1. ホーム
  2. 基礎知識
  3. ≫インターネット光回線の工事内容・費用は?戸建て・マンション別に解説!

インターネット光回線の工事内容・費用は?戸建て・マンション別に解説!

「家のインターネットの接続が遅くて使いづらい」とお悩みの方は多いと思います。

快適に動画視聴やオンラインゲームを楽しむためには、光回線をご自宅に導入したいところです。

ですが、ここで問題になるのが光回線の工事ですよね。

一般的に「光回線の工事って壁に穴を空けるんでしょ?」というイメージをお持ちの方が多く、それが嫌で光回線を導入したくないという方も多いんです。

でも実は、そのイメージって「半分当たりで半分間違い」なんです!

今回は、光回線の工事内容を「戸建て・マンション等の集合住宅」に分けて、壁に穴を空けなくとも光回線を使えるということを解説していきます。

この記事を読んでもらえれば、光回線の工事の内容についてお分かりいただけますので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

光回線を一戸建てに導入する場合

それでは、まずは一戸建てにお住いの方に向けて、光回線の工事について解説していきます。

一戸建ての場合、以下の3つの手順で工事が完了します。

1.光ケーブルを家の中へ引き込む
2.光コンセントから専用機器→Wi-Fiルーターの順番で接続する
3.Wi-FiルーターとPCや通信機器を接続する

たったのこれだけで光回線の工事は完了で、1と2に関しては工事業者の方がすべてやってくれます。

それぞれ詳しく見ていきますね。

光ケーブルを家の中へ引き込む

引用元:https://flets.com/first/kouji/const_single_house.html

光回線を導入する場合、ご自宅の近くにある電信柱から光ファイバーケーブルを引き込みます。

電信柱から配線を引き込むのですが、その際、外壁に配線を固定する金具を取り付けるケースがあります。

電信柱から配線を引き込んだら、続いて光ファイバーケーブルを部屋の中にまで引き込みます。

これがいわゆる「壁に穴を空ける」とイメージされる工事内容なのですが、必ずしもそうではありません。

以下の3パターンの方法で、部屋の中にまで光ファイバーケーブルを引き込みます。

  • 電話線の配管を共有する場合
  • エアコンダクトを使用する場合
  • 壁に穴を空ける場合

ご自宅に固定電話がある場合、電話を利用するために電話回線用の配管があります。

その配管を利用することで、光ファイバーケーブルを部屋の中にまで引き込むことが可能です。

また、仮に配管がない・隙間がなくて引き込めない場合は、エアコンダクトを利用する方法もあります。

これらのパターンであれば、壁に穴を空けることもなく光回線を導入することができます。

ただし、光回線を引き込みたい部屋の位置の都合で、これらのパターンが使えないケースもあります。

その場合は壁に穴を空けて光回線工事を行う必要がありますので、その点は覚えておきましょう。

光コンセントから専用機器→Wi-Fiルーターの順番で接続する

電信柱から部屋の中にまで光ファイバーケーブルを引き込むことができたら、続いて光ファイバーケーブルと専用機器の接続が行われます。

この専用機器は、ONU(回線終端装置)と呼ばれます。

ONU(回線終端装置)とは、光ファイバーケーブルから送られてきた光信号を電気信号に変換してくれる機器のことです。

光ファイバーケーブルとONU(回線終端装置)を接続したら、ONU(回線終端装置)とWi-Fiルーターを接続することでインターネットが使えるようになります。

Wi-Fiルーターは、市販のものを使うこともできますし、光回線の会社によってはレンタルしてくれるところもあります。

さらに、ONU(回線終端装置)とWi-Fiルーターが一体化したモデルもあります。

光回線を申し込む際に確認を取っておくと良いですね。

Wi-FiルーターとPCや通信機器を接続する

ONU(回線終端装置)とWi-Fiルーターの接続が終われば工事は終了です。

あとは、あなたのPCや通信機器を接続するだけでインターネットが利用できるようになります。

基本的には工事業者の方がやってくれるので、なにも難しいことはありませんね!

光回線をマンション・アパートに導入する場合

続いて、マンションやアパートに住んでいる方が光回線を導入する場合の工事内容について解説していきます。

基本的に一戸建てのときと同じように、下記の3つの手順で工事が完了します。

1.光ケーブルを家の中へ引き込む
2.光コンセントから専用機器→Wi-Fiルーターの順番で接続する
3.Wi-FiルーターとPCや通信機器を接続する

ですが、1の「光ケーブルを家の中へ引き込む」が一戸建てのときとは異なります。

マンションやアパートの場合、共有スペースに配線を集約して、物件全体でネット回線を契約しているケースが多いです(共同利用方式)。

また、賃貸だと壁に穴を空けるなんてことはできないですよね(基本的に管理会社や大家さんに確認を取る必要がある)。

従って、管理会社や大家さんに確認を取った上で、マンションやアパートの共有スペースに光回線を引き込み、そこから自室まで引き込むという流れになります。

このとき、「配線方式」によって同じ光回線でも速度が異なることがありますので覚えておきましょう。

配線方式は3つあります。

  • 光配線方式(最も回線速度が速い)
  • VDSL方式(最も回線速度が遅い)
  • LAN配線方式(物件によって選択可能か否かが決まる)

それぞれを見ていきましょう。

光配線方式

引用元:https://flets.com/first/kouji/const_apartment.html

光回線方式は、現在主流となっている配線方式で、最も回線速度が速い配線方式です。

光回線を部屋まで引き込み、直接ONU(回線終端装置)と接続するという方式で、上述した「光回線を一戸建てに導入する場合」とまったく同じ方式です。

メリットは、通信速度・品質の両面において非常に安定していることが挙げられます。

この「光配線方式」を導入できる場合、後述する「VDSL方式」や「LAN配線方式」を選択するメリットがありません。

逆にデメリットは、回線を開通させる工事が必要になるため、工事開始まで1~2か月程度の時間がかかってしまうことです。

こればかりは工事業者のスケジュールになってしまうので、光回線を導入する場合は少なくとも1~2か月程度の時間がかかることを見越しておきましょう。

VDSL方式

引用元:https://flets.com/first/kouji/const_apartment_vdsl.html

VDSL方式は、いわゆる電話回線を使用して通信を行う方式のことを指します。

共有スペースまで光回線を引き込み、そこからは電話回線を使用して光回線の通信を行います。

CATV(ケーブルテレビ)に似た通信方式で、光配線方式が主流となる前は、最も広く普及していた配線方式です。

メリットは、最も広く普及している方式の為、別途工事を行う必要がないケースが多いです。

デメリットは、電話回線を使用する都合で通信品質がよくありません。

また、VDSL方式は15世帯を1つの制御盤で管理しており、どこか1世帯で膨大な通信が行われていれば通信速度が遅くなる可能性があります。

制御盤を自分で変更・選択するということは不可能なので、物件によっては光回線を利用することは難しいと言えるでしょう。

LAN配線方式

引用元:https://flets.com/first/kouji/const_apartment_lan.html

LAN配線方式とは、管理会社や大家さんがすでに通信会社と契約をしており、LANケーブルをつなぐだけで光回線を利用できるようになる配線方式です。

工事は一切必要なく、家賃にインターネット利用料が含まれていることが多いので、最も楽に利用できる点がメリットと言えます。

デメリットは、マンションやアパート全体で契約をしているため、どこか1室で膨大な通信が行われると全体の通信速度が低下する可能性があります。

特にアクセスが集中する夜間帯になると通信速度が低下する為、快適にインターネットを利用することは難しいかもしれません。

また、物件単位での配線方式なので個人でこの配線方式を選択することはできません。

家賃にインターネット利用量がすでに上乗せされていることが多いので、あまりインターネットを利用しない方にとっては、余分に料金を支払わされていることになってしまいます。

物件を選ぶ時点での判断になりますが、注意点として覚えておきましょう。

申し込みから工事までの流れ

ここまで、一戸建て・マンション等の集合住宅における光回線の工事内容について解説してきました。

続いて、実際に光回線を申し込んでから工事が行われるまでの流れを見ていきましょう。

光回線を申し込む流れは以下の通りです。

1.光回線を申し込む(Webサイト・電話)・提供エリアの確認
2.工事日を決める
3.工事立ち合い・接続設定
4.完了

光回線によっては、利用できるエリアが決められています。

必ず申し込む際に、光回線の提供エリアを確認してから工事日を決めてくださいね。

また、工事を行う際は必ず立ち会う必要があります(部屋内での作業がある為)。

工事業者の都合もありますので、スケジュールには余裕を持っておきましょう。

注意点

光回線を申し込む際の注意点も覚えておきましょう。

工事実施日まで1~2か月かかる可能性がある

光回線を導入する場合、基本的に工事を行います。

そのため、専門の工事業者とのスケジュール調整が必要になります。

ですが、工事業者によっては工事が開始されるまでに1~2か月程度の時間がかかることがあります。

口コミを調べてみると、工事予定日に突然キャンセルされたというケースもありました。

突然のキャンセルは滅多にないと思いますが、工事日までは時間がかかることを覚えておきましょう。

また、インターネット回線業界の繁忙期は1月~3月です。

この時期になると高額キャッシュバックという特典付きの告知が多くなりますが、申し込みが殺到するために工事業者が対応しきれないというケースが多いです。

その為、申し込んでから工事日までの期間が空いてしまうということがありますので、この点も注意が必要です。

引っ越しの場合はインターネットが使えない期間がある(光コラボの場合)

光回線というと、基本的にはフレッツ光のことを指します。

NTTの提供するフレッツ光という回線と、プロバイダと呼ばれる他の会社と契約をする事ではじめてインターネットを利用することができます。

近年、これらをひとまとめにして光回線を提供している光コラボと呼ばれるサービスがあります。

これらを利用しているときに引っ越しをすると「移転手続き」を行うのですが、余裕を持って工事の予約をしておかないとインターネットが使えない期間が発生することがあります。

土日指定の工事は別途費用が発生する

工事日は土日を指定することもできますが、別途工事費用が発生します。

回線業者ごとの工事費用については後述しますが、会社員の方だと土日指定で申し込む方も多いと思います。

その場合は、工事費用が増えてしまいますので、予め了承したうえで申し込んでください。

要望通りの配線にならない可能性がある

光回線は、光ファイバーケーブルを電信柱から自室まで引き込んで利用します。

その為、実際に利用する部屋やコンセントの位置によって配線の仕方も異なります。

要望していた通りの配線にならない可能性もあるのでご注意ください。

一般的な光回線の工事費

最後に、光回線の工事を行う際の費用についてまとめました。

こちらを参考に、光回線の初期費用を算出してもらえればと思います。

回線 初期費用(戸建) 初期費用(集合住宅) 土日工事費用
So-net光 24,800円 24,800円 3,000円
ドコモ光 21,000円 18,000円 3,000円
ソフトバンク光 27,000円 27,000円 3,000円
auひかり 40,500円 33,000円※ 3,000円
NURO光 43,000円 43,000円 3,000円
コミュファ光 25,700円 25,700円 0円
eo光 30,000円 30,000円 0円

※物件によっては導入不可

工事費用は分割で支払い可能な会社も多いです。

また、キャンペーンが適用されることで工事費用が実質0円になるところも多いです。

特に、回線速度も業界最速で、キャンペーン適用で工事費用0円になるNURO光がオススメです。

まとめ

以上、光回線の工事内容について解説してきました。

光回線の工事というと、一般的に「壁に穴を空ける」というイメージがつきものですが、必ずしもそうではありません。

また、マンションやアパートにお住いの方でも光回線に申し込むことができますので、回線速度に不満があるという方はまず管理会社や大家さんに相談してみてください。

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。