1. ホーム
  2. 口コミ・評判
  3. ≫DTI光の口コミ・評判!スマホセット割が安過ぎ?デメリットに要注意!

DTI光の口コミ・評判!スマホセット割が安過ぎ?デメリットに要注意!

スポンサーリンク

メリット

利用期間・違約金

光コラボ、auひかり、NURO光、キャリアスマホ、格安SIM、ポケットWi-Fiなど国内で提供されている通信サービスのほとんどが「2~3年単位の自動更新」や「最低利用期間2年~3年」といった解約に関する制限を設けています。
光コラボに限って言うなら以下のように利用期間が定められています。

光コラボ 契約期間 違約金
So-net光 30か月(自動更新) 7,500円
BIGLOBE光 36カ月(自動更新) 20,000円
@nifty光 3年プラン:36カ月(自動更新)
2年プラン:24カ月(自動更新)
3年プラン:20,000円
2年プラン:9,500円
DMM光 24ヵ月(最低利用期間) 9,500円
DTI SIM なし なし

ほとんどの光コラボが2~3年の契約期間が設定されていて、期間内に解約をしなければ自動更新されてしまい、再び2~3年たたないと違約金が発生してしまいます。

一方、DTI SIMの場合は利用期間が設定されておらず、いつ解約をしても違約金が発生しないという驚くほど良心的な契約設定になっています。利用者にとって間違いなく大きなメリットであると言えるでしょう。

東京ガストリプル割

DTI光はスマホとのセット割だけでなく、ガス・電気の料金が割り引かれるセット割を提供しています。DTI光と東京ガスのガス・電気を同時に利用すると光回線の月額料金が最大250円割り引かれるサービスです。

auや格安SIMとのセット割も併用できるので、すべてのセット割を利用すれば最大で月額400円~1,450円という大幅な割引を受けることが出来るのです。

他の光コラボではさすがに光熱費のセット割を提供しているところはないので、間違いなくDTI光のメリットであると言えます。

デメリット

セット割の金額が安い

ネット回線とスマホをまとめて割引が受けられるセット割は今や当たり前のようにどこのプロバイダでも提供されており、例にもれずDTI光もセット割を提供しています。auのスマホであれば月最大1,200円を割引が受けられ、さらにはDTIが自社で展開している格安SIM「DTI SIM」もセット割の対象です。

ただし格安SIMのセット割は割引金額がかなり低いです。そもそも格安SIMの月額料金自体が安いので割引額もその分低くなるのは当然・・・なんですが、実は他社の格安SIMセット割と比べてもDTIは安いのです。
以下は他社の格安SIMと光コラボのセット割の金額です。

光コラボ 対象MVNO 割引金額
BIGLOBE光 BIGLOBEモバイル 毎月300円
OCN光 OCNモバイルONE 毎月200円
@nifty光 NifMo 毎月200円
DMM光 DMMモバイル 毎月500円
DTI光 DTI SIM 毎月150円

ただしDTI光は他社にはない「東京ガストリプル割」があるので、ガス料金まで込みで考えれば割引額が大きい部類に入ります。
とは言っても光回線の料金をお得にするためにガスの契約まで見直す手間が必要であるという点は他社よりハードルが高い感が否めません。

口コミ・評判

Twitterの口コミ・評判

価格コムの口コミ・評判

口コミ
【回線速度】少し遅い。
【ご利用料金】やや高め。
【サービス】良い。
【セキュリティ】PC一台につき価格込み。
【サポート】リモートサポートに加入しているので問題ナシ。
【総合】やや速度が遅いくらいで問題はありません。

口コミ
【回線速度】不満を感じない速度です。
【ご利用料金】他社との比較ができませんが、高いとは思いません。
【サービス】問題ありません。
【セキュリティ】ウイルスチェックで不審なメールは削除して貰っています。
【サポート】電話がつながりにくいのを解消してください。
【総合】特に問題ありません。

口コミ
【回線速度】マンション(40世帯)・VDSL方式・最大100Mbps(共用)・休日に測定(BNR)
10:00 時点 92.3Mbps
17:00 時点 49.3Mbps
19:00 時点 90.9Mbps
21:00 時点 69.2Mbps
我が家の実測値なので、あくまで参考まで。
【ご利用料金】安いと思いますが、他社も同じくらいの値段でやってますね。
【総合】回線業者とプロパイダの両方に利用料金を支払う仕組みに納得がいかなかったので、光コラボレーションを採用。プロパイダを探す時に、通信品質があてにならないという情報が山の様にありましたが(足の引っ張り合いなのかな)、それほど家でインターネットは使わないのでページと動画が観れる程度の帯域(3-5Mbps程度)確保できてればいいという判断で契約しました。光コラボレーションってある程度まとまった世帯で共用で回線を使って、価格を抑えてる?このあたりどのような仕組みかはわかりません。なので通信速度のブレが大きいですが、夜の時間帯に4K動画が再生できる程度が出ていたので問題なく使えてます。周りで使う人が増えればより品質が落ちると思いますが…。この点ネットゲームする人は光コラボレーションはオススメできないですね。ONUは安っちいです。ポートは1個しかないので、無線ルーターやらスイッチやら別途買ったほうがいいと思います。プロパイダで言えば、余計なサービスを削って本来のサービスに専念している様な印象です。私はこの点評価します。

引用元:価格コム

まとめ

光コラボの口コミは基本的に「速度が遅い」というネガティブな意見が圧倒的多数を占めるのですが、DTI光に関してはそこまで目立って回線速度に関するネガティブな意見は比較的少ないと感じました。

ただし、光回線に関しては遅いか速いかは実際に自宅で利用してみるまで絶対に分からないので良いとも悪いとも断言できません。いずれにせよ、速度が遅いか速いかという口コミだけでプロバイダを選ぶのはやめた方がいいでしょう。

料金に関して言えばDTI光はDTI SIMだけのセット割だといまいちパッとしない割引額ですが、ガスと電気をまとめて利用して東京ガストリプル割を併用すると他社とし比較してもかなり月額料金が抑えられます。
もしDTI光を申し込む人は東京ガストリプル割も一緒に検討することをオススメします。

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。