1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫ドコモ光のタイプA・B・C・単独・ミニの違いを徹底解説します!

ドコモ光のタイプA・B・C・単独・ミニの違いを徹底解説します!

光コラボではプロバイダと回線が1つのパッケージとして販売されていますが、ドコモ光を利用する場合はプロバイダを選択しなければいけません。

しかしプロバイダを選択するうえで、料金タイプがどこに属するかよって月額料金が変わってしまいます

例えばドコモ光では
「タイプA」「タイプB」「タイプC」「単独タイプ」「ミニタイプ」
と5つのタイプの料金に分かれるのですが、「タイプA」であるplalaやSo-netの月額料金は5,200円で、「タイプB」であるOCNの月額料金は5,400円なので料金に差が出てしまいます。

また、「タイプC」「単独タイプ」「ミニタイプ」では、
料金の差以外にも回線が異なったり料金システムに違いがあったりします。

という事で、今回はドコモ光の料金タイプについて詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

タイプA

タイプA 月額料金
戸建て 月額5,200円
(契約期間なし:月額6,700円)
マンション 月額4,000円
(契約期間なし:月額5,000円)

タイプAであるプロバイダは以下の通りです。

タイプAのプロバイダ

ドコモnet、GMOとくとくBB、so-net、BIGLOBE、ぷらら、DTI、
@nifty、andline、excite、Tigers-net.com、エディオンネット、シナプス、TIKITIKI、楽天、ネスク、01光コアラ、IC-net、hi-ho

冒頭でもお伝えしましたが、タイプAの戸建ての月額料金は5,200円です。

タイプBの戸建ての月額料金は5,400円なので、比べてみると200円の差があります。

たった200円ですが、2年契約だと4,800円もの差が出てしまいます。

しかも、タイプAでは最大15,000円のキャッシュバックを行なっているのに対して、タイプBではキャッシュバックキャンペーンを行なっているプロバイダがありません。

なので、ドコモ光のプロバイダを選ぶ際は、お得である「タイプA」のプロバイダを選択するのが王道です。

タイプB

タイプB 月額料金
戸建て 月額5,400円
(契約期間なし:月額6,900円)
マンション 月額4,200円
(契約期間なし:月額5,200円)

タイプBのプロバイダは以下の通りです。

タイプBのプロバイダ

OCN、AsahiNet、@TCOM、TNC、WAKWAK、ちゃんぷるネット

タイプAの部分でもお伝えしましたが、タイプBはタイプAと比べて月額料金が高くなりますし、キャッシュバックキャンペーン等を行なっているプロバイダがひとつもありません。

料金面を考慮すると、わざわざタイプBを選択するメリットがありません。

ただ強いていうなら、元々タイプBにあるプロバイダサービスを使用しており、
「メールアドレス等をそのまま継続し利用出来る為アカウント情報をわざわざ変更しなくも良い!」と言った部分は唯一のメリットと言えます。

タイプC

タイプC 月額料金
戸建て 月額5,200円
(契約期間なし:月額6,700円)
マンション 月額4,000円
(契約期間なし:月額5,000円)

タイプCの月額料金はタイプAと同じなので安い方です。

ただタイプA・Bと違い、ケーブルテレビの設備を使用するので回線の仕組みが異なります。

例えば、光回線を利用する場合「光回線用のコンセント」を宅内に設置し、
家の近くにある電柱から光ケーブルを家まで引き込むと、インターネットの接続が可能となります。

一方、タイプCは、光ケーブルとCATVの回線を組み合わせてインターネットの接続を可能にしています。

元々CATVはテレビ放送用のデータを受信するために用いられているケーブルに手を加えて無理矢理インターネット接続を可能にしています。

その為、NTTの回線(フレッツ光)と比較すると回線の品質が落ちてしまう傾向があります。

ただ、現在タイプCに属するCATVの光回線を契約中でドコモ光を利用する場合、工事費が発生しないので事務手数料3,000円だけで済みます。

なので、タイプCに属するCATVの光回線を元々契約しておりドコモのスマホを利用している人にはオススメ出来ます。

ただし「ひかりTV」と「ドコモ光テレビオプション」の申し込みが出来ないので「ひかりTVを利用したい」と考えている人には不向きです。

また、CATVの光回線を元々利用していれば乗り換えの際は解約金も工事費も発生しないんですが、新規でドコモ光のタイプCを利用する場合は工事費が発生してしまいます。

それに、テレビ会社で「キャッシュバックキャンペーン」を行なっている訳ではないので、新規で申し込む場合はタイプCよりタイプAを選択する方がお得です。

単独タイプ

単独タイプ 月額料金
戸建て 月額5,000円
(契約期間なし:月額6,500円)
マンション 月額3,800円
(契約期間なし:月額4,800円)

次に単独タイプについてですが月額料金を見てみるとタイプAより安い事が分かります。

更に単独タイプの特徴としてドコモ光のタイプA・B・C以外のプロバイダを自由に選択する事が出来ます。

なので、元々タイプA・B・C以外のプロバイダの会員でサービス内容が気に入っている場合は単独タイプを選択しても良いでしょう。

しかし、タイプAでは月額料金5,200円にプロバイダ料金が含まれているのに対して、単独タイプの場合は別途プロバイダ料金が発生してしまいます。

タイプAの料金より安く抑える為には200円以下のプロバイダを選択しなければいけません。

しかし残念ながら200円以下のプロバイダ料金を設定しているところは現在ありません。

ミニタイプ

ミニタイプ 月額料金
戸建てのみ 月額2,700円〜5,700円
(契約期間なし:月額4,200円〜7,200円)

ドコモ光のタイプA・B・C・単独は定額制ですが、ミニタイプは月額2,700円〜5,700円の間で使用した分だけ料金が発生する従量制となります。

例えば、200MBまでは2,700円の料金が請求され、そこからは10MBあたり30円が発生します。

1,200MB以上使用したら5,700円が請求されると言った感じです。

またミニタイプは、プロバイダを自分で選択しなければいけませんから別途プロバイダ料金が発生します。

あまりインターネットを使用しない人はミニタイプを利用しても良いかと思うんですが、オンラインゲームをよくプレイしたり動画を月7時間以上見たりする等、インターネットの使用量が多い人はすぐに1,200MBに到達してしまいます。

そうすると、月額5,700円+プロバイダ料金がかかりタイプAより高くなってしまいます。

回線速度に違いはある?

ドコモ光を利用するうえで
「料金タイプをAにしたら、回線速度が遅くならないか」
とタイプによって回線速度が変わらないか気になる人もいるかと思います。

しかし、ドコモ光の回線元は全てNTTが提供する回線(フレッツ光)です。

その為、料金タイプを変更しても回線速度が変わる事は基本的にありません。

どのタイプを選んでも回線速度は「下り最大1Gbps」です。

ただタイプCはCATVの回線を使用している為、光回線よりは回線品質が悪く速度が低下する事が往々にしてあります。

なので、高速通信でインターネットを楽しみたいなら無難にタイプC以外の料金タイプを選択する方が良いです。

ドコモ光のプロバイダの選び方

ここまで料金タイプのお話をしてきて

  • 月額料金にプロバイダ料金が含まれており、コスパが良い
  • キャッシュバックキャンペーンを実施している
  • タイプCとは異なり高速通信が可能

と言った点から「タイプA」が一番お得であるという事が分かります。

しかし「タイプAに属しているプロバイダだったら全て月額料金は一緒なんだから、何を選んでもいいの?」と疑問を持つ方もいるでしょう。

確かに「plala」を選ぼうが「@nifty」を選ぼうが月額料金に違いはありません。

ですが、プロバイダによってキャンペーン内容が異なります。

例えば「plala」では15,000円のキャッシュバックキャンペーンを行なっていますが、「@nifty」ではキャッシュバックキャンペーンを実施していません。

そうすると、光回線の全体の合計金額は変わってきます。

また、Wi-Fiルーターを無料で貸し出しているところもあれば、有料でレンタルしているところもあるので、タイプAの中でどこのプロバイダを選択すればお得なのかは月額料金以外の料金で比較する事が重要です。

まとめ

それでは、ドコモの料金タイプについてまとめると・・・

  • タイプA・B:月額料金が違う。(タイプAの方が安くタイプBの方が高い)
  • タイプC:CATV事業者の設備を借りて光回線を提供するサービスで回線品質はタイプA・Bに見劣りする。
  • 単独タイプ:ドコモ光と提携しているプロバイダ以外から自由に選択できるが別途プロバイダ料金が発生する為、割高になる
  • ミニタイプ:従量制で基本料金2,700円から5,700円の間で使用した分だけ料金が発生する。(インターネットの使用量が多い人には向いていない)

となります。

どこを選べば良いのかよく分からないと言う人は、とりあえず料金的にお得になる「タイプA」を選択すれば間違いないです。

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。