1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫auひかりのIPv6 IPoE接続の速度は遅い?解説します!

auひかりのIPv6 IPoE接続の速度は遅い?解説します!

インターネットを利用する際に自分が使いたい時間帯に限って速度が低下してしまうケースがあります。

この原因として「IPv4」と言う通信方式にしておりIPv4の接続口が混雑しているので回線速度が遅いといった事が起こります。

回線速度を高速化させる為にはIPv4接続ではなくIPv6接続に切り替えることで改善する事があります。

auひかりにも「IPv6」という通信方式でインターネットに接続する事は可能ですが、他の光回線との違いはあるのでしょうか?

そこで今回は、auひかりの「IPv6」について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

auひかりのIPv6の特徴

回線速度

auひかりに限らず、フレッツ光やドコモ光の一部のプロバイダでは「IPv6」という接続方法を採用しています。

IPv6で接続すれば回線速度の改善が見込めますが、厳密に言うと「IPv6 IPoE」という通信方式にすれば回線速度が高速化出来る可能性があると言う事です。

そもそも、IPv6には「IPoE」と「PPPoE」という通信方式があり、トンネル方式と呼ばれる「PPPoE」は下り最大200Mbpsまでしか出せないのに対して、ネイティブ方式である「IPoE」では下り最大1Gbps以上の速度を出す事が可能です。

例えば、フレッツ光やドコモ光と提携するプロバイダの中には「IPoE」に対応していない会社があるので、IPv6接続にしても回線速度が速くなったなどの実感ができない事があります。

しかしauひかりは全てのプロバイダが「IPv6 IPoE」という通信方式を採用しているので、高速でインターネットに接続する事が出来ます。

IPv4とIPv6が自動切り替え

IPv6接続を行う場合、プロバイダはもちろんですが、自宅で利用しているルーターや閲覧するWEBサイトもIPv6に対応している必要があります。

ですが、WEBサイトがIPv6に対応するかどうかは利用者である私たちではどうにか出来る問題ではありません。

なので、いくら「IPv6」に対応していると言ってもIPv4にしか対応していないサイトは閲覧出来ない事があります。

しかし、auひかりでは「IPv4/IPv6デュアルスタック」と言うIPv4とIPv6の両方の通信方式を採用しているので、ネットを利用するわたしたちがIPv6で接続していてもIPv4にしか対応していないサイトを閲覧する場合であっても自動でIPv4に変換してくれます。

対して、フレッツ光やドコモ光の一部のプロバイダでは「IPv6を利用出来る」と謳っていてもIPv4とIPv6が自動で切り替わるなどの対応をしていない事があります。

なので、フレッツ光やドコモ光の一部のプロバイダと比べて、auひかりは通信規格を気にせず快適にインターネットを利用する事が出来るというワケです。

セキュリティに強い

上記のようにauひかりのIPv6は自動で切り替えてくれて高速でインターネットに接続する事は可能ですが、更にパスワードやクレジットカード情報を保護する「鍵マーク(SSL通信)」に対応していたり、加えてパケットが暗号化されたり、よりセキュリティが強化されているので、安心してインターネットを利用する事が出来ます。

auひかりのIPv6に関する口コミ・評判

設定方法

auひかりでIPv6を利用する場合、申し込み手続きは不要です。

例えばフレッツ光やドコモ光でIPv6を利用する場合はプロバイダによって「GMOとくとくBBではv6プラス」「BIGLOBEではIPv6オプション」と言うように、オプション手続きを行わなければIPv6を利用する事が出来ないプロバイダがあります。

また、全てのプロバイダが対応しているワケではなくIPv6の利用が出来ないプロバイダもあります。

一方、auひかりは全てのプロバイダでIPv6を利用する事が可能で、申し込み手続きも必要ありませんし料金がかかる事もありません

更に、フレッツひかりやドコモ光でIPv6に接続する場合は、IPv6ブリッジ機能対応であれば特に設定は不要ですが、基本的にルーター側で設定を行い、パソコン側でもIPv6を有効化する設定を行わなければいけません。

対してauひかりでは特にルーターやPCで設定する事はないので、そのまま誰でも簡単に利用出来ます。

確認方法

ちなみに、auひかりを利用しており現在「IPv6」で接続しているのかどうか確認する場合は、auの公式サイトで確認する事が出来ます。

au公式サイト:http://www.kddi.com/

公式サイトの上部右側に現在IPv6で接続しているのかIPv4で接続しているのか表示されますので、確認してみて下さい。

接続出来ない場合

ちなみに、auひかりでIPv6で接続出来ないケースが稀にありますが、原因として

  • ファームアップが行われていない
  • 通信機器のOSが対応していない

と言う事が考えられます。

ファームアップをしていない状態やファームアップ時はIPv6で上手く接続出来ない事があります。

例えば、電話を利用していたりするとファームアップが行われない事があります。

しかし基本的にファームアップは遅くても後日には自動で更新するので、自分で設定を行わなくても問題はありません。

また、IPv6で接続出来ない原因として通信機器のOSが対応していない事があります。

IPv6に対応しているOSは以下の通りです。

Windows 10、Windows 8、Windows 7、Windows Vista
Mac OS X 10.14、Mac OS X 10.13、Mac OS X 10.12、Mac OS X 10.11、Mac OS X 10.10、
Mac OS X 10.9、Mac OS X 10.8、Mac OS X 10.7、Mac OS X 10.6、Mac OS X 10.5

ただ、auひかりではIPv6に対応していないOS であっても、IPv6でインターネットに接続する事は出来ませんが、IPv4で接続する事は可能です。


まとめ

auひかりのIPv6ではIPv4/IPv6デュアルスタックに対応しているので、IPv4とIPv6が自動で切り替わり快適にインターネットに接続する事が出来ます。

また、フレッツ光や光コラボとは違い、設定も特に必要ないので誰でも簡単に回線速度を高速化させながらインターネットを利用する事が出来ます。

ただ、auひかりのIPv6にはメリットがたくさんありますが、これからauひかりと契約をする人の中には、auひかりが提供エリア外の場合があります。

auひかりが利用出来ない地域にお住まいの人は、auのスマホ割はもちろんIPv6に対応している「So-net光」「BIGLOBE光」をオススメします。

auひかり So-net公式サイトをチェック!
スポンサーリンク

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。