1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫ドコモ光のスマホセット割は本当にお得?携帯割引を徹底解剖!

ドコモ光のスマホセット割は本当にお得?携帯割引を徹底解剖!

近年の光回線は、回線業者が指定するスマートフォンを持っていると毎月携帯電話の料金が割り引かれる、いわゆるセット割を展開しているケースが多いです。

携帯電話会社も顧客の囲い込みに必死ですから、当然の流れと言えますね。

そして例に漏れずドコモのスマートフォンを持っている人はドコモ光を契約することでセット割が適用され、毎月スマホの月額料金が割り引かれます。

ここまでは何となく理解されている方も多いかと思うのですが

ドコモ光のセット割って本当にお得なの?

という根本的な部分について理解されている方は意外と少ないのではないでしょうか?

というわけで、本記事では

  • ドコモのセット割の内容
  • 他社のセット割との比較

この2点にフォーカスし、解説させていただきたいと思います。

是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

セット割の内容

結論を言ってしまうと、ドコモのセット割はauやソフトバンクのセット割に比べるとはるかに見劣りする仕組みになっています。

それについては追々解説をします。

まずは、改めてドコモ光とドコモスマホのセット割の内容をおさらいしておきましょう。

割引額

スマホの契約プラン セット割の割引額
家族 使った分だけ ベーシックシェアパック(~30GB)
月額15,000円
-1,800円/月
ベーシックシェアパック(~15GB)
月額12,000円
-1,800円/月
ベーシックシェアパック(~10GB)
月額9,000円
-1,200円/月
ベーシックシェアパック(~5GB)
6,500円
-800円/月
定額 ウルトラシェアパック100
月額25,000円
-3,500円/月
ウルトラシェアパック50
月額16,000円
-2,900円/月
ウルトラシェアパック30
月額13,500円
-2,500円/月
ひとり 使った分だけ ベーシックパック(~20GB)
月額7,000円
-800円/月
ベーシックパック(~5GB)
月額5,000円
-800円/月
ベーシックパック(~3GB)
月額4,000円
-200円/月
ベーシックパック(~1GB)
月額2,900円
-100円/月
定額 ウルトラデータLLパック
月額8,000円
-1,600円/月
ウルトラデータLパック
月額6,000円
-1,400円/月
ケータイパック
月額300円~4,200円
-500円/月

上記がスマホの料金プランと、それぞれのセット割金額です。

ちなみにスマホに関してはドコモとドコモ光をセットで契約している間はずっとセット割が適用されます。

一方で、いわゆるガラケーが対象となる「ケータイパック」に関しては最大1年間(工事完了月+11か月)しか割引対象とはならず、期間が過ぎると通常料金に戻るので注意してください。

他キャリアとの比較

さて、ここまではドコモ光の公式サイトにも載っているセット割の内容を紹介しました。

ここからは公式サイトでは教えてくれない部分です。

実はドコモ光のセット割の割引条件は、auやソフトバンクよりもかなり悪いんです。

まずは3大キャリアのセット割一覧をご覧ください。

キャリア セット割の割引額 割引対象
ドコモ 100円~3,500円 1契約あたり
au 500円~2,000円 1人あたり
ソフトバンク 500円~1,000円 1人あたり

割引金額は大きくない

一見ソフトバンクのセット割の割引内容が一番悪く見えますが、ソフトバンクは契約プランに関係なくスマホを利用していれば一律1,000円なので条件は悪くないです。

むしろドコモ光は最大3,500円までセット割があるので一番好条件に見えますが、3,500円の割引が適用されるのは家族で100GBのシェアパックを契約しているときだけです。

100GBのシェアパックを契約しているご家庭がどれだけあるんでしょうか・・・?

100GBというと4人家族でも1人あたり25GB使えるプラン、ということになります。

というわけで「最大3,500円割引」という触れ込みはかなり魅力的に見えますが、恐らく3,500円の割引が適用されているご家庭はそこまで多くないのではないかと思っています。

割引対象は1契約

割引金額はそこまで大きくない、というのは序の口です。

実はドコモ光のセット割の条件が他社よりも見劣りすると言える所以は「割引対象」にあります。

3大キャリアのセット割一覧を見て頂ければお分かりいただけると思いますが、auとソフトバンクのセット割は対象が1人あたりです。

つまり、家族が4人いたら「セット割金額×4人」分の割引が受けられるということです。

一方のドコモ光はというと、割引対象が「1契約」です。

ドコモ光はシェアパックを1個契約して、そのシェアパックを家族みんなで分け合う、という仕組みになっているため、家族何人がドコモと契約をしているというのは関係がないのです。

つまり、家族が4人いようが5人いようが「セット割金額×1契約」分の割引しか受けられないのです。

どう考えてもauやソフトバンクに見劣りしてしまいますよねぇ・・・。

結論

じゃあドコモのスマホを使っている人はドコモ光の契約をやめた方がいいのかというと、そうはなりません。

むしろドコモのスマホを使っている人必ずドコモ光と契約をしましょう

確かにドコモのセット割はauやソフトバンクと比べると見劣りしてしまいますが、だからと言って他にセット割の条件が良い光回線があるのかと言えば、ありません。

例えばauの場合はauひかりが嫌だったらSo-net光やBIGLOBE光にしよう、ソフトバンクの場合はソフトバンク光が嫌だったらNURO光にしよう、といったようなことができます。

auもソフトバンクもセット割が適用される光回線が複数あるので。

しかしながら、ドコモのスマホのセット割が受けられるのはドコモ光しかありません

選択肢がドコモ光しかないのであれば、ドコモ光のセット割の条件が好かろうが悪かろうがそんなことは関係がなく、ドコモ光を選ぶのが最良の選択肢なのです。

ということで、ドコモのスマホを利用している方は、今後セット割の条件が良くなることを願いつつ、ドコモ光と契約をしましょう。

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。