1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫コミュファ光の電話まとめ!料金・初期費用・オプションに至るまで徹底解説!

コミュファ光の電話まとめ!料金・初期費用・オプションに至るまで徹底解説!

インターネット回線とスマホのセット割の条件となっていることが多い「固定電話サービス」。

固定電話と言えばNTT、という印象が強く「自宅のインターネット回線とは別にNTTと契約して固定電話を使っている」という人も多いかと思います。

実は、コミュファ光で提供されている「コミュファ光電話」なら、月額たったの300円で固定電話を利用することができるんです

さらに、au携帯電話を使っているなら「コミュファ光電話」に加入すると【auスマートバリュー】が適用されて毎月最大2,000円の割引が受けられます

ところが、各事業者も光電話サービスを強く押し出していないので、光電話サービスついて知っている人は少ないようです。

そこで、この記事ではコミュファ光電話の月額料金や初期費用、通話料やオプションに至るまで全ての情報についてまとめました

  • これから新しくコミュファ光に申し込もうと思っている人
  • 中部地方に住んでいてau携帯電話を使っている人
  • 中部地方に住んでいてNTTと契約して固定電話を使っている人

上記に当てはまる人は、ぜひこの記事を最後までご覧ください。

スポンサーリンク

コミュファ光電話について

コミュファ光電話は、コミュファ光とセットで利用できる光電話サービスです。

コミュファ光電話の特徴は以下の通りです。

コミュファ光電話の特徴
  • NTT加入電話が不要で月額料金がたったの300円!
  • 通話品質もこれまでの固定電話と変わらない
  • 番号ポータビリティで電話番号は変わらず、電話機も継続して使える
  • もちろん緊急通報や災害用伝言ダイヤルも使用可能
  • au携帯電話とセットで使えば毎月最大2,000円の割引!

NTT西日本加入電話の場合、基本料金として毎月1,700円がかかります。

ところが、コミュファ光電話なら月額たったの300円で固定電話が使えて、しかも通話品質はこれまでと変わりません

毎月1,400円、年間で考えると16,800円も通信費を節約できるのは嬉しいですね。

さらに、au携帯電話を使っていれば【auスマートバリュー】が適用されるので、最大で毎月2,000円の割引がきくのでさらにお得に利用できます。

コミュファ光電話の料金

続いて、コミュファ光電話に関連する料金について見ていきましょう。

初期費用

コミュファ光電話を利用する場合、「光電話工事費」という初期費用がかかります。

コミュファ光電話の初期費用
  • 光電話工事費:3,000円
  • 番号ポータビリティ工事費:2,000円
  • NTT休止工事費:2,000円

参照:コミュファ光電話お申し込みにあたっての重要説明事項

NTT西日本で利用していた電話番号を継続する場合は「番号ポータビリティ」という手続きを行う必要があります。

その場合、光電話工事費に「番号ポータビリティを行う費用で2,000円+NTT休止工事費2,000円」の合計4,000円がプラスされます。

コミュファ光電話で新しく電話番号を発番する場合はこれらの料金がプラスされません。

月額料金

コミュファ光電話の月額料金
  • 月額料金300円

コミュファ光電話の月額料金は300円です。

NTT西日本加入電話の場合は毎月1,700円の利用料金が発生するので、毎月の通信費を大幅に節約することができます

また、コミュファ光以外の光回線でも「光電話」が提供されていますが、いずれも月額料金が500円であることが多いです。

それらと比較しても、コミュファ光電話はたったの300円と安く固定電話を利用することができます。

通話料金

ここでは、コミュファ光電話を利用する場合の通話先別料金を一覧にしてまとめています。

通話先 通話料
コミュファ光電話 0円
auおうち電話 ※1 0円
au携帯電話 ※1 0円
一般加入電話 8円/3分
携帯電話 18円/1分
PHS 20円/90秒
国際電話 ※2 8円/1分
提携IP電話 ※3 8円/3分

※1 auまとめトーク適用の場合
※2 アメリカ(ハワイ以外)の場合。その他は「国際電話」参照
※3 提携IP電話の接続先は「接続先のご案内」参照
参照:通話料金のご案内|コミュファ光

コミュファ光を提供する「中部テレコミュニケーション」は、大手携帯キャリアのauを提供する「KDDI」の子会社です。

そのため、au携帯電話を利用していると通話料が無料になる「auまとめトーク」を使うことができます。

通話料が0円の「auまとめトーク」


画像引用:auまとめトーク|コミュファ光

auまとめトークは、コミュファ光電話とau携帯電話をセットで利用することで国内通話料が24時間無料となるサービスです。

国内通話無料となる通話パターンは以下の通りです。

国内通話料が無料となる通話パターン
  • コミュファ光電話から国内すべてのau携帯電話
  • コミュファ光電話からすべてのauおうち電話(マイライン除く)
  • 自分のau携帯電話から自宅のコミュファ光電話
  • コミュファ光電話同士の通話

auまとめトークは、

  • コミュファ光電話とau携帯電話の契約者名と住所が同一
  • 固定電話の連絡先にau携帯電話の電話番号を登録

の2つが適用条件となっています。

家族の携帯電話をコミュファ光電話とすべて同一名義・住所で契約していれば、誰が電話をかけても通話料を無料にすることができます。

auまとめトーク自体は無料で使える機能で条件を満たしてれば自動適用となります。

セット割のメインは「auスマートバリュー」ですが、固定電話を使う場合はauまとめトークもぜひ覚えておきましょう。

オプション料金

ここではコミュファ光電話関連のオプション(付加サービス)を一覧にしてまとめています。

付加サービス名称 サービス内容 月額料金
あんしん電話着信サービス
  • 迷惑電話や営業電話を自動で拒否するサービス
300円
(光電話契約単位)
発信者番号表示サービス
  • 電話をかけてきた相手の電話番号を表示するサービス
400円
(光電話契約単位)
非通知着信拒否サービス
  • 非通知着信を拒否するサービス
200円
(光電話契約単位)
割込電話サービス
  • 通話中に他の相手から着信があった場合に電話機操作を行うことで後からの通話に対応できるサービス
300円
(光電話契約単位)
迷惑電話拒否サービス
  • 迷惑電話の直後に登録操作をする事で今後の着信を拒否できるサービス
700円
(番号単位)
転送電話サービス
  • かかってきた電話をあらかじめ指定した電話番号に自動的に転送するサービス
500円
(番号単位)
転送電話選択サービス
  • あらかじめ登録しておいた電話番号からの着信について「転送」か「着信」を選択できるサービス
200円
(番号単位)
050オプションサービス
  • 050から始まる電話番号を使えるサービス
  • 通話相手が提携IP電話なら通話料無料
300円
(番号単位)
不在着信通知メールサービス
  • 光電話への着信をメールにてお知らせするサービス
100円
(番号単位)
プラスナンバー
  • 2つの電話番号が利用できるサービス
  • 電話とFAX、店舗と住宅、仕事用と自宅用、などの使い分けが可能
100円
(光電話契約単位)
プラスチャネル
  • 2回線分の同時発着信ができるサービス
400円
(光電話契約単位)
電話帳掲載サービス
  • NTT西日本が発行する電話帳(タウンページ、ハローページ)に電話番号を掲載するサービス
60円/1掲載

参照:付加サービス|コミュファ光

光電話付加サービス割引パックPlus


画像引用:光電話付加サービス割引パックPlus

コミュファ光電話の付加サービスの中で、以下の6つのオプションがセットになっているお得なオプションサービスです。

光電話付加サービス割引パックPlus
  • あんしん電話着信サービス:300円
  • 発信者番号表示サービス:400円
  • 非通知着信拒否サービス:200円
  • 割込電話サービス:300円
  • 迷惑電話拒否サービス:700円
  • 転送電話サービス:500円

本来、これらのオプション機能を使う場合は合計で2,400円かかってしまいます

ところが「光電話付加サービス割引パックPlus」なら月額料金990円でこれらすべての機能を使えるので、毎月1,410円もお得に利用できます

詳細はコミュファ光電話の「光電話付加サービス割引パックPlus」のページをご覧ください。

コミュファ光電話に加入すると「auスマートバリュー」が使える


画像引用:auスマートバリュー

au携帯電話を使っている人が「コミュファ光電話」に申し込むと【auスマートバリュー】が適用されます。

auスマートバリューは、毎月のau携帯電話料金が最大で2,000円割引となるサービスで、他のキャリアと光回線のセット割の中でも割引率が非常に大きいです。

au携帯電話の料金プランによって割引額が変わるので、いま使っている料金プランでどれだけの割引が受けられるかを知りたい人は下記の一覧表でご確認ください。

au携帯電話料金プラン 割引金額
auピタットプラン(シンプル) 1GBまで:対象外
1~2GBまで:500円
2GB以上:1,000円
auピタットプラン(スーパーカケホ/カケホ) 2GBまで:500円
2GB以上:1,000円
auフラットプラン20/30
auフラットプラン25 Netflixパック
1,000円
データ定額1 最大2年間:934円
3年目以降:500円
データ定額2/3
カケホ(3Gケータイ・データ付)
934円
データ定額5/20
LTEフラット
最大2年間:1,410円
3年目以降:934円
データ定額30 最大2年間:2,000円
3年目以降:934円

参照:auスマートバリュー

auスマートバリューは他の光回線でも適用でき、そのためには光電話サービスの加入が必須です。

他の光回線で提供されている「光電話」は月額500円であることが多く、au携帯電話の料金プランによっては3年目以降で割引の恩恵がなくなってしまいます

ところが、コミュファ光電話は月額300円で使えるので、コミュファ光かau携帯電話を解約しない限り確実にお得に利用することができます

au携帯電話を使っている人は、ぜひこの点は覚えておきましょう。

コミュファ光電話の注意点

最後に、コミュファ光電話に関する注意点です。

コミュファ光電話のみではなく、他の光電話を使う場合にもかかわる問題なのでしっかり覚えておきましょう。

電話番号について

光電話を利用する場合、以下の2つの方法で電話番号を取得する必要があります。

光電話を利用する場合の電話番号取得方法
  1. NTT加入時代の電話番号を継続利用(NTT発番)
  2. 光電話サービスで電話番号を新規取得する(ひかり発番)

1つ目は、NTT加入時代に利用していた電話番号を「番号ポータビリティ」で継続利用する方法です。

2つ目は、光電話サービスで自動発番される電話番号を新規取得して利用する方法です。

現在の固定回線業界では、NTT東西のアナログ電話→光電話という片方向番号ポータビリティしかできず、「光電話→NTT東西」「光電話→光電話」といった番号移行ができません

簡単に言うと、光電話で取得した電話番号(ひかり発番)は他の光回線に乗り換えた場合に引き継げないということです。

NTT発番の場合なら、番号ポータビリティで光電話に継続した電話番号を、

  1. NTTに戻す(休止解除手続き)
  2. NTTに戻した番号で他の光電話へ番号ポータビリティする

という手順で継続利用できます。

光電話サービスは光回線とセットで利用できるオプション機能なので、光回線を乗り換えるときに「ひかり発番で新規取得した電話番号が使えなくなる」という点には注意が必要です。

まとめ

以上、コミュファ光電話に関する料金・初期費用・オプションに至るまでの徹底解説をお送りしました。

最後にこの記事をおさらいしましょう。

  • NTT加入電話が不要で月額料金がたったの300円!
  • 通話品質もこれまでの固定電話と変わらない
  • 番号ポータビリティで電話番号は変わらず、電話機も継続して使える
  • もちろん緊急通報や災害用伝言ダイヤルも使用可能
  • au携帯電話とセットで使えば毎月最大2,000円の割引!

コミュファ光電話は月額300円で固定電話が利用できるサービスです。

NTT加入電話だと月額1,700円かかってしまうので、毎月1,400円も料金を節約することができます

au携帯電話を利用していれば【auスマートバリュー】で最大2,000円の割引が受けられるので、さらにお得です。

他の光回線でもauスマートバリューを適用できますが、他社は光電話が月額500円であることが多いので、割引の恩恵が受けられなくなる可能性があります。

その点、コミュファ光電話なら確実に割引を受けることができるので、au携帯電話を利用している人はぜひ申し込んでみてください!

コミュファ光の申し込みサイトへ
スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。