1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫ドコモ光の新規契約は代理店に注意!ココがおすすめ!

ドコモ光の新規契約は代理店に注意!ココがおすすめ!

ドコモ光の新規契約におすすめな代理店と注意事項を解説

ドコモのスマホを利用している方は、ネット回線はセット割が利用できるドコモ光を検討すると思いますが、契約方法に注意しましょう。

申し込みをする窓口によってはをしてしまうかもしれません。

初期費用など考えればネット回線の契約は安くは無いので、出来るだけお得に契約したいですよね。

本記事ではドコモ光の新規契約お得に行うための注意点おすすめ窓口について解説します。

契約を検討している方は、是非参考にして下さい。

ドコモ光のお得な契約方法

ドコモ光のお得な契約方法

ドコモ光をはじめ光回線を契約するには、

  • 運営元に問い合わせて申し込む
  • 家電量販店などの実店舗で契約
  • 訪問販売員を通して契約
  • Webサイトから申し込む

といった方法があります。

この中で一番お得でおすすめなのがWebサイトからの申し込みです。

Webサイトがおすすめな理由

例えばドコモ光を携帯ショップ(運営元)や家電量販店で申し込んだ場合、店舗の維持費人件費といった諸経費をまかなうために、特典が割安になります。

訪問販売員からの契約も上と同様です。

Webサイトから申し込む場合そういった費用が抑えられているため、その分特典が魅力的になります。

ショップや家電量販店で契約した場合

実際にショップ家電量販店でドコモ光を契約した場合のキャンペーン内容を表で紹介します。

店舗 キャッシュバック
キャンペーン
ドコモショップ dポイント10,000円分
初期工事費用無料
ヨドバシカメラ dポイント5,000円分
orヨドバシ商品券5,000円分
ビックカメラ ビックカメラ商品券5,000円分
ヤマダ電機 dポイント5,000円分
orヤマダ電機ポイント5,000円分
コジマ電気 コジマ電気ポイント5,000円分
エディオン エディオンポイント5,000円分
ケーズ電気 ケーズ電気商品券10,000円分

店舗によって多少差はありますが、それでも現金のキャッシュバックはほぼ行われておらず、上記の特典でさえ条件付きでなければ受けれないことがあります。

この中ではドコモショップで契約することが一番お得に見えますが、実はこのドコモショップの特典はどこの窓口からの申し込みでも利用できます

Webサイトから申し込みをした場合、上記の内容にプラスで現金のキャッシュバックを受けることが出来るので、契約はWebサイトから行うようにしましょう。

悪質な代理店や訪問販売に要注意

販売員
今よりもネット料金が安くなります!

販売員
今だけお得なキャンペーン開催中です

自宅へ訪問し、上のような甘い言葉でドコモ光を勧めてくる販売員には要注意です。

ネット回線に詳しくない人に対して、様々な理由を付けて有料オプションに加入させてから契約をさせようとします。

不必要なオプションで月額料金が3,000円以上高くなることもあります。

オプション解約には違約金が発生して外せないこともあるので、もしそうなってしまったら最悪ですよね。

また、「当サイトから申し込みで◯万円以上還元!」といったような代理店サイトにも気をつけましょう。

そういった代理店サイトは、どこでも利用できるキャンペーンを自社限定のように紹介していることが多いです。

例えばドコモ光の場合初期工事費無料dポイントプレゼントなどの、どこでも利用できる共通のキャンペーンがありますが、そういったキャンペーンの金額面だけを抜粋して、さらに「還元」「お得」といった間接的な表現をして紹介します。

実際のキャッシュバック額は少額で、こちらも多くの有料オプションに加入させようとするので要注意です。

以下、悪質な訪問販売や代理店についての口コミです。

ドコモ光の申し込み窓口の選び方や注意点

ドコモ光の申し込み窓口の選び方や注意点

ドコモ光では、

  • 初期工事費用無料
  • ソフトバンクスマホとのセット割
  • 他社乗り換えでケータイ解約料が実質無料
  • 開通前モバイルWi-Fiレンタル
  • dポイントプレゼント

以上のキャンペーンがどこの窓口でも利用できます。

つまりドコモ光をお得に契約したいなら、上記以外のキャンペーンでお得な特典を提示している窓口を選ぶべきです。

また魅力的な特典を提示している窓口でも、

  • 適用条件としてオプション加入の必要は無いか?
  • どこでも適用できる特典を自社限定のように紹介していないか?
  • 合計金額だけでなく適用条件詳細を明示しているか?

以上に注意しましょう。

プロバイダは変えるべきか?

ドコモ光は回線(NTT)とプロバイダ(ドコモnet)の窓口が一本化されている「光コラボ」といわれる光回線です。

ですが、あえてプロバイダをGMOso-netに変更し、一本化を崩すことも出来ます。

支払先が分かれてしまいますが、それでも各プロバイダ独自のサービスを受けることが出来ますし、何よりドコモ光はプロバイダが行っているキャンペーンの方がお得です。

ドコモ光のプロバイダを比較した記事があるので、興味のある方はご覧ください。

ドコモ光のおすすめ契約窓口

ドコモ光のおすすめ契約窓口

以下からドコモ光のおすすめ申し込み窓口を表で紹介します。

もちろんオプション加入など必要無い窓口なので、興味を引くものがあれば表中のリンクから是非詳細をご確認ください。

プロバイダを変える場合

プロバイダを分けて、独自のプロバイダキャンペーンを利用したい場合に、おすすめの申し込み窓口を紹介します。

プロバイダ キャッシュバック 振り込み
時期
キャンペーン 公式サイト
plala 15,000円 最短2か月 ・訪問設定サポート1回無料
・セキュリティソフト2年間無料
・WiFiルーターレンタル無料
公式HP
so-net 最短4か月 ・訪問設定サポート無料
orWiFiルーターレンタル無料
・リモートサポート6ヶ月以内初回無料
・セキュリティソフト2年間無料
・ソニーグループ優待・割引サービス
公式HP
DTI 最短2か月 ・訪問設定サポート1回無料
・セキュリティソフト1年間無料
・WiFiルーターレンタル無料
DTI Club OFF(会員優待サービス)
公式HP

ドコモで一本化する場合

回線とプロバイダをドコモで一本化して契約したい場合に、おすすめの申し込み窓口を紹介します。

代理店 キャッシュバック 振り込み
時期
キャンペーン 公式サイト
ネットナビ 15,000円 最短2か月 ・dポイント最大30,000ポイント 公式HP
Wiz ・dポイント最大30,000ポイント 公式HP

ドコモ光の新規申し込み手順

plalaを例に申し込み手順を紹介します。

表中のリンクからキャンペーンサイトに転移して申し込みを行います。

電話でも受付可能と書いてありますが、混雑で繋がらない場合や、住所や情報を口頭で伝えるとミスしてキャッシュバックを受け取れなくなる危険がるのでフォームを送信することをおすすめします。

情報を入力して担当者からの連絡を待ちます。

ネット回線の開通を難しく考える方がいますが、契約者が踏む手順はこれで完了です。

後は回線事業者の方が、建物が導入可能か?工事日は希望通りに出来そうか?といったことを調整してくれるので、残るは工事の立ち合いが済めば無事にドコモ光が開通します。

まとめ

ドコモ光の新規契約まとめ

3大キャリアの中でドコモは一番利用されています。

スマホユーザーが多い分、ドコモ光の契約者獲得には代理店やプロバイダがひと際力を入れています。

ですが販売業者が多い分、文中で紹介したような悪質な販売方法を取っている企業もあるので注意が必要です。

皆さんのドコモ光の新規契約に、本記事が役立つと幸いです。

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。