1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫auひかりのテレビサービスまとめ!料金・キャンペーン・地デジなど!

auひかりのテレビサービスまとめ!料金・キャンペーン・地デジなど!

近年、各光回線では「テレビサービス」を提供しています。

例えば、光コラボやNURO光では「ひかりTV」を提供しており地上波を含む専門チャンネルやビデオ・オン・デマンドサービスを視聴する事が出来るので、豊富な映像コンテンツを楽しむ事が出来ます。

ひかりTVでは、アンテナを設置しないので新たに工事をして壁に穴を開ける必要もなく、お手軽にテレビを視聴できるサービスです。

そしてauひかりにも「auひかりテレビ」と言うテレビサービスあり、工事をする必要なくお手軽にたくさんの映像コンテンツを利用する事が出来ます。

ただし、ひかりTVとは異なる部分がありauひかりテレビを利用するにあたり注意しておかなければいけない点があります。

という事で今回は「auひかりのテレビサービス」について解説していきたいと思います。

是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

auひかりテレビサービスとは

auひかりテレビサービスとは、KDDIが提供するテレビサービスでauひかりの光回線を使って映像を楽しむ事が出来るサービスです。

例えばauひかりを導入しているご家庭であれば、専門チャンネル42chの中か4Kの映像はもちろん、アニメやスポーツ番組などの好きな番組を視聴する事が出来ます。

また「ビデオパス」を搭載しており、見たい映画をレンタルする事が出来るので、わざわざビデオ屋さんに行って映画をレンタルすると言う手間が省けます。

ちなみに外付けHDDがあれば、HDDをUSBでセットトップボックスに接続するだけで録画をする事が可能なので番組を見逃す心配もありません。

更に「Video &Side View」アプリをインストールすれば外出先でもスマホやタブレットなどでauテレビサービスを楽しむ事が出来るので、仕事の休憩中や旅行先でも視聴する事が出来ます!

料金

auひかりテレビサービスを利用する際にかかる費用は以下の通りです。

料金
初期費用 登録料800円
チャンネルプラン プラチナセレクトパック:1,980円/月
ミュージックセレクトパック:634円/月
プレミアムチャンネル:1,000円/月~
ビデオパス レンタル:作品ごとに課金
見放題プラン:562円/月
R-20見放題プラン:2,500円/月
セットトップボックス 500円/月
外付けHDD 7,200円

auひかりはセットトップボックスがなければ視聴する事が出来ないので、必ず機器をレンタルする必要があります。

auひかりは、セットトップボックスのレンタル料金に加えて、「チャンネルプラン」を選択するという感じになります。

なので、チャンネルプランによって月々支払う料金が変動します。

auひかりテレビサービスで提供するチャンネルプランには3つのプランがあります。

それぞれのプランについて説明すると、まず「ミュージックセレクトパック」は、4つの音楽チャンネルが見放題となったプランです。

次に「プレミアムチャンネル」は、自分の好きなチャンネルを1つずつ契約する事が出来ますが、「プラチナセレクトパック」では42ch全てのチャンネルを視聴する事が出来るので、プレミアムチャンネルを選択するなら、プラチナセレクトパックを選択した方がお得です。

また「初期費用」に関してですが、専門チャンネルなどの映像サービスを提供する「スカパー!」ではアンテナを設置しなければいけないので工事の日程を決めなければいけないですしアンテナ代や工事費が発生するので初期費用だけでも1万円以上はかかります

対してauひかりテレビサービスはアンテナを設置するワケではないので工事の日程を決める必要もなくアンテナ代や工事費を一切かけずにお手軽にテレビサービスを視聴する事が出来ます。

ちなみにauひかりテレビサービスは「録画」をする事が出来ますが、別途「外付けHDD」を購入しなければいけません。

外付けHDDはauひかりテレビサービスの申し込みページで購入する事ができますが、自分で購入するのであればauひかりテレビサービスに対応したHDDなのかは必ずか確認しておきましょう。

解約費用

解約費用に関してですが、冒頭でもお伝えしたように光回線にはauひかりテレビサービスの他に「ひかりTV」というNTTが提供しているテレビサービスがあります。

ひかりTVは2年割にすると月額料金がauひかりテレビサービスより安い「月額1,500円」となりますが、2年以内に解約すると10,000円の解除料金が発生してしまいます。

一方、auひかりテレビサービスは契約期間などがないので解約費用がありません。

つまりauひかりテレビサービスは解約費用など気にせず、お気軽に利用出来て必要ないと思ったらすぐに解約する事が出来るというメリットがあるというワケです。

ただし契約期間の解約費用はかかりませんが、解約する際に「セットトップボックス」を返却出来なかった場合は以下の違約金が請求されます。

利用期間 違約金
〜13カ月未満 14,510円
13〜25カ月未満 6,619円
25〜37カ月未満 4,631円
37カ月以上 3,000円

利用期間に応じて違約金が変わりますが、必ず一定期間内に返却をするようにしましょう。

ちなみに解約方法は「My au」にてauひかりのIDでログインして解約手続きを行うか、もしくは以下の電話番号にお問い合わせをして解約手続きをしましょう!

お問い合わせ窓口

0077-777(無料)
※上記番号が利用できない場合:0120-22-0077
年中無休(9:00~20:00)

注意点

地デジ・CS・BSに対応していない

auひかりテレビサービスの最大のデメリットに「地デジ放送が視聴出来ない」という点があります。

例えばひかりTVはアンテナの工事が不要でありながら、専門チャンネル80ch以上取り扱っておりビデオ・オン・デマンドサービスも視聴する事が出来ます。

更に専門チャンネルの他に「地デジ・BS・CS」を視聴する事が出来るので、専門チャンネルを見ない人でも利用する価値は十分にあります。

一方、auひかりは43chしか視聴する事が出来ませんし、「地デジ・CS・BS」に対応していないので地上波のチャンネルを視聴する事が出来ません。

元々地デジのアンテナを設置していれば問題ないのですが、auひかりを契約して新たに地デジやBSなども見たいと考えているのであれば別途自分でアンテナを設置しなければいけません。

ちなみにauひかりテレビサービスでは「スカパー!」や「WOWOW」も視聴する事が出来ません。

あくまで「auひかりが提供する映像コンテンツを楽しむだけのサービス」とおさえておきましょう。

口コミ・評判

まとめ

auひかりテレビサービスについてまとめると・・・

  • auひかりテレビサービスとは、光回線を使って専門チャンネルを楽しむサービス
  • auひかりテレビサービスでは、地デジ・CS・BSなどのチャンネルを視聴する事が出来ない
  • auスマホの利用者で、auひかりテレビサービスが提供する専門チャンネルの中に見たい番組がある人にはオススメ!

となります。

正直言って「auひかりテレビサービス」は加入する必要がないオプションサービスです。

というのも、例えばドコモ光ではキャッシュバックキャンペーンの適用条件として「テレビサービス」の申し込みが必須という事がありますが、
auひかりのキャッシュバックキャンペーンの適用条件には「テレビサービス」の加入が必須というプロバイダがないので、わざわざ申し込まなくても良いです。

しかし、現在auひかりテレビサービスでは最大2カ月無料のキャンペーンを行なっているので、2カ月の間に自分にとって必要かどうか判断出来るので、一度試してみてもいいかもしれません。

ちなみにauひかりのテレビサービスに申し込む必要はありませんが、キャッシュバックキャンペーンを受け取る場合は「auひかり電話」の申し込みが条件ですので「auひかり電話」のオプションは必ず申し込みをしましょう!

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。