1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫光コラボ同士の乗り換え「事業者変更(再転用)」の注意点や費用、デメリットを徹底解説!

光コラボ同士の乗り換え「事業者変更(再転用)」の注意点や費用、デメリットを徹底解説!

現在のインターネット回線の主流ともいえる「光コラボレーション回線」。

ドコモ光やソフトバンク光など、スマホとのセット割がある光コラボを使えば毎月の通信費を安く抑えつつ、最大1Gbpsの通信速度で快適にインターネットを使うことができます。

ですが、光コラボには「契約すると簡単には他社へ乗り換えられない」という大きなデメリットがありました。

厳密には一度解約をしてから新規契約で申し込みをすれば乗り換えることはできるのですが、その際に違約金や撤去工事費、新規工事費用などの高額な初期費用が必要となります。

そのため、自分に合っている光回線を見つけたとしても「初期費用」というハードルのために乗り換えを断念せざるを得ない人が多かったのです。

そんな問題を解決するために発表されたのが、2019年7月1日から受付可能となる「事業者変更(再転用)」です。

簡単に言えば、撤去工事費や新規工事費用といった大きな出費をすることなく、気軽に光コラボ回線を乗り換えられるようになるんです!

そこでこの記事では、新たに受付開始となる「事業者変更(再転用)」の注意点や費用、メリット・デメリットについて徹底解説をしていきます。

この記事で分かること
  • 事業者変更(再転用)の注意点や費用、手続きの流れについて
  • 事業者変更をするメリット、デメリット
  • 事業者変更でオススメの光回線

いま使っている光コラボの月額料金や通信速度に不満がある人携帯キャリアとのセット割を使っていない人であれば、毎月の通信費を安くしたうえで通信速度を改善できるかもしれません。

事業者変更でオススメの光回線についての情報もまとめているので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

事業者変更(再転用)とは

2019年7月1日から受付開始の「事業者変更(再転用)」とは、光コラボ間の乗り換えが事務手数料だけで受付可能となる手続きのことです。

事業者変更をするためには、いま使っている光コラボ事業者から「事業者変更承諾番号」を取得する必要があります。

事務手数料に関しては、2019年6月時点ではNTTドコモが発表している「3,000円」が相場と予想されます。

STEP2:事業者変更のお申込み
お手続きにあたりご用意いただくもの
1.事業者変更承諾番号
2.ご契約中の事業者での契約名義
3.ご契約ID(CAFまたはCOPから始まるID)
4.契約事務手数料3,000円
参照:他社光サービスからのきりかえ(事業者変更)

他の光コラボ回線では7月1日以降に発表されるとのことなので、情報が公開され次第追記していきます。

転用・乗り換え・事業者変更の意味と違い

光コラボの手続きには、「転用」や「乗り換え」、そして今回新たに登場した「事業者変更」など、様々な名称の手続きがあります。

いずれも”他社の光回線に変更すること”を意味する言葉ですが、微妙に意味合いが異なる言葉なので、ここでその意味について理解しておきましょう。

手続き名称イメージ意味
転用フレッツ光→光コラボフレッツ光を使っている人が光コラボレーション回線へ変更すること
・フレッツ光の回線設備をそのまま使うため初期費用が非常に安い
フレッツ光の違約金が発生しない
乗り換えネット回線→ネット回線・光回線に限らずADSLやCATVなど、インターネット回線全般を変更する際の手続きのこと
・世間一般でいう「ネット回線の乗り換え」はこの意味
事業者変更光コラボ→フレッツ光、光コラボ・今回新たに手続き可能となる「光コラボ間の転用」のこと
・同じ回線つ日をそのまま使うため初期費用が安い
・通常の転用と異なり、違約金が発生する可能性がある
・ただし、auひかりやNURO光は独自回線を使っていて光コラボではないため、事業者変更は不可

簡単に解説すると、転用・乗り換え・事業者変更には上記のような違いがあります。

転用は「フレッツ光(NTT回線)」から「光コラボ」に変更する手続きのことだけを指し、それ以外のネット回線の変更はすべて「乗り換え」という意味となります。

ここで新たに「事業者変更(再転用)」が加わり、NTT回線を利用している光コラボレーション回線同士なら初期費用を安く抑えて気軽に乗り換えられるようになりました。

ただし、普通の「転用」とは異なり、いままで利用していたインターネット回線の違約金が発生する可能性がある点には注意しましょう。

乗り換えにおける「今までの流れ」と「今後の流れ」を比較

今回新たに受付可能となる「事業者変更(再転用)」によって、いま光コラボを使っている人が光コラボに乗り換えるのが容易になりました。

ここで、光コラボから光コラボへ乗り換える場合における「今までの流れ」と「今後の流れ」について確認していきましょう。

今までの手続きの流れ今後の手続きの流れ
手続き
  1. 新しい光コラボ回線に新規申し込み
  2. 元の光コラボ回線を解約
  1. 元の光コラボから「事業者変更承諾番号」を取得する
  2. 新しい光コラボ回線に「事業者変更」で申し込む
費用
  • 元のネット回線:違約金+撤去工事費
  • 新しいネット回線:初期工事費用+事務手数料
  • 合計費用:およそ7~8万円
  • 元のネット回線:違約金
  • 新しいネット回線:事務手数料
  • 合計費用:およそ3,000~15,000円
注意点
  • 光電話で利用している電話番号が廃止となる
  • NTT加入電話の番号を番号ポータビリティしている場合で継続利用したいなら「アナログ戻し」の手続きが必要
  • インターネットの不通期間をゼロにするためには一時的に2つのネット回線を同時契約しておく必要がある
  • プロバイダドメインのメールアドレスが使えなくなる
  • 事業者変更承諾番号の取得が必須
  • プロバイダドメインのメールアドレスが使えなくなる
  • auひかりやNURO光は光コラボではないため事業者変更で手続きはできない

※光回線の更新月であれば違約金は発生しません

事業者変更が可能となる前は、いままで使っていたインターネット回線を解約してから改めて新規申し込みをする必要がありました。

何故かというと、光コラボで使った回線設備は「その光コラボ専用の設備」となってしまい、他の光コラボで利用することができなかったからです。

そのため、いままで使っていたインターネット回線の違約金+撤去工事費、新たに申し込んだインターネット回線の新規工事費+事務手数料およそ7~8万円程度の初期費用が必要でした。

一方、「事業者変更」であれば、事務手数料のみ(ドコモでは3,000円)で光コラボへ乗り換えることができます

手続き自体も、いま使っている光コラボ事業者から「事業者変更承諾番号」を取得して、新たに申し込む光コラボで事業者変更の申し込みをするだけです。

事業者変更が可能となったことで手続きが簡略化された上、初期費用も安くなり、ユーザーは気軽に乗り換えられるようになりました。

事業者変更の費用

事業者変更の費用は、2019年6月時点ではドコモが事務手数料3,000円と発表していることしかわかっていません。

その他の光コラボ回線事業者では、7月1日に情報が公開されるとのことです。

ただし、いずれにおいても元の光コラボ回線の違約金は発生するものと考えられるので、3,000円+違約金9,500~20,000円程度の費用が掛かると覚えておきましょう。

違約金がかかったとしても、これまでの乗り換えと比べると遥かに費用が安くなっているので、乗り換えるメリットは十分にあると考えられます。

事業者変更のメリット

ここまで事業者変更について解説してきました。

簡単に言うと、光コラボ間なら事務手数料だけで乗り換えがOKということですね。

乗り換えの初期費用が安い点以外にも、事業者変更をするメリットがあるので確認していきましょう。

事業者変更(再転用)のメリット
  • 月額料金が安くなる可能性がある
  • 光コラボの乗り換えで解約→新規契約の手続きが不要になった
  • 光電話サービスで取得した電話番号が再転用後も利用できる

月額料金が安くなる可能性がある

現在ではドコモ光やソフトバンク光、So-net光プラスなど、様々な名称の光コラボレーションが登場してきています。

いずれにおいても月額料金はそれぞれで異なるので、事業者変更をすることで月額料金が安くなる可能性があります。

光コラボの月額料金に関しては以下の一覧表をご参照ください。

月額料金
(戸建)
月額料金
(マンション)
スマホセット割総合評価
エキサイト光4,360円/月3,360円/月星2個
DTI光4,800円/月3,600円/月DTI SIM:毎月150円割引星2個
So-net光3,700円~5,200円/月2,600円~4,600円/月au:月最大2,000円割引/1回線星3個
eo光4,285円~5,048円/月3,124円~3,791円/月au:月最大2,000円割引/1回線星3個
Marubeni光3,500円~5,900円/月2,700円~3,950円/月星1個
コミュファ光3,930円~5,550円/月4,110円~5,550円/月au:月最大2,000円割引/1回線星3個
DMM光4,820円/月3,780円/月DMMモバイル:毎月500円割引星4個
@nifty光4,500円~5,200円/月3,400円~3,980円/月NifMo:毎月最大200円割引星3個
BIGLOBE光4,980円/月3,980円/月au:毎月最大2,000円割引
BIGLOBEモバイル:毎月300円割引
星3個
ドコモ光5,000円~5,400円/月3,800円~4,200円/月ドコモ:毎月最大3,500円割引星2個
Drive光4,980円~5,580円/月3,980円~4,580円/月星2個
U-NEXT光5,280円/月4,210円/月星1個
OCN光5,100円~6,200円/月3,600円~4,700円/月OCNモバイルONE:毎月200円割引星3個
ソフトバンク光5,200円~6,300円/月3,800円~4,900円/月ソフトバンク:毎月最大1,000円割引/1回線星3個
NURO光4,743円~7,124円/月1,900円~2,500円/月ソフトバンク:毎月最大1,000円割引/1回線星5個
auひかり3,950円~6,800円/月2,550円~5,000円/月au:月最大2,000円割引/1回線星4個

ご覧の通り、光コラボによって月額料金が大きく異なります

スマホとのセット割が使える光回線もあるので、スマホのキャリアにあわせて事業者変更をすることで、さらに通信費を節約することができます。

光コラボの乗り換えで解約→新規契約の手続きが不要になった

今までは光コラボを使っている人が他の光コラボに変更したい場合、一度解約をしてから新規申し込みをする必要がありました。

そのため、利用中の光コラボ回線の違約金や撤去工事費、新しく申し込む光コラボの新規工事費と事務手数料と、乗り換える際の費用が高額になりがちでした。

ところが、事業者変更は事務手数料(場合によって違約金)だけで光コラボ間の乗り換えができるようになります

費用が安くなるうえ手続きも簡略化されるので、いまの光コラボに不満があったりスマホとのセット割を使ったりなど、他の光コラボへの乗り換えが気軽にできるようになりました。

光電話サービスで取得した電話番号が再転用後も利用できる

自宅の固定電話として「光電話サービス」を利用している人も多いでしょう。

ですが、光回線を変更する場合、これまでは電話番号の継続利用をすることができませんでした

NTT加入電話の番号を番号ポータビリティで使っている人なら「アナログ戻し」をすることで、別の光回線に乗り換えても同じ番号を継続利用できますが、手続きが増えて非常に面倒です。

ところが、事業者変更なら難しい設定をすることなく、光電話の電話番号をそのまま引き継いで利用できるようになります。

電話番号が変わってしまうのを嫌って光コラボの乗り換えを断念してきた人にとっては、非常に嬉しい仕様だと言えるでしょう。

事業者変更のデメリット

事業者変更のメリットに続いて、デメリットについても確認していきましょう。

現時点で判明しているデメリットは以下の2点です。

事業者変更(再転用)のデメリット
  • 今まで使っていた光回線の違約金が発生する可能性がある
  • NTTのオプションを利用している場合は自分で連絡をしなければならない
  • プロバイダドメインのメールアドレスは継続できない

今まで使っていた光回線の違約金が発生する可能性がある


画像引用:コラボ光の事業者変更とは|NTT西日本

事業者変更をする際、いままで使っていた光コラボは「解約扱い」となります。

そのため、契約期間によっては契約解除料が発生する可能性があるので注意しましょう。

一般的に光回線は2年契約であるケースが多いので、更新月を確認してから事業者変更にお申し込みください

NTTのオプションを利用している場合は情報開示の同意連絡をする必要がある


画像引用:他社光サービスからのきりかえ(事業者変更)|NTTドコモ

NTT東日本/西日本が提供する独自のオプションサービスを利用している人は、自分自身でNTTへと事業者変更をする旨を連絡する必要があります

その際、情報開示に同意しなければならないケースがあるようなので、どういった情報が開示されるのかをオペレーターにしっかりと確認をするようにしてください。

連絡先は以下の通りです。

  • NTT東日本開示承諾受付センター:0120-112335(9時~17時)

プロバイダドメインのメールアドレスは継続できない

事業者変更をする際、プロバイダドメインのメールアドレスを継続することはできません

そのため、新たに申し込む光コラボで取得可能なメールアドレスを使うか、Yahoo!やGoogleのフリーメールアドレスを利用するようにしましょう。

事業者変更の手続きの流れ

事業者変更のメリット・デメリットについて確認したら、続いて実際に事業者変更をする際の手続きの流れを見ていきましょう。

いままでは「新しいネット回線の新規申し込み→いま使っているネット回線の解約」という手続きを行う必要がありました。

しかし、今後は光コラボ同士の乗り換えであれば以下の手順で変更することが可能です。

事業者変更承諾番号を取得する

まずは、いま契約している光コラボ事業者に連絡を取り、「事業者変更承諾番号」を取得しましょう。

事業者変更承諾番号は電話で連絡をすれば簡単に取得することができます。

なお、事業者変更承諾番号は15日間の有効期限が定められているので、取得したらすぐに新たな光コラボ回線へ申し込みをしましょう。

事業者変更承諾番号を使って新たな光コラボに申し込む

無事に事業者変更承諾番号を取得することができたら、あとは新たな光コラボ回線へ事業者変更の申し込みをするだけです。

回線工事が不要なので、手続き自体はすぐに終わります。

たったのこれだけで、光コラボの事業者変更を行うことができます。

非常に簡単な手続きだけで済むので、いままで光回線の乗り換えは手続きが多くて面倒臭かった、という人はぜひこの機会にお申し込みください。

事業者変更の注意点

非常に簡単な手続きだけで、自分好みの光コラボに乗り換えられる「事業者変更(再転用)」。

ですが、事業者変更をするにあたって、覚えておかなければならない注意点があります。

事業者変更(再転用)の注意点
  • 事務手数料3,000円が必要
  • auひかり・NURO光は光コラボではないため事業者変更ができない

これらの注意点についてしっかりと確認をしていきましょう。

事務手数料3,000円が必要

事業者変更をするためには、契約事務手数料として3,000円が必要となります。

2019年6月時点では、ドコモが事務手数料3,000円と発表をしているのみで、他の光コラボでは情報を開示していません。

受付可能となる7月1日から随時発表されていくので、判明し次第、情報を追記していきます。

auひかり・NURO光は光コラボではないため事業者変更ができない

事業者変更をするにあたって特に覚えておきたいのが「auひかり・NURO光には事業者変更をすることができない」という点です。

どちらのインターネット回線にも「光」とついているので、光コラボの一種であるように見受けられますが、これらの光回線はフレッツ光の回線を使っている光コラボ回線ではありません

それぞれが独自に開発、運営をしている回線を利用しているので、auひかりとNURO光に事業者変更をすることはできないのです。

これらの光回線に変更したい場合、いま契約中の光コラボ回線を解約して、それからauひかりやNURO光を新規契約する必要があるので覚えておきましょう。

事業者変更はスマホとのセット割がある光コラボがオススメ

非常に簡単な手続きだけで好きな光コラボに乗り換えることができる「事業者変更」。

いま使っている光コラボの通信速度や月額料金に不満がある人は、速度が改善したり料金が安くなったりする可能性があるので、ぜひご活用いただきたいところです。

ですが、いまでは光コラボの数は非常に多く、どの光コラボが自分に合っているのか分からないという人もいるでしょう。

そこで、この項目では光回線選びのプロである筆者が、事業者変更をする際にオススメの光回線をご紹介していきます。

ドコモユーザーなら:ドコモ光

ドコモユーザーならドコモ光×GMOとくとくBBがイチオシ!
ドコモ光×GMOとくとくBB
5
キャンペーン15,000円キャッシュバック+GMOポイント5,000円
月額料金戸建て5,200円/マンション4,000円
ドコモ光×GMOとくとくBB

ドコモのスマホを使っている人にイチオシの光回線は「ドコモ光×GMOとくとくBB」です。
GMOとくとくBBはドコモ光で選べるプロバイダの中で最高金額の15,000円がキャッシュバックとしてもらえるので、とにかくお得に申し込みたい人にオススメです。
さらにGMOとくとくBB独自のキャンペーンとして、dカードGOLDを一緒に申し込むとGMOポイント5,000円分を受け取ることができます。
dカードGOLDはドコモのスマホとドコモ光の料金1,000円につき100P、つまり10%という破格の還元率を誇るので、ドコモユーザーなら是非とも持っておきたいカードです。
通信速度に関しても「IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6」に対応しているので快適にインターネットを利用することができるでしょう。

auユーザーなら:So-net光プラス

auユーザーで光コラボならSo-net光プラスがオススメ!
So-net光プラス×ネットモバイル
5
キャンペーン最大50,000円キャッシュバック
月額料金戸建て3,980円/マンション2,980円
So-net光プラス×ネットモバイル

auのスマホを使っている人にオススメの光コラボは「So-net光プラス×ネットモバイル」です。
So-net光プラスは、auスマホの月額料金が安くなる「auスマートバリュー」が適用可能で、毎月最大で2,000円もスマホ代を安く抑えることができます。
さらに、ネットモバイルでは最大50,000円の超高額キャッシュバックが受け取れるので、もともとの利用料金の安さも相まって、通信費を節約して使いたいという人にオススメです。
通信速度に関しても「v6プラス」に対応しており、v6プラス対応の専用WiFiルーターを無料でレンタルできるので、実際に使う分にはストレスがない快適な速度でインターネットを使えるでしょう。

ソフトバンクユーザーなら:ソフトバンク光

SBユーザーならソフトバンク光×NEXTがオススメ!
ソフトバンク光×NEXT
5
キャンペーン最大35,000円キャッシュバック
月額料金戸建て5,200円/マンション3,800円
ソフトバンク光×NEXT

ソフトバンクやY!mobileのスマホを使っている人にオススメな光回線は「ソフトバンク光×NEXT」です。
セット割の「おうち割 光セット」で毎月最大で1,000円の割引が受けられ、家族でまとめて使えば1,000円×10回線分までスマホ代が安くなるのでオススメです。
また、NEXTは数あるソフトバンク光の代理店の中でも優良認定されている代理店で、最大35,000円の高額キャッシュバックを受け取ることができます。
選べるプロバイダは「Yahoo! BB」一択ですが、IPv6高速ハイブリッドIPv6 IPoE+IPv4に対応しているので実際の通信速度も快適に使えるでしょう。ソフトバンクユーザーなら検討する価値アリの光回線です。

格安SIMとのセット割がある光回線一覧

毎月のスマホ代を大幅に節約することができる「格安SIM」。

現在では格安SIMと光コラボのセット割が手狂されている光回線も多くなってきています。

いま使っている携帯キャリアが格安SIMであれば、セット割が使える光コラボへ事業者変更をすることで、毎月の通信費を大幅に節約することができます

以下、2019年7月時点で確認できている格安SIMとのセット割がある光回線一覧です。

光コラボ月額料金セット割
ビッグローブ光戸建て:4,980円
マンション:3,980円
BIGLOBEモバイル
DMM光戸建て:4,820円
マンション:3,780円
DMMモバイル
ソフトバンク光戸建て:5,200円
マンション:3,800円
Y!mobile
DTI光戸建て:4,800円
マンション:3,600円
DTI SIM
IIJ光戸建て:4,960円
マンション:3,960円
IIJmio
J:COM戸建て:4,750~6,648円
マンション:3,600~5,505円
J:COMモバイル
コミュファ光戸建て:3,930~5,550円
マンション:4,110~5,550円
LIBMO
TNCヒカリ戸建て:5,100円
マンション:3,800円
LIBMO
@nifty光戸建て:4,500~5,200円
マンション:3,400~3,980円
NifMo
OCN光戸建て:5,100~6,200円
マンション:3,600~4,700円
OCNモバイルONE
U-NEXT光戸建て:5,280円
マンション:4,210円
U-mobile
WiMAX
※ポケットWiFi
3,696円~4,880円UQモバイル

通信速度に不満があるなら他の光回線への乗り換えを検討しよう

ここまで、事業者変更が可能なオススメの光コラボ回線についてご紹介してきました。

事業者変更が可能となったことで、あなたが気になっていた光コラボへ気軽に乗り換えられるようになったのは非常に嬉しいポイントだと言えます。

ですが、光コラボ回線はフレッツ光の回線を使用している性質上、最大速度は1Gbpsまでしか出ず、利用者が多いことも影響して通信速度に不満がある人も多いでしょう。

そんな時は、事業者変更ではなく通信速度に定評がある以下の光回線への乗り換えをオススメします。

NURO光

NURO光(公式)
5
キャンペーンもれなく35,000円キャッシュバック
月額料金戸建て4,743円/マンション1,900~2,500円
NURO光(公式)

「とにかく通信速度が速い光回線を使いたい!」
そんな人にオススメの光回線が、世界最速を誇る2Gbpsに対応している「NURO光」です。
NURO光は国際標準規格「G-PON」と専用ホームゲートウェイを採用し、フレッツ光が敷設したものの使用していないダークファイバー回線を利用しています。
そのため、他の光回線よりも通信速度が速いにもかかわらず、月額料金を安価に抑えてユーザーへ提供しています。
さらにソフトバンクのスマホを使っていればセット割の「おうち割 光セット」が使えるので、毎月の通信費を安く抑えたいソフトバンクユーザーに向いています。
NURO光の代理店は数多く存在しますが、その中でも断トツで条件が良いと言えるのが「NURO光公式サイト」です。
オプションに申し込む必要が一切なく、誰でももれなく35,000円のキャッシュバックが受け取れてお得だからです。
通信速度に不満があるという人は、光コラボからNURO光へのお乗り換えをご検討ください。

auひかり

一部地域なら10Gbpsに対応している光回線!
auひかり×フルコミット
5
キャンペーン最大52,000円キャッシュバック
月額料金戸建て5,100円/マンション3,800円
auひかり×フルコミット

通信速度に不満を持っているauユーザーにオススメなのが「auひかり×フルコミット」です。
auひかりは、auスマホが最大2,000円も安くなるセット割「auスマートバリュー」が使える光回線です。
通信速度は標準プランで1Gbps、一部の地域なら10Gbpsや5Gbpsといった超高速インターネットを使うことができます。
auひかりの代理店は非常に数多く存在しますが、その中でもフルコミットで申し込むと優良オプションに加入することなく最大で52,000円のキャッシュバックがもらえます。
通信速度と月額料金の両方を加味するとNURO光の方がお得ですが、提供エリアやセット割の対象が異なる点で差別化ができています。
auユーザーで自宅のネット回線に不満がある人は「auひかり」をご検討ください。

まとめ

事業者変更(再転用)まとめ

  • 事業者変更(再転用)とは、光コラボ間の乗り換えが事務手数料3,000円でできる手続きのこと
  • 事業者変更(再転用)をするためには、いま使っている光コラボから「事業者変更承諾番号」を取得する
  • 事業者変更をする際に利用中の光コラボは「解約」となるため、更新月でなければ違約金が発生する
  • 撤去工事費+新規工事費が発生しない分、事業者変更(再転用)をした方が費用を節約して乗り換えることができる
  • 一部の光回線(auひかり、NURO光)は光コラボではないため事業者変更ができない

以上、事業者変更(再転用)の注意点や費用、メリット・デメリットについて解説してきました。

いままではフレッツ光から転用をしたり光コラボを新規契約した場合は、他の光コラボ回線に転用することができず、違約金や新規工事費といった高額な初期費用が必要でした。

ですが、7月1日からは「事業者変更(再転用)」をすることで気軽に光コラボ間での乗り換えができるようになりました

初期費用を安く抑えつつ、通信速度や月額料金を改善することができる申し込み手続きなので、いま使っている光コラボに不満を感じている人はぜひご検討ください。

スポンサーリンク

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。