1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫ドコモ光のドコモネットとは?評判・特徴を解説!

ドコモ光のドコモネットとは?評判・特徴を解説!

近年登場した「光コラボ」のメリットとして「回線事業者とプロバイダが一本化され、支払いも一カ所に済む」といった事があります。

ですが、ドコモ光を利用する場合、基本的にプロバイダを選択しなければいけないので「回線」と「プロバイダ」を別々で契約することになります。

しかし、ドコモ光を提供する数々のプロバイダの中でも「ドコモnet」だけは契約から支払いまでひとつの窓口で完結する事が出来ます。

そんなドコモnetは窓口が一本化されている他にどんな特徴があり、
他のプロバイダの料金やサービス内容と何が違うのでしょうか?

そこで今回はドコモネットの特徴や評判、どんな人がドコモnetと契約するべきなのかを紹介していきます。

スポンサーリンク

ドコモネットの特徴

契約窓口が一本化

ドコモ光は「光コラボ」に属します。

冒頭でもちらっとお伝えしましたが、光コラボというのは、従来までのフレッツ光とは異なり、回線事業者とプロバイダ事業者が同じであるというメリットがあります。

例えば、従来のフレッツ光であれば「フレッツ光(回線)+OCN(プロバイダ)」といったように契約窓口が分かれていましたが、光コラボになり「OCN光(回線)+OCN光(プロバイダ)」と、契約窓口が一本化されるようになりました。

ところが、ドコモ光は他の光コラボとは異なり、プロバイダを複数社の中から選ぶ事が出来てしまいます。

以下は、ドコモ光を提供するプロバイダです。

ドコモ光のプロバイダ

ドコモnet、ぷらら、so-net、GMOとくとくBB、andline、excite、Tigers‐net.com、BIGLOBE、DTI、エディオンネット、SYNAPSE、TiKiTiKi、楽天ブロードバンド、@ネスク、01光コアラ、ic-net、hi-ho、@TCOM、OCN、@nifty、TNC、AsahiNet、WAKWAK、@ちゃんぷるネット

この中からプロバイダを選択する為「ドコモ光」と「プロバイダ」2つの会社と契約をし料金を支払う事になります。

しかし、唯一1つの窓口だけで光回線の契約や支払いを完結する事が出来るプロバイダがあります。

それがドコモが公式で運営する「ドコモnet」です。

なので「プロバイダを選ぶのが面倒!」
「回線事業者とプロバイダが違うと、どこに何を支払ったか混乱する・・・」

と思う人は、ドコモnetを選択するのが良いでしょう。

IPv6に対応

ドコモnetは、厳密に言うとフレッツ光の回線を借りて「ドコモ光とドコモnetをひとつのパッケージ」として販売しています。

なので、フレッツ光や他の光コラボと同じ回線になる為、
利用者が非常に多く、夜間帯に限って速度が低下する事があります。

この速度が遅い原因として考えられるのが接続方法を「IPv4」にしており、そこの接続口が混雑している為と考えられます。

しかし、IPv6の通信方式に切り替える事で回線の混雑を避ける事が可能となり、高速通信でインターネットを利用出来ます。

ちなみにドコモ光では「IPv6」に対応していないプロバイダがありますが、
ドコモnetは「IPv6」に対応しているので、高速通信でインターネットを楽しみたい場合は「ドコモnet」を検討しても良いでしょう。

月額料金

ドコモ光は「タイプA」もしくは「タイプB」のどちらかに属しているかによって月額料金が異なります。

ドコモ光と契約するなら月額料金の安いタイプAのプロバイダを選択するのが王道です。

プラン 月額料金
タイプA 【戸建て】
5,200円
【集合住宅/マンション】
4,000円
タイプB 【戸建て】
5,400円
【マンション】
4,200円
単独(回線のみ) 【戸建て】
5,000円
【マンション】
3,800円

ドコモnetはタイプAなので、月額料金を安く抑える事が出来ます。

キャッシュバックキャンペーン

ドコモ光を提供するほとんどのプロバイダでは「キャッシュバックキャンペーン」を実施しています。

例えば、ドコモ光のプロバイダであるplalaやSo-netでは最高水準である15,000円のキャッシュバックキャンペーンを行なっています。

しかし、ドコモnetはキャッシュバックキャンペーンを行なっていません

キャッシュバックキャンペーンを実施しているのかしていないのかだけでも、
光回線の合計金額に1万円以上もの差が出てしまいます。

なのでドコモnetと契約してキャッシュバックが欲しい場合は代理店経由で申し込む事をオススメします。

ドコモnetを契約する場合は、以下の代理店から申し込みましょう。

代理店 キャッシュバック 振り込み
時期
キャンペーン 公式サイト
ネットナビ 15,000円 最短2か月 ・dポイント最大30,000ポイント 公式HP
Wiz ・dポイント最大30,000ポイント 公式HP

他のプロバイダと比較

ドコモnetではポイントキャンペーンや工事費無料等と言った特典を受ける事が出来ますが、実際どこのプロバイダで申し込んでも適用されます。

以下のキャンペーンは全てのプロバイダで適用されるキャンペーンです。

  • dポイント20,000ポイント
  • 初期工事費用無料
  • ソフトバンクスマホとのセット割
  • 他社乗り換えでケータイ解約料が実質無料
  • 開通前モバイルWi-Fiレンタル

また、どこのプロバイダと契約しても「回線速度」に違いはありません。

それから「月額料金」では、タイプによって料金の差はありますが、タイプAに属するドコモnetと他のプロバイダ同士では月額料金が一緒なので比較すら出来ません。

では、他のプロバイダとどこに差が出るのかというと「それ以外の料金」となります。

具体的に言うと、

  • キャンペーン内容(キャッシュバック等)
  • Wi-Fiルーター(レンタル料金が無料か有料か)
  • セキュリティ(セキュリティソフトが無料か有料か)
  • サポート(訪問サポートが無料か有料か)

が重要になります。

以上の事を考慮すると、ドコモnet以外にもオススメ出来るプロバイダは存在します。

以下の記事にドコモ光でオススメ出来るプロバイダを紹介しているので、
参考にしてみて下さい。

ドコモnetの口コミ・評判

Twitterの口コミ・評判

価格コムの口コミ・評判

口コミ
【回線速度】速度にかんしては申し分なく満足できていると自負する。ネットゲーム(ラグナロクオンライン、モンスターハンターF)をストレスなくプレイできていた為。現在はアマゾンプライムビデオを見ているが、問題なく視聴できている。
【ご利用料金】フレッツ時代は7千円台だったが、ドコモ光でだいぶ下がった。しかし、負担額が大きいのは変わりなく、3千円台まで頑張ってほしい。
【サービス】サービスとは、何の事だろうか。メールアドレス付与?これは使用していない。
【総合】速度:良 料金:不可
口コミ
【回線速度】特に問題なく動画などもスムーズに見れるので問題ないです。
【ご利用料金】携帯電話も含めて契約しているので
今までより安くできました。
【サービス】ドコモの無料Wi-FiがSoftBankよりすくないので
とても残念な感じです。

引用:価格コム

まとめ

以上で、ドコモnetについてまとめると…

  • 唯一ドコモnetは1つの窓口で光回線の契約が完結出来る
  • キャッシュバックキャンペーンを受け取りたい場合は、代理店経由で申し込む

となります。

「プロバイダを選ぶのが面倒くさい」と感じるなら、契約から支払いまで手続きが簡潔であるドコモnetをオススメします。

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。