1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫auひかりのWiFiルーターに要注意!料金を抑える方法とは?

auひかりのWiFiルーターに要注意!料金を抑える方法とは?

auひかりでは、Wi-Fiルーターをレンタルする事が可能です。

しかし、auひかりで提供するWi-Fiルーターは永年無料でレンタル出来る人と料金が発生する人に分かれてしまいます。

また「高速プランにしたのに、auひかりの回線速度が遅い!」と言った場合に、Wi-Fiルーターが対応していないという事もあります。

そこで本記事では、auひかりが提供するWi-Fiルーターの料金回線速度について解説していきたいと思います。

ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

料金

無線LAN機能を利用する場合

auひかりが提供するホームゲートウェイ(HGW)には無線LAN機能が内蔵されているので、わざわざWi-Fiルーターを購入しなくても、PCやスマホなどの複数の通信機器と接続する事が可能です。

しかし、オプション料金として月額500円が発生します。

なので1年間利用すると6,000円、2年間利用すると12,000円、3年間利用すると18,000円はかかると言う事です。

更に長期で利用するとその分料金がかかるので、Wi-Fiルーターを自分で購入して用意した方が安いです。

ただauひかりが提供するWi-Fiルーターのオプション料金が無料になる人がいます。

それはスマートバリューが適用されている人です。

auひかりは、auのスマホを使っていれば毎月携帯電話の利用料金が割引されるセット割(スマートバリュー)というサービスがあります。

スマートバリューが適用されると通信費の合計金額を安くおさえる事が出来るサービスです。

しかも、先程もお伝えした様にauひかりではスマートバリューが適用されている人に限りオプション料金が永年無料となるので加入しておきたいサービスです。

ただ、スマートバリューを適用させたい場合は「光回線+電話回線」の申し込みが必須なので要注意です。

自分で用意する場合

auひかりのHGWには無線LAN機能が内蔵されているとお伝えしましたが、機器は以下のように限られます。

  • 戸建てタイプであれば「BL1000HW」という機種
  • マンションタイプであれば「BL900HW」という機種

以上の機種であれば無線LAN機能がHGWに内蔵されています。

これから新規でauひかりを契約する人は上記の機種になるので利用する事が可能ですが、既にauひかりを利用している人は上記の機種以外を使っている可能性があるので必ずHGWの機種名は確認しましょう。

また、HGWに無線LAN機能が内蔵されていない機種だった場合は、別途Wi-Fiルーターが必要です。

別にWi-Fiルーターを用意する場合は

  • auひかりから外付けの無線LAN親機をレンタルする
  • 自分でWi-Fiルーターを購入する

という2つの方法があります。

まずauひかりでもWi-Fiルーターをレンタルする事が可能です。

Wi-Fiルーターをレンタルする場合は以下の機種の機器を借りる事が出来ます。

  • WG1900HP-KP
  • WL900U
  • WG1900HP-KC

機器のレンタル料金として月額500円が発生するので1年間利用すると6,000円で、2年間利用すると12,000円、3年間利用すると18,000円はかかります。

なので、もしauひかりからWi-Fiルーターをレンタルするのであれば自分で購入した方が安いです。

回線速度

auひかりの戸建てタイプであるHGWの無線LAN規格は現在主流の「11ac」と最新規格である「11ax」に対応しており、高速通信でインターネットを利用する事が出来ます。

11acより高速である11axは最大下り9.6Gbpsとなるので、高速通信を要する人には最適のHGWです。

しかし11axで高速通信を楽しみたい人はPCやスマホなどの通信機器も11axに対応していないといけません。

現在11axに対応している通信機器は存在しないので、11axで高速通信を楽しむには11axに対応した通信機器が出るのを待つしかありません。

とは言っても、現在主流である11ac規格でも高速でインターネットを利用する事が出来るのでauひかりのHGWの無線LAN機能を使っても特に問題はありません。

ちなみに、auひかりを利用している人の中には「回線速度が遅い」と言った口コミが見受けられますが11acに対応していないWi-Fiルーターを使っている可能性があります。

また、回線速度の遅い原因としてWi-Fiルーターの設置場所が悪かったり、KDDI側で通信障害が起こっている事が往々にしてありますので、auひかりが悪いとは一概に言えません。

しかし、auひかりにも「通信制限」というものが存在します。

auひかりでは、7日中3日以上、1日30GBを超えてしまうと通信制限がかかってしまいます。

例えば、通常ゲームをプレイするだけや動画を視聴するだけ等であれば、通信制限にかかる事はほぼありませんが、仕事で動画などの大きな容量のファイルを送受信する場合は1日30GBを超えてしまう可能性があります。

通信制限がかかった場合は、通信制限が解除されるのは約3週間となり、解除されるまで通信速度が低下してしまいます。

なので「回線速度が遅い!」と感じるのであれば、どのくらい容量を使っているのか確認してみる事も大切です。

注意点

申し込み

auひかりのHGWが「BL1000HW」と「BL900HW」という機種であれば、無線LAN機能が内蔵されているので自分で無線LANルーターを用意しなくてもWi-Fiを利用する事が出来ますが、オプションの申し込み手続きを行わないといけません。

仮にそのまま利用しようとしても「無効状態」となっているのでWi-Fiを使う事が出来ません。

オプションの申し込み手続きが完了すれば、HGWの無線LANの部分が緑色に点灯し「有効状態」になるのでWi-Fiを使う事が出来ます。

ちなみにauひかりのWiFi利用の申し込みは「My au」もしくは「お問い合わせ」にて手続きを行う事が出来ます。

また、解約手続きも申し込み手続きと同じ手順ですので確認してみて下さい。

お問い合わせ窓口

0077-77(無料)
※上記電話番号が利用出来ない場合:0120-22-0077
営業時間:年中無休(9時〜20時)


5・10ギガホームの場合

ちなみに、auひかりでは超高速通信可能なauひかり5・10ギガホームというプランがあります。

このプランで契約すれば通信速度最大5Gbpsもしくは10Gbpsでインターネットを楽しむ事が出来ます。

しかし、auひかりが提供するHGW の無線LAN機能は通信速度最大2.4Gbpsまでです。

つまり、可能な限り高速通信でインターネットを利用したいなら、10Gbpsに対応した無線LANを自分で用意するか10Gbpsに対応したLANケーブルで接続するしか方法がないので、auひかり5・10ギガホームで契約した人は、無線LANルーターを選ぶ際は必ず10Gbpsに対応しているかどうかは確認しましょう。

auひかりのWi-Fiの口コミ・評判

まとめ

以上でauひかりのWiFiについてご紹介しました。

まとめると・・・

  • auひかりのWiFiオプション料金が無料になるのは「スマートバリュー」が適用されている人のみ!
  • auひかりが提供するWiFiルーターを有料でレンタルするなら自分で購入した方が安くなる!

となります。

ちなみに、auひかりをこれから契約する人は、必ず「ネット回線+電話回線」を同時に申し込み「スマホ割」が適用されるようにしましょう。

スマホ割が適用されると、Wi-Fiのオプション料金が無料になるほか通信費の合計金額が安くなったりキャッシュバックキャンペーンが適用されたりとauひかりが提供する特典を思う存分利用する事が出来ます。

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。