1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫auひかりの機器まとめ!無線LANルーター・ONU・モデムを解説!

auひかりの機器まとめ!無線LANルーター・ONU・モデムを解説!

私たちが光回線を利用する場合「ONU」「ホームゲートウェイ 」は必要不可欠な機器となります。

その為、auひかり側が無償で両方とも貸し出してくれます。

しかし「無線LANルーター」と言う機器が複数の通信機器と接続する事が出来るのですが、無償で貸し出してくれるのでしょうか?

そこで今回は、

  • auひかりが提供するルーター・ONU・モデム・ホームゲートウェイ の違い
  • 機器を利用するにあたっての注意点

を解説していきますので、是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

ONU・モデム・ルーターの違い

まず「ONU・モデム・ルーター」を混同してしまっている人もいるかと思いますので、それぞれの違いについて解説していきましょう。

ONU

ONU」とは回線終端装置という名称の機械の事で「光回線」を使用してインターネットに接続します。

私たちが使っているパソコンをインターネットに接続する為には
「パソコン→Wi-Fiルーター→ONU→インターネット」という順になります。

auひかりは「光回線」なので、基本的にこのONUを使用してインターネットに接続します。

マンションタイプであれば、ONUが既にマンション共用部分に設置されている場合があるので、自分の手元に届かない事があります。

そういった場合は後述する「ホームゲートウェイ 」のコンセントを挿すだけで簡単にインターネットに接続することが可能です。

ちなみにauひかりが提供するONUは2種類あるのですが、私たちは選ぶ事が出来ません。

ただしONUの機能に違いはないので、特に心配しなくても良いでしょう。

モデム

次に「モデム」について説明します。

モデムと呼ばれる機械は、ONUと違い「電話回線」を使ってインターネットに接続をします。

私たちが使用するパソコンをインターネットに接続する為には、
「パソコン→Wi-Fiルーター→モデム→インターネット」という順になります。

パソコンとモデムをLANケーブルで繋げばWi-Fiルーターがなくてもインターネットに接続することが出来ます。

電話回線を使ってインターネット接続を行うので厳密には光回線と別物ですが、
モデムとONUを同じ意味で使う工事事業者の方もいます。

現在、光回線が主流となるのでモデムを使用する事はほぼありません。

しかし、auひかりのマンションタイプVは「VDSL方式」を採用しており、既設されている電話回線を使ってインターネット接続を行います。

なので、基本的にコンセントを挿すだけで簡単にインターネットに接続する事が出来ますが光回線より回線速度は遅くなります。

ルーター

次に「ルーター」とは、よく聞くWi-Fiルーターおよび無線LAN ルーターの事を指します。

Wi-Fiルーターだけでは、インターネットに接続する事は出来ません。

このWi-FiルーターをONUとパソコンの間にはさむだけで、Wi-Fi接続が可能となり、パソコンやスマホなどの複数の機器を同時に繋いでインターネットに接続することが出来ます。

ホームゲートウェイ

「ホームゲートウェイ」 とは、光電話に対応した機器の事を言います。

光電話とは光回線を使用した光IP電話の事で電話料金を安く抑える事が出来るので、人気の固定電話サービスです。

auひかりの最新型のホームゲートウェイは、「電話機能」に加えて「無線LAN機能」が搭載されているので、わざわざ自分でWi-Fiルーターを用意しなくても大丈夫です。

注意点

申し込み手続きが必要

これからauひかりを申し込む人は、最新型のホームゲートウェイが割り当てられるのですが、auひかりが提供する最新型のホームゲートウェイ には無線LAN機能が搭載されています。

なので、自分でWi-Fiルーターを用意しなくても良いですし、ONUとホームゲートウェイだけで済むので機器周りがスッキリするというメリットがあります。

しかし、ホームゲートウェイ の無線LAN機能を利用する場合は、オプション料として月額500円が基本的に発生します。

なので、1年間利用すると6,000円、2年間だと12,000円、3年間利用すると18,000円です。

更に長期で利用するとなると、その分料金はかさむので、合計金額を見ると自分でWi-Fiルーターを購入した方が安くなります。

ただ、スマートバリューが適用されている人は、この無線LAN機能のオプション料金が永年無料になります。

近年、光回線では「ネット回線」と「携帯電話」の利用料金が割引されるセット割があります。

auひかりにも「スマートバリュー」と言うセット割があり、KDDIが提供する「携帯電話」を利用している人が光回線と同時にスマートバリューを申し込むと通信費の合計金額を安く抑えることが出来ます。

つまり、通信費の合計金額を安く抑えることが出来る他に無線LAN機能も永年無料となるので、auひかりを利用する人は必ず「スマートバリュー」の加入をしておきましょう。

レンタル料金が高い

ちなみにauひかりでは外付け無線LANルーターをレンタルする事が出来ます。

ただ、こちらは最新型のホームゲートウェイとは違ってスマートバリューが適用されていても永年無料になる事はありません

レンタルする場合は、月額500円が発生するので、年間の合計金額を見ると自分でWi-Fiルーターを自分で購入した方が安くなるので気をつけて下さい。

必ず返却する

ちなみにauひかりが無償で提供してくれるのは「ONU」と「ホームゲートウェイ」のみで、auからこの2つの機器を借りる事になります。

「ONU」と「ホームゲートウェイ」がなければインターネットに接続する事は出来ないのでホームゲートウェイを返すと、

解約のタイミングで必ず返却をしなければいけません。

仮に一定期間内に返却出来なかった場合は、利用状況によりますが1,000円〜8,000円の違約金が発生してしまうので、解約する際は必ず期間内に返却する事が大事です。

故障した場合

先程もお伝えしたようにインターネットに接続する為には「ONU」と「ホームゲートウェイ 」は必要です。

なので、仮にどちらかが故障してしまった場合はどういった状況で故障したかにもよりますが、交換する事が可能です。

例えば、高速プランにしたのにも関わらず、高速通信に対応していないホームゲートウェイを使っていたり、不注意により故障した場合は最新型のホームゲートウェイに交換する事が出来ます。

いずれにせよ「故障状況」によって対応は変わりますので以下の連絡先にお問い合わせをしましょう。

交換のお問い合わせ先

0077-777(無料)
※上記電話番号が利用出来ない場合:0120-22-0077
営業時間:9:00~20:00


まとめ

auひかりのONUは自分たちで選択する事が出来ないのおさえておきましょう。

また、auひかりのホームゲートウェイ についてですが、これから契約をしようと考えている人は最新型のホームゲートウェイになるので、無線LAN機能がついています。

無線LAN機能が永年無料になるのは「スマートバリューが適用されている人のみ」なので要注意です。

仮に無線LANルーターを自分で用意するのであれば、主流規格である11acを選びましょう!

スポンサーリンク

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。