1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫ドコモ光を戸建てで契約・導入する場合の注意点を紹介!

ドコモ光を戸建てで契約・導入する場合の注意点を紹介!

ドコモ光を戸建て住宅で契約して導入する場合の注意点を紹介

ドコモのスマホを利用している方は、ネット回線ならセット割が使えるドコモ光の契約を考えると思います。

ネット回線の料金や工事内容は居住環境によって変わります。

本記事では、戸建て住宅にお住まいの方が実際にドコモ光を利用した時の料金速度工事内容などについて解説します。

是非参考にして下さい。

ドコモ光戸建てタイプの回線速度

ドコモ光戸建てタイプの回線速度

ドコモ光を戸建て住宅に導入した際の回線速度について紹介します。

ドコモ光はNTTの回線を利用しています。

よって回線速度もフレッツ光と同じで、

下り
(データ受信)
上り
(データ送信)
最大1Gbps
最大200Mbps 最大100Mbps
最大100Mbps

以上の3種類になります。

戸建てタイプの場合わざわざ指定したり特別な問題が無い限り、上下最大1Gbpsの回線速度が導入されます。

ドコモ光戸建てタイプの月額料金プラン

ドコモ光戸建てタイプの月額料金プラン

ドコモ光の戸建てタイプは契約するプロバイダによって料金プランが異なります。

配線方式による違いもあり計5種類あるので、以下表で紹介します。

定額プラン 月額料金
タイプA 5,200円
(6,700円)
タイプB 5,400円
(6,900円)
タイプC 5,200円
(6,700円)
単独タイプ 5,000円
(6,500円)
ドコモ光ミニ 2,700~5,700円
(4,200~7,200円)

※()内は2年の定期契約が無い場合の月額料金

ドコモ光戸建てタイプの工事費用・工事内容

ドコモ光戸建てタイプの工事費用と工事内容

ドコモ光を戸建て住宅に導入する際の工事費用、そして開通工事の内容を紹介します。

まず工事費用は派遣工事が必要か否かで料金が変わります。

居住タイプ 初期工事費用 登録手数料
戸建て 18,000円
※派遣(屋外/屋内)の場合
3,000円
7,600円
※派遣(屋内のみ)の場合

なので手数料を併せると2万円を超えます。

そして戸建てタイプの開通工事の流れは大きく分けて3ステップです。


画像引用:ドコモ光の工事内容について|ドコモ光

  • 光ケーブルを家の中に引き込む
  • 光コンセントとホームゲートウェイ(Wi-Fiルーター)を接続
  • ホームゲートウェイ(Wi-Fiルーター)と利用機器を接続

以上が大まかな工事の流れです。

工事は半日ほどで完了します。

ドコモ光の工事内容についてさらに詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

ドコモ光戸建てタイプ対応のプロバイダ

ドコモ光戸建てタイプ対応のプロバイダ

ドコモ光戸建てタイプの対応プロバイダを紹介します。

料金タイプ別で表で紹介します

料金タイプ プロバイダ
タイプA ドコモnet、plala、so-net、GMOとくとくBB、@nifty、DTI、ic-net、
Tigers-net.com、BIGLOBE、andline、SYNAPSE、excite、エディオンネット、
SIS、楽天ブロードバンド、TIKITIKI、hi-ho、@ネスク、COARA
タイプB OSN、@TCOM、TNC、AsahiNet、WAKWAK、@ちゃんぷるネット

ドコモ光戸建てタイプの解約金・違約金

ドコモ光戸建てタイプの解約金や違約金

ドコモ光では、

  • 初期費用(工事費)の分割支払いが残っている
  • 年間契約のプランに加入している
  • プロバイダごとの割引プランの加入状況
  • オプションサービスに加入している

以上によって解約時に違約金が発生します。

以下、具体的な金額を表で紹介します。

内容 期間 解除料金
(違約金)
初期費用分割金 19,440円割賦 324円/60回
405円/48回
540円/36回
810円/24回
1,620円/12回
残分を一括請求
契約プラン 定期契約あり 2年自動更新 13,000円
定期契約無し 無し 0円
プロバイダの割引プラン 2年 5,000円~10,000円
オプションサービス 1年間~2年間 10,000円

例として、

「定期契約プラン(2年更新)」を契約し、「初期費用は分割60回払い」「プロバイダの割引プラン」を適用、ひかりTV等「オプションサービス」も契約した状態で、「一年間」利用して解約

といった状況だと、

違約金計算

・初期費用分割金 60ヶ月‐12ヶ月=残48か月分×324円=15,552円
・定期契約プラン(2年更新)違約金 13,000円
・プロバイダ割引解約金 10,000円
・オプションサービス解約金 10,000円

となり、合計48,552円の一括払いがドコモ光を解約するのに必要になります。

ドコモ光の解約方法や、違約金を無くす方法などはこちらの記事をご覧下さい。

ドコモ光戸建てタイプの契約方法・おすすめ申し込み窓口

ドコモ光戸建てタイプの契約方法とおすすめ申し込み窓口

ドコモ光の契約はWebサイトから申し込むことがおすすめです。

例えばドコモ光を携帯ショップ(運営元)や家電量販店で申し込んだ場合、店舗の維持費や人件費といった諸経費をまかなうために、特典が割安になります。

訪問販売員からの契約も上と同様です。

Webサイトから申し込む場合そういった費用が抑えられているため、その分特典が魅力的になります。

以下、おすすめの申し込み窓口をランキング形式で紹介します。

訪問サポートが1回無料!
plala
5
キャンペーン15,000円キャッシュバック
料金4,000円~5,200円
サポート訪問設定サポート1回無料
WiFiルーター無料レンタルあり(IPoE対応)
セキュリティソフト24か月無料
plala

plalaはキャンペーン、サポート、セキュリティソフトなどすべての要素で他のプロバイダと比較しても最高水準です。例えばキャンペーンに関しても業界最高クラスの15,000円がキャッシュバックされますし、セキュリティソフトに関しても有料、あるいは12か月無料のプロバイダが多い中plalaは24か月無料で利用することが出来ます。さらに訪問サポートに関しても初回は無料で利用することが可能です。ドコモ光に関しては料金的にもサービス内容的にもplalaを選んでおけば間違いないでしょう。

So-net
セキュリティが24か月無料!
So-net
4
キャンペーン15,000円キャッシュバック
料金4,000円~5,200円
サポート無料訪問サポート(利用する場合はWiFi無料レンタルなし)
WiFiルーター無料レンタルあり(v6プラス対応)
セキュリティソフト24か月無料

ぷららに次いでおすすめなのがSo-netです。特にフレッツ光などでSo-netを利用していたという人はアカウント情報を引き継げる分手続きが楽なのでSo-netを選んでもいいかもしれません。キャンペーンに関してもplala同様に15,000円のキャッシュバックが付いてくるのでその点は申し分ないのですが、訪問サポートとWiFi無料レンタルはどちらか一方しか選べないので、その点は若干plalaに見劣りしてしまいます。

ネットナビ
プロバイダと回線をドコモでまとめる
ネットナビ
3
キャンペーン15,000円キャッシュバック
料金4,000円~5,200円
サポートリモートサポート無料
WiFiルーター無料レンタルあり(IPoE対応)
セキュリティソフト12か月無料

プロバイダをドコモで統一したいなら代理店であるネットナビから申し込みましょう。
プロバイダ独自のキャンペーンは上の2社に劣っていますが、キャッシュバック特典については全く同じ条件で受け取ることが出来ます。
光コラボとしての一本化を崩したくない方はネットナビがおすすめです。


ドコモ光戸建てタイプのキャッシュバックキャンペーン

ドコモ光戸建てタイプのキャッシュバックキャンペーン

ドコモ光では、

  • 初期工事費用無料
  • ソフトバンクスマホとのセット割
  • 他社乗り換えでケータイ解約料が実質無料
  • 開通前モバイルWi-Fiレンタル
  • dポイントプレゼント

以上のキャンペーンがどこの窓口でも利用できます。

前章で紹介した窓口ではさらに15,000円のキャッシュバックプロバイダ独自のキャンペーンを受けることが出来ます。

ただ、キャッシュバックを行っていない申し込み窓口もあるので、以下からキャッシュバックを行うおすすめのキャンペーンサイトを表で紹介します。

プロバイダ キャッシュバック金額 キャンペーン内容 公式HP
ドコモnet 15,000円 ・リモートサポート無料
・訪問サポート無料
・セキュリティソフト12ヶ月無料
・WiFiルーターレンタル
・Webメール
・メール転送サービス
・マルウェア不正通信ブロック機能
公式HP
plala ・リモートサポート無料
・訪問サポート初回無料
・セキュリティソフト24ヶ月無料
・WiFiルーターレンタル
・フリーチケット1200円分
・ひかりTVエントリープラン
・有害サイトブロック
・Webメール
・メール転送サービス
・プライベートドメインメール
公式HP
so-net ・リモートサポート6ヶ月以内初回無料
・訪問サポート無料
or
WiFiルーターレンタル無料
・セキュリティソフト24ヶ月無料
・ソニーグループ優待・割引サービス
・ホームページ(10MBまで)
・ブログ(1GBまで)
・Webメール
・ファミリーパック(家族3名まで追加ID無料)
公式HP
GMOとくとくBB ・セキュリティソフト12ヶ月無料
・WiFiルーターレンタル
・ホームページ(350MBまで/最大15個)
・Webメール
・メール転送サービス
・くまポン優待特典付与(毎月)
公式HP
DTI ・リモートサポート無料
・訪問サポート初回無料
・セキュリティソフト12ヶ月無料
・WiFiルーターレンタル
・ホームページ(100MBまで)
・Webメール
・メール転送サービス
・DTI Club OFF(会員優待サービス)
公式HP

ドコモ光戸建てタイプはマンションにも導入できる?

ドコモ光戸建てタイプはマンションにも導入できる?

2~3階建て程度のアパートやマンションならば、集合住宅といえども戸建てタイプの導入が出来ます。

集積装置の有無や管理者の許可によって決まるので、どのタイプが導入可能かは公式サイトで調べましょう。

ちなみに、集合住宅用のタイプの方が月額料金が安いので、アパート・マンションにお住まいの方は可能であるならば集合住宅用のタイプを契約するべきです。

まとめ

ドコモ光戸建てタイプについてのまとめ

以上がドコモ光の戸建てタイプについてのまとめです。

本記事を読んで月額料金や工事内容に不満が生まれ、ドコモ光の契約を見直したいという方は、スマホとのセットにこだわらず回線速度や料金の安さ等、別の要素を優先してネット回線を選ぶ事をおすすめします。

皆さん一人ひとりに最適なネット回線の契約に、是非当サイトをご活用ください。

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。