1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫auひかり申し込みから開通までの流れを分かりやすく解説!

auひかり申し込みから開通までの流れを分かりやすく解説!

auひかり申し込みから開通までの流れを分かりやすく解説

光回線の申し込みから開通までを難しく考える方がいますが、実際やってみると思っている以上に簡単です。

筆者である私も、自宅マンションへauひかりを導入した経験があります。

その際は、自宅から外に一歩も出ること無く、キャッシュバック割引キャンペーンたっぷり適用した上で、無事に開通できました。

本記事では経験者である私が、auひかりのお得な申し込み方法申し込みの流れについて徹底的に解説します。

auひかりの申し込みが不安な方は、是非参考にして下さい。

auひかりのお得な申し込み方法を4つの中から解説

auひかりのお得な申し込み方法を4つの中から解説

auひかりの申し込みには、

  • 家電量販店やauショップなどの店舗申し込み
  • 運営元であるKDDIに電話
  • 自宅に訪れる訪問販売員
  • ネット上のWebサイト

といった方法があります。

この中で一番お得な申し込み方法はWebサイトから申し込むことです。

特に、契約者獲得に熱心な販売代理店のWebサイトから申し込むと、他の方法とは比べ物にならないくらいのキャンペーンを適用することが出来ます。

auショップや家電量販店から申し込むのはダメ?

では、なぜ代理店Webサイトがお得なのか?理由が気になりますね。

家電量販店やショップでは従業員の人件費や、店舗の維持費といった諸経費が大量にかかります。

そういった諸経費がかかる分、店舗ごとにキャンペーンの特典内容を調節したりして、売り上げの採算を取っています。

Webサイトからの申し込みでは受信したフォームのみに応対するので、人件費を安く抑えることが出来ます。

実店舗と違い来客も気にしないので、店舗の維持費も抑えることができ、その分特典を豪勢にしてユーザー獲得を狙っています。

ショップや家電量販店から申し込むと損をするとまでは言いませんが、もっとお得な申し込み方法があるのに利用しないのはもったいないですよね。

悪質な訪問販売員や代理店の申し込み窓口に要注意!

代理店
当サイトからauひかり申し込みで10万円以上お得です!

訪問販売員
テレビの映りが良くなりますよ!

お得過ぎる特典を紹介している販売代理店や、聞こえの良い言葉でauひかりを勧めてくる訪問販売員には要注意です。

悪質な販売員は、ネット回線に詳しくない人に対して、様々な理由を付けて本来不要なはずの有料オプションに加入させてから契約をさせようとします。

不必要なオプションで毎月の月額料金が3,000円以上高くなることもあります。

オプション解約には高額な違約金が発生して外せないこともあるので、もしそうなってしまったら最悪ですよね。

また、「当サイトから申し込みで◯万円以上還元!」といったような代理店サイトには特に気をつけましょう。

そういった代理店サイトは、どこでも利用できるキャンペーンを自社限定のように紹介していることが多いです。

例えばauひかりの場合初期工事費無料や他社での違約金負担などの、どこでも利用できる共通の公式キャンペーンがありますが、そういったキャンペーンの金額面だけを抜粋して、さらに「還元」「お得」といった間接的な表現をして紹介します。

代理店独自のキャッシュバックだけで5万円を超えることはまずあり得ないので注意しましょう。

auひかりのおすすめ申し込み窓口

auひかりのおすすめ申し込み窓口を紹介

まず初めに、結論としてauひかりのおすすめ申し込み窓口を紹介します。

本記事では

料金の大幅割引キャンペーンで安く契約できる申し込み窓口

キャッシュバックと割引額込みで最高クラスの特典!
So-net
5
戸建て(特典A)1〜11カ月目:2,225円割引/12〜23カ月目:2,125円割引/24〜36カ月目:2,025円割引
戸建て(特典B)1〜60カ月目:125円割引+50,000円キャッシュバック
マンション(特典A)1〜24カ月目:2,650円割引
マンション(特典B)1〜24カ月目:1,250円割引+30,000円キャッシュバック
So-net

割引キャンペーンを利用して、auひかりをとにかく安く使いたいという方は、so-netからの申し込み一択です。
割引キャンペーンは他の窓口では行われていないので、比較する必要すらありません。
戸建て・マンション共に毎月2,000円以上の割引を受けることが出来ます。
また、実はこのso-netから申し込むのが金額的に見ても一番お得になります。
戸建ては最大3年間3,500円、マンションは最大2年間2,400円と、ネット回線の料金相場を大きく下回る金額で利用できるので、とにかく通信費を抑えたいという方はso-netからの申し込みをぜひ検討しましょう。

振り込みが早い&高額キャッシュバックが貰える申し込み窓口

キャッシュバック金額は最高クラス!
アウンカンパニー
5
戸建てネット+電話:30,000円/ネットのみ:23,000円
マンションネット+電話:25,000円/ネットのみ:18,000円
アウンカンパニー

auひかりの申し込み窓口の中として最高クラスのキャッシュバックが受けられるのが代理店アウンカンパニーです。
オプション加入無しの代理店単体で3万円近いキャッシュバックと、プロバイダ限定キャンペーンであるキャッシュバックを利用して、最高55,000円のキャッシュバックを受けることが出来ます。
So-net公式サイトにはキャンペーン総額で若干負けてしまいますが、純粋な現金キャッシュバックの金額はアウンカンパニーの方が高いので、早く高額な現金が欲しいという人はアウンカンパニーを選びましょう。
また、キャッシュバックの受け取り手続きも、申し込みの後にアウンカンパニー側からの折り返しの電話一本で完了するので、貰い忘れ等のリスクもありません。


auひかりの申し込みの流れ

auひかりの申し込みの流れ

ではauひかりを申し込みの流れを紹介します。

戸建てマンション・アパートで流れが変わるので、それぞれ解説します。

戸建て住宅で申し込む場合

戸建て住宅でauひかりを申し込む場合、借家などでない限りは特に導入の際に気にする事や確認事項はありません。

工事に立ち会が必要なことだけを忘れずに、希望の工事日程の候補を考えてから申し込みをしましょう

本来5,100円である月額料金を、割引キャンペーンを利用して安く利用したい場合は以下のキャンペーンリンクから、

高額キャッシュバックが欲しいなら以下のリンクから申し込みを行いましょう。

申し込みフォームを送信するだけで、都合の良い時間帯に折り返しの電話を貰うことが出来ます。

利用したいキャンペーン希望工事日程を伝えて、申し込み手続きは完了です。

申し込みに必要な物・確認事項

上記でも紹介しましたが、戸建て住宅でauひかりを申し込む場合、借家などでない限りは特に導入の際に気にする事や確認事項はありません。

導入工事に立ち合いが必要なので、スケジュール調整だけ行うようにしましょう。

本人確認書類口座・クレジットカードは原則不要です。

集合住宅(マンション、アパート)で申し込む場合

集合住宅でauひかりを申し込む場合、段階ごとに確認作業が必要になります。

1.住んでいる集合住宅に、すでに導入されているネット回線はあるか?
 =ある場合→目当ての回線が導入されていたらOK。違う場合は
 =無い場合→新規で導入する必要があるので

2.集合住宅のオーナーや管理会社に新規導入の許可を貰う。
 =許可OK→申し込み可能。
 =拒否→新規導入は不可能。ポケットWi-Fi等、他の回線を検討。

3.提供エリア・導入可能かを窓口で最終確認する。
 =問題無し→申し込み手続きへ。
 =問題ありポケットWi-Fiなどの利用を検討。

他社が所有する共有物なので、回線の導入や選択は全て管理会社やオーナーによって決まります。

条件を全てクリアし、割引キャンペーンで料金を安くして契約したいなら以下のリンクから申し込みをしましょう。

高額のキャッシュバックが欲しい方はこちらからどうぞ。

また上記でも触れましたが、固定のネット回線の新規導入を断られる場合があります。

そういった場合の理由として一番多いのが、導入工事の都合が悪いといったものです。

そんな方には、工事不要でインターネットに接続できるポケットWi-Fiがおすすめです。

興味のある方は、こちらの記事をご覧ください。

申し込みに必要な物・確認事項

こちらも戸建て住宅と同じく、本人確認書類口座・クレジットカードは原則不要です。

工事に立ち会うためのスケジュール調整だけ忘れないようにしましょう。

auひかりの申し込み後から開通までの流れ

auひかりの申し込み後の流れ

基本的に申し込み時に工事日が決定している、キャッシュバック利用時は振込口座も指定されている場合は、契約者はそれ以上何かを手続きする必要はありません。

契約書や誓約書は契約した代理店・プロバイダ・KDDIの3社から随時送られてきます。

ちなみに筆者がso-netで契約して、届いた書類がこちらです。

そして、工事日までにホームゲートウェイという機器も郵送されてきます。

工事当日に必要なので、こちらもしっかり保管しておきましょう。

また、手続き等では無いですがマンション新規導入する方は、既存の配線を利用するケースが多いので、部屋内にあるモジュラージャック周りを片付けておくと良いでしょう。


工事日当日に場所が分からない、ホームゲートウェイを置くスぺースが無いといった事態があると、本当に最悪の場合工事日延期なんてこともあり得ます。

工事は長くても半日ほどで完了します。

au光回線申し込みから開通までの注意事項や気になるポイント

auひかり申し込みの際の注意事項

工事の時間や完了までの期間は?

申し込み~工事までの期間は、申し込みの集中度合いにより変わります。

例えば新学期・新生活が始まる4月近辺、自由な時間が増えてテレビやインターネットなどに手を出す人の多い夏の7~8月頃は、希望の工事日が埋まっていて、2か月以上導入にかかることもあります。

工事自体は1日以内で終わるので、開通までにかかる日数=工事実施までの期間+1日と考えましょう。

開通後にWi-Fiが使えない?

auひかりで無線LAN(Wi-Fi)を利用して、スマホやタブレットを無線接続するには、オプションプランに加入する必要があります。

申し込み時に申請するか、KDDIお客様センター(0120-220-077)に連絡して申し込みをしましょう。

マンションタイプは回線速度が遅くなる?

マンションタイプでは構造上、配線方式が限定されてしまい回線速度が1Gbpsよりも低下する場合があります。

以下、マンションに導入される配線の方式と速度を表で紹介します。

配線方式タイプ 最大回線速度
タイプG 【G契約】
下り 664Mbps
上り 166Mbps
【V契約】
下り 100Mbps
上り 100Mbps
タイプV 下り 100Mbps(70Mbps)
上り 35Mbps(30Mbps)
タイプE 下り 100Mbps
上り 100Mbps
タイプF 下り 100Mbps
上り 100Mbps
都市機構 下り 100Mbps(70Mbps)
上り 35Mbps(30Mbps)
マンション ミニギガ 下り 1Gbps
上り 1Gbps
マンション ギガ

※一部のマンションでは()内の速度

上記のように、戸建ての1Gbpsと比較すると、配線方式によってはかなり最大値が遅くなっています。

回線速度の目安については、こちらの記事をご覧ください。

サービスの提供エリアってどこ?

auひかりのサービス提供可能エリアは、

auひかり提供エリア

■auひかりホーム(一戸建て)
大阪府、京都府、和歌山県、奈良県、滋賀県、兵庫県、三重県、愛知県、静岡県、岐阜県、沖縄県以外
■auひかりマンション
全国のauひかり導入済みのマンション
※沖縄県を除く
※マンションミニ ギガの提供エリアは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の一部

となっています。

もし提供エリア外の方は、提供エリアが広くauひかりと同じようにauスマホとのセット割が使える

so-net光

をおすすめします。

また、スマホとのセットを気にせず高品質な回線を目的にNURO光、工事が面倒ならばポケットWi-Fiといったネット回線も検討して良いでしょう。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

まとめ

auひかりの申し込みについてまとめ

以上がauひかりの申し込み~開通までのまとめです。

文中でも紹介しましたが、auひかりをマンションに導入するのは、戸建てで開通するのに比べて難しくなっています。

実際私も、住んでいるマンションにすでにKDDIが導入を済ませていたため、偶然最短ルートで契約できましたが、0から始める場合の苦労は私の比では無いと思います。

もし面倒な思いをしたくない、工事の手間も考えたくないという方は、ポケットWi-Fiの契約を検討しましょう。

皆さんのネット回線契約に、是非当サイトをご活用ください。

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。