1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫auスマートバリューとは?申し込み条件やお得プロバイダを紹介!

auスマートバリューとは?申し込み条件やお得プロバイダを紹介!

ここ数年節約という単語がブームで、節約の1つにいかにして月の電話使用料やインターネット利用料を減らすかというのが焦点になっています。

例えば、携帯電話をキャリアから格安SIMに乗り換えることで月の利用料を2000円台にしたり、インターネット自体も格安のプロバイダに乗り換えたり、など様々な節約方法があります。

そんな中、ドコモやソフトバンクなどでは携帯電話と家庭のインターネット回線をセットで契約することで割引が受けられるというサービスを開始されています。

これから紹介する「auスマートバリュー」も同じくスマートフォンとインターネット回線のセット割引になるプランです。

むしろドコモやソフトバンクと比べても先駆け的な存在としてアピールされています。

今回はそんな「auスマートバリュー」についての紹介・申し込める条件・どれくらい安くなるのか、について徹底解説していきます。

スポンサーリンク

auスマートバリューとは

上述の内容の繰り返しになりますが、「auスマートバリュー」とは、インターネット+電話(対象固定サービス)スマートフォンをセットで加入することで割引が受けられるau独自のプランです。


引用:auスマートバリュー

auスマートフォンの利用料金が2年間毎月割引され、最大価格2,000円の割引を受けることができます。(3年目以降月額利用料934円に切り替え)

auスマートバリューで受けれる割引額

次にauスマートバリューの適応プランごとに受けれる月額利用料金割引を紹介します。

auピタットプランの場合

月に使用したデータ利用量に応じて自動で料金が変動する「auピタットプラン」。

月額2,980円~5,480円のプランが500円~1,000円の割引を受けることができます。(年間6,000円~12,000円の割引)

この場合の割引料は以下の通りです。(1Gまでのシンプルプランの人は「auスマートバリュー」の対象外)

プラン名 割引価格
スーパーカケホ/カケホ:2GBまで 翌月からの利用料金が500円/月割引。
シンプル:1GB超~2GBまで 翌月からの利用料金が500円/月割引。
スーパーカケホ/カケホ/シンプル:2GB越~2GBまで 翌月からの利用料金が1,000円/月割引。

auフラットプランの場合

月の通信量が多い人向けのデータをたっぷり使えるプランである「auフラットプラン」。

20GB6,500円~30GB9,5000円する本プランですが、「auスマートバリュー」を適用することで、月額利用料1,000円割引することが可能になっています。

プラン名 割引価格
auフラットプラン20/30 翌月からの利用料金が1,000円/月割引

データ定額割引について

また「データ定額1/3/5/20/30」を組み合わせている方は、データ定額のプランに沿った割引を受けることができます。

プラン名 割引価格
データ定額1(1GB) 翌月からの利用料金が934円/月月割引。(3年目からは月額500円で利用可能)
データ定額2(2GB)/3(3GB)/ジュニアプラン/シニアプラン 翌月からの利用料金がずっと934円/月割引。
データ定額5(5GB)/8(8GB)/20(20GB)/LTEフラット

※データ定額5とデータ定額8については新規の申し込み終了

翌月からの利用料金が1,410/月月割引。(3年目からは月額934円割引)
データ定額10(10GB)/13(13GB)/30(30GB)

※データ定額10とデータ定額13については新規の申し込み終了

翌月からの利用料金が2,000円/月月割引。(3年目からは月額934円割引)

LTEタブレットおよびLTE対応PCの場合

またタブレットやLTE対応PCを利用している方向けのプランも用意されています。

プラン名 割引価格
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)
※現在は新規の申し込み終了
翌月からの利用料金が1,000円/月割引。
  • LTEフラット for Tab/Tab(L)
  • LTEフラット for Tab(i)
  • LTEフラット for DATA(m)
翌月からの利用料金が1,410円/月割引。(3年目からは月額934円割引)

auスマートバリューで携帯利用料金がどれくらい安くなのか?

「auスマートバリュー」で月の携帯利用料金を割り引いた際にどれだけお得になるのかをシミュレーションしてみます。

スーパーカケホ+データ定額20の場合

プラン名 割引価格
料金プラン スーパーカケホ:1,700円/月
インターネット接続サービス LTE NET:300円/月
データ定額 データ定額20:6000円/月
合計金額 8000円
auスマートバリュー適用(データ定額分割引) -1,410円
合計金額 6,590円

という計算になります。

毎月1,410円安くなるということは年間で16,920円の節約が可能になります。

年間出費を1万円も節約するというのは節約テクでもかなり優秀な部類です。

家族が多ければ多いほどお得になる

そしてauスマートバリューの真骨頂は家族が多ければ多いほど恩恵を受けれるところになります。

上記の例が一家のお父さんだったとして、他に母(妻)と娘が居た場合をシミュレーションしてみます。

料金プラン  スーパーカケホ:1,700円/月 スーパーカケホ:1,700円/月 スーパーカケホ(a)2,390/月
インターネット接続サービス LTE NET:300円/月
データ定額 データ定額20:6000円/月 データ定額5:5,000円/月 データ定額5:5,000円/月
合計金額 8000円 7,000円 7,690円
世帯合計金額 22,690円/月
auスマートバリュー適用  -1,410円 -1,410円 -1,410円
合計金額 6,590円 5,590円 6,280円
auスマートバリュー適用合計金額 18,460円/月

となり、月4,230円の割引になります。

年間で計算した場合なんと50,760円も携帯電話料金を節約することができます。

家族みんなでauを利用して、かつインターネットもauスマートバリュー対象のものに切り替えるとこれだけ節約することが可能になるというのは驚異的です。

申し込み条件(適用条件)

「auスマートバリュー」がものすごくお得なサービスであるということは、伝わったかと思います。

その「auスマートバリュー」を利用するための申し込み条件(適用対称のプラン条件)について、対称回線サービスと合わせて紹介します。

auスマートバリューの適用条件
①固定通信サービスへの登録 対象となる固定通信サービスを利用する必要があります。
②au携帯電話対象プランを既に利用しているor新規利用をする auスマートフォン・auケータイ・4GLTEタブレット・4GLTE対応PCをauスマートプラン対象サービスにて利用していること。
③①と②の住所が同一であること ①固定通信サービスと②au携帯端末の契約者住所が同一である必要があります。
対象固定回線とau携帯端末が同一の場合、家族の人も合わせて利用可能。(契約者が50歳以上の場合、別住所の家族も対象)

対象となる固定通信サービス

「auスマートバリュー」の対象となる回線は以下の通りです。

「au光」や「auひかりちゅら」などau系はもちろんのこと、「コミュファ光」や「ビッグローブ光」「So-net光」も対応しています。

対象となるauプラン

またauスマートフォンやタブレットなどの端末による対象プランは、以下の通りです。

  • auピタットプラン(シンプルを除く)
  • auフラットプラン
  • データ定額1
  • データ定額2/3
  • ジュニアスマートフォンプラン
  • カケホ(3Gケータイ・データ付)
  • シニアプラン
  • データ定額5/20
  • データ定額30
  • データ定額10/13
  • LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)
  • LTEフラット for Tab/Tab(L)
  • LTEフラット for Tab(i)
  • LTEフラット for DATA(m)

auスマートバリュー対応のおすすめプロバイダ

「auスマートバリュー」対応のプロバイダで、当サイトでおすすめするプロバイダは「auひかり so-net」です。

auスマホとセットでお得!
auひかり so-net
5
回線auひかり
プロバイダso-net
回線速度最大1Gbps
月額料金2,700~4,900円
セット割月500円~2,000円割引
auひかり so-net

複数のプロバイダがありますが、キャンペーン内容や大手ならではの細かいサービス・安心感を考慮すると「So-net」が一番ベストな選択になります。
例:「回線工事費が実質無料」「マンションタイプ・戸建てタイプの回線月額料金割引」など
また「So-net光コラボレーション」では、次世代通信方式IPv6(IPoE)という回線に対応。安定した通信の送受信が可能で、日々のアクセスの重さや遅さから解放されます。


スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。