1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫ドコモ光とGMOとくとくBBってどう?評判・料金を比較!

ドコモ光とGMOとくとくBBってどう?評判・料金を比較!

ドコモ光とGMOとくとくBBの評判や料金

ドコモ光を契約する際、プロバイダとしてGMOとくとくBBを選択することが出来ますが、実際GMOを選ぶメリットはあるのでしょうか?

そもそもNTT光コラボであるドコモ光のメリットは、プロバイダ回線窓口がドコモで一本化されていることです。

その関係性をわざわざ崩して、さらに数あるプロバイダの中からGMOを選んで契約するほどのメリットはあるのでしょうか?

本記事では「ドコモ光×GMOとくとくBB」という組み合わせが本当に最良の選択肢なのか、他のプロバイダと比較しながら検証したいと思います。

ドコモ光×GMOの回線速度

ドコモ光のプロバイダをGMOにしても、使用する回線はNTT回線(フレッツ光)で同じなので、回線速度は最大1Gbpsとなります。

対応している回線速度は、

  • 1Gbps
  • 200Mbps
  • 100Mbps

居住環境によって変わりますが、導入できる回線プランは以上の3種類です。

プロバイダによって回線速度は変わらないと覚えましょう。

ドコモ光×GMOの料金

ドコモ光とGMOの料金

ドコモ光をGMOで契約した場合の月額料金について紹介します。

契約プラン GMOとくとくBB
(他so-net、plala、@niftyなど)
ドコモ
(ドコモnet)
その他のプロバイダ
(OCN、@TCOMなど)
戸建て 5,200円 5,400円
マンション 4,000円 4,200円

正直、基本料金についてはドコモ光を普通に契約することと差はありません

月額が割り引かれるキャンペーンなども無いので、GMOを利用しても特に料金はお得では無いといえます。

プロバイダによって料金は変わらないと覚えておきましょう。

ドコモ光×GMOで契約するメリット

ドコモ光をGMOで契約するメリット

料金・回線速度ともにプロバイダによって差は出ないと、ここまで解説しました。

また、

  • セキュリティソフト◯年間無料
  • WiFiルーター無料レンタル
  • インターネットの接続設定無料
  • 15,000円のキャッシュバック

はどこでも利用できる特典です。

上記以外の要素で、GMOを選ぶことのメリットを以下から紹介します。

ホームページの作成が可能

GMO自体がドメイン取得Webサイト制作といったホームページ作成のためのサービスを運営しているため、GMOをプロバイダに選択しているとホームページ(350MBまで/最大15個)の作成が可能です。

無料なので本気でサイトを運営しようとするならば少ないですが、それでもレンタルサーバードメイン取得をする際に新規でサイトに登録することなく済みます。

ただホームページ作成ならば、キャッシュバックこそ無いもののGMO以上の容量を展開しているプロバイダもあるので、サイト作成を最重要視するならばGMOが一番適しているとは言えません

キャッシュバックを貰いつつ、ちょっとしたホームページの作成を目的とする方にGMOはおすすめです。

利用できるメールアドレス数が多い

20種類以上あるドコモ光のプロバイダの中でもGMOは利用できるメールアドレスの数が多いです。

本家のドコモnet1つso-netplala4つ~7つなのですがGMOは15個のアドレスの利用が出来ます。

ただ個人でそんなに利用する方はまずいないですし、企業の場合はビジネス向けのプランがあるため、使用するタイミングが限られているメリットといえます。

プロバイダ メールアドレス数
GMOとくとくBB 15
ドコモnet 1
so-net 4
plala 7
@nifty 5

くまポン優待特典の付与

GMOインターネットグループが運営しているクーポン購入サイト「くまポンbyGMO」で使用できるギフト券毎月プレゼントしてもらえます。

さらにGMOとくとくBB会員限定でお得な特典を不定期で案内してもらえるので、くまポンをよく利用している方ならドコモ光×GMOの契約はおすすめです。

ドコモ光×GMOで契約するデメリット

ドコモ光をGMOで契約するデメリット

GMOにはもちろんデメリットもあります。

以下から解説します。

窓口の一本化を崩している

光コラボであるドコモ光の一番の特徴が、回線とプロバイダの窓口が一本化されていることですが、GMOを契約することによってその利点を潰すことになります。

支払い問い合わせの窓口が分かれてしまいますし、せっかく簡略化していた契約を複雑にしてしまうことは大きなデメリットです。

リモートサポート・訪問サポートに難あり

他のほとんどのプロバイダがリモートサポート訪問サポートに対応していますが、GMOのみリモートサポートに対応してなく、訪問サポートも有料での対応になります。

so-netやplalaといった他のプロバイダでは無料対応している分、わざわざGMOを選んだ場合のデメリットといえます。

プロバイダ リモートサポート 訪問サポート
GMOとくとくBB
有料
ドコモnet
so-net
(初回無料・6か月以内)
(WiFiルーターレンタルとどちらか選択)
plala
(初回無料)
@nifty
(初回無料)
(初回無料・3か月以内無料)

キャッシュバック振り込みが遅い

GMOはドコモ光のキャッシュバック最高額である15,000円を提示していますが、そのキャッシュバックの振り込み遅いです。

他のプロバイダでは半分以下の期間で同額が振り込まれることもあるので、振り込みの遅さはGMOを選ぶ上でのデメリットです。

プロバイダ 金額 振込時期
GMOとくとくBB 15,000円 最短5ヶ月
ドコモnet 最短2ヶ月
so-net 最短2ヶ月
plala 最短4ヶ月
DTI 最短2ヶ月

ドコモ光×GMOの口コミ・評判

ドコモ光とGMOの口コミ・評判

ドコモ光とGMOを実際に契約した方の口コミ・評判を紹介します。

速度に関してネガティブな意見が多いですが、回線速度は時間帯通信環境で大きく左右されます。

一概にGMOのせいで低速になっているとは言い切れませんし、マイナスの意見はどんな回線も一定数あるので、深刻に考慮せずにいい部分でもあります。

ただネガティブな意見が多いことは事実なので、その点は覚えておきましょう。

ドコモ光×GMOの高額キャッシュバックキャンペーン

ドコモ光とGMOの高額キャッシュバックキャンペーン

ドコモ光とGMOの組み合わせで利用できるキャンペーンは、代理店でなくGMO自体が行っているキャンペーンを利用しましょう。

プロバイダ回線を分けている分、これ以上契約の際の関係業者を増やすことは、書類や手続きが面倒になるのでおすすめしません。

申し込む場合は、以下のキャンペーンリンクをご活用ください。

また、ドコモ光を一番お得に契約できるプロバイダを比較した記事もあるので、興味のある方はそちらの記事もご覧ください。

まとめ

ドコモ光とGMOのまとめ

結果として、数あるプロバイダの中からわざわざ選んで契約するほど、GMOに大きなメリットがあるとは言いがたいです。

ですが、プロバイダごとに一長一短の部分もあるので、文中で紹介したようにキャッシュバックを貰いつつホームページ作成の目的もある方にはGMOはおすすめです。

お得なドコモ光の契約に、本記事が役立つと幸いです。


スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。