1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫フレッツ光の料金は高すぎる?損をしない見直しプランを紹介!

フレッツ光の料金は高すぎる?損をしない見直しプランを紹介!

光回線といえば「NTTのフレッツ光」を真っ先に頭に浮かべる人が多いのではないでしょうか。

そのくらい知名度の高いフレッツ光ですが、現在NTTは光コラボという形で光回線を販売しています。

以前のフレッツ光から光コラボへ乗り換えを検討している方は多いのではないでしょうか?

また、光回線について詳しいことが分からず、初めて契約や乗り換えをするにあたって「フレッツ光」というワードを頼りに当記事にたどり着いた方もいると思います。

ですがどういった場合でも契約する際に重要視するのは利用料金ですよね。

当記事では利用料金を抑えるための最適な回線選びについて詳しく解説します。

スポンサーリンク

フレッツ光と光コラボの違い

まず冒頭で触れた「フレッツ光」「光コラボ」についての違いを紹介します。

回線自体はどちらも同じNTTの回線で、変わったのは販売方式です。

「フレッツ光」はあくまで回線の名前です。

今まではインターネットに繋ぐために回線(道)と、それを利用するためのプロバイダ(入口)を、それぞれ契約する販売方法でした。

「光コラボ」とはNTTが各プロバイダに回線を提供して各自ブランド化して一つのパッケージとして販売することです。

つまり今まではインターネットを利用したい場合、
「回線はフレッツ光と契約して、プロバイダはso-netと契約した。」
となっていたのが光コラボだと、
「so-net光と契約した」
で終わります。

二度目になりますが、使っている回線はどちらもNTT回線(フレッツ光)とだけ覚えておきましょう。

結局どっちがおすすめなのか?

前置きが長くなりました。

結論を言うとフレッツ光でなく、光コラボの方がお得です。

特にスマホを使っている人ならば、スマホごとの割引が受けれる光コラボは通信費の節約が出来るのでおすすめです。

フレッツ光はセット割を受けることが出来ないですし、基本料金も光コラボより高いので現状契約するメリットはありません。

また、光コラボは一つのパッケージなので支払い先も一本化されて簡潔になりました。

現状光コラボを避けてフレッツ光を契約するメリットは無いので、フレッツ光を利用している方は光コラボへの移行をおすすめします。

光コラボの種類についてはこちらをご覧ください。

URLが見つかりません。

現状光回線を利用するとしたら、

  • 光コラボ(NTT)
  • auひかり(KDDI)
  • NURO光(so-net)
  • 電力系

この4種類の中から最適な光回線を選択し契約・乗り換えをすることが料金を抑えることに繋がります。

ですが説明したように光コラボは種類が多くあり、電力系回線も5社あるので結局はどれを選べば良いか分からない方が多いと思います。

以下から、最適な光回線の選び方を紹介します。

最適な回線の選び方

スマホで決める

まずは3大キャリアに適した光回線を紹介します。

auユーザーにおすすめ

auスマホとセットでお得!
auひかり so-net
5
回線auひかり
プロバイダso-net
回線速度最大1Gbps
月額料金2,700~4,900円
セット割月500円~2,000円割引
auひかり so-net

auのスマホを使用している人は間違いなくauひかりがお得です。プロバイダはいくつもありますが、キャンペーン内容や大手の安心感などを考慮してso-netをチョイスしました。
ちなみにauひかりのスマートバリュー(スマホ+固定回線+固定電話のセット割)はドコモ光やソフトバンク光に比べて1人あたりの割引額が大きく、1人で最大2,000円の割引、家族が4人いれば最大8,000円の割引が受けられます。
提供している回線速度も最大10GbpsとNTTの回線に大きく差をつけているので、快適にインターネットを利用したいという方にもおすすめです。
キャッシュバック・キャンペーンも光コラボに比べてお得な内容が多いので、提供エリア内ならば是非利用を検討しましょう。

auひかりの提供エリア外ならば
auひかり提供エリア外ならココ!
so-net光
4.5
回線so-net光(フレッツ光)
プロバイダso-net
回線速度最大1Gbps
月額料金2,600~5,200円
セット割月500円~2,000円割引
so-net光

auひかりの提供エリア外ならば光コラボであるso-net光がおすすめです。
スマートバリューによる割引と、キャンペーンによる割引を併用して利用料金を安くすることが出来ます。
また、so-netはauひかりのプロバイダや、NURO光としてもサービスを提供しているので情報を一度登録すると、3つの回線間で乗り換えを行いやすいというメリットがあります。
料金を安く済ませたい、今後乗り換えの可能性があるという方はso-net光の利用を検討しましょう。

BIGLOBE光
お得なキャンペーンが多い!
BIGLOBE光
4
回線BIGLOBE光(フレッツ光)
プロバイダBIGLOBE
回線速度最大1Gbps
月額料金3,980円~4,980円
セット割月300円~2,000円割引

BIGLOBEは取り扱い代理店が多く、各代理店が競争して3万円を超える高額キャッシュバックや、利用料金の大幅割引などの魅力的なキャンペーンを行っています。代理店によってはキャッシュバックに併せてタブレットやルーターをプレゼントしているところもあるので、現金以外の特典も充実しています。また、auスマホとのセット割の「auスマートバリュー」も利用出来るので、料金を安くしたい方や、auスマホを使用していて「auひかり」のサービス提供エリアの方にもおすすめです。
料金を安くしたいならばso-net光、高額キャッシュバックを利用したいならばBIGLOBE光を検討しましょう。

上で紹介した以外に、auユーザーには電力系回線もおすすめです。
auひかりは「電力系」の光回線を傘下におさめることで提供エリアをカバーしており、各社ともスマートバリューが利用できます。
auひかりの提供エリア外ならば上記の光コラボに加え、電力系回線も候補に加えましょう。
以下、電力系回線の一覧表です。

エリア おすすめ回線 料金 申し込みページ
auと契約している
+
愛知/岐阜/三重/静岡に住んでいる
コミュファ光 戸建て:3,930円~5,550円/月
マンション:4,110円~5,550円/月
詳細へ
auと契約している
+
滋賀/京都/大阪/兵庫/奈良/和歌山/福井に住んでいる
eo光 戸建て:4,285円~5,048円/月
マンション:3,124円~3,791円/月
詳細へ
auと契約している
+
山口/島根/広島/鳥取/岡山に住んでいる
メガエッグ 戸建て:3,410円~6,210円
マンション:2,200円~4,281円
詳細へ
auと契約している
+
徳島/香川/愛媛/高知に住んでいる
Pikara 戸建て:4,200円~5,200円
マンション:3,280円~4,000円
詳細へ
auと契約している
+
福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島に住んでいる
BBIQ 戸建て:4,700円~5,800円
マンション:4,100円~5,800円
詳細へ

 

ソフトバンクユーザーにおすすめ

スマホと光をソフトバンクでまとめてお得!
ソフトバンク光
5
回線ソフトバンク光(フレッツ光)
プロバイダソフトバンク光
回線速度最大1Gbps
月額料金3,800~5,200円
セット割月500~1,000円割引
ソフトバンク光

ソフトバンクのスマホを利用しているなら戸建て・集合住宅問わず「ソフトバンク光」が一番お得になります。
一人でソフトバンクのスマホを利用しているならスマホ料金から500円~1,000円、家族4人でソフトバンクのスマホを利用しているならスマホ料金から2,000円~4,000円の割引が受けられます。
料金の安さを最も重視するなら間違いなくソフトバンク光がオススメです。


NURO光
速度重視の人におすすめ!
NURO光
4.5
回線NURO光
プロバイダNURO光
回線速度最大2Gbps
月額料金4,743~7,124円
セット割1,000円

光回線の第三勢力であるNURO光はソフトバンクのスマホを利用している人で、なおかつ速度を重視する人にオススメです。
NURO光はソフトバンクのスマホを利用しているとスマホの月額料金が1,000円安くなり、さらに国内通話が24時間無料になったりとかなりお得に利用することが出来ます。
さらに標準の回線速度は現状、国内最高速度である2Gbpsを誇るのでかなり快適にインターネットが利用できるようになります。
さらに高速の10Gbpsのサービスも提供していますが、フレッツ光を利用しているソフトバンク光に比べるとまだまだ提供エリアが狭いので、提供エリア内だったらラッキーといった感じです。


 

ドコモユーザーにおすすめ

スマホと光をドコモでまとめてお得!
ドコモ光
5
回線ドコモ光(フレッツ光)
プロバイダドコモ光
回線速度最大1Gbps
月額料金4,000円~5,400円
セット割月500~1,600円割引
ドコモ光

ドコモのスマホを利用しているならフレッツ光とドコモとの光コラボである「ドコモ光」ほぼ一択です。
一人で利用するのか、家族で利用するのか、申し込むプランによって変わってきますが、ドコモのスマホを利用している人なら月額料金から月500円~1,600円の割引が受けられます。
そして、ドコモの利用者はこれ以上の割引を受けられる回線・プロバイダは現状他になく、他社と比較する必要すらありません
ドコモのスマホを利用していて少しでも料金を安くしたいと考える人はドコモ光を申し込みましょう。


 

料金で決める

ここまで3大キャリアとのセット割がある光回線を紹介しましたが、通信費の安さを優先して決めたい方には、スマホごと格安SIMに変更することをおすすめします。

以下、格安SIMとのセット割を利用できるおすすめの回線を紹介します。

DMMモバイルとセットで!
DMM光
5
回線DMM光(フレッツ光)
プロバイダDMM光
回線速度最大1Gbps
月額料金3,720円~5,420円
セット割月500円割引
DMM光

格安SIMでDMMモバイルを利用していれば、月500円のセット割の対象なので、是非DMM光を検討しましょう。
DMMがほかの光コラボと一線を画す「ダイレクトコネクト」というサービスがあります。
契約していると直接DMMサーバーと接続してくれるため、DMMの動画や書籍といったサービスを利用するとき曜日や時間に関係なくダウンロード時間を7割も削減することが可能な画期的なサービスです。
また、新規加入で初期工事費18,000円無料5,000円キャッシュバック23,000円分お得と料金プランも充実しており、
DMMユーザーは「DMM光」一択と言っていいでしょう。

OCN光
一家5人で最大1,000円割引!
OCN光
4.5
回線OCN光(フレッツ光)
プロバイダOCN光
回線速度最大1Gbps
月額料金3,600円~6,200円
セット割月200円割引

格安SIMのMVNOである「OCNモバイルONE」をセットで利用しているとスマホの月額料金が毎月200円割り引かれます。最大5回線までの割引で、1回線につき200円割引が適用されるので、家族5人でOCNモバイルONEを利用していれば一家で毎月1,000円の割引が受けられるので、家族で揃えた場合格安SIMの元々の利用料金の安さも相まって通信費の大幅削減になります。会員数800万人以上を抱える国内最大のプロバイダなので、下手な新興プロバイダよりも企業としての信頼性もあります。

格安SIMセット割回線一覧表

MVNO おすすめプロバイダ 月額料金 セット割 公式HP
DMMモバイル DMM光 3,720円~5,420円 500円/月 公式HP
OCNモバイルONE OCN光 5,100円~6,200円 200円/月 公式HP
NifMo @nifty光 4,500円~5,200円 200円/月 公式HP
BIGLOBE SIM BIGLOBE光 4,980円 300円/月 公式HP
DTI SIM DTI光 4,800円 150円 公式HP
U-mobile U-NEXT光 4,980円 100円~300円 公式HP
IIJmio IIJmioひかり 4,960円 600円 公式HP

まとめ

以上がタイプ別のおすすめ光回線です。

ですがインターネットの利用料金を抑えることを考えるならば、人によっては光回線の契約自体が適していないかもしれません。

スマホで回線を決めたくないといった方や、インターネットを少ししか利用しないといった方はポケットWi-Fiの契約を検討しましょう。

ポケットWi-Fiについては以下の記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。