1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫auひかりを賃貸アパートに導入する場合の注意点まとめ!

auひかりを賃貸アパートに導入する場合の注意点まとめ!

auひかりをアパートに導入する場合の注意点まとめ!

auひかりを契約したいのに賃貸アパートだから、もしくは長屋だからと言って少し諦めかけてはいませんか?

自分の所有する建物でなくても、また設備の整った建物でなくても、auひかりを契約・導入することは出来ます。

本記事ではアパートにauひかりを導入しようと検討している方の参考になるよう、契約するための手順申し込みの注意点をまとめていきます。

アパートでのauひかり申し込みに、是非本記事をご活用ください。

auひかりをアパートで契約するための方法・対応や流れまとめ

auひかりをアパートで契約するための方法と対応や流れまとめ

まず、簡単に言うと自分の所有物でない建物にauひかりを導入するためには、確認することが何点かあります。

順序だてて行えば最短ルートでauひかりの導入が出来るので、以下から解説します。

すでに導入されているネット回線を確認

まずは管理会社やオーナー、不動産業者にすでに建物に導入されているネット回線がないかを確認しましょう。
もしかしたら他の住人がすでにauひかりを契約していて、簡単に導入が出来るかもしれません。
すでにauひかりが導入がされていれば契約は間違いなくできます。
未開通の場合は、以下に続きます。


集合住宅のオーナーや管理会社に新規導入の確認・許可を貰う

建物の所有者(オーナーや管理会社)にauひかり新規導入の許可を貰いましょう。
ここでもし許可を貰えなくとも、インターネットの契約を諦めてはいけません。
詳しくは後述する「導入できない場合の対処法」をご覧ください。
許可を貰えたら次へ進みましょう。


提供エリア・導入可能かを窓口で最終確認

この時点で導入のための手続きはほぼ完了していますが、詳細な提供エリアと実際に建物に導入可能かは申し込みをしてからでないと判断できません。
ですが提供エリア内ならば、相当な山奥などでない限り導入できないということはありませんし、建物の問題についても電線からの距離が著しく遠くない限りは、基本的に問題ありません。


以上の3ステップを踏むことで、アパートにauひかりを導入する準備が整いました。

ですが、オーナーや管理会社の人に新規導入を交渉する際の情報として、どんな工事をするのか?を知っておく必要があります。

以下から解説します。

auひかりをアパートに導入するための工事内容

auひかりをアパートに導入する工事の内容

建物の所有者の方は「建物に穴を空けないのか?」「長い時間道をふさいだりして邪魔にならないか?」を気にして、導入工事を渋ることがあります。

その際の交渉材料としてauひかりの工事内容・工事期間を把握しておきましょう。

MDF室(集束場所)が有るアパートの工事内容

集合住宅には引き込んだ電話線などを集束するMDF室という部屋があります。

MDF室のような集束場所がある場合の工事内容は以下の通りです。

最寄の電柱から建物まで光ケーブルを引込む

電柱から建物まで光ケーブルを引き込みます。
この際に光ケーブルを固定するため、建物壁面に引留め用の金具を取り付ける必要があり、外壁にビス止めを行います。
両面テープの場合もありますが、ここで貫通しないまでも外壁にビス穴が空くと覚えておきましょう。


集束場所までケーブルを這わせて引き込む

集束場所まで光ケーブルを這わせます。
この際に、集束場所まで距離がある場合は間に金具などを増設するので、ビス穴が増える可能性があると覚えておきましょう。
また、集束場所にはすでに電話線などを引き込んだ既存の穴があり、基本的にその穴を利用するので新規で穴は開きません。
ただ限りなく可能性は低いものの、現場の状況によっては新規で穴開けが必要になる場合があるので、一応把握しておきましょう。


各室に配線する

ここでも既存の配線を利用して各部屋に配線して、導入は完了です。

外壁を傷つけたり、穴を空ける可能性があるのはの工程です。

ですが室内まで貫通する穴を新規で開ける可能性は限りなく低いです。

MDF室(集束場所)が無いアパートの工事内容

済んでいるアパート集束場所が無い場合は、別の部屋を介したりせず直接部屋に引き込む形になります。

最寄の電柱から建物まで光ケーブルを引込む

電柱から建物まで光ケーブルを引き込みます。
この際に光ケーブルを固定するため、建物壁面に引留め用の金具を取り付ける必要があり、外壁にビス止めを行います。
両面テープの場合もありますが、ここで貫通しないまでも外壁にビス穴が空くと覚えておきましょう。


エアコンダクトや電話線などの既存の穴までケーブルを這わせる

最初にケーブルを壁に固定した位置から、エアコンダクトや電話線の既存の穴まで距離がある場合、ケーブルを這わせて近づけます。
その際金具を増設する可能性があるので、ビス穴が増える恐れもあります。


宅内にケーブルを引き込み

エアコンダクトや電話線などの既存の穴からケーブルを宅内に引き込みます。
この際可能性としては低いですが、現場の都合が悪いなど何らかの理由により既存の穴が使えない場合、新規で穴を開ける場合があります。

集束場所がある場合の工事以上に、こちらは新規で穴や傷が付きにくいです。

集束場所があることによって引き込み場所が決まるといった事が無いので、都合の良い場所から最短距離で引き込むことが出来ます。

工事期間・工事時間

公式サイトには以下のように明記されています。

光回線開通工事は状況によりますが、概ね2時間程度で終了いたします。

引用元:auひかり ホーム1ギガ:工事内容

戸建てタイプでは2時間ほどで工事が完了すると説明されています。

また、本記事の筆者である私が自宅マンションにauひかりを導入した際も、同じように2時間程度で工事が完了しました。

工事時間は長くて半日程度、日数でいえば1日で完了すると覚えておきましょう。

auひかりをアパートで利用する場合の月額料金

auひかりをアパートで利用する場合の月額料金

アパートで契約する場合、工事方法によっては戸建てタイプと同じ扱いになります。

また初期工事費用の分割金額も加算されるので、実際に契約した場合の具体的な合計利用料金を表で紹介します。

タイプ 契約手数料 初期工事費用 月額料金 合計
戸建て 3,000円 37,500円
/60ヶ月(625円)
4,900円
~5,100円
初月 8,525~8,725円
2ヶ月目~ 5,525~5,725円
マンション 30,000円
/24ヶ月(1,250円)
3,800円 初月 8,050円
2ヶ月目~ 5,050円

やはり固定のネット回線の費用は中々高額ですね。

ですが窓口によってはキャンペーンを利用して、上記金額から3,000円以上安く利用することも出来ます。

詳しくはこちらをご覧ください。

auひかりのアパートでの回線速度

auひかりのアパートでの回線速度

回線速度についても、導入されるタイプによって異なります。

タイプ 回線速度


・ホーム1ギガ
・ホーム5ギガ
・ホーム10ギガ
・1Gbps
・5Gbps
・10Gbps



・タイプG 【G契約】
下り 664Mbps
上り 166Mbps
【V契約】
下り 100Mbps
上り 100Mbps
・タイプV
・都市機構
下り 100Mbps(70Mbps)
上り 35Mbps(30Mbps)
・タイプE
・タイプF
下り 100Mbps
上り 100Mbps
・マンション ギガ
・マンション ミニギガ
下り 1Gbps
上り 1Gbps

集合住宅で一番速度が遅い場合、下り100Mbps,上り35Mbpsと覚えておきましょう。

アパートでもauひかりホームタイプが導入できる?

アパートでもauひかりホームタイプが導入できる?

工事内容について説明した章の「集束場所が無い場合の工事」のように、部屋に向かって直接光ケーブルを引き込むならば、戸建て用のauひかりホームタイプが導入できます。

料金は少し高いですが1本の光ケーブルを占有出来るため回線品質がとても良く快適にインターネットが利用できるのでおすすめです。

むしろ集積場所が無い場合はホームタイプしか導入できないことが多いので、気になる方は申し込みの際に窓口に問い合わせましょう。

auひかりをアパートで申し込む際のおすすめ窓口

auひかりをアパートで申し込む際のおすすめ窓口

auひかりをアパートで申し込む際のおすすめ契約窓口を紹介します。

利用料金の大幅割引ならココ!

キャッシュバックと割引額込みで最高クラスの特典!
So-net
5
戸建て(特典A)1〜11カ月目:2,225円割引/12〜23カ月目:2,125円割引/24〜36カ月目:2,025円割引
戸建て(特典B)1〜60カ月目:125円割引+50,000円キャッシュバック
マンション(特典A)1〜24カ月目:2,650円割引
マンション(特典B)1〜24カ月目:1,250円割引+30,000円キャッシュバック
So-net

割引キャンペーンを利用して、auひかりをとにかく安く使いたいという方は、so-netからの申し込み一択です。
割引キャンペーンは他の窓口では行われていないので、迷う必要すらありません。
戸建て・マンション共に毎月2,000円以上の割引を受けることが出来ます。
戸建ては最大3年間3,500円、マンションは最大2年間2,400円と、ネット回線の料金相場を大きく下回る金額で利用できるので、通信費を抑えたいという方はso-netからの申し込みをぜひ検討しましょう。

高額キャッシュバックならココ!

オプション無しの最高額キャッシュバック
アウンカンパニー
5
キャッシュバック最大55,000円
プロバイダ@nifty、so-net
アウンカンパニー

代理店アウンカンパニーでは、auひかりのキャッシュバックでは最高クラスの55,000円をオプション加入が一切無しに受けることが出来ます。
また、キャッシュバック受取手続きも申し込み後のオペレーターからの電話の際に口頭で伝えるだけで完了するので、貰い忘れのリスクがありません。
とにかく高額なキャッシュバックを早く欲しいという方は、アウンカンパニーから申し込みましょう。

アパートにauひかりが対応してないor導入できない場合の対処法

アパートにauひかりが対応してないor導入できない場合の対処法

auひかりの導入が出来なかった、または本記事を読んでauひかりの導入が面倒になったという方には、工事不要ですぐにインターネットに接続が出来るポケットWi-Fiの契約がおすすめです。

ポケットWi-Fiならば導入の許可を取る必要はありませんし、導入のための工事も存在しないので気軽に契約が出来ます。

皆さんのタイプ別におすすめのポケットWi-Fiを紹介した記事もあるので、興味のある方はそちらをご覧ください。

まとめ

auひかりのアパート導入まとめ

本記事で紹介したように、集合住宅に光回線を導入するには確認作業が多く必要です。

筆者である私自身も自宅マンションに導入した際は、管理会社や不動産業者に電話をかけて導入の確認をしました。

ですが、今となっては快適にインターネットを利用できているので、auひかりの導入には大満足しています。

契約を迷っている方も、是非auひかりの契約をおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。