1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫ドコモ光の申し込みから開通までの流れを分かりやすく解説!

ドコモ光の申し込みから開通までの流れを分かりやすく解説!

ドコモ光の申し込みから開通までの流れを分かりやすく解説

ドコモ光の契約を考えていても、

「どこで申し込めば良いか?」
「何をすれば良いか?」
「そもそも自分の家に導入できるのか?」

導入するのに不明点だらけで、契約に踏み切れない方もいるのではないでしょうか?

本記事ではドコモ光の申し込みから開通まで方法手順注意事項を解説します。

是非参考にして下さい。

ドコモ光申し込みまでの手順や流れ

ドコモ光申し込みまでの手順や流れ

まず初めに、ドコモ光を申し込むために確認すべきことを解説します。

回線を契約する際に確認すべき事は、大きく分けて2つあります。

  • 提供エリア
  • 居住環境

以上を申し込む前に確認しましょう。

ですがはドコモ光は提供エリアの広い回線なので、相当な山奥等でない限り提供エリアの問題はクリアしています。

残すは居住環境の問題ですが、戸建て住宅集合住宅(マンション・アパート)で確認することは変わるので、それぞれ以下から解説します。

戸建ての場合

他に所有者がいる借家等でない限り、戸建て住宅では特に確認することはありません

提供エリアさえクリアしていれば申し込みをして大丈夫です。

戸建て住宅の工事についてはこちらの記事をご覧ください。

集合住宅(マンション・アパート)の場合

集合住宅の場合、すでに導入されている回線があるかをまず確認しましょう。

NTTの光ファイバーが引き込まれているならすぐに申し込みが可能です。

新規導入が必要ならば建物のオーナー管理会社導入工事の許可を取りましょう。

許可が下りれば集合住宅でドコモ光の申し込みが可能です。

集合住宅の工事についてはこちらの記事をご覧ください。

もし万が一、導入工事の許可が下りなかった場合は、工事不要のポケットWi-Fiがおすすめなので、こちらの記事をご覧ください。

ドコモ光の申し込み方法

ドコモ光の申し込み方法

ドコモ光を申し込む方法は、

  • 運営元に問い合わせて申し込む
  • 家電量販店などの実店舗で契約
  • 訪問販売員を通して契約
  • Webサイトから申し込む

といったものがあります。

どうせならキャッシュバックなど利用して、お得に契約したいですよね。

一番おすすめはWebサイトから申し込むことです。

契約の際の特典が一番お得です。

Webサイトがお得な理由については、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ドコモ光のお得な申し込み窓口紹介!

ドコモ光のお得な申し込み窓口

ドコモ光のお得な申し込み窓口を紹介します。

訪問サポートが1回無料!
plala
5
キャンペーン15,000円キャッシュバック
料金4,000円~5,200円
サポート訪問設定サポート1回無料
WiFiルーター無料レンタルあり(IPoE対応)
セキュリティソフト24か月無料
plala

plalaはキャンペーン、サポート、セキュリティソフトなどすべての要素で他のプロバイダと比較しても最高水準です。例えばキャンペーンに関しても業界最高クラスの15,000円がキャッシュバックされますし、セキュリティソフトに関しても有料、あるいは12か月無料のプロバイダが多い中plalaは24か月無料で利用することが出来ます。さらに訪問サポートに関しても初回は無料で利用することが可能です。ドコモ光に関しては料金的にもサービス内容的にもplalaを選んでおけば間違いないでしょう。

So-net
セキュリティが24か月無料!
So-net
4
キャンペーン15,000円キャッシュバック
料金4,000円~5,200円
サポート無料訪問サポート(利用する場合はWiFi無料レンタルなし)
WiFiルーター無料レンタルあり(v6プラス対応)
セキュリティソフト24か月無料

ぷららに次いでおすすめなのがSo-netです。特にフレッツ光などでSo-netを利用していたという人はアカウント情報を引き継げる分手続きが楽なのでSo-netを選んでもいいかもしれません。キャンペーンに関してもplala同様に15,000円のキャッシュバックが付いてくるのでその点は申し分ないのですが、訪問サポートとWiFi無料レンタルはどちらか一方しか選べないので、その点は若干plalaに見劣りしてしまいます。

ネットナビ
プロバイダと回線をドコモでまとめる
ネットナビ
3
キャンペーン15,000円キャッシュバック
料金4,000円~5,200円
サポートリモートサポート無料
WiFiルーター無料レンタルあり(IPoE対応)
セキュリティソフト12か月無料

プロバイダをドコモで統一したいなら代理店であるネットナビから申し込みましょう。
プロバイダ独自のキャンペーンは上の2社に劣っていますが、キャッシュバック特典については全く同じ条件で受け取ることが出来ます。
光コラボとしての一本化を崩したくない方はネットナビがおすすめです。

プロバイダはどこがいい?

最近の光回線はプロバイダ回線1社でまとまっている事がほとんどですが、その中でドコモ光はプロバイダを選ぶことが出来ます。

1社にまとまっていると支払先が一本化されているというメリットがあります。

回線とプロバイダを分けると、それぞれのプロバイダ独自のキャンペーンを受けることが出来ます。

ドコモ光のプロバイダについて比較した記事があるので、こちらをご覧ください。

ドコモ光の申し込みの手順や流れ

ドコモ光の申し込みの手順や流れ

ではplalaの窓口を例に、申し込みの手順や流れを紹介します。

キャンペーンサイトへ移ります。

青く囲んだ部分をクリックし、申し込みフォームへ移ります。

申し込みフォームに必要事項を入力し、送信して完了です。

ネット回線の契約を複雑に考える方が多いですが、手続きはこれで終わりです。

後は担当の方からの工事日程についての連絡を待ちましょう。

ドコモ光の開通に必要な物

ドコモ光の開通に必要な物

ドコモ光の開通に必要なものを紹介します。

工事当日に絶対に必要なもの無いので、安心してください。

登録手数料

ドコモ光を契約するための登録手数料が必要です。

この手数料は即金ではなく、初月利用料金と一緒に請求されます。

登録手数料
3,000円

初期工事費用

導入工事のための費用が必要です。

初期費用は分割払いにして、毎月の利用料金合算して支払うことも出来ます。

また、初期費用分割金はキャンペーンで毎月割引になるので、実質無料に出来ます。

ただ、一括払いにする場合は初月に必要な費用なので、把握しておきましょう。

戸建て住宅 集合住宅
18,000円 15,000円

有線接続がしたいならLANケーブル

無線LANでなく有線でパソコンを接続したい方もいると思います。

また、光回線の開通場所思っていた場所に来ないことがあり、機器の設置場所が壁にさえぎられて無線LANでは都合が悪い場合もあります。

そういった恐れがあるならLANケーブルも用意しておくと安心です。

LANケーブルにはカテゴリ(規格)というものがあるので、回線速度に対応している物を購入しましょう。

ケーブルの種類 規格 対応速度 NURO光の場合の推奨度
CAT5 カテゴリー5 100Mbps
速度不十分
CAT5e カテゴリー5e 1Gbps
おすすめ
CAT6 カテゴリー6 1Gbps
おすすめ
CAT7 カテゴリー7 10Gbps
過剰性能

申し込み~開通までにやるべきこと・注意事項

申し込みから開通までにやるべきことと注意事項

申し込みから開通までの間に、

  • ホームゲートウェイ(Wi-Fiルーター)を置く場所があるか?
  • 設置場所付近に電源は確保されているか?
  • パソコンや電話機の設置場所は問題ないか?

以上を確認しておきましょう。

あまりに状況がひどいと、工事日が先送りになることもあります。

その際の出張費など一回分余計に請求されることもあるので、宅内の機器設置場所の整理は確実に行いましょう。

まとめ

ドコモ光の申し込みと開通のまとめ

文中で紹介したように光回線の申し込みは思っている以上に簡単なのですが、ドコモ光はプロバイダ選べてしまうので「プロバイダはどこと契約すれば良いのか?」を迷ってしまいます。

それに加えて「どの代理店から申し込むか?」ということも考えなければなりませんので、申し込むまでに検討することが他の回線よりも多いです。

そんな時は文中でも紹介したドコモ光のプロバイダ比較記事と、代理店比較記事をご覧ください。

これでドコモ光の申し込みについての解説を終わります。

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。