1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫ドコモ光と@nifty(ニフティ)ってどう?評判や料金を紹介!

ドコモ光と@nifty(ニフティ)ってどう?評判や料金を紹介!

ドコモ光と提携しているプロバイダは20社以上あり、
その中でも「@nifty(ニフティ)」はADSLが主流だった時代からプロバイダサービスを提供している老舗です。

その為、一度は聞いた事がある人も多いかと思います。

しかし有名なプロバイダだからと言って、料金が特別安かったりする訳ではありませんし、評判を確認してみると「回線速度が遅い!」といった意見もあります。

そこで今回はニフティに注目し実際の評判や料金を他のプロバイダと比較し、
ニフティと契約するのは最適なのかどうかを紹介していきます。

是非、参考にしてみて下さい。

※注意!

本記事は「@nifty光」ではなく「@nifty with ドコモ光」についての記事です。
@nifty光については以下の記事を参考にして下さい。
@nifty光の口コミ・評判は?auユーザーはデメリットに要注意!

スポンサーリンク

料金

ドコモ光の月額料金のシステムは「タイプA」と「タイプB」に分かれ、それぞれ料金が異なります。

プラン 月額料金
タイプA
(ドコモnet、GMOとくとくBB、so-net、BIGLOBE、ぷらら、DTI、
@nifty、andline、excite、Tigers-net.com、エディオンネット、シナプス、TIKITIKI、楽天、ネスク、01光コアラ、IC-net、hi-ho)
【戸建て】
5,200円
【集合住宅/マンション】
4,000円
タイプB
(OCN、AsahiNet、@TCOM、TNC、WAKWAK、ちゃんぷるネット)
【戸建て】
5,400円
【マンション】
4,200円
単独(回線のみ) 【戸建て】
5,000円
【マンション】
3,800円

ドコモ光を利用するなら月額料金を安く抑える事が出来る「タイプA」であるプロバイダを選択するのが王道です。

ちなみに、ニフティはタイプAに属していますが、月額料金に関してはどこのプロバイダと契約しても正直大差ないので、特別にニフティが安いという訳ではありません。

また、解約金に関しても言える事で、タイプAに属するプロバイダで2年の定期契約をした人は「マンションタイプ:8,000円」「戸建てタイプ:13,000円」の解約金が必ずかかり、プロバイダによって違いはありません。

では、どこに料金の差が出てくるのかと言うと「キャンペーン内容」です。

例えば「plala」や「So-net」と言ったプロバイダでは15,000円のキャッシュバックキャンペーンを行なっているのに対してニフティではキャッシュバックを実施していません

そうすると光回線の全体の合計金額は変わってしまいますので、安くドコモ光を利用したいならニフティではなくキャッシュバックキャンペーンを実施しているプロバイダを選択するのが良いです。

ちなみに、ニフティでは「dポイント20,000ポイントプレゼント」というキャンペーンを大きく宣伝していますが、ドコモが公式で実施しているキャンペーンです。

つまり、どこのプロバイダから申し込んでも貰えるキャンペーンで、特別ニフティが行なっている訳ではないので注意して下さい。

v6プラス

ドコモ光はどこのプロバイダと契約しようが回線元はフレッツ光や他の光コラボと同じです。

その為、利用者が非常に多く夜間帯に限って速度が低下する事があります。

この速度が遅くなる原因として、接続方法を「IPv4」にしており、そこの接続口が混雑している為と考えられます。

しかし「IPv6」という接続方法に切り替える事で回線の混雑を回避する事ができ、高速通信でインターネットを利用する事が出来ます。

ニフティの場合「v6プラス」のオプションに申し込めば無料で回線速度をあげる事が可能です。

v6プラスを利用する場合はIPv6接続に対応しているWi-Fiルーターを用意する必要があり、プロバイダによっては、このWi-Fiルーターを無料で貸し出しているところもあれば、有料で貸し出しているところもあります。

しかし、ニフティの場合Wi-Fiルーターの貸し出し自体行なっていません

つまり、v6オプションを利用したい場合は自分でIPv6接続に対応しているルーターを購入し用意しなければいけないことになります。

そうなった場合は、自分でWi-Fiルーターを購入するより無料でWi-Fiルーターを提供しているプロバイダと契約する方がお得というのは分かりますよね。

回線速度

ニフティの口コミを確認してみると「回線が遅い!」と言った意見が見受けられます。

その為、ニフティにしたら「回線速度が遅くならないか心配」と思う人もいるでしょうが、プロバイダによって回線速度が変わる事は基本的にありません

先ほどもお伝えしたように、そもそもドコモ光の使用する回線はNTT回線(フレッツ光)と同じなので、いくらプロバイダを変更しても回線速度は「下り最大1Gbps」となります。

遅い原因として、IPv4接続で回線が混雑している等、自宅の通信環境によって速度が遅くなってしまうケースがありますので、一概に「ニフティにしたから悪い!」とは言えません。

ドコモ光×ニフティの口コミ・評判

まとめ

以上で「ドコモ光×ニフティ」の評判や料金についてまとめると・・・

  • 他のプロバイダと月額料金・解約金・回線速度に違いはない
  • ニフティはキャッシュバックキャンペーンを実施していない
  • ニフティでv6プラスを使用したい場合は自分でルーターを購入する必要がある!

となります。

正直言ってニフティは、他のプロバイダと比べて特にオススメするポイントがありません。

ニフティと契約するより、Wi-Fiルーターを無料で提供していたりキャッシュバックキャンペーンを実施している「plala」「So-net」と契約をした方が料金を安く抑える事が出来るのでオススメです。

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。