1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫ドコモ光IPv6接続まとめ!プロバイダや設定方法を解説

ドコモ光IPv6接続まとめ!プロバイダや設定方法を解説

インターネットの回線速度が遅いとWEBサイトや動画を読み込むのに時間がかかり、ストレスに感じる事ってありますよね。

そんな時に「IPv4ではなく、IPv6に切り替えたい!」と思っていてもドコモ光の場合、どのように設定を行えば良いのか分からない人も多いかと思います。

更にIPv6に対応しているプロバイダと契約したのに「回線速度が遅い」というケースもあります。

そこで今回はドコモ光のIPv6の接続について解説し、設定方法もご紹介していこうと思います。

是非、参考にしてみて下さい!

スポンサーリンク

確認方法

まず現在自分が「IPv4」または「IPv6」で接続を行なっているのかを確認する必要があります。

確認方法は以下の2つがあります。

  • 各プロバイダのマイページから確認
  • 接続状況のサイトにアクセスして確認

それでは、それぞれについて解説していきます。

マイページで確認

まず「各プロバイダのマイページ」についてですが、これは自分の契約しているプロバイダのユーザーページから確認する事が出来るという事です。

例えば、plalaでは『マイページ』にログイン後、利用状況照会の『IPoEご利用状況』の欄が「開通済み」と表示されていればIPv6の利用が出来ると言う事になります。

他のプロバイダでも同じく、ユーザーページの契約状況を調べる事が出来るので、確認してみて下さい。

サイトで確認

次に「接続状況のサイトにアクセス」についてですが、これは現在IPv4もしくはIPv6でインターネットに接続しているのかを確認出来るサイトの事です。

例えば『http://v6v4.net』というサイトでは、すぐに接続状況を確認出来ます。
利用方法は簡単です。以下を参考にしてみて下さい。

step1:判定したい環境から下記URLにアクセス
http://v6v4.net
※注意事項※
インターネット接続している環境から、対象URLにアクセスすることでIPv4、IPv6のどちらかあで、また両方で通信している事を判別できます。
インターネットに接続されていなければ、ページ自体が開きません。
ページは2階層で構成され、IPv4/IPv6接続の判定と、v6プラスでの接続かを判定できます。

step2:判定結果を確認
ページを開いてしばらくすると、下記の判定結果が表示されます。
続いて「v6プラスで接続しているか確認するにはこちら」をクリックすると、v6であるかどうかの判定結果が表示されます。

「v6プラス」ではなかった場合の判定結果について

「v6プラス」ではありません。
IPv4接続設定をしている機器(ひかり電話対応ルーターやWi-Fiルーター)を初期化してください。

「v6プラス」ではありません。
v6に対応した機器をご用意ください。

「v6プラス」ではありません。
v6に対応した機器をお持ちでないか正常に設定が完了していない可能性がございます。
光電話対応ルーターおよび弊社レンタルWi-Fiルーターを初期化して30分経ってから再度お試し下さい。
引用:GMOとくとくBB

また、別のサイトである『http://test-ipv6.com/』にアクセスして確認する事も出来ます。

そして「AsahiNet」と契約している方は『https://v6.asahi-net.jp/
』、 BIGLOBEやWAKWAKの場合は、公式サイトにて右上に「IPv6」と表示されていればIPv6で接続されているという事になります。

ちなみに上記の他に自宅のインターネットと接続されているスマホやPCの通信機器で確認する事も出来ますので、ぜひ利用してみて下さい。

参考サイト:IPv6開通状況・IPv6アドレス確認方法

もしも、IPv6が開通済みでなければIPv6の設定を行いましょう。

IPv6に対応しているプロバイダ

IPv6に対応しているプロバイダは以下の通りです。

プロバイダ名オプション名通信方法
plalaぷららv6エクスプレスIPoE IPv4 over IPv6通信
So-netv6プラスIPoE IPv4 over IPv6通信
GMOとくとくBBv6プラスIPoE IPv4 over IPv6通信
ドコモnetIPv4 over IPv6機能IPoE IPv4 over IPv6通信
@niftyv6プラスIPoE IPv4 over IPv6通信
BIGLOBEIPv6オプションIPoE IPv4 over IPv6通信
DTIIPv6(IPoE)接続サービスIPoE IPv4 over IPv6通信
IC-NETv6プラスIPoE IPv4 over IPv6通信
タイガースネットv6プラスIPoE IPv4 over IPv6通信
andlineIPv6機能(v6プラス)IPoE IPv4 over IPv6通信
シナプスIPv6接続オプションIPoE IPv6通信
BB.exciteBB.excite接続サービスPPPoE IPv6通信
エディオンネットIPv6インターネット接続機能PPPoE IPv6通信
スピーディアインターネットサービスIPv6サービスIPoE IPv4 over IPv6通信
TikiTikiインターネットIPv6接続PPPoE IPv6通信
hi-hoIPv6インターネット接続サービスPPPoE IPv6通信
ネスク「フレッツ光 ネクスト」
IPv6対応インターネット接続サービス
PPPoE IPv6通信
01光コアラIPv6接続オプションPPPoE IPv6通信
OCNOCN v6アルファIPoE IPv4 over IPv6通信
@TCOMPPPoE IPv6機能PPPoE IPv6通信
TNCPPPoE IPv6機能PPPoE IPv6通信
AsahiNetIPv6接続機能IPoE IPv6通信
WAKWAKIPv6接続機能IPoE IPv6通信
@ちゃんぷるネットちゃんぷる光IPv6オプションPPPoE IPv6通信

「楽天ブロードバンド」以外の全てのプロバイダでは「IPv6」に対応しておりますが、インターネットをより快適に利用したいのであれば「IPoE IPv4 over IPv6」に対応しているプロバイダを選択した方が良いです。

というのも、そもそも通信方式の「IPoE」と「PPPoE」には違いがあります

トンネル方式と呼ばれるPPPoEは下り最大200Mbpsまでしか出せないのに対してネイティブ方式であるIPoEでは下り最大1Gbps以上の速度を出す事が可能です。

また、IPv6接続を行う場合はプロバイダはもちろんですが、自宅で利用しているルーターや閲覧するWEBサイトもIPv6に対応している必要があります。

ですが、WEBサイトがIPv6に対応するかどうかは利用者である私たちではどうにか出来る問題ではありません。

そこで「IPv4 over IPv6」では、利用者側がIPv6で接続していてもIPv4にしか対応していないサイトを閲覧する場合であっても、自動でIPv4に変換してくれます。

つまり、いくら「IPv6を利用出来る!」とプロバイダが謳っていても「IPv4 over IPv6」のように自動変換してくれたり高速でインターネットを利用出来るというワケではないので注意しましょう。

仮に「IPv6にしても通信速度に満足出来ない」のであれば「IPoE IPv4 over IPv6」に対応しているプロバイダに乗り換えることを検討しても良いかもしれません。

設定方法

IPv6を利用する為には以下が必要となります。

  • IPv6のオプションの申し込み
    (申し込みをしなくても良い場合がある)
  • IPv6接続対応の機器

新規で申し込む場合はドコモ光の開通後にIPv6のオプション申請を行なって下さい。

ちなみにプロバイダによってはオプションの申請をしなくても自動で適用されている事がありますが、既にプロバイダと契約しておりドコモ光を利用している方はIPv6が適用されていない事があります。

オプションに申し込みをしていないのであればIPv6接続は利用出来ないので、各プロバイダの公式サイトもしくは電話から申し込む必要があります。

ちなみにIPv6のオプション料金は無料です。

プロバイダ名申し込み申し込み方法
plala不要(自動適用)・WEB
So-net不要(自動適用)・WEB
・電話
GMOとくとくBB不要(自動適用)・WEB
・電話
ドコモnet不要(自動適用)・WEB
@nifty不要(自動適用)・WEB
・電話
BIGLOBE不要(自動適用)・WEB
・電話
DTI必要・WEB(My DTI)
IC-NET必要・WEB
タイガースネット必要・電話
andline必要・電話
シナプス必要・WEB
BB.excite不要
エディオンネット不要
スピーディアインターネットサービス必要・電話
TikiTikiインターネット不要(自動適用)
hi-ho不要(自動適用)
ネスク必要・WEB
01光コアラ必要・WEB
OCN必要・WEB
・電話
@TCOM不要(自動適用)
TNC不要(自動適用)
AsahiNet不要(自動適用)
WAKWAK不要(自動適用)
@ちゃんぷるネット必要・電話

IPv6に接続する為には以下の機器が必要です。

  • ドコモ光ルーター 01
  • IPv6対応ルーター(ひかり電話対応)
  • IPv6ブリッジ機能対応のONU

以上の機器をお持ちでしたら接続する事が可能です。

IPv6ブリッジ機能対応のONUを利用していたり、「ひかり電話」と契約しているのであれば、特に自分でIPv6対応のルーターを用意する必要はありません。

ただ、IPv6ブリッジ機能対応のONUやひかり電話を契約していない人は、IPv6対応のルーターをレンタルするか自分で用意しなくてはいけない事があります

また、プロバイダによってIPv6対応ルーターのレンタル料金が無料なのか有料なのかが変わりますので、確認をして下さい。

ルーターの設定

次にルーターが用意出来たら、ルーター側で設定を行います。

例えばプロバイダから借りたIPv6ルーターや市販のIPv6ルーターを利用する方は設定を行う場合があります。

プロバイダが提供するルーターを利用するのであれば、説明書を確認するか各プロバイダのサポートセンターにお問い合わせをしましょう。

また、自分で購入した場合は各メーカーの説明書の手順に従うか、サポートセンターにお問い合わせをし設定を行いましょう。

ちなみに、IPv6ブリッジ機能対応のONUやひかり電話対応のルーターの場合は特に設定しなくても基本的に接続出来ている状態です。

パソコンの設定

ルーターの設定が終わりましたら、次にパソコンでIPv6を有効化にしましょう。

以下を参考にしてみて下さい。

Windows10の場合

1/8 コントロール パネルを表示します
2/8 「コントロール パネル」の画面で、「ネットワークの状態とタスクの表示」を選択します

3/8 「ネットワークと共有センター」の画面で、画面左側のタスクから「アダプターの設定の変更」を選択します

4/8 「ネットワーク接続」の画面で、以下の操作をおこないます

使用する「イーサネット」のアイコンを右クリックして、表示されたメニューから「プロパティ(R)」を選択します。

※ タッチパネルの場合は、アイコンを長押ししてメニューを表示してください。

※ LAN カードが正しく認識されていない場合は表示されません。

※ ルータや ADSL モデムなどのマニュアルをご参照のうえ、配線をしてから設定をおこなってください。

【「ユーザー アカウント制御」の画面が表示された場合】

「ユーザー アカウント制御」の画面が表示された場合は、「はい(Y)」を選択します。

※ パスワードの入力を求められた場合は、パソコンの管理者アカウントのパスワードを入力し、「はい(Y)」を選択してください。

5/8 「イーサネットのプロパティ」画面の「ネットワーク」タブで、以下のように設定します

「この接続は次の項目を使用します(O):」の枠内

「インターネット プロトコル バージョン 6 (TCP/IPv6)」: チェック

設定しましたら、「インターネット プロトコル バージョン 6 (TCP/IPv6)」を選択した状態で、「プロパティ(R)」を選択します。

6/8 「インターネット プロトコル バージョン 6 (TCP/IPv6)のプロパティ」の画面で、以下のように設定します

「IPv6 アドレスを自動的に取得する(O)」を選択

「DNS サーバーのアドレスを自動的に取得する(B)」を選択

設定しましたら、「OK」を選択して画面を閉じます。

7/8 「イーサネットのプロパティ」の画面に戻りましたら、「閉じる」を選択します

8/8 「ネットワーク接続」の画面に戻ります

以上でネットワークの設定は完了です。

引用:https://support.so-net.ne.jp/supportsitedetailpage?id=000009271

MACの場合

1/9 メニューバーのアップルメニューから「システム環境設定…」を選択します

2/9 「システム環境設定」の画面で、「ネットワーク」をクリックします

3/9 「ネットワーク」の画面で、「ネットワーク環境:」から「ネットワーク環境を編集…」を選択します

※ ここでは、はじめて接続設定をする場合について説明しています。

※ 接続設定の確認をするときは、「ネットワーク環境:」から、作成済みの設定を選択してください。

4/9 「ネットワーク環境」の画面で、(+)ボタンをクリックします

[So-net] と入力

※ 任意の名前でも構いません。

入力しましたら、「完了」をクリックします。

5/9 「ネットワーク」の画面に戻りましたら、「ネットワーク環境:」から「[So-net]」を選択します

6/9 画面左側の「Apple USB Ethernetアダプタ」(※) を選択して、「詳細…」をクリックします

※ バージョンにより「USB Ethernet (または Ethernet) 」と表記されている場合がございます


7/9 表示された画面で、「DNS」タブを選択して、以下のように設定します

「DNS サーバ」:+ボタンをクリックして「fe80::1」と入力

入力しましたら、「OK」をクリックして画面を閉じます。

8/9 「ネットワーク」の画面に戻りましたら、「適用」をクリックします

9/9 表示されている画面が更新されますので、以下について確認します

「状況:」:「接続済み」と表示されていることを確認

※「接続」以外が表示されている場合は、配線を確認してください。

「IPv6 アドレス:」: IPv6 の IP アドレスが表示されていることを確認

引用:https://support.so-net.ne.jp/supportsitedetailpage?id=000011886

以上で設定は終わりです。

設定が終わりましたら、再度IPv6に接続出来ているか確認し、それでも接続出来ていない状態でしたら各プロバイダのサポートセンターにお問い合わせをしましょう。

まとめ

以上で「ドコモ光IPv6接続方法」を解説させて頂きました。

まとめると

  • 現在IPv6接続でインターネットを利用しているのか確認する
  • 利用出来ていない場合は各プロバイダのIPv6オプション申請とIPv6に対応しているルーターを用意する
  • ルーター側とパソコン側の設定を行う

となります。

ちなみに「PPPoE IPv6通信方式」を採用しているプロバイダでは、高速通信でインターネットを利用する事が出来ません。

回線速度をもっと高速化させたい」なら、GMOとくとくBBぷららなど無料でルーターを提供しており「IPoE IPv4 over IPv6」に対応しているプロバイダを選択することをオススメします!

スポンサーリンク

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。