フレッツ光が最大10Gbps対応!「フレッツ光クロス」の月額料金・提供エリア・注意点を解説!

2020年4月1日より、NTT東日本・西日本で最大10Gbpsの超高速光回線「フレッツ光クロス」の提供が開始されます。

フレッツ光クロスの概要内容
最大通信速度上り:最大10Gbps
下り:最大10Gbps
ISP接続方式IPoE方式
※PPPoEは準備でき次第提供開始
フレッツ光クロス対応
レンタルルーター
  • 10GBASE-T対応
  • WiFi6(IEEE802.11ax)対応
  • 機器対応最大速度2.4Gbps
利用可能オプション
  • 24時間出張修理オプション
  • フレッツ・テレビ伝送サービス
  • リモートサポートサービス
  • 訪問サポートサービス
  • セットアップサービス
  • なおせ〜る/なおせ〜るPRO(NTT東日本)
  • オフィスまるごとサポート ITサポート&セキュリティ(NTT東日本)
  • フレッツ・v6オプション(NTT西日本)

これまでは一部の光回線(NURO光やauひかりなど)、且つ一部の地域でしか最大10Gbpsの超高速通信が提供されていませんでしたが、いよいよNTTが運営するフレッツ光でも10Gbpsプランが登場します。

直近ではフレッツ光クロスでも一部の地域のみの提供となりますが、日本全国に回線設備を敷設しているNTTですから、今後は日本全国の幅広いエリアで最大10Gbpsの超高速通信が使えるようになるのではと予測できます。

また、フレッツ光クロスは光コラボレーションモデルの対象サービスなので、4月1日以降はドコモ光やソフトバンク光などの光コラボでも最大10Gbpsのプランが登場する可能性が高いといえるでしょう。

そこでこの記事では、2020年4月1日から提供開始の「フレッツ光クロス」の月額料金や提供エリア、現時点でわかっている注意点についてご紹介します。

フレッツ光クロスの提供エリアと申込受付開始日
提供エリアお申し込み受付開始日提供開始日
NTT東日本東京23区
(足立区、杉並区、江戸川区、練馬区、世田谷区、葛飾区、大田区、板橋区の一部)
2020年3月16日(月)2020年4月1日(水)
NTT西日本大阪市2020年3月16日(月)2020年4月1日(水)
名古屋市2020年5月11日(月)2020年6月1日(月)
スポンサーリンク

フレッツ光クロス(下り上り最大10Gbps)を提供する背景

フレッツ光が最大10Gbpsの超高速通信に対応する理由には、以下のような背景があります。

昨今、高精細4K・8K映像といった映像コンテンツの高品質化、オンラインゲームやxR(VR,AR,MR)技術を用いた新たな体験の広がり等により、お客さまが大容量データ通信を必要とするサービスをご利用される機会が増加しております。
また、2020年度からモバイル事業者による第5世代通信(5G)が本格提供されることにより、モバイル通信の高速化が見込まれることに加え、Wi-Fi6の登場による家庭内無線LAN環境についても高速化が見込まれるため、固定通信における通信速度の高速化のご要望が増々高まる状況となっております。
このような、お客さまからの高速・大容量通信のご要望にお応えすべく、これまでの通信速度最大概ね1Gbpsサービス「フレッツ 光ネクスト」に加え、新たな高速光アクセスサービスとして、本サービスを提供いたします。
引用:「フレッツ光クロス」の提供開始について

直近の日本では新世代の通信システム「5G」が本格的に導入されることで、これまで以上の「モバイル通信における高速化」が見込まれています。

5Gの導入で、より膨大な量のデータを超高速で送受信できるようになるので、これまで以上にVR(仮想現実)やAR(拡張現実)、両者を混ぜ合わせたMR(複合現実)など、新技術を活用した新しいサービスが数多く登場してくるでしょう。

これまでに登場したVR・AR・MRの代表例
  • VR(仮想現実):PlayStation VR、HTC VIVE、VR映画など
  • AR(拡張現実):ポケモンGO、ドラクエウォーク、AR作品など
  • MR(複合現実):Microsoft HoloLensなど

それに伴い、固定通信においても通信速度の高速化を求める声が非常に多くあがっているのが現状です。

そういった要望に答えるべく登場したのが、上り下りともに最大10Gbpsの超高速通信が可能となる「フレッツ光クロス」なのです。

フレッツ光クロスの月額料金

フレッツ光クロスの月額料金は以下の通りです。

月額料金割引実際の金額
フレッツ光クロス6,300円NTT東日本:-1,200円×30回
NTT西日本:-1,100円×24回
NTT東日本:5,100円(30か月)
NTT西日本:5,200円(24か月)
フレッツ光クロス
対応レンタルルーター
500円500円

プロバイダは別途契約が必要なので、実際には上記の金額に+500〜1,000円のプロバイダ利用料が加算されます

そのため、フレッツ光クロスの実質的な利用料金はひと月あたり6,500〜8,000円となります。

なお、すでにWiFi6対応の無線LANルーターを持っている場合はフレッツ光クロス対応ルーターをレンタルする必要はありません。

ただし、フレッツ光クロスではこれまでの「ひかり電話」が使えません。

そのため、今後新たな光電話サービスが登場した場合は、光電話付き専用ルーターをレンタルする必要があるものと思われます(現時点では未発表)。

初期費用

フレッツ光クロスの初期費用は以下の通りです。

初期費用
フレッツ光クロス契約料:800円
工事費:18,000円
フレッツ光クロス
対応レンタルルーター
NTTが設置する場合
・機器設置費:1,500円
・機器設定費:1,000円
※自分で設置する場合は無料

フレッツ光クロスを導入するためには、18,800円(契約料+工事費)が必要です。

また、フレッツ光クロス対応レンタルルーターを設置・設定する場合は別途費用が発生します。

オプション料金

フレッツ光クロスで使えるオプションと、その利用料金は以下の通りです。

オプション料金
24時間出張修理オプション2,000〜3,300円/回
フレッツ・テレビ伝送サービス月額料金:750〜825円
テレビ視聴サービス登録料:2,800〜3,080円
伝送サービス工事費:7,500〜8,250円
テレビ接続工事費(1台):6,500〜7,150円
リモートサポートサービス550円/月
訪問サポートサービスサービ内容により異なる
セットアップサービスサービス内容により異なる
なおせ〜る/なおせ〜るPRO
(NTT東日本)
なおせ〜る:500円/月
なおせ〜るPRO:800円or2,500円/月
オフィスまるごとサポート ITサポート&セキュリティ
(NTT東日本)
ライト:2,000円〜/月
スタンダード:4,400円〜/月
フレッツ・v6オプション
(NTT西日本)
無料

参考:サービス一覧|NTT東日本オプションサービス|NTT西日本

オプションの利用料金は、NTT東日本とNTT西日本とで異なります。

詳しい内容は各エリアのオプション概要ページをご覧ください。

フレッツ光クロスの提供エリア

4月1日から提供が開始される「フレッツ光クロス」ですが、使えるエリアが限定されています。

今後は日本全国にサービスエリアが拡大するものと予測できますが、サービス開始当初は以下のエリアでのみ申し込みができます。

提供エリアお申し込み受付開始日提供開始日
NTT東日本東京23区
(足立区、杉並区、江戸川区、練馬区、世田谷区、葛飾区、大田区、板橋区の一部)
2020年3月16日(月)2020年4月1日(水)
NTT西日本大阪市2020年3月16日(月)2020年4月1日(水)
名古屋市2020年5月11日(月)2020年6月1日(月)

名古屋市だけは2020年5月11日から申し込みがスタートし、実際に提供が開始されるのは2020年6月1日からと東京や大阪に比べて若干の遅れがあります。

フレッツ光クロスをご検討中の方は申込み開始受付日にご注意ください

フレッツ光クロスの注意点

最大10Gbpsの超高速通信が使えるようになる「フレッツ光クロス」ですが、現時点で判明している注意点が全部で3つあります。

フレッツ光クロスの3つの注意点
  • 月額料金は割引されるが別途プロバイダ料金が必要なので他より高くなる
  • WiFi6対応の高速無線LANルーターのレンタルは月額500円の費用がかかる
  • 「ひかり電話」が使えなくなる

フレッツ光クロスに申し込む前に、これら3つの注意点を確認しておきましょう。

月額料金は割引されるが別途プロバイダ料金が必要なので他より高くなる

フレッツ光クロスの月額料金は6,300円です。

上記の金額からNTT東日本では-1,200円×30回NTT西日本では-1,100円×24回の割引が適用されます。

そのため、フレッツ光クロスだけでみれば毎月5,100円〜5,200円程度で利用できますが、この金額には「プロバイダ料金」が含まれていません。

プロバイダとは、回線を使ってインターネットに接続するために必須の機能のことで、フレッツ光クロスを使うためには別途プロバイダとの契約が必要です。

つまり、上記の金額とは別にプロバイダ利用料(500〜1,000円が相場)が発生することになり、他の光回線と比べて月額料金が高額となってしまうのです。

「NTTとは別にプロバイダ事業者との契約が必要になる」ということをご存じない方は、以下の記事も合わせてご確認ください。

WiFi6対応の高速無線LANルーターのレンタルは月額500円の費用がかかる

フレッツ光クロスでは、WiFi6対応の高速無線LANルーターをレンタルできます。

ただし、レンタルするためには毎月500円の費用が必要なので注意が必要です。

なお、現状ではレンタルが必須ではないようなので、すでにWiFi6(IEEE802.11ax)対応の無線LANルーターを持っている方はレンタルする必要はありません。

「ひかり電話」が使えなくなる

フレッツ光クロスでは、これまで使っていた「ひかり電話」が使えなくなります。

そのため、光電話サービスを使っていた方は「アナログ戻し」を行って、NTTのアナログ電話回線を利用する必要があります。

ただし、アナログ戻しができるのはNTTのアナログ電話回線で使っていた電話番号を「番号ポータビリティ」で光電話でも使えるようにした場合のみです。

光電話サービスに申し込んで新しく発番した電話番号ではアナログ戻しができず、フレッツ光クロスにすることで光電話が使えなくなってしまうのでご注意ください。

余談ですが、光電話とは光回線を使ったIP電話なので、フレッツ光クロス以外に別の光回線を契約すれば光電話を使うこと自体はできます

しかし、当然ながら複数分の光回線を契約すれば、その分の月額料金が発生することになるので現実的ではありません。

フレッツ光クロスを使う場合、基本的にはアナログ戻し、もしくは新たにNTT加入電話を契約して固定電話を使うことになるでしょう。

他の10Gbps対応光回線との比較

ここまで、フレッツ光クロスの月額料金や注意事項について解説しました。

この項目では、すでに10Gbpsなどの超高速通信が使える他の光回線との月額料金を比較して見てみましょう。

すでに10Gbpsが提供されている光回線
  • NURO光
  • auひかり
  • コミュファ光
  • eo光

月額料金・初期費用

フレッツ光クロスと、すでに10Gbpsが提供されている光回線の月額料金比較は以下の通りです。

月額料金事務手数料工事費割引
フレッツ光クロス6,300円+プロバイダ利用料
(契約期間不明)
800円18,000円NTT東日本:-1,200円×30回
NTT西日本:-1,100円×24回
NURO光10Gs5,743円
(3年契約)
3,000円60,000円
(分割:1,000円×60回)
-1,000円×60回
(開通工事費無料)
auひかり10ギガホーム5,880円
(3年契約)
3,000円37,500円
(分割:625円×60回)
-625円×60回
(開通工事費無料)
コミュファ光10GホームEX6,350円+機器利用料
(2年契約)
700円25,000円開通工事費無料
eo光10ギガコース5,937円3,000円27,000円-900円×30回
(開通工事費無料)

フレッツ光クロスの月額料金は、プロバイダ利用料の分だけ他の光回線よりも高いことが分かります。

また、他の光回線では開通工事費が無料になるキャンペーンを行っていますが、フレッツ光クロスでは現時点ではそういったキャンペーン情報がありません。

実際にサービスが開始されてから出ないと判断できませんが、現時点では「フレッツ光クロスは他の光回線よりも月額料金や初期費用が高額な光回線である」といえます。

提供エリア

フレッツ光クロスと他の10Gbps対応の光回線における提供エリアの違いは以下の通りです。

光回線提供エリア
フレッツ光クロス東京23区
(足立区、杉並区、江戸川区、練馬区、世田谷区、葛飾区、大田区、板橋区の一部)、大阪市、名古屋市の一部エリア
NURO光10Gs北海道、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、愛知県、静岡県、大阪府、兵庫県、奈良県、福岡県の一部エリア
auひかりホーム10ギガ東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の一部エリア
コミュファ光10GホームEX愛知県、岐阜県、三重県、静岡県の一部エリア
eo光10ギガコース大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県、福井県の一部エリア

フレッツ光クロスでは、4月1日から6月1日の期間においては東京都、大阪府、愛知県の一部でしか提供されません。

以降は各都道府県でも提供される可能性は高いですが、エリア拡大がいつ頃になるかは不明です。

他の光回線においては、各光回線のエリア確認ページで、自分が住んでいる地域が10ギガプランに対応しているかを確認してみてください。

フレッツ光クロスで気になる疑問点

最後に、フレッツ光クロスで気になる疑問点とその回答をまとめて終わりたいと思います。

フレッツ光が10Gbpsに対応したことで「光コラボ」でも対応する可能性はある?質問内容

10Gbps対応サービスなので可能性は高いです質問の回答

フレッツ光クロスは、NTT東日本のニュースリリースにて「光コラボレーションモデルの対象サービスである」と明言されています。

そのため、今後近いうちにドコモ光やソフトバンク光、So-net光プラスなどでも発表があるものと思われます。

フレッツ光クロスで固定電話を使うためにはどうすればいい?

アナログ戻しをするかNTT加入電話を契約しましょう

すでにお伝えした通り、フレッツ光クロスでは光電話サービスが使えません。

今後、新たな光電話サービスが登場する可能性はありますが、現時点でフレッツ光クロスで固定電話を使うには「光電話の電話番号をアナログ戻しで使う」「NTT加入電話を契約する」の2通りしかありません。

アナログ戻しは、もともとNTT加入電話で使っていた電話番号を「番号ポータビリティ」で光電話として使っていた場合に限ってできる手続きです。

光電話に申し込んで新しく発番した電話番号に対してはアナログ戻しができないのでご注意ください。

フレッツ光クロスはいますぐに申し込んだ方が良い?

しばらく様子見した方が良さそうです

完全に筆者の主観ですが、フレッツ光クロスはしばらく様子見をした方が良いと思います。

フレッツ光クロスの対応する通信速度は上り下りともに最大10Gbpsですが、これはあくまで技術上の最大値です。

また、実際の通信速度はインターネットを使うタイミングやエリア、周囲の環境によって大きく影響を受けるので、実測値は今までとそこまで大差ない可能性が十分にあります。

サービス開始当初はサービスとしての整備も完全ではないので、「通信速度は今まで通りなのに月額料金だけが高くなる」といった問題が起こりえます。

そのため、フレッツ光クロスを検討中の方は一旦様子を見てから、2020年後半を目処に検討するのが良いでしょう。

まとめ

フレッツ光クロスのまとめ

  • NTT東日本・西日本が運営するフレッツ光でも最大10Gbpsの超高速通信が可能に!
  • 月額料金は6,300円+プロバイダ利用料で一定期間は1,000円程度の割引がある
  • ただし提供エリアは東京都、大阪府、愛知県の一部のみ
  • 今後はドコモ光やソフトバンク光でも10Gbps対応の料金プランが出る可能性もある
  • フレッツ光クロスはしばらく様子見をしてから2020年後半を目処に申し込むのが良さげ

この記事では、2020年4月1日から提供が開始される「フレッツ光クロス」について解説しました。

最大10Gbps対応の超高速通信が可能になるフレッツ光クロスですが、一旦は様子を見つつ、2020年後半を目処に申し込みを検討するのが良いでしょう。

今すぐに10Gbpsの超高速通信が使いたい方は、NURO光やauひかりなどの光回線をご検討ください。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください