1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫ドコモ光のシェアパック割引が微妙?他社と比較します

ドコモ光のシェアパック割引が微妙?他社と比較します

ドコモ光にはシェアパック割引があります。

これは、いわゆる「スマホ割」で、ドコモのスマホユーザーがシェアパックプランにしており、ドコモ光を利用するとスマホの料金が割り引かれると言ったものです。

しかし、auやソフトバンクのスマホ割と比べてみると、かなり割引条件が悪いという事が分かりました。

そこで今回はドコモ光のシェアパックプランについてと、他社のスマホ割との違いについて解説していきます。

またドコモのスマホユーザーが、よりドコモ光をお得に利用する方法もご紹介しているので是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

ドコモ光のシェアパック

ドコモにはシェアパックというプランがあります。

ドコモシェアパックプランにしている人は分かると思いますが、
シェアパックとは、シェアパックを契約した本人と家族でパケットを分け合う事が出来るプランです。

例えば、家族4人で契約者本人(親回線)が毎月パケットを使い切れない時に他の3人(子回線)にその分のパケットをシェア出来るといった感じです。

このドコモのシェアパックとドコモ光を利用している場合、シェアパックプランの料金が割引されます。

以下の表をご覧ください。

スマホの契約プラン セット割の割引額
家族 使った分だけ ベーシックシェアパック(~30GB)
月額15,000円
-1,800円/月
ベーシックシェアパック(~15GB)
月額12,000円
-1,800円/月
ベーシックシェアパック(~10GB)
月額9,000円
-1,200円/月
ベーシックシェアパック(~5GB)
6,500円
-800円/月
定額 ウルトラシェアパック100
月額25,000円
-3,500円/月
ウルトラシェアパック50
月額16,000円
-2,900円/月
ウルトラシェアパック30
月額13,500円
-2,500円/月

このようにドコモのシェアパックに加入していれば、割引が適用されてお得になります。

しかし他の大手キャリアであるauやソフトバンクでもセット割を実施しているのですが、比べてみるとドコモ光の割引条件はかなり悪いという事が分かりました。

他社と比較

まず、3大キャリアのセット割をご覧ください。

キャリア セット割の割引額 割引対象
ドコモ 100円~3,500円 1契約あたり
au 500円~2,000円 1人あたり
ソフトバンク 500円~1,000円 1人あたり

このように料金だけで比較してみると、ソフトバンクの条件が悪いように思います。

しかしソフトバンクは契約プランに関係なくソフトバンクのスマホを利用していれば、一律一人あたり1,000円なので条件は悪くありません。

またauも一人当たり最大2,000円となるので条件はかなり良いです。

一方、ドコモはというと最大3,500円と一番条件が良いように思いますが、3,500円の割引が適用されるのは「家族で100GBのシェアパック」を契約している時だけです。

また、1契約あたりの割引なので一人分しか適用されません。

例えば、家族4人でスマホのセット割を受けるケースで想定してみます。

auの場合、家族全員がデータ定額を利用していたとすると、2,000円の割引×
家族4人で合計8,000円の割引が受けられます。

ソフトバンクの場合、家族全員がデータ定額5GBを利用していたとすると1,000円の割引×家族4人で合計4,000円です。

しかし、ドコモでは「1契約」のみなので、ドコモのシェアパック100を契約していたとしても、本人のみが3,500円の割引が適用され、他の家族3人が割り引かれる事はありません。

つまり、ドコモ光のシェアパックは条件が悪いという事が分かります。

シェアパックにするべき?

ここまでドコモ光のシェアパックについてお話しをさせて頂きましたが、ドコモのスマホユーザーはスマホ割が適用されるのは「ドコモ光」しかありません

その為、現在ドコモのシェアパックプランにしている人はそのまま継続して利用しないとお得になりません。

また、シェアパックプランではないうえ家族でドコモ光を利用する場合であっても、シェアパックプランに変更した方が割引が適用されるのでお得になります。

しかし、一人でドコモ光を利用する場合はシェアパックにする必要はありません。

以下の表をご覧ください。

スマホの契約プラン セット割の割引額
ひとり 使った分だけ ベーシックパック(~20GB)
月額7,000円
-800円/月
ベーシックパック(~5GB)
月額5,000円
-800円/月
ベーシックパック(~3GB)
月額4,000円
-200円/月
ベーシックパック(~1GB)
月額2,900円
-100円/月
定額 ウルトラデータLLパック
月額8,000円
-1,600円/月
ウルトラデータLパック
月額6,000円
-1,400円/月
ケータイパック
月額300円~4,200円
-500円/月

以上の事から、一人で利用するなら「ウルトラデータパック」や「ケータイパック」を利用した方が割引額は高くなるのでシェアパックに変更しなくてもOKです。

まとめ

それでは、ドコモ光のシェアパック割引がについてまとめると・・・

  • 他社とシェアパック割を比較すると割引条件が悪い
  • 家族でドコモ光を利用するならシェアパックプランを選択する!
  • 一人暮らしや一人でドコモ光を利用する場合は、シェアパックプランにする必要なし!

となります。

結局のところ、ドコモのシェアパックなどのセット割はauやソフトバンクと比べて見劣りしますが、ドコモのスマホユーザーにとって他にお得になる回線があるのかと言えば、ありません。

ドコモのスマホユーザーはドコモ光しか選択肢がないので、お得に利用したいのであれば上記で説明したようなプランに変更しておいた方がお得です。

また「もっとお得にドコモ光を利用したい!」と考えるのであれば、dポイントを有効活用するという方法があります。

例えばドコモには「dカードGOLD」というものがあります。

dカードGOLDに加入すると毎月のドコモのケータイ料金とドコモ光の料金の10%のdポイントが還元されます。

この貯まったdポイントを、スーパーや飲食店である「dポイント加盟店」で利用する事が出来たり、ケータイの支払いにも利用出来るので、ドコモ光をもっとお得に利用したいなら「dカードGOLD」を利用するのが良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。