1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫ドコモ光とOCNってどうなの?料金や評判を徹底解剖!

ドコモ光とOCNってどうなの?料金や評判を徹底解剖!

ドコモ光とOCNの料金や評判を紹介

全プロバイダの中で会員数ナンバーワンを誇るOCNですが、ドコモ光のプロバイダとしても対応しています。

OCNの高い知名度に信頼感を寄せる方が多いと思いますが、契約前に実際の料金や評判が気になるところです。

本記事ではドコモ光のプロバイダにOCNはおすすめなのかどうかを解説します。

是非参考にして下さい。

そもそもプロバイダとは?

そもそもプロバイダとは?

本記事をご覧の方の中には、

「そもそもプロバイダって何?」
「ドコモ光の契約を考えているのに、どうしてOCNが出てくるの?」

といった方もいるかもしれません。

とても簡単に説明すると、プロバイダは駅で回線は線路です。

インターネットまで繋がる回線(線路)を利用するためにはプロバイダ(駅)が必要ということです。

つまりドコモ光とOCNは、

  • 回線=ドコモ光(NTT回線)
  • プロバイダ=OCN

という関係性になります。

ドコモ光×OCNの月額料金

ドコモ光とOCNの月額料金

ドコモ光は契約するプロバイダによって料金タイプが変わります。

OCNを契約するとタイプBという種別の料金プランになります。

タイプBの月額料金を表で紹介します。

戸建て住宅 集合住宅
(アパート、マンション)
5,400円
(6,900円)
4,200円
(5,200円)

ドコモ光には月額料金以外にも初期工事費用オプション費用などがあります。

工事費やオプション費用はどのプロバイダでも金額は共通ですが、詳しく知りたいという方はこちらの記事をご覧ください。

ドコモ光×OCNの回線速度

ドコモ光とOCNの回線速度

基本的にプロバイダによって回線速度に明確な差は出ません

つまり、ドコモ光の契約にどのプロバイダを選んでも回線速度は最大1Gbpsなのですが、プロバイダの利用者の多さによって回線が混雑して速度低下することはあります。

その点では「会員数ナンバーワン」のOCNは他プロバイダよりも混雑の可能性が高いといえます。

ドコモ光の回線速度についてはこちらの記事をご覧ください。

ドコモ光のプロバイダにOCNを選ぶメリット・デメリット

ドコモ光のプロバイダにOCNを選ぶメリットとデメリット

ドコモ光のプロバイダにOCNを契約した際のメリットとデメリットを紹介します。

ドコモ光×OCNのメリット

訪問サポート初回無料

トラブルがあった際に、ユーザーの自宅まで係員が駆け付ける訪問サポート初回無料で利用できます。

ドコモ光のプロバイダの中には初回以外も無料のプロバイダもありますが、無料でないプロバイダもあるので、初回限りとはいえ訪問サポートを無料で利用出来ることはOCNのメリットと言えます。

セキュリティソフトが12か月無料

OCNに登録すると、インターネットを利用する上で欠かせないセキュリティソフト12か月無料で利用できます。

上記の訪問サポートと同じく、プロバイダによっては24か月以上無料で利用できるところもありますが、無料期間が無いプロバイダもあるためメリットとして紹介しました。

ネット家計簿

他のプロバイダには無いOCN独自のメリットが、ご家庭の家計簿の管理を自動化にできるKakeibon(旧OCNネット家計簿)です。

OCNが運営するサービスなので会員登録にはOCN IDが必要になります。

  • Web明細の取込とレシート撮影で家計簿を自動作成
  • リスト、グラフ、カレンダーで家計分析
  • 将来のマネープラン作成、必要資金を貯める
  • 金融機関レベルの情報セキュリティ

といった機能を無料で利用することが出来ます。

AI(人工知能)が節約できる費目を教えてくれる画期的なサービスもあるので、家計のコントロール計画的な貯蓄に大いに役立ちます。

ドコモ光×OCNのデメリット

リモートサポートが有料

リモートサポートは端末でトラブルがあった際にナビゲーターが遠隔で操作・解決してくれる便利なサービスです。

訪問サポートよりも使い勝手が良いサービスですが、OCNではリモートサポートが有料でしか利用できません

何個かのプロバイダではリモートサポートが無料で利用できるので、有料でしか利用できないのはOCNのデメリットです。

メールアドレスが1つしかない

プロバイダによっては10個以上利用できるメールアドレスですが、OCNでは1つしか利用できません。

一概に多ければ良いというものでもありませんが、メールアドレス数が1つというのはドコモ自社運営のプロバイダであるドコモnetと同じなので、一本化を崩す要因が一つ減っているといえます。

利用料金が高い

大きく異なるわけではありませんが、OCNをプロバイダに選ぶと戸建て・マンション共に利用料金が200円高いです。

OCNと同じく大手プロバイダであるso-netやBIGLOBEよりも料金が高額なのは、OCNのデメリットです。

ドコモ光×OCNのキャッシュバックキャンペーン

ドコモ光とOCNのキャッシュバックキャンペーン

ドコモ光×OCNのキャッシュバックキャンペーンは、代理店ネットナビが行う公式キャンペーンが一番お得です。

  • オプション加入無し15,000円キャッシュバック
  • dポイント最大30,000pt
  • WiFiレンタル無料

といった特典を受けることが出来ます。

申し込みはこちらのキャンペーンサイトからどうぞ。


ドコモ光×OCNのお得な申し込み方法

ドコモ光とOCNの申し込み方法

まずはキャンペーンサイトにアクセスします。


右上にある青い「Webでお申し込み」ボタンをクリックします。

申し込みフォームに転移するので、

  • 名前
  • 住所
  • 連絡先
  • 連絡のつきやすい時間帯(任意)
  • 現在のインターネット利用状況
  • ドコモ携帯の利用状況
  • メッセージ(任意)

以上の情報を入力して送信します。

ナビゲーターの折り返しの電話で工事日程の調整契約プロバイダ(OCN)を選択し、これでドコモ光の契約が完了します。

ドコモ光×OCNの口コミ・評判

ドコモ光とOCNの口コミ・評判

実際にドコモ光のプロバイダにOCNを選んだユーザーの口コミ・評判を紹介します。


ドコモ光×OCNの設定・機能まとめ

ドコモ光とOCNのv6アルファやipoeやipv6や初期設定方法や乗り換えや解約方法を解説

ドコモ光の各種設定や、性能について解説します。

ドコモ光×OCNの初期設定方法

プロバイダによってドコモ光の初期設定方法が変わることはありません。

なのでOCNがプロバイダだったとしても接続方法は端末によって変わるのみです。

ドコモ光の接続方法についてはこちらの記事をご覧ください。

ドコモ光×OCNへの乗り換え方法

元々どのネット回線と契約していたかによって、手続き方法は変わります。

光コラボ以外=ドコモ光を新規契約
・ドコモ光以外の光コラボ=ドコモ光への乗り換え
・ドコモ光で他のプロバイダ=プロバイダの乗り換え
・フレッツ光=転用

となります。

名称が違うだけで、手続きの手順はほぼ一緒です。

公式サイトで該当している内容を選択し、申し込みフォームを送信しましょう。

ドコモ光×OCNの解約方法、違約金まとめ

ドコモ光の解約は電話もしくはネットから行えます。

違約金はドコモ光(回線)に対しての違約金と、OCN(プロバイダ)に対しての違約金の合算になります。

ドコモ光の違約金が高くて4万円ほど、OCNの違約金が1万円ほどです。

解約のタイミングや加入プランによって変動するので、違約金や解約方法について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

ドコモ光×OCNを他プロバイダと比較

ドコモ光とOCNの組み合わせを他プロバイダと比較

OCNと他プロバイダとの比較を表で紹介します。

プロバイダ 利用料金 メールアドレス数 プロバイダ独自のキャンペーン
OCN 【戸建て】
5,400円
【マンション】
4,200円
1 ・WiFiルーターレンタル無料
・訪問サポート初回無料
・総合セキュリティソフト12ヶ月無料
・マルウェア不正通信ブロックサービス
・ネット家計簿
・Webメール
・gooブログ(3GB)
ドコモnet 【戸建て】
5,200円
【マンション】
4,000円
1 ・WiFiルーターレンタル無料
・リモートサポート無料
・訪問サポート無料
・総合セキュリティソフト12ヶ月無料
・Webメール
・メール転送サービス
・マルウェア不正通信ブロック機能
GMOとくとくBB 15 ・WiFiルーターレンタル無料
・総合セキュリティソフト12ヶ月無料
・ホームページ(350MBまで/最大15個)
・Webメール
・メール転送サービス
・くまポン優待特典付与(毎月)
so-net 4 ・WiFiルーターレンタル無料
or訪問サポート無料
・リモートサポート無料
・総合セキュリティソフト24ヶ月無料
・ソニーグループ優待・割引サービス
・ホームページ(10MBまで)
・ブログ(1GBまで)
・Webメール
・ファミリーパック
plala 7 ・WiFiルーターレンタル無料
・リモートサポート無料
・訪問サポート無料
・総合セキュリティソフト24ヶ月無料
・フリーチケット1200円分
・ひかりTVエントリープラン
・有害サイトブロック
・Webメール
・メール転送サービス
・プライベートドメインメール

まとめ

ドコモ光とOCNのまとめ

以上がドコモ光のプロバイダにOCNを選んだ場合のまとめです。

正直、数あるドコモ光のプロバイダの中からわざわざ選んで契約するほど、OCNに大きな魅力はありません

プロバイダをそのままにフレッツ光から乗り換える方や、大手プロバイダのサービスの信頼感が欲しいという方はドコモ光×OCNを契約しましょう。

契約はこちらのリンクからどうぞ。


スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。