1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫auひかりのずっとギガ得プランとは?本当にお得か解説します!

auひかりのずっとギガ得プランとは?本当にお得か解説します!

auひかりの戸建てタイプには「ギガ得プラン」「ずっとギガ得プラン」「標準プラン」の3つの料金プランがあります。

特に「ずっとギガ得プラン」はauひかりの料金プランの中でもお得に利用する事が出来ます。

しかしauひかりのずっとギガ得プランを利用する場合、注意点をしっかり確認しておかないと「こんなの知らなかった」と後悔する事があります。

そこで今回はauひかりの「ずっとギガ得プラン」にフォーカスして解説していきたいと思います。

是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

お得な理由

料金が安い

まずauひかりには3つの料金プランがあるとお伝えしました。

戸建てタイプの料金プランは、

  • ギガ得プラン
  • ずっとギガ得プラン
  • 標準プラン

があります。

それぞれ料金も契約内容も異なります。

以下の表を参考にしてみて下さい。

ギガ得プランずっとギガ得プラン標準プラン
月額料金【ネット+電話】
5,700円/月
【ネット+電話+テレビ】
6,200円/月
【ネットのみ】
5,200円/月
【ネット+テレビ】
5,700円/月
【ネット+電話】
1年目:5,600円/月
2年目:5,500円/月
3年目:5,400円/月
【ネット+電話+テレビ】
1年目:6,100円/月
2年目:6,000円/月
3年目:5,900円/月
【ネットのみ】
1年目:5,100円/月
2年目:5,000円/月
3年目:4,900円/月
【ネット+テレビ】
1年目:5,600円/月
2年目:5,500円/月
3年目:5,400円/月
【ネット+電話】
6,800円/月
【ネット+電話+テレビ】
7,300円/月
【ネットのみ】
6,300円/月
【ネット+テレビ】
6,800円/月
契約期間2年3年契約期間なし
解約金9,500円15,000円0円

上記の表を確認してみると3つのプランの中で最も月額料金が安い上にお得になるのは、
ずっとギガ得プラン」です。

例えば「ギガ得プラン」は2年契約が条件ですが利用年数に応じて月額料金が安くなるワケではありません。

また「標準プラン」は契約期間を設けていない為いつでも解約金なしで解約する事は出来ますが月額料金が最も高額です。

しかし「ずっとギガ得プラン」は3年契約で最も利用期間は長いですが、月額料金が一番安いうえに利用期間が長ければ長いほど料金が更に安くなります

auひかりホームはそもそも一戸建てに住んでいる人向けなので、賃貸マンションを利用している人と比べて途中で解約しなければいけないという事情は起きにくいと思うので、3年契約で最もお得な「ずっとギガ得プラン」を選択するのがオススメです。

注意点

プラン変更

ちなみに「ギガ得プラン→ずっとギガ放題プラン」「標準プラン→ずっとギガ放題プラン」にプラン変更する分には料金はかかりません。

しかし「ずっとギガ得プラン→ギガ得プラン」「ずっとギガ得プラン→標準プラン」に更新月以外でプラン変更した場合は解約金として15,000円が発生するので要注意です。

また、引越しをする場合に引越し先で「ずっとギガ得プラン」をそのまま継続して利用する場合は解約金はかかりませんが、引越し先で「ずっとギガ得プラン→ギガ得プラン」にプラン変更した場合も解約金がかかるので、プラン変更する際は十分に考えてから利用した方が良いでしょう。

解約金

auひかりのデメリットとして、解約費用がかなり高額と言った事があります。

特に「ずっとギガ得プラン」の解約金は15,000円と最も高いので解約のタイミングに注意する必要があります。

というのも、ずっとギガ得プランを解約する場合は3年目の更新月に解約すれば解約金はかかりませんが、それ以外の撤去工事費工事費の残債分がかかってしまいます。

以下の表をご覧ください。

auひかりホーム1ギガ期間解除料金
(違約金)
初期費用分割金
(37,500円割賦)
利用開始
~2018年2月28日
30か月間×1,250円残分を一括請求
利用開始
2018年3月1日~
60か月間×625円残分を一括請求
契約プランずっとギガ得プラン3年自動更新15,000円
ギガ得プラン2年自動更新9,500円
標準プラン更新無し0円
割引プランスマートバリュー2年自動更新9,500円
+
その他

・撤去工事費用 28,800円強制徴収
・プロバイダごとの割引サービス解約 10,000円~20,000円

auひかりホーム10ギガ・5ギガ期間解除料金
(違約金)
初期費用分割金
(37,500円割賦)
利用開始
~2018年2月28日
30か月間×1,250円残分を一括請求
利用開始
2018年3月1日~
60か月間×625円残分を一括請求
契約プランずっとギガ得プラン3年自動更新15,000円
ギガ得プラン2年自動更新9,500円
標準プラン更新無し0円
割引プランスマートバリュー2年自動更新9,500円
高速通信サービス最低利用期間有り12か月以内解約2,500円
+
その他

・撤去工事費用 28,800円強制徴収
・プロバイダごとの割引サービス解約 10,000円~20,000円

例えば、ずっとギガ得プランで1年目に解約したら工事費を分割で支払っている場合は、残債分として30,000円が一括で請求されます。

更にそこに解約金として15,000円、撤去工事費などがかかって合計7万円以上が解約する際にかかってしまいます。

しかも、ギガ得プランの場合は契約期間が2年ですが工事費を分割にした場合60カ月×625円なので、5年は使用し続けなければ工事の支払いが完了しません。

つまり、ギガ得プランにせよ、ずっとギガ得プランにせよ、「工事費の残債分」「解約金」を0円にする為には工事費の支払いが完了している更新月の6年目に解約しなければいけません。

結局、6年使用しないと解約費用を安く抑えられないなら、月額料金が最も安い「ずっとギガ得プラン」を選択した方がお得という事です。

ずっとギガ得プランの口コミ

まとめ

それでは、auひかりの「ずっとギガ得プラン」についてまとめると・・・

ずっとギガ得プランは「月額料金が最安値」「利用年数が長いとその分料金が安くなる」ので、
auひかりが実施する料金プランの中では一番お得!

となります。

ちなみに、auひかりホームの10ギガ・5ギガの超高速プランは、
標準プランとギガ得プランにすると追加料金を支払わなければいけませんが、
「ずっとギガ得プラン」だけは、ずっとギガ得プランの料金のまま使用出来るので、高速通信でインターネットを楽しみたい人も「ずっとギガ得プラン」を選択するのが良いです。

auひかりのデメリットとして標準プラン以外は高額な違約金が発生するので、
auのスマホユーザーは実質6年は使用するといった考えでauひかりを利用した方が良でしょう!

スポンサーリンク

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。