1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫ソネット光とauひかりどっちが良い?スマートバリュー比較!

ソネット光とauひかりどっちが良い?スマートバリュー比較!

So-netでは「ソネット光」と「auひかり」を提供しており、共にauのスマホユーザーであればスマートバリューが適用されスマホの料金が安くなります。

どちらも光回線とスマホをお得に利用する事は出来ますが「回線品質」や「料金」はそれぞれ異なります。

という事で今回はソネット光とauひかりの

  • 料金(初期費用・月額料金・キャンペーン)
  • 回線(速度・提供エリア)

の違いについて解説し、どちらがお得なのかを紹介していきます。

auのスマホを利用している人は是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

ソネット光とauひかり比較

まずは回線速度や料金をざっと比較してみましょう。

auひかり So-net光
提供元 KDDI So-net
プロバイダ ・So-net・BIGLOBE
・@nifty・DTI
・au one net
・@TCOM・Asahi Net
So-net
回線速度/理論値 戸建て:1Gbps〜10Gbps
マンション:35Mbps〜1Gbps
戸建て:1Gbps
マンション:100Mbps〜1Gbps
回線速度/
実測平均値
79.5Mbps 41.27Mbps
初期費用 登録料:3,000円
工事費:37,500円
登録料:3,000円
工事費用:24,000円
戸建ての月額料金 auひかり so-netの場合
【ずっとギガ得プラン】
1~36カ月:3,500円/月(工事費込み)
割引期間終了後:4,900円/月
【ギガ得プラン】
1~36カ月:4,500円/月(工事費込み)
割引期間終了後:5,200円/月
【標準プラン】
1~60カ月:6,800円/月(工事費込み)
割引期間終了後:6,300円/月
【大幅割引キャンペーン】
1~36カ月:3,980円/月(工事費込み)
割引終了後:5,580円/月
マンションの月額料金 【マンションV16】
1~24カ月:2,400円/月(工事費込み)
割引期間終了後:3,800円/月
【マンションV8】
1~24カ月:2,700円/月(工事費込み)
割引期間終了後:4,100円/月
【マンションF】
1~24カ月:2,500円/月(工事費込み)
割引期間終了後:3,900円/月
【マンションF(S)】
1~24カ月:2,000円/月(工事費込み)
割引期間終了後:3,400円/月
【マンションE16】
1~24カ月:2,000円/月(工事費込み)
割引期間終了後:3,400円/月
【マンションE8】
1~24カ月:2,850円/月(工事費込み)
割引期間終了後:3,700円/月
【マンションギガ】
1~24カ月:2,300円/月(工事費込み)
割引期間終了後:3,700円/月
【マンション都市機構(DX)】
1~24カ月:2,400円/月(工事費込み)
割引期間終了後:3,800円/月
【マンションミニギガ】
1~24カ月:5,000円/月(工事費込み)
割引期間終了後:5,000円/月
【大幅割引キャンペーン】
1~36カ月目:2,980円/月

割引終了後:4,480円/月
スマホ割 auのスマホとセットで1回線につき毎月最大2,000円割引 auのスマホとセットで1回線につき毎月最大2,000円割引
解約金 【戸建て】
・36カ月間以内に解約:10,000円
・撤去工事費:28,800円
【マンション】
・24カ月間以内に解約:7,000円
・撤去工事費:28,800円
解約金:20,000円

auひかりはKDDIが提供しておりプロバイダを選択しなければいけません。

各プロバイダによって「キャンペーン内容・支払い方法・サービス内容」が異なるので、プロバイダ選びは重要になります。

例えばauひかりでプロバイダをSo-netにした場合、KDDIとSo-netのそれぞれの利用料金を支払わないといけません。

一方、ソネット光はSo-netのみが提供する光回線となるので、契約から支払いまで全て一つの窓口で完結します。

料金

どちらにも言える事ですが工事費に関しては一括もしくは分割で支払うことが出来ます。

ただ分割で支払う場合、auひかりホームでは分割回数が60回×625円です。

一方ソネット光の分割回数は48回×500円となります。

auひかりは60回払いなので年間で言うと5年は光回線を使用しないと工事費の支払いが完了しません。

つまり、ソネット光の方が工事費が安いうえ支払いもすぐに終わるという点で優れている事が分かります。

ただし月額料金だと、auひかりは契約期間3年の「ずっとギガ得プラン」で光回線に申し込むと、ソネット光より月額料金を安く抑えて利用する事が出来ます。

キャンペーン

光回線の料金を安く抑えたい場合、重要になるのが「キャンペーン」です。

キャンペーンが適用されるのとされないのでは合計金額に大きな差が出てしまいます。

なので、どんな内容のキャンペーンを実施しているのかは比較する必要があります。

ちなみに、auひかりもソネット光もどちらも「スマートバリュー」が適用されます。

スマートバリューとは、auのスマホを利用している人がauひかりもしくはソネット光に申し込むとスマホの料金が最大2,000円割引されるサービスです。

ただし、スマホ割はどちらも適用されるので比べる事は出来ません。

なので、それ以外のauひかりとソネット光の公式キャンペーンを比較してみましょう。

auひかり(so-net) So-net光
戸建て 【特典A】
・1〜11カ月目:2,225円割引
・12〜23カ月目:2,125円割引
・24〜36カ月目:2,025円割引
【特典B】
・1〜60カ月目:125円割引
・50,000円キャッシュバック
1~36カ月:月額基本料金 2,000円割引
37~60カ月:月額基本料金 400円割引
マンション 【特典A】
・1〜24カ月目:2,650円割引
【特典B】
・1〜24カ月目:1,250円割引
・30,000円キャッシュバック
1~36カ月:月額基本料金 2,000円割引
37~48カ月:月額基本料金 500円割引
公式サイト 公式HP 公式HP

auひかりでは「大幅割引キャンペーン」と「高額キャッシュバックキャンペーン」のどちらかを選択する事が出来ます。

また、auひかりでは、KDDI・プロバイダ・代理店の3社のキャッシュバックの併用が可能なので合計金額が更に安くなります。

対してソネット光は「大幅割引キャンペーン」のみを実施しており、キャッシュバックキャンペーンは行なっていません。

しかも大幅割引キャンペーンに関してはauひかりの方が割引額は高いので、auひかりの方がお得だと言う事が分かります。

確かに工事費はソネット光に比べてauひかりは高額ですが、キャッシュバックキャンペーンを併用させる事で工事費の負担を軽減する事が出来ます。

つまり、料金を重視なら「auひかり」一択という事です。

回線

auひかりとソネット光を比較してみると、スマホ割が適用される点やSo-netがプロバイダという点は一緒ですが回線元は異なります。

ソネット光は「光コラボ」に属しており厳密に言うとNTTの光回線(フレッツ光)を使用しています。

従来までNTTでは「フレッツ光(回線)+OCN(プロバイダ)」と言ったように窓口が分かれていましたが、光コラボにより「OCN光(回線)+OCN(プロバイダ)」と契約から支払いまで窓口が一本化になりました。

つまり、光コラボであるソネット光の回線とフレッツ光の回線の品質は同じという事になります。

他の光コラボと一緒なのでフレッツ光の利用者は多く時間帯によっては回線が混雑し速度が遅くなるというケースがあります。

一方、auひかりはNTTが展開する光コラボとは別のKDDI独自の回線を使っているので利用者はフレッツ光と比べて少なく回線自体異なります。

またauひかりは最大10Gbpsの回線速度を実現しているので、ソネット光より回線速度は高速です。

以上のことから、回線速度も「auひかり」の方が優れているという事になります。

提供エリア

以上の事から、料金・回線速度を比べてみるとソネット光よりauひかりを選択した方が明らかに良いと言う事がわかります。

しかし、auひかりもそれなりのデメリットがあります。

実は、ソネット光の提供エリアと比べてみるとauひかりの提供エリアはかなり狭いという事が分かります。

auひかり提供エリア

■auひかりホーム(一戸建て)
大阪府、京都府、和歌山県、奈良県、滋賀県、兵庫県、三重県、愛知県、静岡県、岐阜県、沖縄県以外
■auひかりマンション
全国のauひかり導入済みのマンション
※沖縄県を除く
※マンションミニ ギガの提供エリアは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の一部

というのも、auひかりは厳密に言うとKDDI独自回線だけではなくNTTが余分に敷設して使用していないダークファイバーと呼ばれる回線を借りて光回線を提供しているのでNTTよりも提供エリアが狭いのは当然ではありあます。

なので、いくらauひかりが料金や回線速度ともに優れていたとしても、自分が住んでいる場所がauひかりの提供エリア内でなければ利用は出来ません。

つまり、auひかりを利用する場合は自宅が提供エリア内なのか必ず確認する事が大前提と言う事になります。

なので、auのスマホユーザーは、auひかりの提供エリア外だった場合に「ソネット光」を利用すると言う考えた方で光回線を選択した方が良いかもしれません。

ソネット光の口コミ・評判

Twitterの口コミ・評判

価格コムの口コミ・評判

口コミ
【回線速度】・通常時 平日昼 20~30M/平日夜 休日全日 0.1M~3M 
・IPoE申請と対応ルータ購入後 全日 80-98M
【サービス】IPoEとDSlite(非公開、問い合わせないこと)に申請と月額料金がなんと無料
【総合】ISDNを彷彿とさせる200kしか出ない遅さ。正直スマホの4Gのほうが夜はやい。とんでもない糞回線を掴んでしまったと後悔してましたが、IPoEへの切り替えと対応ルータの情報を知り試してみたところVDSLの理論値に近い数字を叩き出しました。回線自体は老舗だけあって良いものを使ってるようですが、NTTの末端装置がここは特に足りていないようです。上記やり方クリアできればとくとくBBとかよりこっちのほうがおすすめ。
口コミ
【回線速度】IPv6の契約をしていますが、常時100Mbps程度は維持できています。特に落ち込む時間帯はないと思われます。
【ご利用料金】まぁ、普通でしょうか。
【サービス】こちらも普通だと思います。
【セキュリティ】so-netのサービスは利用しておりませんので、無評価です。
【サポート】当初、airmac extremeでIPv6トンネル接続をしたかったために、appleのホームページを参考に問い合わせしましたが、的はずれな回答の連続でした。結局Buffaloのルーターを購入して無事に接続できました。
【総合】全体として、みなさんが言われるほどの速度低下は感じませんし、安定していると思います。
口コミ
【回線速度】日中はいいですが、夜20時~1時くらいまでがすごくおそいです。(これはどこも同じだと思います)
【ご利用料金】キャッシュバック後の料金は平均より高い。2年縛りが解けたらすぐに解約して安い所に乗り移ったほうがいい
【サービス】So-Net自体はいいのですが、引越しの際に「So-Net光コラボ事務局」という所がNTTに工事依頼を出してくれるのですが、工事日ギリギリになってからNTTに工事の依頼をかけるプランを間違えた為改めて工事日を設定して欲しいという電話がきた。このような事がよくあるみたいです。
【サポート】問い合わせの内容によって、本社に問い合わせるのに5日ほどかかりますなど対応は遅い
口コミ
【回線速度】1Gbps回線契約です。サーバー増強工事前は1Mbps~6Mbps程でした。サーバー増強工事後には30Mbps~60Mbpsです。夜間は途切れることもあるので安定性は無いです。
【ご利用料金】回線速度や安定性から考えると割高です。携帯電話のテザリングよりも酷いです。
【サポート】回線速度について問い合わせてもベストエフォートだからと対応されません。
【総合】1Gbps回線契約から考えると遅く価格は高めに感じます。これなら100Mbps回線契約とかにして価格を下げて欲しいです。

引用:価格コム

auひかりの口コミ・評判

Twitterの口コミ・評判

価格コムの口コミ・評判

口コミ
【回線速度】止まったり悪かったりしたことがありません。とても満足しています!
【ご利用料金】auなので携帯料金と一緒に、なのですが携帯料金も安くなりおすすめです。
【サービス】契約はauさんでしましたが、接続工事?の方も優しく丁寧に説明してくださいました。
【セキュリティ】満足しています。
【サポート】電話対応と駆け付け対応があるので安心です。
【総合】携帯会社での契約ですが、それにすることによって色々な面でとても便利になりました。携帯のギガ数も気にしなくていいし(笑)、料金プランなども近場の沢山あるauショップに行けば分かります。普通のネット回線よりも安心して、また楽に契約できました。色々な方におすすめしたいです。
口コミ
【回線速度】速度は非常に満足しています。困った事は無いです。
【ご利用料金】高くも安くもなく、平均的かと思います。ですのでお得という感覚は無いです。
【サービス】取りつけの際、平日の曜日が指定されていて、とても不便でした。
【セキュリティ】特に困ったことはありません。
【サポート】満足しています。
【総合】何よりも大切な回線速度に問題がないので、満足しています。工事の際の不便と、料金がもっと安くなると、もっともっと満足感、お得感が出るかなと思います。
口コミ
【サービス】昨年、築10年のマンション共用部のauひかりの通信設備が初めて故障して、固定電話とネットがマンションの全世帯で不通となったが、連絡後4時間程度で復旧しました。現場の作業員の方の対応も良好で好感が持てました。通信機器は10年程度で寿命となりますので、「故障はしていないが、自宅に設置されているホームゲートウェイを新品に交換してもらえないか」と問い合わせたところ、2日で新品が届き、交換方法も簡単で現在安心してネットを利用しています。
【ご利用料金】はがきによる料金明細書の送付がなくなり数年たちます。ポイント失効日に気が付かず、半年前に5000ポイント以上を失ってしまいました。自己責任だと分かっていても、5千円札を落としたような残念な気分が残りました。ポイント失効について、何度かメールで通知してほしかったです。
口コミ
【回線速度】回線速度自体は不満はありません。夜の混雑時でも300Mbpsは出ます。問題なのは帯域制限です。数時間で20~30GBのファイルを一気にダウンロードすると速度制限がかかり3Mbpsくらいしか出なくなり、ファイルのダウンロードがほぼ困難になります。ファイルのサイズがどんどん大きくなっているような時代に30GBで帯域制限をかけるのは時代錯誤です。しかしspeedtest.netやyoutubeだけは帯域制限の対象から外れるのでバレないように努力しているのでしょうか。
また、パケロスも酷いです。ゲームなどをしていると数秒に一回パケロスが起こり、ゲームの種類によっては非常に気になります。
【ご利用料金】値段相応です。
【サービス】ASAHIネットさん提供の出張サービスやメールアカウントなどのサービスは使用していないのでノーコメントです。
【サポート】可もなく不可もなく
【総合】速度だけで言ったらコスパはよろしいかと思います。ファイルをあまりダウンロードせずにネットをする方にはオススメですが、ゲームや大きなファイルを日常的にダウンロードされる方にはおすすめしません。
口コミ
【回線速度】サクサクといつでも気持ちよく動作する。
【ご利用料金】適当だと考えるが、安ければやすいほどありがたい。
【サービス】全く不便を感じていない。問い合わせ窓口もわかりやすく対応もよい。
【セキュリティ】20年以上使用しているが、問題が発生したことは一度もない。
【サポート】困ったときには、解決して納得できるまで、とことん付き添ってもらえるので、とっても安心。
【総合】他のプロバイダーへの乗り換えは考えられない。KDDIの技術力はさすがといえる。

引用:価格コム

まとめ

それでは、auひかりとソネット光についてまとめると・・・

  • auひかりとソネット光は共に「スマートバリュー」が適用される
  • auひかりとソネット光は回線が違う
  • auひかりの方が料金や回線速度は優れている
  • ソネット光の方が提供エリアは広い

となります。

auのスマホを利用している人はキャンペーンを実施していたり回線速度の速い「auひかり」を利用するのが良いです。

ただauひかりは提供エリアが狭いので利用する人は限られます。

その為、auひかりの提供エリア外だった場合は、ソネット光を利用するのがオススメです!

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。