1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫ドコモ光とぷららってどう?評判や料金を紹介!

ドコモ光とぷららってどう?評判や料金を紹介!

光コラボは、光回線とプロバイダが1セットで販売されていますが、
ドコモ光では20社以上の中からプロバイダを選択しなければいけません。

その中でもNTTコミュニケーションズの主要グループ企業である大手「ぷらら」は、他のプロバイダと比べて一番お得に利用出来るので当サイトでもオススメしているプロバイダです。

しかし、ぷららでは「ひかりTV for docomo」や「フリーチケット」と言ったサービスを提供していますが、これらはお得と言えるのでしょうか?

という事で、今回はぷららの料金や実際の口コミ・評判とぷららの「ひかりTV for docomo」と「フリーチケット」のサービスについても紹介するので、
ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

料金

月額料金

ドコモ光の月額料金は「タイプA」「タイプB」に分かれ、それぞれの料金が異なります。

プラン 月額料金
タイプA
(ドコモnet、GMOとくとくBB、so-net、BIGLOBE、ぷらら、DTI、@nifty、andline、excite、Tigers-net.com、エディオンネット、シナプス、TIKITIKI、楽天、ネスク、01光コアラ、IC-net、hi-ho)
【戸建て】
5,200円
【集合住宅/マンション】
4,000円
タイプB
(OCN、AsahiNet、@TCOM、TNC、WAKWAK、ちゃんぷるネット)
【戸建て】
5,400円
【マンション】
4,200円
単独(回線のみ) 【戸建て】
5,000円
【マンション】
3,800円

ぷららは、「タイプA」に属するのでドコモ光の中では月額料金が最安値です。

しかしタイプAに属していればどこのプロバイダも月額料金に差はありませんから、特別ぷららの月額料金が安いというワケではありません。

また、初期費用や解約金に関しても一緒です。

例えば、初期費用では「事務手数料+工事費」が発生し、以下の料金がかかります。

居住タイプ 初期工事費用 登録手数料
戸建て 18,000円
※派遣(屋外/屋内)の場合
3,000円
7,600円
※派遣(屋内のみ)の場合
マンション 15,000円
※派遣(屋外/屋内)の場合
7,600円
※派遣(屋内のみ)の場合

初期費用に関してはどちらのタイプに属しても同じ料金がかかるので、違いはありません。

また、解約金ではタイプAに属するプロバイダで2年の定期契約をした場合、マンションタイプであれば8,000円、戸建てタイプであれば13,000円の解約金が発生するので、同じタイプAのプロバイダ同士で比較する事は難しいです。

つまり、プロバイダを選択する際に初期費用・月額料金・解約金は全て同じになるので比べる事が出来ないという訳です。

ではどこに差が出てくるのかというと「キャンペーン内容」です。

以下のサービスはプロバイダによって異なります。

  • キャッシュバックキャンペーン
  • Wi-Fiルーター
  • セキュリティソフト
  • サポート

例えば「ニフティ」や「BIGLOBE」では、キャッシュバックキャンペーンを行なっていませんが、ぷららでは15,000円のキャッシュバックを受け取る事が出来ます。

そうすると、光回線の全体の合計金額は変わってしまいますので、安くドコモ光を利用したいならキャッシュバックキャンペーンを実施しているぷららを選択するのが良いです。

また、ドコモ光の代理店経由でもキャッシュバックを受け取る事が出来ますが、
「ひかり電話+ひかりTV for docomo」もしくは「スカパー」を契約しなければいけないと条件が厳しいです。

ですが、ぷららでは純粋に特設サイトから申し込めばオプション等に加入せずにキャッシュバックが適用されます。

回線速度が遅い?

ドコモ光のプロバイダをぷららにした場合「回線速度が遅くなるんじゃないか」と心配な人もいるでしょう。

しかし基本的にプロバイダによって回線速度が変わる事はありません

そもそも、ドコモ光を使用する回線はNTT回線(フレッツ光)と同じなので、
いくらプロバイダを変更しても、回線速度は全て同じ「下り最大1Gbps」です。

もしも速度が遅いと感じる場合は、遅い原因としてIPv4の接続方法でインターネットを利用しているか、自宅の通信環境が悪くて速度が低下している可能性があります。

その為、一概にプロバイダであるぷららが悪いとは言えません。

どうしてもドコモ光の回線速度やプロバイダに納得いかないのであれば、NTT回線とは別の回線(NURO光、auひかり、電力系)等を選択するしか方法はありません。

なので、ドコモ光のプロバイダを選択する際は
「プロバイダを変更してから回線速度が遅くなった」という口コミはアテにしないようにしましょう。

IPv6対応ルーター

ドコモ光は上記で説明した通り、回線元はNTTが提供するフレッツ光なので、他の光コラボと同じです。

また、他の光回線であるNURO光やauひかりは提供エリアが限られているのに対してフレッツ光は全国で提供されています。

その為、利用者が非常に多く夜間帯に限って速度が低下する事があります。

この速度が遅くなる原因として、接続方法を「IPv4」にしており、そこの接続窓口が混雑している為だと考えられます。

しかし、改善策として「IPv4」を「IPv6」という接続方法に切り替る事で回線の混雑を回避する事ができ、通常より高速通信でインターネットを利用する事が出来ます。

で、ぷららの場合は「ぷららv6エクスプレス」に申し込めば、無料で回線速度が高速化する事が出来ます。

「ぷららv6エクスプレス」でインターネットを快適に利用する場合は、IPv6接続に対応しているWi-Fiルーターが必要です。

プロバイダによってはv6に対応していたとしても、Wi-Fiルーターを自分で用意しなければいけないプロバイダや有料でWi-Fiルーターを貸し出しているプロバイダがあったります。

しかし、ぷららの場合は無料でWi-Fiルーターをレンタル出来ます。

しかも他のプロバイダでは無料でWi-Fiルーターを提供していたとしても、何ヶ月までと期間が定められている事があるのですが、ぷららは契約期間中はずっと無料で利用する事が出来ます。

なので、他のプロバイダと比べてお得にIPv6を利用する事が出来るという事です。

フリーチケットとは

ぷららの接続サービスに加入すると「フリーチケット」がついてきます。

フリーチケットは、毎月1,296円分のオプションサービスが無料になるといったものです。

対象となるオプションサービスは以下の通りです。

サービス名 料金
複数メールアドレス 追加1個:月額216円
ニックネームメール 1メールアドレス5つまで:月額216円
メールフォワードHyper 月額216円
プライベートホームページ(ホームページ作成) 月額64円〜
時間deメール 月額216円
グループメール 50コース:月額216円
300コース:月額540円

例えば、オプションサービスの「複数メールアドレス」を家族4人で利用する場合、契約者以外の家族がぷららのメールアドレスを追加する際は「1メールアドレス追加で月額216円」かかります。

しかしフリーチケットを使用すれば「契約者以外の家族3人分×月額216円=648円」が無料になります。

ただ、対象となるオプションサービスはメールやサイトといったものばかりなので、元々別のメールアドレスを使用している人や、そもそもサイトを利用する事がない人にとっては魅力的なサービスとは言えません。

ひかりTV


引用:ひかりTV for docomo

ドコモ光を導入する際に、ひかりTVに申し込めば、ドコモ光の回線を利用して地デジ・BS・専門チャンネルを視聴する事が出来ます。

また、通常月額980円かかる「dTV」と「dTVチャンネル」がひかりTVの月額料金の中に含まれるので、お得に豊富なテレビコンテンツを楽しむ事が出来ます。

更にひかりTVはアンテナを設置しなくても、自宅のルーターとドコモテレビターミナルをLANケーブルで繋ぎ、ドコモターミナルとテレビをHDMI端子で繋ぐだけですぐに視聴する事が出来ると言ったメリットがあります。

ただし、ひかりTVを利用する場合は月額料金を支払わなければいけません。

料金 2年割
(ドコモの携帯回線を契約している人が対象)
2,500円/月
通常 3,500円/月
初期費用 ドコモテレビターミナル 16,848円
提供エリア
(地デジ)
東日本 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、宮城県、北海道(札幌エリア)
西日本 大阪府、京都府、兵庫県、愛知県、静岡県、石川県、広島県、福岡県、熊本県、沖縄県

2年割で月額2,500円となりますが、2年の更新月まで利用したら合計は6万円になります。

また、ドコモテレビターミナルは購入しなければいけないので、別途購入代金として16,848円がかかり、合計76,000円となります。

一方地テジのアンテナを安いところに工事依頼すると5万円程度で収まるので、地テジしか見ない人は、特にひかりTVに申し込むメリットはありません。

ドコモ光×ぷららの口コミ・評判

Twitterの口コミ・評判

価格コムの口コミ・評判

口コミ
【回線速度】同じ場所で利用していてもたまに悪くなる時があります。
【ご利用料金】もうちょっと安くなっていただけるとありがたいです。
【サービス】何のサービスがあるかそもそもよく分からないので、パンフレットや、案内があると良いかと思います。
【セキュリティ】今のところ何の問題もありません。
【サポート】開通の時に電話させていただきましたが、日中は仕事があるので、夜仕事から帰って来てからサポートしてほしいときがあっても対応時間外で受付して頂けなかったので不便に感じました。
説明の時も、全くパソコンに関して無知だったのでもうちょっと顧客の立場に立って説明をしてほしかったなと思いました。
【総合】開通してからは今のところ不便なく使えていますが、何かあったときの対応に関してはちょっと不安要素があります。サービスに関してもあるのであれば知りたいなと思いました。
口コミ
【回線速度】もんだいなしです、サクサクつながります
【ご利用料金】2800円と格安です。ドコモのケータイを契約しているのでそれと抱き合わせの割引が効いた場合の値段になります。
【サービス】不明な点など質問時に丁寧に答えてくださいます
【セキュリティ】まだ実感はないですが、お話を聞く上では大丈夫そうです
【サポート】電話すると即日に来てくださいました
【総合】大手というのもありますが安心はもちろん、サービスも細やかだと思います
口コミ
【回線速度】苦もなくよい速度です。問題なく使えます。
【ご利用料金】普通です。安くもなく高くもなく総合的に適してると思っています。
【サービス】気にしたことがないですが、すごくお得なサービスだと思ったことはないですし良くも悪くもありません。
【セキュリティ】最低限守られたセキュリティです。満足しています。
【サポート】今のところこれ!と言った魅力のサポートとは思わず他社と同レベルだと思っています。
【総合】良いです。けして悪いところがあるわけではないので5段階でしたら4だと思っています。

引用:価格コム

まとめ

ここまでぷららについて紹介していきましたが、「So-net」というプロバイダでもぷららと同じく15,000円のキャッシュバックを実施しています。

しかし、サポートやWi-Fiルーターのレンタルは「無料訪問サポート」と「無料Wi-Fiルーター」どちらか一方しか選べません。

対してぷららはどちらも利用する事が出来るので、お得にドコモ光の利用が出来ます。

という訳で、特にプロバイダにこだわりがなければ総合的にお得である「ぷらら」を選択する事をオススメします!

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。