1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫ドコモ光の初期設定・接続方法を画像付きで分かりやすく解説!

ドコモ光の初期設定・接続方法を画像付きで分かりやすく解説!

ドコモ光の初期設定や接続方法や設定方法を解説

ネット回線の初期設定接続方法って難しいですよね。

工事業者の方が親切な方なら端末の接続をしてくれますが、一日に多くのお宅に伺う業者の方は、導入して機器を設置するとすぐに行ってしまうことがほとんどです。

インターネット接続の設定はちゃちゃっと済ませて、動画楽曲の視聴を楽しみたいと思います。

本記事ではそういった時に役立つよう、ドコモ光の初期設定方法・接続方法について紹介します。

是非参考にして下さい。

スポンサーリンク

ドコモ光の初期設定・インターネット接続方法

ドコモ光のインターネット接続方法

ドコモ光を端末と接続するには、

  • 有線接続(パソコン)
  • 無線接続(パソコン、携帯)

以上2種類の方法があるので、それぞれ紹介します。

前提として工事が完了してルーターが設置されている時点からの手順を説明します。

ドコモ光の工事についてはこちらをご覧ください。

有線(LANケーブル)接続の場合

光コンセント(LANコネクタorモジュラージャック)に引き込んだ光回線を、モデム・ルーターを経由してパソコンに繋ぐ方式です。

有線接続の場合、()内にも記しているようにLANケーブルが必要になります。

パソコンにはこのようにケーブルやコードの差し口がいくつかありますが、赤丸の部分のように凸が逆になった形の箇所がLANポートと呼ばれるLANケーブルの差し口です。

ここにLANケーブルを差します。

設置されているルーター・モデムとLANケーブルで端末を繋げば接続完了です。

画面右下のインターネット接続のマークが画像赤丸のようになっていれば接続は無事に出来ています。

有線接続の注意点

「線を差すだけで終わり」と侮ってはいけません。

有線接続では、

  • LANポートの規格
  • LANケーブルの規格

以上に注意しましょう。

有線接続が出来なくなるというほどの注意点ではありませんが、ないがしろにするとドコモ光の回線本来の品質を引き出せなくなる可能性があります。

LANポートの規格

パソコン本体の性能についての注意事項です。

利用機器のLANポートが高速通信に非対応の場合があります。

高速通信するためには、利用しているパソコンのLANポート(LANケーブル差込口)が「1000BASE-T」に対応していなければなりません。

少し前のPCの場合、100BASEが主流になっていることが多いので注意が必要です。

LANケーブルの規格

ケーブルの性能についての注意事項です。

LANケーブルの規格(カテゴリ)が、そもそも使用している回線品質に対応していないことがあります。

「5」「5e」「6」など、数字が大きいほど速い通信速度に対応できる規格なので、ケーブルの印字をしっかりチェックしましょう。

ケーブルの種類 規格 対応速度 NURO光の場合の推奨度
CAT5 カテゴリー5 100Mbps

速度不十分
CAT5e カテゴリー5e 1Gbps

おすすめ
CAT6 カテゴリー6 1Gbps

おすすめ
CAT7 カテゴリー7 10Gbps

過剰性能

接続が出来ない場合の対処法

有線接続では、無線接続のように遮蔽物(壁や家具)によって接続が出来ないといった事がありません。

なので有線接続でインターネットに繋がらない場合、

  • 機器の故障
  • ケーブルの不調・接触不良
  • パソコン内部の設定

以上が原因として考えられます。

機器の損傷やケーブルの不良は交換や修理を検討しましょう。

パソコン内部の設定により接続できない場合は画面右下のタスクトレイを確認し、インターネット接続設定の確認をします。

簡単に言うと、パソコンの設定で接続が認証されていない可能性があるので、それを有効にすると接続できるようになります。

無線LAN(Wi-Fi)接続の場合

無線接続はその名の通り端末とルーターの間に線が無い状態インターネット接続を行うことです。

有線接続と違いケーブルを差すだけで接続出来るというものでもなく、端末ごとに接続方法が違うので、おそらく接続設定を分からない方=無線接続方法が分からない方が多いと思います。

ですが仕組みとしてはケーブルを使用していないだけで、光コンセント(LANコネクタorモジュラージャック)→ルーター→端末という回線の流れは変わりません。

iPhone(アイフォン)やスマホ、携帯の接続設定

スマホの「設定」から「Wi-Fi」を開いて、ルーターに記されているネットワーク(SSID)と同じものを選択します。

そして同じくルーターに記されているパスワードを入力したら接続完了です。

SSIDとパスワードルーターの背面、もしくは裏面に記されているので確認しておきましょう。

タブレットやiPadの接続設定

上記の携帯やスマホの接続方法と同じです。

SSIDとパスワードの確認をしっかり行いましょう。

パソコン(Windows)の設定方法

まずパソコン画面左下のスタートメニューを開きます。

その中から歯車のマークをした設定メニューを開きましょう。

Windowsの設定画面に行き、「ネットワークとインターネット」メニューを開きます。



最初はWi-Fi設定がオフになっているので、オンに切り替えます。

その後、「利用できるネットワークの表示」をすると、右下のタスクトレイからネットワーク選択画面が出ます。

ルーター背面、もしくは裏面に記されているSSIDと同じものを、画像のSSIDと書かれている部分で探します。

見つかったら選択し、同じくルーターに書かれているパスワードを打ち込めば無線接続は完了です。

一度接続すると次回からは自動で接続してくれるので、面倒なのは今回だけです。



右下のインターネットアイコンがWi-Fi用になり、※マークが無くなれば成功です。

パソコン(mac)の設定方法

macの場合、右上に扇形のWi-Fi接続アイコンがあります。

クリックしてオフからオンに切り替えましょう。

その後、利用できるネットワークが表示されるので、ルーター背面もしくは裏面に記載されているSSIDと同じものを探しましょう。

SSIDを見つけたらクリックして、同じように記載されているパスワードを入力して接続完了です。

接続したSSIDにはチェックマークが付き、次回からは自動で接続されます。

Wi-Fi接続アイコンがこのようになったら接続成功です。

無線接続の注意点

無線ゆえに注意点は目に見えない場合が多いです。

無線接続では、

  • 周辺機器の規格
  • 周辺機器の状態

以上に注意しましょう。

周辺機器の規格

機器を経由しての通信は、その機器の規格に準拠した通信速度になってしまいます。

一般的な無線LANの規格には 「 a/b/g/n/ac 」という5種類があり、それぞれ性能が異なるので確認しましょう。

機器の規格 周波数帯域 通信速度 メリット デメリット
IEEE802.11a 5GHz 最大54Mbps 混信がない 障害物に弱い
11bと互換性なし
IEEE802.11b 2.4GHz 最大11Mbps 多くの製品に対応 速度が遅い
IEEE802.11g 2.4GHz 最大54Mbps 11bと互換性あり 混信あり
IEEE802.11n 2.4GHz/5GHz 最大450Mbps 速度が早い 特になし
IEEE802.11ac 5GHz 最大1.3Gbps 速度が速い
混信がない
障害物に弱い
周辺機器の状態

ファームウェアをアップデートしていない場合や、機器の電源を永続的にオンにしている場合は、本来の機器の性能を引き出せなくなる可能性があるので注意が必要です。

ファームウェアとは?

ハードウェアの基本的な制御を行うために機器に組み込まれたソフトウェアです。
パソコンや周辺機器等に搭載されています。

接続出来ない場合の対処法

無線接続が出来ない原因としては、

  • Wi-Fiのプランに加入していない
  • 端末とルーターの間に遮蔽物(壁や家具)が多い
  • 機器の問題
  • 端末内部の設定

といったものが考えられます。

まず契約したプランによっては、そもそもWi-Fiが利用出来ない可能性があります。

有料プラン(月500円ほど)に加入しなければならない場合もあるので、窓口で確認しましょう。

また、利用機器とルーターの間に壁や家具、階が変わって距離がある等だと電波が弱まり接続できない場合もあります。

その他にもルーターの不良や、上記で紹介した端末の接続設定を失敗している等があり得るので要確認です。

初期設定方法や接続方法でよくある質問

ドコモ光の初期設定方法や接続方法でよくある質問

初期設定時によくある質問について、答えと共に紹介します。

ルーターにパスワードとIDが2つあったけど、どっちを使えば良い?

ネットワーク(SSID)が2つ記載されている場合に、どちらで接続すれば良いか分からないという方がいます。

2.4GHz(SSIDが◯◯-a-◯◯)と5GHz(SSIDが◯◯-g-◯◯)の2種類がありますが、それぞれ無線電波の周波数帯域が違います。

2.4GHzの特徴として、

  • 障害物や距離に強い
  • 電波としては不安定

以上があります。

対して5GHzの特徴は、

  • 電波が安定している
  • 距離や障害物に弱い

となります。

ルーターと同じ部屋や近くで利用する場合は5GHzで接続し、
ルーターと別の部屋や階での利用は2.4GHzで接続しましょう。

VDSLやLAN配線方式といった配線方式によって接続方法は変わる?

配線方式で接続方法が変わることはありません。

引き込み元が光コンセントだったりLANコネクタだったり…といった違いはありますが、ルーター→端末といった回線の経路は同一です。

OCNやGMOやぷらら…プロバイダで初期設定や接続方法は違う?

プロバイダによって接続方法が変わることはありません。

ただ、プロバイダによってはユーザーに割り当てられたIDやパスワードが分かりづらい場合があるので、問い合わせ先はしっかり把握しておきましょう。

macやWindows…メーカーによる違いはある?

文中で紹介した通りWi-Fi接続アイコンの格納場所などの細部は違いますが、
SSID確認→パスワード入力という流れは共通です。

android(アンドロイド)やiPhoneで違いはある?

こちらも設定メニューの格納場所が違うだけで、
SSID確認→パスワード入力という流れは共通です。

まとめ

ドコモ光の初期設定方法や接続方法まとめ

以上がドコモ光の初期設定や接続方法についてのまとめです。

文中で紹介したように、接続方法が分からないという方のほとんどは無線接続の方法が分からない方だと思います。

ただ、Wi-Fi接続メニューの場所さえ分かってしまえば、設定の方法自体は難しくありません。

設定はサクッと済ませてインターネットを楽しみましょう。

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。