1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫ドコモ光とBIGLOBE(ビッグローブ)ってどう?評判や特徴について解説!

ドコモ光とBIGLOBE(ビッグローブ)ってどう?評判や特徴について解説!

光コラボはプロバイダと回線が1セットですが、ドコモ光はプロバイダを選ぶ必要があります。

ドコモ光と提携するプロバイダはたくさんありますが、

「老舗のプロバイダサービスだから豊富な経験とノウハウがあって安心感がある!」
と言った理由からBIGLOBEと契約をしようと考えていませんか?

しかし、それだけの理由で契約するのは危険です。

何故なら、BIGLOBEよりお得なキャンペーンを実施しているプロバイダがあるからです。

キャンペーンがあるのとないのとでは、光回線の全体の合計金額が大きく異なってしまいます。

そこで今回は他のプロバイダと比較しながらBIGLOBEの特徴や評判を紹介していこうと思います。

ぜひ、参考にしてみて下さい。

※注意!

本記事は「ビッグローブ光」ではなく「ドコモ光×ビッグローブ」の記事となります。ビッグローブ光については、こちらの記事を参考にして下さい。
BIGLOBE光の口コミ・評判!回線速度が遅い?デメリットに要注意!

スポンサーリンク

ドコモ光×BIGLOBEの特徴

料金

ドコモ光の月額料金のシステムは「タイプA」と「タイプB」によって料金が異なります。

ドコモ光を利用するなら月額料金を安く抑える事が出来る「タイプA」であるプロバイダを選択するのが王道です。

プラン 月額料金
タイプA
(ドコモnet、GMOとくとくBB、so-net、BIGLOBE、ぷらら、DTI、
@nifty、andline、excite、Tigers-net.com、エディオンネット、シナプス、TIKITIKI、楽天、ネスク、01光コアラ、IC-net、hi-ho)
【戸建て】
5,200円
【集合住宅/マンション】
4,000円
タイプB
(OCN、AsahiNet、@TCOM、TNC、WAKWAK、ちゃんぷるネット)
【戸建て】
5,400円
【マンション】
4,200円
単独(回線のみ) 【戸建て】
5,000円
【マンション】
3,800円

BIGLOBEはタイプAに属していますが、月額料金に関してはどこのプロバイダと契約しても正直大差はないので、特別「ビッグローブが安い!」というワケではありません。

また解約金に関しても同じで、タイプAに属するプロバイダで2年定期契約をした人は全て「マンションタイプ:8,000円」「戸建てタイプ:13,000円」の解約金がかかりますので変わりはありません。

しかしキャッシュバックキャンペーンに関しては違います。

例えば、ドコモ光を提供する「plala」や「So-net」と言ったプロバイダでは15,000円のキャッシュバックキャンペーンを行なっているのに対してBIGLOBEではキャッシュバックキャンペーンを行なっていません

そうすると光回線の合計金額が変わってきますので、安くドコモ光を利用したいと考えるならBIGLOBEではなくキャッシュバックを実施しているプロバイダを選択するのが良いです。

回線速度

ドコモ光のプロバイダにBIGLOBEを選択した場合、回線速度は遅くならないか気になる人もいるかと思います。

しかし、プロバイダによって回線速度が変わる事はありません。

そもそも、ドコモ光の使用する回線はNTT回線(フレッツ光)と同じなので、いくらプロバイダを変えたても、回線速度は「下り最大1Gbps」です。

ただ、下り最大1Gbpsと言っても自宅の通信環境によって速度が遅くなってしまう事もありますので「BIGLOBEにしてから遅くなった」などの口コミはあまりアテにしない方が良いでしょう。

IPv6に対応

ドコモ光は、フレッツ光や他の光コラボと同じ回線となる為、利用者が非常に多く、夜間帯に限って速度が低下する場合があります。

この速度が遅くなる原因は、接続方法を「IPv4」にしており、そこの接続口が混雑している為と考えられます。

しかし「IPv6」の通信方式に切り替えることで回線の混雑を回避する事ができ、高速通信でインターネットを快適に利用する事が出来るのです。

BIGLOBEで「IPv6」を使用する場合は、

  • IPv6オプションの加入
  • 対応機器(光IP電話と無線LANルーター)の契約

が必要となります。

IPv6オプションは、特に料金はかかりません。

また、これからBIGLOBEと契約をする人は無線LANルーターが無料となりますので、気軽にIPv6でインターネットを楽しむ事が出来ます。

ちなみに、ドコモ光には「IPv6」に対応していないプロバイダも存在しますので、高速通信を希望するのであれば「BIGLOBE」などのIPv6に対応しているプロバイダと契約するのが良いでしょう。

訪問サポート

訪問サポートとは、専門スタッフが自宅に訪問して「インターネットの接続設定」などを行なってくれるサービスです。

インターネットの接続設定以外にも、ひかりTVやdTVの視聴設定など、人によってハードルの高い設定もありますので、初心者の人が申し込む場合は訪問サポートが無料なのか有料なのかは事前に確認しておくべき要素ではあります。

この訪問サポートが有料の場合にはプロバイダにもよりますが8,000円〜1万円程度の相場になります。

そうすると、訪問サポートが無料か有料かだけでも合計金額に大きな差が開きます。

で、BIGLOBEの訪問サポートは「初回のみ無料」です。

なのでパソコンやインターネットの初心者の人は「BIGLOBE」を選択肢に入れても良いでしょう。

ただし、訪問サポートを無料で提供しているプロバイダは他にもあるので、ビッグローブだけが実施しているサービスではありません。

セキュリティ

プロバイダによってセキュリティソフトが無料なのか有料なのか、あるいは無料の場合何ヶ月無料で利用出来るのかが変わってきます。

セキュリティソフトが有料オプションだった場合、月500円程度が相場となるので、24ヶ月無料のプロバイダに比べて12,000円もの差が出てしまいます。

で、BIGLOBEのセキュリティソフトは「12ヶ月間無料」となります。

しかし、セキュリティの料金に関しては「永年無料」「24ヶ月無料」といったプロバイダもあるので、他のプロバイダと比べてみると、お得とは言えません。

口コミ・評判


まとめ

以上で「ドコモ光×BIGLOBE」の評判や特徴についてまとめると・・・

  • IPv6対応の無線LANルーターが無償でレンタル出来る!
  • 他のプロバイダと比べると料金的にお得とは言えない

となります。

BIGLOBE以外にも無料で無線LANルーターを提供している事がありますし、
サポートやキャッシュバックキャンペーンを実施しているプロバイダもありますので、正直BIGLOBEをオススメする要素が見当たりません

ドコモ光を利用する上で、料金をもっと安く抑えたいなら、BIGLOBEよりサポートが充実していたりキャッシュバックキャンペーンを実施しているplalaSo-netを選択するのが良いです。

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。