1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫ドコモ光の工事まとめ!工事費・内容・日程を解説

ドコモ光の工事まとめ!工事費・内容・日程を解説

ドコモ光の工事費や内容や期間や工事日を解説

ドコモ光をはじめネット回線を自宅に導入する際は、料金や性能以前に工事内容金額について気になりますね。

料金や性能を調べて申し込みを決意し、いざ契約という段階で導入工事が出来ないなんて分かったらガッカリします。

本記事ではドコモ光の開通工事にかかる費用内容、工事完了までの期間について解説します。

是非参考にして下さい。

スポンサーリンク

ドコモ光が自宅に導入可能か調べる方法

ドコモ光が自宅に導入可能か調べる方法

そもそもドコモ光が自宅に導入可能か調べる方法を解説します。

ネット回線の開通工事が出来ない原因としては、

  • 居住地域対応していない
  • 建物不都合がある

ドコモ光はNTTの光コラボという種類の回線で、サービスの提供エリアが広いです。

相当な山奥などでない限り導入は出来るので、工事が出来ない原因建物の不都合が多くを占めています。

建物による影響は戸建て住宅集合住宅(マンション・アパート)によって変わるので、以下からそれぞれ説明します。

戸建て住宅の場合

戸建ての場合は借家などでない限り、誰に許可を取る必要もありません。

ほぼ間違いなく導入できると思いますが、一応提供エリアの確認だけ行いましょう。

公式サイトにて申し込みフォームを送信して、係の方が住所を確認して折り返しの電話をかけてくれます。

確認は以下からどうぞ。

集合住宅(マンション・アパート)の場合

マンションやアパートのような集合住宅の場合、導入までに決まった手順があるので、以下から解説します。

すでに導入されている回線を調べる

まずは建物の建築時に導入されているネット回線を、不動産管理会社に問い合わせて調べましょう。

光回線には、

  • 光コラボ(NTT回線)
  • auひかり(KDDI回線)
  • NURO光(so-net回線)
  • 電力系回線

といった種類があります。(ドコモ光は光コラボ)

すでに目的の回線が導入されている場合は、自分の部屋まで引き込むだけなので、確実に契約できます。

申し込みはこちらからどうぞ。

目当ての回線が導入されていない場合は下に続きます。

管理会社やオーナーの許可を貰う

建物を所有しているオーナー管理会社導入工事を行う許可を貰います。

後述しますが、導入方法によっては外壁を傷つけることがあるからです。

ここで断られてしまったら光回線の開通諦めるしかありません。

その場合は工事不要ポケットWi-Fiを検討しましょう。

許可を貰ったら先ほどの公式サイトから申し込みをして、担当の方と日程について話せば、あとは工事を待つのみです。

ドコモ光の工事費用

ドコモ光の工事費用

ドコモ光の初期工事費用を表で紹介します。

居住タイプ 初期工事費用 登録手数料
戸建て 18,000円
※派遣(屋外/屋内)の場合
3,000円
7,600円
※派遣(屋内のみ)の場合
マンション 15,000円
※派遣(屋外/屋内)の場合
7,600円
※派遣(屋内のみ)の場合

運よく光ファイバー網の建物(部屋)への引き込みが済んでいて、宅内工事のみの場合は初期工事費用は7,600円で済みます。

ですがかなりまれなケースなので、工事費用は戸建て18,000円マンションでは15,000円と覚えておきましょう。

なかなか高額ですが、工事費用は分割払いにも出来ますし、キャンペーンによって無料にすることも出来ます。

ドコモ光の開通方法・工事の流れ

ドコモ光の開通方法や工事の流れ

以下から戸建て住宅集合住宅それぞれの工事内容について紹介します。

戸建て住宅の場合


画像引用:ドコモ光の工事内容について|ドコモ光

戸建てタイプの開通工事の流れは大きく分けて3ステップです。

光ケーブルを家の中に引き込む

光ケーブルを宅内に引き込みます。

通常、エアコンのダクト電話線引き込みの穴を利用しますが、場合によっては外壁に穴をあけることもあります。(もちろん穴埋めします。)

また、ケーブルを固定するための金具を外壁にネジで留めることもあるので、把握しておきましょう。

光コンセントとホームゲートウェイ(Wi-Fiルーター)を接続

宅内に光信号を通すための光コンセントと、それを受信し通線するためのホームゲートウェイ(Wi-Fiルーター)を設置します。

接続試験を行い、問題無かったらNTTの業者の方が行う工事は終了です。

ホームゲートウェイ(Wi-Fiルーター)と利用機器を接続

後は皆さんでインターネットに接続したい端末機器を無線もしくは優先で接続します。

後述する導入工事の注意点でも解説しますが、機器の使用場所には注意しましょう。

集合住宅(マンション・アパート)の場合

集合住宅でも、工事の流れは戸建てタイプと全く変わりません。

ただ集合住宅では配線の都合上、一般的な「光配線方式」でなく、最大回線速度落ちる「VDSL方式」「LAN配線方式」のどちらかになることがあります。

特にVDSL方式はマンションではかなり多くの建物で採用されています。

以下からそれぞれ解説します。

光配線方式の場合


画像引用:ドコモ光の工事内容について|ドコモ光

戸建てタイプと同じく光コンセントを設置する形です。

最大速度も1Gbpsで高速です。

マンションはVDSL方式が多いので、光回線タイプが導入出来たらラッキーです。

VDSL方式の場合


画像引用:ドコモ光の工事内容について|ドコモ光

電話線を利用するVDSL方式です。

多くのマンションで採用されており、最大回線速度は200Mbpsと光回線に比べると低速ですが、普通にインターネットを楽しむ程度なら十分の速度です。

回線速度についてはこちらの記事もご覧ください。

LAN配線方式の場合


画像引用:ドコモ光の工事内容について|ドコモ光

LANケーブルを利用して、各部屋のLANコネクタへ配線する方式です。

最大回線速度は100Mbpsで、理論値がしっかり出ればこちらも普通にインターネットを楽しめますが、居住者の利用で回線が混雑することを考えると、少し心もとない速度ではあります。

ドコモ光の工事にかかる時間(期間)

ドコモ光の工事にかかる時間や期間

ドコモ光の工事自体は通常3時間程で完了します。

マンションタイプでMDFにすでに引き込まれていて、電話線を利用するVDSL方式ならばさらに早く1時間ほどで完了します。

配線のスペースが少ない、居住地域の周辺環境問題があったりすると時間が長くなり、1日フルでかかることがあります。

ただ2日に分けるというケースはまず無いので、ご安心ください。

申し込みから開通までの期間としては、「開通日・工事日の確定からご利用開始まで、おおむね2週間かかります。」※と公式サイトに明示されていますが、実際はNTTの工事業者の都合次第で変わります。

※出典:https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/application/

また、繁忙期だと申し込みをしても工事日程調整連絡が来ないこともあるので気を付けましょう。

以下から、実際にドコモ光を導入した方の口コミを紹介します。

ドコモ光の導入工事で注意すべきこと

ドコモ光の工事の注意点

ドコモ光を導入する際は、

  • ホームゲートウェイ(Wi-Fiルーター)を置く場所があるか?
  • 設置場所付近に電源は確保されているか?
  • パソコンや電話機の設置場所は問題ないか?

といった事に気を付けましょう。

工事日当日に業者さんを困らせることになりますし、最悪工事日が先送りになってしまいます。

まとめ

ドコモ光の工事まとめ

光回線の中には提供エリアが限られている物もあるため、それに比べるとドコモ光は導入がしやすい回線です。

ただ文中で紹介した口コミのようにサポートに難ありのようなので、その点は注意が必要ですね。

以上でドコモ光の導入工事についての解説を終わります。

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。