1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫auひかりのオプションまとめ!必要性や解約方法を解説!

auひかりのオプションまとめ!必要性や解約方法を解説!

auひかりには6つのオプションサービスがあります。

オプションサービスを利用しているとauひかりの請求書に「オプション使用料」が記載されているのですが、既にauひかりを利用している人の中には「こんなものに加入していたっけ?」と疑問を持っている人もいるかと思います。

また、これから新規でauひかりを利用する人は「auひかりを利用する場合、どのオプションに加入すれば良いの?」と悩んでいる人も多いんじゃないでしょうか?

という事で今回はauひかりの各オプションサービスについて解説し、
お得に利用する為にはどんなオプションに加入しておくと良いのかも紹介するので、既にauひかりを開通した人もこれから契約する人も是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

auひかり電話サービス

auひかりには「電話サービス」というオプションがあります。

auの光回線とひかり電話を利用すれば月々の電話料金が安くなる他「スマホ割」が適用されるなどのメリットがあります。

電話サービスは、基本料月額500円の他に通話料がかかります。

種別 ダイヤル 通話料
国内加入電話向け通話 相手先加入電話番号 8円/3分
IP電話向け通話 050- 8円/3分
緊急通報:警察 110 無料
緊急通報:消防 119 無料
緊急通報:海上保安部 118 無料
時報 117 8円/3分
天気予報 177 8円/3分
番号案内 104 無料
(別途番号案内料200円/1案内)
電報 115 無料
(電報料は別料金・KDDI請求)
災害用伝言ダイヤル 171 8円/1分
020番号向け通話 020 10円/40秒
(別途40円/1通話)
auケータイ 15.5円
NTTドコモ
ソフトバンク
ワイモバイル
16円
PHS宛/1分 10円
(別途10円/1通話)

また、電話サービスには「電話オプションパック」というものがあります。

例えばホームゲートウェイが「BL1000HW」だった場合、電話付加サービスを2つ以上申し込み合計690円以上だった場合、自動的に「月額690円」に抑える事が出来ます。

またホームゲートウェイが「BL1000HW以外」だった場合に電話付加サービスを2つ以上申し込み合計500円超えると自動的に「月額500円」になるので、電話付加サービスの中で気になるものがあれば、2つ申し込んだ方がお得です。

各電話付加サービスの料金は以下の通りです。

電話付加サービス名 月額料金 サービス内容
割り込み通話 300円/月 通話をしている時に別の相手から着信があった場合に、最初にかけた電話先を保留にして、あとから電話をかけてきた相手と通話が出来るサービス
割込み番号表示 100円/月 割込みサービスで後からかけてきた相手先の電話番号が表示されるサービス
発信番号表示 400円/月 かけてきた相手の電話番号をディスプレイに表示するサービス
番号通知リクエスト 200円/月 非通知で電話をかけてきた相手に「電話番号の前に186をつけておかけ直し下さい」という音声ガイダンスを流すサービス
迷惑電話撃退 700円/月 着信拒否したい相手に音声ガイダンスを流し、着信音なしで着信を拒否する事ができる
着信転送 500円/月 あらかじめに設定した転送先に電話を接続させるサービス
迷惑電話発着信ブロック 300円/月 詐欺や勧誘などの迷惑電話番号の発着信を自動でブロックしてくれるサービス
KDDI電話 auで着信確認 無料 不在時にauひかり電話の着信があった場合、スマホに着信履歴またはSMSでお知らせしてくれるサービス
移転番号アナウンス 無料 電話番号を変更した際に旧電話番号にかけてきた人に新しい電話番号をアナウンスするサービス
国際不取扱 無料 国際電話の発信を規制するサービス
番号通知設定 無料 「通常通知」「通常非通知」の設定が行える

例えば、発信番号表示はディスプレイのある電話機だったらイタズラ電話や詐欺まがいの電話がかかった時に相手先の電話番号が分かるので、不審だと思ったら電話を出なくてもOKです。

よく固定電話を利用する人には「電話オプションパック」はかなりオススメです。

ちなみにインターネットを契約するにあたり重要になるのが「スマホ割」です。

スマホ割が適用されるのとされないのとでは通信費の合計金額に大きな差が出ます。

auひかりは自分の使っているスマホがauなのであればスマホの料金が割引されてお得に光回線やスマホが利用できます。

しかしスマホ割の条件として「auひかり電話サービス」に加入しないといけません。

つまり、通信費を安く抑えたいならこの「auひかり電話サービス」は必須条件なのです。

auひかりテレビサービス

auひかりテレビは、auひかりの光回線を使って厳選された42チャンネルの中から好きな番組を視聴する事が出来ます。

また、auひかりテレビを使ってauのビデオパスも視聴する事が出来るので、豊富な映像コンテンツを楽しむ事が出来ます。

auひかりテレビサービスは、基本的に「テレビ機器のレンタル料金」に加えて「チャンネルの月額料金」がかかります。

初期費用 登録料:300円
セットトップボックス 500円/月
テレビサービスのチャンネル プラチナセレクトパック:1,980円/月
ミュージックセレクトパック:634円/月
プレミアムチャンネル:1,000円/月〜
ビデオパス 見放題プラン:562円/月
レンタル:作品ごとに課金
R-20見放題プラン:2,500円/月

auひかりはアンテナ工事をしないので工事費がかかりません。

例えば映像コンテツを楽しめる「スカパー!」ではアンテナを設置する為、工事費として1万円以上かかりますがauひかりはアンテナを設置せずにセットトップボックスのみで利用する事が出来ます。

手間もアンテナ設置の工事費もかからず、かなりお得です。

ただし、auひかりテレビサービスでは地デジを視聴する事が出来ません

例えば、ドコモ光では「ひかりTV」というテレビサービスを提供しているのですが、工事不要で光回線を使って「地デジ・BS・CS」を視聴する事が出来ます。

一方、auひかりテレビサービスは地デジに対応した光回線ではないので、元々地デジがあるのであれば問題ないのですが、地デジを視聴する為には別途自分でアンテナを設置するしか方法がありません。

そうすると「別途月額料金」と「工事費」が発生します。

あくまでauひかりテレビサービスは映像コンテツのみを楽しむものなので「地デジやCSなどのテレビ利用を考えている」のであれば、特にauひかりテレビサービスに申し込まなくても良いでしょう。

at Home

auひかりではIoTに対応した「at Home」というサービスを提供しています。

例えばネットワークカメラ01を使って外出先で自宅にいる子どもの様子を確認したり、帰宅する頃にエアコンの設定を調整する事が出来るなどのサービスがあります。

またスマートスピーカーを利用すれば音声認識して電気のスイッチや音楽をかけてくれるので、より便利に快適に生活を送る事が出来ます。

at Homeを利用する場合の料金は以下の通りです。

基本料金 一括払い 分割払い
みまもりセット(赤外線リモコン×1、マルチセンサー×1) 490円/月 11,760円 〜24ヶ月目:490円/月
家電コントロールセット(ネットワークカメラ×1、マルチセンサー×1) 490円/月 11,760円 〜24ヶ月目:490円/月

at Homeは、機器代の他に別途月額料金が発生するので長期でIoTサービスを利用するなら自分で機器を購入した方が安いです。

またat Homeに加入してもauひかりの利用料金が安くなるワケではないので、特に加入しなくても良いオプションサービスです。

サポートサービス

auひかりには、3つのサポートサービスがあります。

サポート名 料金
おまかせアドバイザー 無料
かけつけ設定サポート 【基本設定(有線)】
初回利用料金:2,000円
2回目以降:6,800円
【基本設定(宅内LAN機器パック)】
初回利用料金:4,700円
2回目以降:9,500円
おうちトラブルサポート 月額400円/月

「おまかせアドバイザー」は、auひかりを導入するか迷っている人に対して専門スタッフが自宅まで伺って小さな悩みまで事細かく相談に乗ってくれるサービスです。

また「かけつけ設定サポート」は、専門スタッフが配線やパソコンなどの通信機器の接続設定を行ってくれるのでインターネット接続に疎い人や「配線とか接続設定とか面倒!」と感じる人は、初回利用料金は安いので利用してみる価値は十分にあります。

次に「おうちトラブルサポート」は、鍵をなくしたりトイレやキッチンなどの水回りのトラブルなど一時的な「住宅でのトラブル」に対応したサービスです。

例えば自宅に祖父母や障がいのある方がいるお家であれば利用してみても良いかと思いますが、一時的な緊急対応のみなので必ずしも復旧・修復するワケではないですし、部品交換が必要な場合は別途料金が発生します。

月額料金400円がかかるのであれば、わざわざ「おうちトラブルサポート」に加入する必要はないでしょう。

セキュリティサービス

auひかりでは「安心ネットフィルター」を提供しています。

安心ネットフィルターは、インターネットを使用するにあたり不正サイトのアクセスやフィッシング詐欺を防ぐ為のセキュリティサービスです。

また、利用者の年齢に合わせてアクセス出来るサイトに制限をかける事が出来るので、お子さんがいる家庭にはオススメです。

料金はホームゲートウェイ1台に対して月額190円で利用する事が出来ます。

ただし安心ネットフィルターは、ホームゲートウェイ「BL1000W」という機器を利用している人に限り、不正アクセスの制限のみなので、ウイルスバスターやカスペルスキーなどの高性能なセキュリティソフトよりかは性能が劣ります

より安心安全にインターネットを利用したいなら、12カ月間無料で高性能なセキュリティーサービスを提供しているSo-netなどのプロバイダを選択した方が良いです。

無線LANサービス

auひかりには「無線LANレンタル」と「無線LAN利用制限」と言うサービスがあります。

まず「無線LANレンタル」についてですが、ホームゲートウェイが「BL100HW」もしくは「BL900HW」を利用している人であれば、Wi-Fiがホームゲートウェイに内臓されているのでレンタル料金として月500円支払うとWi-Fiを利用する事が出来ます

しかもauひかりの「スマートバリュー」が適用されている人は、レンタル料金が永年無料となるので利用しないと損です!

ただし、auひかりの無線LANルーターは自分の使っているONUによってレンタル出来る機器が決まります。

仮に外付け無線LANをレンタルする場合はauのスマートバリューに加入していても月額500円が発生してしまいます。

なので「外付け無線LAN」を利用しなければいけない場合は、自分で購入した方が年間の合計金額を安くおさえる事が出来るのでレンタルはやめておきましょう。

ちなみに「無線LAN利用制限」では、無料でWi-Fi接続を利用出来る時間帯を曜日・時間ごとに指定する事が出来るので、お子さんがいる家庭の人は利用しても良いサービスでしょう。

変更・解約方法

auひかりの各オプションサービスは、WEBサイトもしくは電話で解約する事が出来ます。

解約方法は、auの「My au」にてauひかりのau IDでログインして解約するか、以下の電話番号にお問い合わせして下さい。

お問い合わせ窓口

0077-777(無料)
※上記番号が利用できない場合:0120-22-0077
年中無休(9:00~20:00)

オプションの変更も解約と同じ方法で手続きを行う事が出来ますので、確認してみて下さい。

ちなみにauひかりの「電話サービス」や「テレビサービス」を解約する際は、月額料金が日割り計算されます。

しかし「無線LANサービス」の「外付け無線LAN」をレンタルした場合は、そのまま1カ月分の月額料金が請求されます。

また「at Home」を分割払いにしている場合は解除費用が発生します。

例えば12カ月目に解約すると機器代11,760円の残債分である5,880円が一括で請求されるので要注意です。

まとめ

以上でauひかりの「オプション」について紹介させて頂きました。

それでは、まとめると・・・

  • 「電話サービス」は、auのスマホ割が適用されるの加入が必須!
  • auのスマートバリューが適用されている人のみ無線LANのレンタル料が永年無料になる!ただし、外付け無線LANの場合は有料となる
  • 「電話サービス」「無線LANレンタル」以外のオプションに加入する必要なし!

となります。

「auひかりテレビサービス」や「サポートサービス」などは、利用する可能性がありそうなら加入すれば良いですが特に割引やキャンペーンがあるワケではないのでお得にはなりません。

また「セキュリティサービス」は、インターネットを使う上で必ず利用しておきたいサービスですが、auひかりよりプロバイダのセキュリティサービスを利用したり自分でセキュリティソフトを購入した方がお得なので加入する必要がありません。

ちなみに既にauひかりを開通していても、後からオプションに申し込む事が出来るので今より更にお得に利用出来るのかもう一度自分の契約内容を見直しておきましょう!

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。