1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫ドコモ光とは?他のネット回線との違いを分かりやすく解説!

ドコモ光とは?他のネット回線との違いを分かりやすく解説!

ドコモ光とは?他のネット回線との違いを解説

携帯というのは通信プラン本体料金デザインを比較して簡単に決めることが出来ますが、「光回線」という目に見えないものについては選ぶ基準がよく分からないという方が多いと思います。

「回線速度は◯Gbps!」と言われても、そもそもどのくらいあれば速いのか?等、ネット回線には分からないことが多いです。

「◯◯スマホを利用しているなら◯◯光がお得ですよ!」

といきなり言われても、契約するならお得な理由やネット回線についての知識をしっかり知っておきたいですよね。

本記事では3大キャリアの中でも利用者の一番多いドコモの運営する光回線「ドコモ光」について徹底解説します。

是非参考にして下さい。


ドコモ光とは?

ドコモ光とは?

携帯キャリアでお馴染みのドコモが運営する光インターネットサービスです。

従来のネット回線といえば、回線プロバイダの契約先をそれぞれ選ばなくてはならない方式で、支払い等の窓口が2つ存在していました。

ドコモ光は回線とプロバイダの窓口を一本化して契約を簡略化できる「光コラボ」と呼ばれる種類の回線です。


ですが、ドコモ光は光コラボながらプロバイダを選ぶことが出来ます

よって普通に窓口を一本化することも出来ますし、あえて分けることでプロバイダごとの独自キャンペーンを利用することも出来ます。

ドコモ光のプロバイダについて比較した記事があるので、興味のある方はそちらもご覧ください。

光コラボとは?

光回線には、

  • 光コラボ(NTT回線)
  • auひかり(KDDI回線)
  • NURO光(so-net回線)
  • 電力系回線

という種類があります。

つまり光コラボ=NTT回線(フレッツ光)となります。

従来までNTTはフレッツ光という回線を販売代理店を通して販売をしていました。

現在、NTTは利用者の拡大を図るためにプロバイダに回線を提供して各自ブランド化をしてもらっています。

その回線とプロバイダを一つのパッケージとして販売する方式を、光コラボレーションと呼びます。

光コラボは種類が多いですが、どのプロバイダも使ってる回線はNTTのフレッツ光だと把握しておきましょう。

ドコモ光は何故ドコモユーザーにお得なのか?

ドコモ光は何故ドコモユーザーにお得なのか?

ドコモ携帯とドコモ光回線をセットで利用していると、ドコモの携帯料金が毎月割引になります。

なので、ドコモユーザーだとドコモ光の料金が安くなると考える方がいますが、正確には全体で見た通信費(携帯代+ネット回線費)が安くなるということになります。

割引金額はドコモ携帯が加入しているプランに依存しているので、表で紹介します。

プラン ドコモ光セット割金額



ウルトラデータLパック 1,400円
ウルトラデータLLパック 1,600円



ウルトラシェアパック30 2,500円
ウルトラシェアパック50 2,900円
ウルトラシェアパック100 3,500円

ドコモ光の回線速度は?

ドコモ光の回線速度は?
冒頭で紹介したようにドコモ光はNTT回線を使用しています。
なので回線速度は最大で1Gbpsとなります。

戸建て住宅 集合住宅
(マンション、アパート)
下り最大1Gbps 下り最大1Gbps
or
下り最大100Mbps

マンションなどの集合住宅の場合、建物の種類によっては配線方式が変わるので、回線速度にも影響が出ます。

マンションの100Mbpsを心配になる方も多いと思いますが、一般的に必要な速度はオンラインゲームで1~5Mbps、HD画質の動画視聴で5Mbpsほどなので、回線が多少込み合ったとしても余裕はあります。

回線速度についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

ドコモ光の料金は?

ドコモ光の料金は?

ドコモ光の料金は契約するタイプによって変わります。

そしてタイプはプロバイダ建物によって変わります。

以下、表で紹介します。

定額プラン 内容 月額料金
戸建て マンション
タイプA タイプB以外のプロバイダと契約 5,200円
(6,700円)
4,000円
(5,000円)
タイプB OCN、@TCOM、TNC、
AsahiNet、WAKWAK、
ちゃんぷるネットのいずれかと契約
5,400円
(6,900円)
4,200円
(5,200円)
タイプC ケーブルテレビの設備を使ったプラン 5,200円
(6,700円)
4,000円
(5,000円)
単独タイプ プロバイダ無し、回線のみの契約プラン 5,000円
(6,500円)
3,800円
(4,800円)
ドコモ光ミニ 使った分だけ料金がかかる2段階定額のプラン 2,700
~5,700円

(4,200円
~7,200円)
×

※()内は定期契約期間が無い場合の金額

ただ、ネット回線には基本料金以外にも初期工事費用や解約の際の違約金といった費用があります。

ドコモ光にかかる料金については、こちらの記事をご覧ください。

ドコモ光の提供エリアは?

ドコモ光の提供エリアは?

ドコモ光はNTTの光コラボと言う種類の光回線ですが、光コラボは提供エリアがとても広いです。

相当な山奥などでない限り、まず間違いなく契約出来ると考えて良いでしょう。

別回線のauひかりNURO光は提供エリアが限定されているので、光コラボの提供エリアの広さはかなりのアドバンテージといえます。

現状、ドコモ携帯とのセット割に対応しているのはドコモ光だけなので、その唯一のドコモ光が提供エリアに限りが無いというのはユーザーからするとありがたい点ですね。

ドコモ光の導入にはどんな工事が必要?

ドコモ光の導入はどんな工事をする?

「壁に穴開けたり傷つけたりしないか心配…」

光回線の導入工事の際に皆さんが一番気にされるポイントだと思います。

確かに光回線を住居で利用するためには、電線から家屋に光ファイバーを引き込むという作業が必要です。

ですが大抵はエアコンダクトや電話線引き込み孔など、すでに空いている部分を利用して部屋内に引き込みます。

新規で孔を空けるのは本当にどうしようもない場合のみで、その際もしっかりと隙間埋めをします。

後は、外壁に配線を固定するために金具や両面テープを使用しますが、どれも大きく家屋を痛めつける原因にはなりません。

ただ、導入する建物が自分の所有物じゃないと、そういった工事を正当な所有者(管理会社やオーナー)に断られてしまうかもしれません。

ドコモ光の工事について、また建物ごとの開通の手順については詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ドコモ光の契約方法は?

ドコモ光の契約方法は?

ドコモ光を含め光回線の契約には、

  • 運営元に問い合わせて申し込む
  • 家電量販店やショップなどの実店舗で契約
  • 訪問販売員を通して契約
  • Webサイトから申し込む

といった方法があります。

一番お得に契約できるのは、当サイトのようなWebサイトから申し込む方法です。

他の方法では販売者側の人件費や店舗維持費によるコストにより、貰えたはずの特典が割安になります。

ドコモ光の契約についての情報は、こちらの記事をご覧ください。

おすすめ申し込み窓口紹介

ドコモ光のおすすめ申し込み窓口をランキング形式で紹介します。

訪問サポートが1回無料!
plala
5
キャンペーン15,000円キャッシュバック
料金4,000円~5,200円
サポート訪問設定サポート1回無料
WiFiルーター無料レンタルあり(IPoE対応)
セキュリティソフト24か月無料
plala

plalaはキャンペーン、サポート、セキュリティソフトなどすべての要素で他のプロバイダと比較しても最高水準です。例えばキャンペーンに関しても業界最高クラスの15,000円がキャッシュバックされますし、セキュリティソフトに関しても有料、あるいは12か月無料のプロバイダが多い中plalaは24か月無料で利用することが出来ます。さらに訪問サポートに関しても初回は無料で利用することが可能です。ドコモ光に関しては料金的にもサービス内容的にもplalaを選んでおけば間違いないでしょう。

So-net
セキュリティが24か月無料!
So-net
4
キャンペーン15,000円キャッシュバック
料金4,000円~5,200円
サポート無料訪問サポート(利用する場合はWiFi無料レンタルなし)
WiFiルーター無料レンタルあり(v6プラス対応)
セキュリティソフト24か月無料

ぷららに次いでおすすめなのがSo-netです。特にフレッツ光などでSo-netを利用していたという人はアカウント情報を引き継げる分手続きが楽なのでSo-netを選んでもいいかもしれません。キャンペーンに関してもplala同様に15,000円のキャッシュバックが付いてくるのでその点は申し分ないのですが、訪問サポートとWiFi無料レンタルはどちらか一方しか選べないので、その点は若干plalaに見劣りしてしまいます。

DTI
メールアドレスが沢山持てる!
DTI
3
キャンペーン15,000円キャッシュバック
料金4,000円~5,200円
サポートリモートサポート無料
WiFiルーター無料レンタルあり(IPoE対応)
セキュリティソフト12か月無料

ぷらら、So-netに次いで3番目にオススメなのがDTIです。DTIは無料で取得できるメールアドレスの数が他のプロバイダに比べてダントツで多く、plalaは7個、So-netは4個までですが、DTIは最大で10個まで取得することが可能です。仕事等でメールアドレスが多数必要になる人はDTIがオススメです。


まとめ

ドコモ光とは?まとめ

記事の初めにも書いた通り、いくら「お得ですよ!」と言われても光回線の契約は安い買い物では無いので、しっかり性能やメリットを把握したうえで契約すべきです。

ドコモ光は確かにドコモユーザーにはお得な光回線ですが、だからといってユーザー誰しもが満足する回線か?と考えるとそうでもありません

ドコモユーザーの中にも、開通工事を行うことが都合が悪いという方や、とにかく安定した回線速度が欲しいという方もいます。

そういった方々に最適でおすすめのネット回線を当サイトでは提案しています。

皆さんのインターネット契約に、当サイトが役立つと幸いです。

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。