1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫ドコモ利用者のインターネットにおすすめな光回線!16社の窓口比較!

ドコモ利用者のインターネットにおすすめな光回線!16社の窓口比較!

ドコモ光のインターネット契約におすすめな光回線

ドコモのスマホを利用している方は、インターネットを契約する際スマホとのセット割が利用できるドコモ光を検討します。

auやソフトバンクの場合、セット割が利用できる光回線は複数あるので回線を迷うこともありますが、ドコモスマホとのセット割を展開しているのはドコモ光のみなので、契約先を迷うといった事がありません。

ですが、ドコモ光は対応プロバイダが多いという特徴があり、本来簡単なはずの光回線契約が複雑になっています。

ですがしっかりと比較やリサーチを行えば、最適な光回線契約方法は簡単に決めることができます。

ドコモユーザーの方はインターネット契約に、是非当記事をご活用ください。

スポンサーリンク

ドコモ利用者におすすめの光回線

ドコモスマホとのセット割が使える光回線は、冒頭で紹介した通りドコモ光のみです。

つまりドコモユーザーが光回線を契約するならドコモ光で決まりです。

ですが対応プロバイダが、

ドコモnet、ぷらら、so-net、GMOとくとくBB、andline、excite、Tigers‐net.com、BIGLOBE、DTI、エディオンネット、SYNAPSE、TiKiTiKi、楽天ブロードバンド、@ネスク、01光コアラ、ic-net、hi-ho、@TCOM、OCN、@nifty、TNC、AsahiNet、WAKWAK、@ちゃんぷるネット

といったように大量にあるので、これによって本来単純であるはずのドコモ光の契約は複雑になっています。

プロバイダを分けるメリットはあるか?

ドコモ光はNTTの回線を独自にブランド化した「光コラボ」と言われている光回線で、回線プロバイダが両方ドコモでまとまって1つのパッケージになっています。

従来のフレッツ光と違い窓口が一本化されているというメリットがあるのですが、それをわざわざ崩すことにメリットはあるのでしょうか?

結論を言うと、特典速度といった要素の中で何を重視するかによっては分けるメリットがあります。

プロバイダを分けた場合の、状況別におすすめの組み合わせを後述で紹介したいと思います。

ドコモ光の料金

ドコモ光の月額の利用料金初期工事費用を紹介します。

戸建て住宅

契約事務手数料工事費用
3,000円18,000円
(最大60回まで分割可能)
プラン料金
タイプA5,200円
タイプB5,400円
単独(回線のみ)5,000円

 

集合住宅(マンション)

契約事務手数料工事費用
3,000円15,000円
(最大60回まで分割可能)
プラン料金
タイプA4,000円
タイプB4,200円
単独(回線のみ)3,800円

タイプとはプロバイダによって決まっています。

タイプA

ドコモnet、GMOとくとくBB、so-net、DTI、BIGLOBE、ぷらら、andline、excite、Tigers-net.com、U-Pa!、エディオンネット、シナプス、TIKITIKI、楽天、ネスク、01光コアラ、IC-net、hi-ho

タイプB

OCN、@nifty、AsahiNet、@TCOM、TNC、WAKWAK

となっています。

分けてメリットがあるプロバイダは全てタイプAに属しています。

なので基本料金は戸建て5,200円マンション4,000円と覚えましょう。

その他ドコモ光について口コミや評判特徴について知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

ドコモスマホのセット割解説

ドコモスマホとのセット割を、au・ソフトバンクの2社と比較して紹介します。

ドコモauソフトバンク光
セット割(一人)データSパック:500円割引
データMパック:800円割引
データLパック:1,400円割引
データLLパック:1,600円割引
auぴたっとプラン(1GB~2GB):500円割引
auピタットプラン(2GB超~20GB):1,000円割引
LTEフラット:1,410円割引
データ定額10/13/30:2,000円割引
データ定額50GB/20GB/5GB:1,000円割引
セット割(家族)シェアパック5:800円割引
シェアパック10:1,200円割引
シェアパック15:1,800円割引
ウルトラシェアパック30:2,500円割引
ウルトラシェアパック50:2,900円割引
ウルトラシェアパック100:3,500円割引
セット割(一人)×人数(回線)分
※最大10回線まで(最大8,000円)
セット割(一人)×人数(回線)分
※最大10回線まで(最大10,000円)

まとめると、

  • 一人当たりの割引額はauひかり>ドコモ光>ソフトバンク光
  • 人数分の合計割引額はソフトバンク光>auひかり>ドコモ光

といった結果になります。

ドコモは家族でデータプランを利用していた場合は3大キャリアの中で一番割引額が低いですが、単独で利用していたら毎月1,600円の割引を受けることが出来てお得です。

では、セット割が利用できるドコモ光をさらにお得に契約する方法を、以下から紹介したいと思います。

ドコモ光のお得な契約方法

光回線を契約する方法としては、

  • 運営元に問い合わせて申し込む
  • 家電量販店ショップで契約
  • 訪問販売員を通して契約
  • Webサイトから申し込む

等がありますが、キャッシュバックやキャンペーンの特典を一番お得に活用できるのは「Webサイトから申し込む」方法です。

他の3種類は店舗の維持費、販売員の人件費などの諸経費が発生するため、それらを賄うために内容が割安になります。

Webサイトからの申し込みならば、それらの費用が掛からない分内容が充実しており、キャッシュバックだと1万円以上差が付くこともあります。

そして、中でもおすすめは販売代理店のWebサイトからの申し込みです。

代理店同士で顧客獲得のため、各社魅力的な特典を提示して競争しているので公式サイトよりもお得な内容になってます。

以下、代理店Webサイトからの申し込みがお得だという根拠のために、ショップ家電量販店といった実店舗でドコモ光を契約した場合の特典を紹介します。

ドコモ光を実店舗7社で契約した場合

ドコモ光を実店舗で契約すると、

店舗キャッシュバック
キャンペーン
ドコモショップdポイント10,000円分
初期工事費用無料
ヨドバシカメラdポイント5,000円分
orヨドバシ商品券5,000円分
ビックカメラビックカメラ商品券5,000円分
ヤマダ電機dポイント5,000円分
orヤマダ電機ポイント5,000円分
コジマ電気コジマ電気ポイント5,000円分
エディオンエディオンポイント5,000円分
ケーズ電気ケーズ電気商品券10,000円分

以上の特典を受け取る事ができます。

店舗によって多少差はありますが、それでも現金のキャッシュバックはほぼ行われておらず、上記の特典でさえ条件付きでなければ受けれないことがあります。

この中ではドコモショップで契約することが一番お得に見えますが、実はこのドコモショップの特典はどこの窓口からの申し込みでも利用できます

代理店のWebサイトではプラスでキャッシュバックも受け取ることが出来るので、やはり契約は代理店のWebサイトから行うことが一番おすすめです。

ドコモ光の代理店探しで気を付けること

代理店を選ぶ際の注意点として、

  • 適用条件としてオプション加入の必要は無いか?
  • どこでも適用できる特典を自社限定のように紹介していないか?
  • 合計金額だけでなく適用条件詳細を明示しているか?

以上の3点があります。

たとえ高額キャッシュバックを行っていたとしても、加入オプションが多いと毎月の利用料金が高額になります。

オプションには最低利用期間や期間内解約に対しての違約金が定められているので、最終的に利益は全く無くなります。

また、工事費無料などのどこでも利用できる公式キャンペーンを自社限定のように紹介しているサイトにも要注意です。

「当サイトから申し込みで◯万円以上お得!」と書かれていても、内訳は上に書いた工事費無料キャンペーンや公式の割引キャンペーンが含まれていて、差し引いてみるとそこまでお得じゃない場合も沢山あります。

ちなみにどこでも利用できる公式キャンペーンは、

  • 初期工事費用無料
  • ソフトバンクスマホとのセット割
  • 他社乗り換えでケータイ解約料が実質無料
  • 開通前モバイルWi-Fiレンタル
  • dポイント10,000ptプレゼント

以上の種類があるので、しっかりチェックしておきましょう。

比較をするためには「代理店限定キャンペーン」を把握しなければいけません。

以下より、ソフトバンク光とNURO光の代理店限定キャンペーンについて紹介します。

ドコモ光の取り扱い代理店9社

ドコモ光を取り扱っている販売代理店を紹介します。

代理店によって注意点もあるのでご確認ください。

申し込み窓口キャッシュバック
キャンペーン
受取期間オススメ度公式サイト
so-net15,000円最短2か月半星5個詳細へ
GMOとくとくBB15,000円(注1)最短2か月星45個詳細へ
Plala15,000円最短5か月星4個詳細へ
ドコモ公式15,000円(注2)最短2か月星3個詳細へ
ネットナビ15,000円(注2)最短2か月星3個詳細へ
DTI15,000円最短2か月星3個詳細へ
Wiz新規:15,000円(注3)
転用:10,000円(注3)
最短2か月星2個詳細へ
ブロードバンドナビ15,000円(注4)最短2か月星2個詳細へ
トータルサービス15,000円(注5)最短6か月星15個詳細へ

注意点1

GMOとくとくBBでキャッシュバックを受けるためにはひかり電話(月額500円)に同時加入する必要があります。

ちなみに電話に加入しなかった場合は5,500円になります。

オプション加入前提の高額キャッシュバックですが、セキュリティサービスのマカフィーが1年無料や無線LANルーターレンタル無料、インターネット接続設定パック無料と特典が豊富なのでおすすめ度は高いです。

注意点2

ドコモ公式や代理店ネットナビはキャッシュバックを最大額受けるために「ひかり電話+ひかりTVもしくはスカパー」に加入する必要があります。

回線のみだとキャッシュバックは5,000円になります。

注意点3

Wizはキャッシュバックを受け取ることに書面による手続きが必要です。

また、不備があった場合は連絡無しで無効となってしまうので注意が必要です。

注意点4

ブロードバンドナビは申し込みをした際の電話で、口頭でパスワードを言われます。

パスワードはキャッシュバックを受け取る際に必要なのですが、その後書面やメールで通知は来ないのでパスワード管理貰い忘れといった事に注意しなければなりません。

注意点5

トータルサービス「ひかり電話+ひかりTVもしくはスカパー」に加入しなければ最大額を受け取れません。

加入しなかった場合の金額は明示していませんが、相場から判断しておそらく5,000円程です。

期間や不備があった場合にキャッシュバック無効になったり、最初の電話口で特典を申し込まなければ適用されないといった点がありキャッシュバックの受け取りが多少難しくなっています。

高額キャッシュバックが貰える申し込み窓口

ドコモ光の高額キャッシュバックを行っている申し込み窓口を紹介します。

申し込み窓口キャッシュバック
キャンペーン
受取期間オススメ度公式サイト
so-net15,000円最短2か月半星5個詳細へ
GMOとくとくBB15,000円最短2か月星4個詳細へ
Plala15,000円最短5か月星4個詳細へ
ドコモ公式15,000円最短2か月星3個詳細へ

ドコモ光のキャッシュバックは15,000円が最高額です。

オプション加入無しで最高額を受け取ることが出来るso-net、電話加入のみで最高額が貰えるGMOとくとくBBがおすすめの窓口です。

ドコモ公式も条件付きですが最高額が貰えるので、窓口を一本化したまま契約したい方にはドコモ公式がおすすめです。

キャッシュバックの振り込みが早い窓口

「とにかくキャッシュバックを早く受け取りたい」
という方はこちらを参考にしてください。

申し込み窓口キャッシュバック
キャンペーン
受取期間オススメ度公式サイト
GMOとくとくBB15,000円最短2か月星5個詳細へ
so-net15,000円最短2か月半星5個詳細へ

最短2か月で最高額を受けることが出来るGMOとくとくBB、半月遅れですがオプション加入無しでほぼ最高額を受け取れるso-netがおすすめです。

将来乗り換えをしやすくするなら

将来引っ越しやスマホの機種変更による乗り換えの可能性があった場合におすすめの申し込み窓口を紹介します。

申し込み窓口キャッシュバック
キャンペーン
受取期間オススメ度公式サイト
so-net15,000円最短2か月半星5個詳細へ
Plala15,000円最短5か月星5個詳細へ

so-netをプロバイダにすると、「NURO光」「auひかり so-net」「so-net光」といったso-netが関係している回線に乗り換えやすいので、将来乗り換えの可能性がある方にはおすすめです。

また、Plalaは特典を受けても最低利用期間が4か月と短く設定されているので、短期解約の恐れがある方にはおすすめです。

料金を安くしたいなら

利用料金を安く済ませるためにおすすめな申し込み窓口を紹介します。

申し込み窓口キャッシュバック
キャンペーン
受取期間オススメ度公式サイト
so-net15,000円最短2か月半星5個詳細へ
Plala15,000円最短5か月星5個詳細へ

ドコモ光は基本料金の割引キャンペーン無いので、加入オプションが無い申し込み窓口から特典を受けて料金の支払いに充てることが料金の節約に繋がります。

オプション加入無しのso-netplalaがおすすめです。

セキュリティサービスを無料で利用したいなら

特典としてセキュリティサービスが無料で使える窓口を紹介します。

申し込み窓口サービス内容無料期間オススメ度公式サイト
so-netカスペルスキー セキュリティ24ヶ月無料星5個詳細へ
Plalaマカフィー24ヶ月無料星5個詳細へ
GMOとくとくBBマカフィー12ヶ月無料星4個詳細へ

so-netはセキュリティ面に力を入れているので、セキュリティサービスとして有名なカスペルスキーサービス2年間無料で利用できます。

申し込みはso-net、もしくはマカフィーが2年間無料のPlalaから申し込みましょう。

高速無線LANルーターが欲しいなら

家族で利用できる無線LANルーターを特典として提示している窓口を紹介します。

申し込み窓口特典内容オススメ度公式サイト
so-netv6プラス対応高性能Wi-Fiルーター星5個詳細へ
Plalav6プラス対応高性能Wi-Fiルーター星5個詳細へ
GMOとくとくBBv6プラス対応高性能Wi-Fiルーター星5個詳細へ

提供しているルーターは3社ともに同じ規格の物です。

手元に届くまでの速さも変わらないので、3社のその他の特徴を考慮してお好きな窓口をご利用ください。

回線速度が欲しいなら

回線速度を優先する方におすすめの窓口を紹介します。

申し込み窓口キャッシュバック
キャンペーン
受取期間オススメ度公式サイト
so-net15,000円最短2か月半星5個詳細へ
ネットナビ15,000円最短2か月星5個詳細へ

実は回線速度についてはどの窓口でもドコモ光(NTTフレッツ光)なので、プロバイダによって変動はありません

ただ、DTIのように通信速度測定サービス(※)において優秀な結果を残しているプロバイダもあります。

おそらく加入しているユーザーの多さによる混雑状況が関係していると思われますが、実際に記録は残しています。

なので、プロバイダを自由に選択できるネットナビと、大手の安心感と無線LANルーターを特典として提示しているso-netが通信環境を整えるための窓口におすすめです。

(※)参照:http://www.iid.co.jp/news/press/2018/022201.html

まとめ

結果をまとめると、

  • ドコモユーザーは回線はドコモ光一択
  • プロバイダを分けた方が特典が良い

となります。

そして記事を作成する中で、プロバイダをso-netにすると様々な目的に対して良い結果に繋がることも分かりました。

so-net for ドコモ光のお得なキャンペーンリンクはこちらからどうぞ。

また光回線は、回線を導入するための工事が必須ですが、開通工事行いたくないという方もいると思います。

そういった方には、工事不要持ち運びもできるポケットWi-Fiをおすすめしています。

ちなみに、ドコモのポケットWi-Fiはセット割が利用できないのと、利用料金が他社に比べて高額なので、ドコモで揃えるメリットはありません。

ポケットWi-Fiについて詳しく知りたいという方は、こちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。