1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫ドコモ光電話まとめ!固定電話の料金・工事費・オプションを解説

ドコモ光電話まとめ!固定電話の料金・工事費・オプションを解説

これからドコモ光を新規で申し込みをしようとしている人、あるいはフレッツ光からドコモ光に転用をする人の中には、光電話を利用しようと考えている人も多いのではないでしょうか。

特にドコモ光はドコモの携帯電話とのセット割を利用しようと考えている人が多く、まさにセット割を適用させるために光電話を申し込むことが条件になっていることもあり、かなりの人が光電話を利用されることと思います。

しかしながら、光電話はあくまでインターネット回線のオプションという位置付けだからでしょうか、料金やオプションといった詳しい中身について理解している人は意外と少ないようです。

ドコモ光には今までのフレッツ光にはなかった注意点があったりするので、契約をする前に是非、光電話についての理解を深めていただくことをオススメします。

というわけで本記事ではドコモ光の光電話についての

  • 初期費用
  • 料金
  • オプション
  • 注意事項

について解説をさせていただきます。

是非申し込み前に参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

初期費用

まずはドコモ光を導入する際にかかる初期費用を紹介させていただきます。

光電話の初期費用は以下の通りです。

ドコモ光回線と同時に申し込み 番号ポータビリティ有 ドコモ光電話工事料(派遣あり):3,000円
ドコモ光電話工事料(派遣なし):3,000円
番号ポータビリティ無 ドコモ光電話工事料(派遣あり):1,000円
ドコモ光電話工事料(派遣なし):1,000円
ドコモ光電話のみ新規申し込み 番号ポータビリティ有 契約事務手数料2,000円+ドコモ光電話工事料(派遣あり):9,000円=11,000円
契約事務手数料2,000円+ドコモ光電話工事料(派遣なし):4,000円=6,000円
番号ポータビリティ無 契約事務手数料2,000円+ドコモ光電話工事料(派遣あり):7,000円=9,000円
契約事務手数料2,000円+ドコモ光電話工事料(派遣なし):2,000円=4,000円

以上がドコモ光の導入にかかる初期費用です。

注意をしていただきたいのが

  • 導入のタイミング
  • 番号ポータビリティ

この2点です。

導入のタイミング

光電話の初期費用は、光電話を導入するタイミングによって微妙に費用が異なります。

具体的に言うと「先に光回線だけ導入して後から光電話を申し込む」場合には、「光回線の導入と同時に光電話を申し込ん」だ場合に比べて3倍近い費用がかかります。

特別な事情がない限りはなるべく光回線の工事と一緒に済ませてしまいましょう。

番号ポータビリティ

番号ポータビリティの有無によって初期費用が変わってきます。

番号ポータビリティとはつまり、以前までNTTの固定電話やフレッツ光電話などで利用していた電話番号をドコモ光でも引き継いで利用することです。

番号ポータビリティを利用する人は、電話番号を新規取得する人よりも2,000円ほど高くなるという点に留意しておきましょう。

料金

続いては光電話導入後に毎月かかる料金について確認していきましょう。

プラン

まず、ドコモ光電話には大きく分けて

  • ドコモ光電話
  • ドコモ光電話バリュー

という2種類の料金プランがあります。

ドコモ光電話 ドコモ光電話バリュー
特徴 安くてシンプルなプラン。 迷惑電話対策におススメなプラン。
発信者番号表示などの6つの付加サービスをセット。
さらに、480円分の無料通話付。
基本料金 500円 1,500円
無料通話分の繰越

ドコモ光電話

ドコモ光電話は最も標準的なプランで、最初は何のオプションにも加入しておらず、必要に応じて希望のオプションに加入することになります。

ドコモ光電話バリュー

もう一つのドコモ光電話バリューとは、利用されることが多い人気のオプションがあらかじめセットになっているプランです。

具体的には

  • 通話中着信
  • 転送電話
  • 発信者番号表示
  • ナンバー・リクエスト
  • 迷惑電話ストップサービス
  • 着信お知らせメール

が標準で加入されているオプションです。

「ドコモ光電話バリュー」だとこれらのオプション料金込みで月額1,500円なので、標準の「ドコモ光電話」プランで個別に加入(月額基本料金500円+オプション1,700円=2,200円)するよりも月額700円安く利用できます。

そのため、上記のオプションに加入することが決まっているのであれば標準プランではなく「ドコモ光バリュー」に加入することをオススメします。

通話料

続いてはドコモ光電話の通話料について紹介します。

通話料に関しては「光電話にすると従来のNTT東日本・西日本のアナログ電話よりも安くなりますよ」ということ以外は特筆すべきことはありませんが、念のため確認しておきましょう。

東日本

まずはNTT東日本エリアの通話料です。

加入電話の通話料 ドコモ光電話の通話料
通話料 市内/3分 8.5円 日本全国
8円
県内市外/3分 20〜40円
県外/3分 20〜80円
国際電話 アメリカ合衆国宛て/1分
※グアム・サイパンなど一部を除く
60円(免税) 9円(免税)
携帯電話 ドコモ宛て/1分 20円 16円
au宛て/1分 30円 17.5円
SoftBank宛て/1分 40円 17.5円

西日本

続いてはNTT西日本エリアの通話料です。

加入電話の通話料 ドコモ光電話の通話料
通話料金 市内/3分 8.5円 日本全国
8円
県内市外/3分 20〜40円
県外/3分 20〜80円
国際電話 アメリカ合衆国宛て/1分
※グアム・サイパンなど一部を除く
60円(免税) 9円(免税)
携帯電話 ドコモ宛て/1分 17円 16円
au宛て/1分 18円 18円
SoftBank(旧ワイモバイル)宛て/1分 17円 16円
SoftBank宛て/1分 20円 18円

オプション

続いてはドコモ光電話のオプションを紹介させていただきます。

サービス内容 月額料金
通話中着信 通話中に第三者から着信があった場合、通話を保留したまま第三者と通話ができるサービス。 300円
転送でんわ かかってきた電話をあらかじめ指定した電話番号に転送するサービス。 500円
発信者番号表示 かけてきた相手の電話番号が、電話に出る前に電話機などのディスプレイに表示されるサービス。 400円
ナンバー・リクエスト 電話番号を「通知しない」でかけてきた相手に、「電話番号を通知してかけ直すよう」伝えるサービス。発信者番号表示の契約が必要。 200円
迷惑電話ストップサービス 迷惑電話を受けた直後に電話機で登録操作を行うことで、以降同じ電話番号からの着信時に、「電話を受けられない」旨を伝えるサービス。 200円
着信お知らせメール 着信があったことを、あらかじめ指定したパソコンや携帯電話のメールで確認できるサービス。 100円
ダブルチャネル ドコモ光電話1契約で、同時に2回線分の通話ができるサービス。 200円
追加番号 「ドコモ光電話の契約番号+4電話番号」で最大5つの電話番号をご利用できるサービス。 100円

「ドコモ光電話バリュー」の見出しでも触れましたが、ドコモ光電話バリューを申し込むと

  • 通話中着信
  • 転送電話
  • 発信者番号表示
  • ナンバー・リクエスト
  • 迷惑電話ストップサービス
  • 着信お知らせメール

以上のオプションがあらかじめプランに組み込まれています。

個別に加入するよりも月額700円ほど安く利用できるので、以上のオプションに加入することがあらかじめ決まっているのであればドコモ光電話バリューへの申し込みをオススメします。

注意点

最後にドコモ光電話に関する注意点を紹介させていただきます。

番号移行

これはドコモ光に限った話ではなく光電話全体の問題なのですが、光電話を利用する以上は知っておくべき話なのでここでも触れておきます。

元々NTT東西のアナログ電話で取得した電話番号(NTT発番)であれば問題ないのですが、フレッツ光のひかり電話などで新規取得した電話番号(ひかり発番)に関しては要注意です。

現在の固定回線は「NTT東西のアナログ電話→光電話」という番号移行(片方向番号ポータビリティ)しかできず、「光電話→NTT東西」「光電話→光電話」といった番号移行(双方向番号ポータビリティ)をすることが出来ません。

総務省によると2025年までには双方向番号ポータビリティの実現を目指しているようですが、現状では整備されておりません。

つまり「フレッツ光→ドコモ光」という番号移行は出来るのですが、「ドコモ光→ソフトバンク光」「ドコモ光→auひかり」といった番号移行は出来ませんし「ドコモ光→フレッツ光」という移行(再転用)も出来ません。

要するに、ひかり電話で取得した番号に関しては一度フレッツ光からドコモ光へ移行してしまうとその電話番号はドコモ光でしか使うことが出来ず、他の光回線に乗り換えようと思ったら番号を破棄して乗り換え先で新規取得をすることになります。

NTT発番であれば問題はありませんが、ひかり発番を利用している人は、ドコモ光に番号移行をする場合は少なくとも2025年まではドコモ光を使い続ける覚悟でいましょう。

NTT発番 ひかり発番
フレッツ光→ドコモ光
ドコモ光→フレッツ光
ドコモ光→ソフトバンク光
ドコモ光→auひかり

最後に

以上がドコモ光電話の概要と注意点です。

最後の最後にひかり発番の番号を利用している人への注意点を紹介しました。

しかし、良くも悪くもドコモの携帯電話のセット割が適用されるのは現状ドコモ光だけです。

言い換えれば、ドコモの携帯電話を契約している人にとってドコモ光以上にお得な光回線は存在しないので、そもそも乗り換えを検討する必要がないということです。

数年で他の携帯電話会社に乗り換える可能性がないのであれば、安心してドコモ光に申し込みをしましょう。

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。