1. ホーム
  2. 基礎知識
  3. ≫光コラボとは?フレッツ光との違いやデメリットは?分かりやすく解説!

光コラボとは?フレッツ光との違いやデメリットは?分かりやすく解説!

光コラボとは、ISP(プロバイダ)がNTT東西から回線を仕入れて「回線」と「プロバイダサービス」の両方を一つのパッケージとして卸売販売する形態を指します。

従来までNTTは自社の光回線を「フレッツ光」として代理店を通して販売し、一方でBIGLOBEやso-netといったプロバイダは各社プロバイダサービスだけに徹して販売活動を行ってきました。

つまり、利用者としては従来まで光回線を使おうと思ったら

  • 回線
  • プロバイダ

という異なる2社と契約しなければならなかったものを、光コラボという販売形態で回線とプロバイダを一本化したことにより

  • 光コラボ

という1つの窓口で光回線の契約が完結するようになったということです。

それではフレッツ光+プロバイダという形態から光コラボという形態になったことで一体何が変わったのか、そしてどのように光コラボを選べばいいのかをお話しさせていただきます。

スポンサーリンク

フレッツ光との違い

「フレッツ光+プロバイダ」として別々に販売されていたものを「光コラボ」として一本化されたことで一体何が変わったのかでしょうか。

回線

皆さんが一番気になるであろう「回線速度」に関しては、基本的には変わりません

なぜなら、光コラボを販売するプロバイダは自社で回線を新設しているわけではなく、回線自体は全社とも今まで通りNTTの光回線を使用しているからです。

BIGLOBE光やso-net光、@nifty光といったように色々なブランド名を掲げる光コラボがあるので一見プロバイダによって回線品質が異なるようにも見えますが、どこもNTT回線を使用しています。

速度を上げようと思ったらそれこそKDDIのauひかりとか、So-netのNURO光といったように、そもそもの回線事業者を乗り換える必要があります。

料金

基本料金に関して言えば全く変わっていません。

しかしながら、光コラボに乗り換えると新たな割引が受けられるようになります。

割引とは具体的に言うと固定回線とスマホをセットで利用することで割引が受けられる「セット割」を各社導入するようになりました。

近頃はスマホも立派に家計を左右する通信費となったので、本気で通信費を抑えようと思ったらスマホのセット割は無視できない要素です。

転用(乗り換え)

コラボ光は色々なブランド名が付いていますが、使用している回線はすべて同じNTTの光回線であることは説明した通りです。

つまり、すでにNTTのフレッツ光と契約している人たちは今までと同じNTTの回線・設備を使用するのでフレッツ光と契約していた人たちは特別新しい工事は必要ありません

ちなみにフレッツ光をすでに利用している人が光コラボに乗り換えることを転用と言い、転用の場合は解約には当たらないので契約期間中に別のプロバイダに乗り換えても違約金等は発生しません

メリット

支払い窓口が一本化

今までは「フレッツ光」と「プロバイダ」2つの会社に料金を支払っていたと思いますが、光コラボに転用することにより支払先が1社に統一されます。

家計を管理する上でも通信費の支払い先が統一されているというのはメリットと言えるでしょう。

通信費が安くなる

下で詳しく書きますが、光コラボはスマホとのセット割を展開している業者がほとんどです。そのため、フレッツ光+プロバイダから光コラボへ移行することでスマホと固定回線を合わせた通信費の合計金額は以前よりも安くなる場合が多いです。

デメリット

回線速度

上ではフレッツ光であれ光コラボであれNTTの回線を使用しているので速度は変わらないと説明しましたが、これはあくまでNTTや光コラボが発表している話であって、ネットの口コミ等では「光コラボに転用してから速度が落ちた」という声も少なからずあります。

ただ回線速度というのはお住まいの地域や通信環境によって大きく左右されるので断定的なことは何一つお話し出来ないので、実際に使って確かめてみるしかありません。

少なからず回線品質が変わってしまう可能性があるというのはある意味デメリットと言えるかもしれません。

光電話の番号移行

フレッツ光から光コラボへ移行する際には今まで使用していた光電話の番号も移行をすることが出来ますが、「光コラボA→光コラボB」「光コラボ→フレッツ光」という乗り換えをする場合、光電話の番号を移行することは出来ず新規発行という形になってしまいます。

個人宅はもちろんのこと法人でも光電話を使用している人は少なくないと思うので将来的にポータビリティに対応するかもしれませんが、現状では番号移行が出来ないので注意です。

選び方

フレッツ光から光コラボに移行して、プロバイダ各社が独自のサービスを提供するようになってプロバイダの選び方が非常に鮮明になりました。

従来まで「どのプロバイダでも選べる」という状態だったのが、上でも触れた通り光コラボに移行してからは各社「スマホセット割」を展開するようになったことで、今使用しているスマホとセットで利用すれば割引が受けられる光コラボの中から選べば良いので選択肢が簡単に絞れるようになりました。

3大キャリアのセット割

現在3大キャリアのスマホを契約している人は、ドコモとソフトバンクに関しては同じ名前の光コラボを選べば割引が受けられます。

具体的には、ドコモであればドコモ光、ソフトバンクであればソフトバンク光です。
auは3大キャリアの中では選択肢が豊富で、BIGLOBE光やso-net光、@nifty光などでセット割が受けられます。

キャリア セット割が受けられる光コラボ
ドコモ ドコモ光
ソフトバンク ソフトバンク光
au BIGLOBE光
so-net光
@nifty光
電力系(コミュファ光、eo光、BBIQ、Pikara、メガエッグ)

格安SIMのセット割

格安SIMも自社で光コラボを展開しているMVNOであればセット割を受けることが出来ます。
(スマホの月額料金がキャリアより格段に安いのでセット割の額もそれなりに安いですが)

光コラボを展開しているMVNOは以下の通りです。

MVNO セット割が受けられる光コラボ
OCNモバイルONE OCN光
DMMモバイル DMM光
NifMo @nifty光
BIGLOBE SIM BIGLOBE光
DTI SIM DTI光
U-mobile U-NEXT光
IIJmio IIJmioひかり

まとめ

今や固定回線だけでなくスマートフォンも立派な通信費の一部となり、家計を大きく左右する要素の一つとなりました。

そして光コラボという新たな固定回線の形態が現れたことで、スマホと固定回線はバラバラに考えるものではなく、セットでお得になる選択肢というものを選ぶ必要が出てきたわけです。

ただし、固定回線とスマホのセット割が一般的になってきていることを考えれば、今までのように「フレッツ光」「プロバイダ」「スマホ」をバラバラに契約している人達は相対的には損をしていることになるわけです。

回線速度に関しては基本的に光コラボもフレッツ光も同じで、なおかつ通信費全体が安くなることを考えれば光コラボに移行しない手はないでしょう。

現在フレッツ光を利用している人もそうでない人も光コラボを検討してみることをオススメします。

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。