1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫ドコモ光の機器まとめ!ONU・モデム・ホームゲートウェイの仕様を紹介

ドコモ光の機器まとめ!ONU・モデム・ホームゲートウェイの仕様を紹介

光回線を利用する際に必要不可欠な機器といえば「ONU」です。

ONUがなければ、インターネットに接続する事が出来ません。

ドコモ光が提供するONUには「単体型」や「ONU一体型ルーター」があります。

出来るなら配線に困らない「ONU一体型ルーター」を利用したいところですが、私たちはONUを選択する事が出来るのでしょうか?

またONUを利用する場合料金がかかってしまうのでしょうか?

そこで今回は、

  • ドコモ光で提供しているONU・モデム・ホームゲートウェイの違い
  • ドコモ光のONUを利用するにあたっての注意点

にフォーカスして解説していきます。

スポンサーリンク

ONU・モデム・ホームゲートウェイの違い

まずONU・モデム・ホームゲートウェイの意味を混同してしまっている人もいるので、違いについて解説していきます。

是非参考にしてみてください!

ONU

最初に「ONU」と呼ばれる機械について説明します。

ONUとは回線終端装置という名称の機械のことで「光回線」を使用してインターネットに接続をします。

私たちが使用するパソコンをインターネットに接続する為には
「パソコン→Wi-Fiルーター→ONU→インターネット」という順になります。

ドコモ光は、光回線なので基本的にこのONUを使用してインターネット接続を行います。

ONUはLANケーブルを使ってパソコンと接続することで、Wi-Fiルーターがなくてもインターネットに接続する事が可能です。

モデム

続いて「モデム」について説明します。

モデムと呼ばれる機械は「電話回線」を使ってインターネット接続を行います。

私たちが使用するパソコンをインターネットに接続する為には
「パソコン→Wi-Fiルーター→モデム→インターネット」という順になります。

ONUは光回線を使ってインターネットに接続するのに対して、モデムは「電話回線」を使用してインターネットに接続をします。

パソコンとモデムをLANケーブルで繋げばWi-Fiルーターがなくてもインターネット接続が可能です。

電話回線を使ってインターネット接続するので、厳密には光回線とは別物ですがモデムとONUを同じ意味で使う工事事業者の方もいます。

現在、光回線が主流となるので、モデムを使用する事はほとんどありません。

ホームゲートウェイ

最後にホームゲートウェイについて説明します。

ホームゲートウェイとは「光電話に対応したルーター」の事を言います。

光電話とは光回線を使用した光IP電話のことで電話料金を安く抑える事が出来る人気の固定電話サービスです。

ホームゲートウェイは「ONU機能+Wi-Fiルーター+光電話」と言った全ての機能を兼ね備えている機種があります。

この機械が1台あれば、パソコン・Wi-Fiルーター・光電話・ひかりTVなどの各機器に接続する事が可能です。

また、ドコモ光では「ドコモ光ルーター01」というものがあります。

ドコモ光ルーター01は、Wi-Fiルーターの事を指します。

Wi-Fiルーターだけではインターネットに接続する事が出来ません。

必ず上記で紹介した「ONU」または「ホームゲートウェイ」が必要になります。

このWi-FiルーターをONUやホームゲートウェイとパソコンなどの通信機器の間にはさむだけで、Wi-Fi接続が可能となり、スマホやゲーム機など同時に複数の機器をつないでインターネットに接続する事が出来ます。

注意点

選べない

ドコモ光で提供するONUおよびホームゲートウェイは、インターネットに接続する際に必要不可欠な機器です。

その為、ドコモ光側が無料で貸し出してくれます。

ドコモ光で提供しているONUの種類は、

  • 単体型のONU
  • ONU一体型ドコモ光電話対応ルーター

となります。

基本的にONUを自分で選ぶ事は出来ません

自分が契約した内容によって届くONUは異なります

例えば、光電話を一緒に申し込んだ人はONU一体型ドコモ光電話対応ルーターが届きます。

この「ONU一体型ドコモ光電話対応ルーター」でWi-Fiも一緒に使う場合は、機器に搭載されているカードスロットに無線LANカードを差し込む事でWi-Fiを利用する事が出来ます。

また、光電話の申し込みをしていない人はONU一体型ドコモ光電話対応ルーターが届く事もあれば単体のONUが届く事があります。

単体のONUが届きWi-Fiを利用する場合はONUとは別に「Wi-Fiルーター」を用意しなくてはいけません。

Wi-Fiルーターは自分で購入して用意するか、先程紹介したドコモ光ルーター01等Wi-Fiルーターをプロバイダから借りる事が出来ます。

交換

ドコモ光でONUを交換する事は基本的に出来ませんが、場合によっては交換する事が出来ます。

例えば、インターネット・光電話・ドコモ光テレビオプションの利用が出来ない原因として、ONUが劣化していたり破損している場合に交換する事が出来ます。

またフレッツ光からドコモ光に転用した場合、回線速度が最大1Gbpsのプランに切り替わるので、フレッツ光を利用していた時のONUをそのまま利用していると回線速度が非常に遅くなる事があります。

そういった場合は、1Gbpsに対応したONUに交換する事が出来ます。

ただ、交換できる条件は故障や回線速度が遅い原因が「機器に問題がある場合のみ」となります。

なので、サポートセンターの方にどんな状況で利用出来ないのかを説明して対応してもらいましょう。

LINE(故障のお問い合わせのみ)
ドコモインフォメーション

0120-800-000
ドコモのケータイからの場合:151
受付時間: 9時〜20時(年中無休)

返却

ONUやルーターをレンタルしている場合は、もちろん返却しなくてはいけません。

例えば「もうドコモ光をやめよう!」と解約を考えた場合、解約手続きを必ず行います。

解約の際にプロバイダが指定する住所宛にONUを返送用封筒に入れて返却をしたり、撤去工事があった場合は撤去に携わった作業員に機器を回収してもらう事があります。

ちなみに、機器が破損していたり最終的に未返却の場合は「機器相当額」が請求されるので返却時は十分に気をつけましょう。

届かない事がある

ドコモ光では、たまにONUがいつまで経っても届かないと言ったケースがあります。

ONUが届かないケースで考えられるのは

  • フレッツ光からドコモ光に転用した場合
  • 派遣工事があるかないか

以上の2つの原因からONUが届かない場合があります。

例えば、フレッツ光からドコモ光に転用する場合は工事が不要なので今まで利用していたONUを使ってドコモ光を利用する事があります。

なのでドコモ光に乗り換えたとしても新しくONUが届くワケではありません。

またドコモ光を新規で申し込んだ際に自宅の環境によって「開通工事」をする場合があります。

その際に原則工事事業者がONUを持参する為、開通工事までONUが手元にない状況になります。

なので「明日は工事なのに機器が届かない!」と不安になる必要はありません。

以上の2つの原因以外でONUが届かないようならドコモインフォメーションにお問い合わせをしましょう。

まとめ

それでは、ドコモ光の機器についてまとめると・・・

  • 厳密に言うとONU・モデム・ホームゲートウェイは別物
  • ドコモ光のONUは自分で選ぶ事が出来ない
  • 故障や契約内容によってはONUを交換する事は出来る

となります。

ドコモ光では基本的にONUを無料で提供してくれるのでこちらで用意する必要はありません。

また、Wi-Fiルーターがなくても有線接続をすればONUだけでインターネットに接続する事は可能ですが、複数の通信機器と接続したい場合はルーターが必要になります。

高速かつお得にインターネットを利用するならGMOとくとくBBぷららなどの無料でIPv6接続対応のルーターを提供しているプロバイダからレンタルする事をオススメします!

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。