生するので、auひかりからルーターをレンタルするより自分で購入した方が安くなるので自分で用意しましょう。

ちなみに、ホームゲートウェイ本体はauひかりから借りているので最終的には必ず返却しなければいけません。

仮に一定期間内に返却出来なかった場合は、状況によりますが1,000円〜8,000円の違約金が発生してしまうので、解約する際は必ず期間中に返却する事です。

速度

次にauひかりが提供しているホームゲートウェイは機種によって大きく回線速度が変わります。

以下の表をご覧ください。

回線速度 無線LAN規格
BL1000HW 10Gbps/5Gbps/2.5Gbps/1Gbps/100Mbps IEEE802.11ax(ドラフト)/ac/a/b/g/n
BL900HW 1Gbps/100Mbps/10Mbps IEEE802.11n /a/b/g
BL902HW 1Gbps/100Mbps/10Mbps IEEE802.11n/a(5GHz帯)/IEEEE802.11n/b/g(2.4GHz帯)同時利用可能
BL190HW 1Gbps/100Mbps/10Mbps IEEE802.11 b/g
BL170HV 100Mbps/10Mbps
BL172HV 100Mbps/10Mbps
BL150HV 100Mbps/10Mbps

上記の表を確認してみると「BL1000HW」は最新タイプで下り最大回線速度10Gbpsに対応しています。

一方、他の機器は下り最大回線速度1Gbpsだったり100Mbspまでだったりするので、BL1000HWは最も回線速度に期待が出来ると言う事が分かります。

また無線LAN規格を確認してみても、BL1000HWは現在主流である「11ac」と最新規格である「11ax」に対応しているのでWi-Fiで接続しても高速でインターネットを利用する事が可能なので高スペックと言う事が分かります。

ただ、11acより11axは高速通信が可能なのですが、11axを利用する場合PCやスマホなどの通信機器も11axに対応していないといけません。

残念ながら現在11axに対応している通信機器は存在しないので、11axで高速通信を楽しみたい人は11axに対応した通信機器が出るのを待つしかありません。

とは言っても現在主流である11acでも高速でインターネットを利用する事が出来るので選ぶなら「BL1000HW」一択で間違いありません。

なのにで、auひかりを既に利用しており「インターネットの回線速度が遅い!」と感じていた人は、古いタイプのホームゲートウェイを利用している可能性があるので、BL1000HWに交換する事をオススメします。

auひかり5・10ギガホームの場合

ちなみに、auひかりの「auひかりホーム 5・10ギガホーム」と言う超高速通信可能なプランにした人の中には「回線速度が遅い!」「5Gbps、10Gbpsも速度が出ない!」と言った事があります。

で、auひかりホーム 5・10ギガホームのプランにした人はBL1000HWというホームゲートウェイを利用しているかと思います。

確かにBL1000HW の無線LAN規格は11acや11axの高速通信が可能なのですが、auひかりの公式サイトに書いている通り「11ax=下り最大2.4Gbps」「11ac=下り1.7Gbps」までしか速度は出ません。

なので、可能な限り高速通信でインターネットを利用したい人は、2.4Gbps以上の回線速度が実現出来る10Gbpsに対応した無線LANルーターを自分で購入するか、10Gbpsに対応したLANケーブルで有線接続するしか方法はないので要注意です。

速度に関する口コミ・評判

交換する方法

ホームゲートウェイを最新のBL1000HWへ交換する場合は以下の連絡先にお問い合わせをして下さい。

ホームゲートウェイの交換のお問い合わせ先

0077-777(無料)
※上記電話番号が利用出来ない場合:0120-22-0077
営業時間:9:00〜20:00

交換する際は手数料3,000円がかかるという事は注意して下さい。

次に、交換出来る条件ですがBL190HW・BL170HVなどの古いタイプのホームゲートウェイを利用していた人は交換する事が出来るので、まずは自分がどの機種のホームゲートウェイを利用しているのかは確認しておきましょう。

それから、「auひかりホーム5ギガプラン」など高速通信のプランに変更をしたのにも関わらず5Gbpsに対応していないホームゲートウェイを利用していた場合や過失による故障の場合でも最新のホームゲートウェイに交換する事が出来ます。

また、著しくホームゲートウェイの調子が悪かったり回線速度が遅いと言った理由で交換している人もいるので、上記のお問い合わせ先でどんな状況なのかを相談するのが良いでしょう。

交換に関する口コミ・評判

まとめ

それでは、auひかりのホームゲートウェイについてまとめると、

  • ホームゲートウェイ本体は料金がかからない
  • 無線LAN機能を利用する場合はオプション料金として月額500円がかかるが、スマートバリューに加入している人は永年無料となる
  • 最新の「BL1000HW」が高速通信可能なので一番おすすめ!
  • 交換する場合は手数料3,000円がかかる!

となります。

auひかりと既に契約していて古いタイプのホームゲートウェイを利用している人は手数料がかかってしまいますが、BL1000HWに交換する事をオススメします。

また、これから新規で契約する人はBL1000HW以外のホームゲートウェイが届く場合がありますが交換する事が出来るので検討してみて下さい!

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。