光回線の乗り換えに要注意!後悔しない乗り換えの心得5箇条を解説します

光回線をお使いの方で、他社への乗り換えを検討されている方。

こう思われたのではないでしょうか?

「種類がありすぎてどれを選べばいいか分からない」

と。

その気持ち、良く分かります。

現状の光回線業界には「〇〇光」という名の光回線が無数に存在し、どれを契約すればいいのかが非常に分かりにくいです。

しかしご安心ください。

どれだけ沢山の光回線があろうとも、皆さんが使うべき光回線の選択肢は限られています。

本記事では、光回線を乗り換える際に心得ておくべき5箇条をお伝えしますが、読み終わる際には1社か2社には絞られているはずです。

是非最後までご覧いただけると幸いです。

スポンサーリンク

その1.乗り換える目的を明確にする

皆さんは何らかの理由があって光回線を乗り換えるはずです。

光回線を乗り換える場合には、乗り換える理由を明確にして、その不満点を解消してくれる光回線を選ぶことが乗り換えにおいては重要です。

まぁ「理由」と言っても、皆さんが光回線を乗り換える理由は大抵

  • 速度が遅いから
  • 料金が高いから

このどちらかでしょう。

「めっちゃオシャレな光ファイバーケーブルがある」

とかそういうことはありませんからね。

光回線によって差が出るのは「速度」と「料金」の2つしかありません。

ですから、「速度」と「料金」どちらを重視したいのかを自分の中でしっかり確定させましょう。

その2.不満を解消してくれる回線を選ぶ

皆さんが現状不満を抱えている部分を解消する光回線を選びましょう。

速度を求めるなら

今よりも早い光回線を求めるのなら

のどちらかが選択肢になってきます。

日本で最も利用者が多いNTT回線の光コラボ(ドコモ光やソフトバンク光など)は下り最大1Gbpsです。

しかしNURO光とauひかりはその10倍の下り最大10Gbpsのプランを用意しています。

「最大〇Gbps」というのはあくまでも理論値ではありますが、上記2つの回線は実測値に関してもNTT回線の光コラボより速度が出やすい傾向にあります。

理由は単純で、NTT回線は利用者数が多いからです。

光回線に限らず、スマホの回線でもそうですが、基本的には利用者が多いとネット回線は混雑して速度が低下しやすくなります。

これはネット回線の宿命です。

ですから、利用者数という観点からもNURO光とauひかりは回線速度が出やすいのです。

料金を求めるなら

料金の安さを求めるのなら、必ずスマホのセット割が適用される光回線を選ぶようにしましょう。

いいですか?大切なのは「光回線の月額料金」ではなく「通信費の合計金額」ですからね。

光回線の月額料金だけを比較して安い会社を契約しようとする方がたまにいらっしゃいますが、皆さんが毎月支払っている通信費は何も自宅の回線だけでなくスマホも含まれています。

光回線の月額料金が4,000円のA社と4,500円のB社があったとして、光回線だけの料金だけ見ればA社の方がやすいです。

しかし、A社にはスマホのセット割がなく、B社には月額1,000円のセット割があり、スマホを含めた通信費の合計金額で考えたらどうでしょうか。

A社:光回線4,000円+スマホ5,000円=9,000円
B社:光回線4,500円+スマホ5,000円-セット割1,000円=8,500円

上記の通り、B社の方が安くなるわけです。

光回線を安く使おうと思ったら

「スマホを含めた通信費の合計金額で考える」

という点をしっかり抑えておきましょう。

ドコモの場合

皆さんがドコモのスマホを契約しているのなら話は早いです。

ドコモ光を契約しましょう。

ドコモの場合はセット割が適用される光回線はドコモ光しかありませんから、良くも悪くも選択肢がありません。

ちなみに「ドコモ光×GMOとくとくBB」とか「ドコモ光×Plala」とか色々な名前の光回線がありますが、どれを選んでも大差ありません。

名前に「ドコモ光」が含まれていればセット割が適用されます。

ソフトバンクの場合

皆さんがソフトバンクのスマホを使っているのなら、セット割が適用されるのは

のどちらかです。

NURO光の方が回線速度が速いのでNURO光がオススメですが、いかんせん提供エリアは限られています。

そんな選び方でいいでしょう。

auの場合

皆さんがauのスマホを使っているのなら、セット割が適用されるのは

  • auひかり(KDDI回線)
  • 電力系(コミュファ光、eo光、メガエッグ、Pikara、BBIQ)
  • BIGLOBE光(NTT回線)
  • So-net光(NTT回線)
  • @nifty光(NTT回線)

です。

auひかり

皆さんがauのスマホを使っていて、住んでいるエリア、または建物にauひかりが提供されているなら間違いなくauひかりをオススメします。

なぜなら、NTT回線は下り最大1Gbpsですが、auひかりには最大5Gbpsと10Gbpsのプランが用意されているからです。

さらにauひかりは全体的にキャッシュバック金額も高いので、お得に契約できる可能性が高いです。

回線速度、料金どちらの観点からもauひかりがオススメです。

電力系

auひかりは広大なエリアをカバーするNTTに対抗するべく、ある特定の地域に関しては電力系の通信会社が既に光回線を敷設しており、電力系の光回線を傘下に収めることでエリアを拡大しました。

ですから、電力系の光回線が提供されているエリアは「auひかり」は提供されておりません。

とはいっても電力系も同じKDDI傘下なので、電力系の光回線もauスマホのセット割が適用されます。

もし皆さんが住んでいるエリアが電力系光回線、NTT回線のどちらも提供されている場合は、加入者が少なく、回線速度が出やすい電力系がオススメです。

エリア光回線料金
愛知/岐阜/三重/静岡コミュファ光戸建て:3,930円~5,550円/月
マンション:4,110円~5,550円/月
滋賀/京都/大阪/兵庫/奈良/和歌山/福井eo光戸建て:4,285円~5,048円/月
マンション:3,124円~3,791円/月
山口/島根/広島/鳥取/岡山メガエッグ戸建て:3,410円~6,210円
マンション:2,200円~4,281円
徳島/香川/愛媛/高知Pikara戸建て:4,200円~5,200円
マンション:3,280円~4,000円
福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島BBIQ戸建て:4,700円~5,800円
マンション:4,100円~5,800円
NTT回線

auのスマホを使っている人はauひかりか電力系がオススメなんですが、いかんせん提供されているエリアは限られています。

もしご自身が住んでいるエリア、または建物にauひかりか電力系が提供されていない場合はNTT回線を検討することになります。

ただし、NTT回線の光回線ならなんでもいいわけではなく、auのセット割が適用される光回線を選びましょう。

具体的にはBIGLOBE光So-net光@nifty光の3つです。

この中のどれがいいかという点ですが、正直回線速度も料金も大差ないので、どれを選んでもいいでしょう。

強いて言えばBIGLOBE光のキャッシュバック金額が全体的に高めなので、BIGLOBE光がオススメです。

その3.提供エリアを確認する

NTT回線であれば提供エリアも広いのであまり気にする必要はないかもしれません。

しかしauひかりとNURO光の場合は「そもそも使える場所かどうか」というのは必ず確認しましょう。

もっと具体的に言えば、戸建てに住んでいる人は「提供エリア内かどうか」、マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる人は「建物で契約されている回線かどうか」を確認しましょう、ということです。

色々悩んだ挙句、申し込む光回線が決まったとしても、提供エリアに入っていなければそもそも使えませんので。

ちなみにマンションやアパートの場合、仮に提供エリア内だったとしても基本的には建物自体にauひかりやNURO光が導入されていなければ利用は出来ません。

ですから、必ず物件の管理会社やオーナーに「建物にauひかりは導入されていますか?」「建物にNURO光は導入されていますか?」という確認を取りましょう。

ちなみに、建物自体にauひかりやNURO光が導入されていなかったとしても、例外的に「低層階」に限っては戸建てタイプでの導入が可能なケースがあります。

ただ戸建てタイプでの導入が可能であったとしても、外壁に穴をあける工事をするケースがあるので、いずれにしても必ず管理会社やオーナーに確認を取るようにしましょう。

その4.申し込み窓口を吟味する

最後の最後に手を抜いてしまう人が多いです。

ですが、少しでもお得に契約をしたいならここは重要です。

契約する光回線が決まったとして、その光回線を「どこで申し込むか」というのはしっかり吟味するようにしましょう。

光回線は携帯ショップ、家電量販店、訪問販売員、ネットの代理店など様々な申し込み窓口があり、それぞれ用意している特典内容が異なります。

もう結論を言ってしまいますが、申し込むときは必ずネットの代理店から申し込むようにしてください。

圧倒的にキャッシュバック金額が高いですから。

理屈は簡単で、携帯ショップにしろ家電量販店にしろ訪問販売員にしろ、必ず光回線を売る際に人件費がかかります。

当然のことながら光回線を1契約取るのにかかる経費を差し引いてキャッシュバック金額など考慮していますから、1個の契約を取るのに必要な経費が多いとキャッシュバック金額は下がるわけです。

ネットの代理店は、WEBサイトさえあればそこまで多くの経費をかけずに契約が取れるので、その分キャッシュバック金額を大きく設定することが出来るわけです。

「ネット回線の申込みはネットから」ということはしっかり念頭に置いておきましょう。

その5.キャンペーンを比較する

ネット回線はネットから申し込んだ方が良い理由についてはご理解頂けたと思います。

ただしそれだけでは十分ではありません。

ネットの中でも申し込み窓口によってキャンペーン内容が異なります。

ですから、少しでもキャッシュバックを多くもらいたいのであれば、しっかりキャンペーン内容を比較する必要があるでしょう。

ドコモ光

順位代理店代理店限定キャンペーン
1位GMOとくとくBB15,000円キャッシュバック(ひかり電話加入時)
・インターネット接続設定パック無料
・無線WiFiルーター無償レンタル
・マカフィー1年間無料
2位Plala・新規、転用共に14,000円キャッシュバック
・マカフィー最大24か月無料
・訪問設定サポート1回無料
・IPoE対応Wi-Fiルーターレンタル無料
3位So-net・新規、転用共に14,900円キャッシュバック
・カスペルスキー セキュリティ 24ヶ月無料
・v6プラス対応ルーター無料レンタルor 訪問設定サポート1回無料
4位ネットナビ・新規、転用共に15,000円キャッシュバック
5位DTI・新規、転用共に15,000円キャッシュバック
+
ドコモ光公式キャンペーン

・工事料最大18,000円が無料
・dポイント最大20,000ptプレゼント

ソフトバンク光

順位代理店代理店限定キャンペーン
1位NEXT【キャッシュバックA】
新規でSoftBank光に申し込み:32,000円キャッシュバック
転用でSoftBank光に申し込み:13,000円キャッシュバック
【キャッシュバックB】
新規でSoftBank光に申し込み:27,000円キャッシュバック+高速無線LAN
2位アウンカンパニー【キャンペーンA】
新規申し込み:キャッシュバック32,000円
転用:キャッシュバック13,000円
【キャンペーンB】
新規申し込み:キャッシュバック27,000円+Chromecast or 無線LAN or 無線LAN中継機
転用:キャッシュバック8,000円+Chromecast or 無線LAN or 無線LAN中継機
【キャンペーンC】
新規申し込み:キャッシュバック17,000円+GoogleHome
(乗り換えの場合6,000円)
新規申し込み:キャッシュバック25,000円+GoogleHomeMini
(乗り換えの場合8,000円)
3位エヌズカンパニー【キャッシュバックA】
新規でSoftBank光に申し込み:32,000円キャッシュバック
転用でSoftBank光に申し込み:13,000円キャッシュバック
【キャッシュバックB】
新規でSoftBank光に申し込み:27,000円キャッシュバック+次世代高速無線LAN or 無線LAN中継機
4位BIGUP【キャッシュバックA】
新規でSoftBank光に申し込み:32,000円
新規乗り換えでSoftBank光に申し込み:34,000円
転用でSoftBank光に申し込み:13,000円
【キャッシュバックB】
15,000円+高性能タブレット
5位ムーン&サン【キャッシュバックA】
新規でSoftBank光に申し込み:32,000円キャッシュバック
転用でSoftBank光に申し込み:12,000円キャッシュバック
6位エフプレイン【キャッシュバックキャンペーン】
・「SoftBank 光」+「即日申込」40,000円
・「SoftBank 光」+「SoftBank Air」+「即日同時申込」90,000円
7位LifeBank【最大70,000円キャッシュバックキャンペーン】
・「SoftBank 光」と「SoftBank Air」を同時に申し込み:最大70,000円キャッシュバック
【月額6ヶ月分相当還元!】
・キャンペーン期間中に代理店サイトから申し込み:月額6ヶ月分相当キャッシュバック
8位STORY【キャッシュバック】
新規でSoftBank光に申し込み:30,000円キャッシュバック
転用でSoftBank光に申し込み:11,000円キャッシュバック
9位ブレイブ【キャッシュバックA】
新規でSoftBank光に申し込み:30,000円キャッシュバック
転用でSoftBank光に申し込み:10,000円キャッシュバック
10位シナジーパートナーズ【キャッシュバック】
新規でSoftBank光に申し込み:25,000円キャッシュバック
転用でSoftBank光に申し込み:10,000円キャッシュバック
11位ネットナビ【最大60,000円キャッシュバックキャンペーン】
・紹介者1名:12,000円
・紹介者2名:24,000円
・紹介者3名:40,000円
・ご紹介者4名:60,000円
【Web申込み限定!最大24,000円キャッシュバック】
新規申込:24,000円キャッシュバック
12位レイスペック【割引キャンペーン】
・戸建て 月額料金4,200円に割引
・マンション 月額料金2,800円に割引
+
ソフトバンク光公式キャンペーン

(SoftBank 光新生活応援キャッシュバック/割引きキャンペーン)※転居先でソフトバンク光新規契約
・回線工事費用が24,000円の場合:24,000円キャッシュバックまたは月額基本料1,000円×24ヵ月割引
・回線工事費用が9,600円または2,000円の場合:10,000円キャッシュバックまたは月額基本料1,000円×10ヵ月割引
(SoftBank 光乗り換え新規でキャッシュバック/割引きキャンペーン)※他社からソフトバンク光に乗り換え
・回線工事費用が24,000円の場合:24,000円キャッシュバックまたは月額基本料1,000円×24ヵ月割引
・回線工事費用が9,600円または2,000円の場合:10,000円キャッシュバックまたは月額基本料1,000円×10ヵ月割引
(SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン)
新規でSoftBank光に申し込む場合乗り換え時の他社への違約金・撤去工事費を満額還元(最大10万円)

auひかり

順位代理店代理店限定キャンペーン
1位NEXT【高額キャッシュバック特典】
(ネット+電話)
・戸建:キャッシュバック30,000円
・マンション:キャッシュバック40,000円
(ネットのみ)
・戸建:キャッシュバック23,000円
・マンション:キャッシュバック33,000円
【キャッシュバック特典+ルータープレゼント】
(ネット+電話)
・戸建:キャッシュバック25,000円+無線LAN
・マンション:キャッシュバック35,000円+無線LAN
(ネットのみ)
・戸建:キャッシュバック18,000円
・マンション:キャッシュバック28,000円
2位アウンカンパニー【特典A】
(ネット+電話)
・戸建:キャッシュバック25,000円+無線LAN
・マンション:キャッシュバック35,000円+無線LAN
(ネットのみ)
・戸建:キャッシュバック18,000円+無線ルーター
・マンション:キャッシュバック28,000円+無線LAN
【特典B】
(ネット+電話)
・戸建:キャッシュバック30,000円
・マンション:キャッシュバック40,000円
(ネットのみ)
・戸建:キャッシュバック23,000円
・マンション:キャッシュバック33,000円
【特典C】
(ネット+電話)
・戸建:地デジアンテナ工事費無料(40,000円)
(ネットのみ)
・戸建:地デジアンテナ工事費無料(35,000円)
3位S&Nパートナー【ゲーム機/テレビ/PCコース】
ニンテンドースイッチ
PlayStation®4
新品パソコン
三菱電機 液晶テレビ REAL
シャープ 加湿空気清浄機
【キャッシュバックコース】
キャッシュバック35,000円
4位NNコミュニケーションズ【So-netを選んだ場合】
(ネット+電話)
・戸建:キャッシュバック30,000円
・マンション:キャッシュバック40,000円
(ネットのみ)
・戸建:キャッシュバック23,000円
・マンション:キャッシュバック33,000円
【Biglobe又はその他を選んだ場合】
(ネット+電話)
・戸建:キャッシュバック30,000円
・マンション:キャッシュバック30,000円
(ネットのみ)
・戸建:キャッシュバック23,000円
・マンション:キャッシュバック23,000円
5位フルコミット【通常キャッシュバック】
・auひかり回線+指定プロバイダ+即日申込完了:60,000円
【紹介キャッシュバック】
・申込者3人紹介:60,000円
・申込者2人紹介:37,000円
・申込者1人紹介:20,000円
【学割キャンペーン】
・学生証提示:5,000円キャッシュバック
【引っ越しキャンペーン】
引越し前・引越し後住所の申請:5,000円キャッシュバック
6位LinkLife【通常キャッシュバック】
・auひかり回線+指定プロバイダー+即日申込完了+戸建タイプ:60,000円
・auひかり回線+指定プロバイダー+即日申込完了+マンションタイプ:30,000円
【紹介キャッシュバック】
申込者1人:10,000円
申込者3人:35,000円
+
公式キャンペーン

【プロバイダ公式キャンペーン】
・So-netホーム:20,000円キャッシュバック
・So-netマンション:10,000円キャッシュバック
・BIGLOBEホーム:キャッシュバック20,000円orNEC製タブレット
・BIGLOBEマンション:キャッシュバック20,000円
・@niftyホーム:キャッシュバック25,000円
・@niftyマンション:キャッシュバック20,000円
【auひかり公式キャンペーン】
・スタートサポートプラス:違約金最大30,000円までKDDIが負担+12ヵ月間の月額利用料割引
・電話オプションパック(EX)利用料12ヵ月無料の特典+10,000円キャッシュバック
・スタートサポート:違約金相当額を最大30,000円までKDDIが負担
・初期費用相当額割引:ホーム→「ネット」+「電話」の申し込みで最大37,500円割引/マンション→「ネット」のみ申し込みで「最大30,000円」の初期費用相当額を月額利用料から割引

NURO光

順位代理店代理店限定キャンペーン
1位NURO光(公式)・キャッシュバック:35,000円
・月額基本料金 30ヵ月割引(1,334円 × 30ヵ月)
・So-net設定サポートサービスが無料(9,000円相当)
2位アウンカンパニー【キャッシュバック】
・ネット+電話:35,000円
・ネットのみ:30,000円
【PlayStation®4】
・ネット+電話:プレステ4
【Nintendo Switch 特典】
・ネット+電話 申込:Nintendo Switch
3位スローダイニング【PlayStation®4】
プレステ4
【キャッシュバック】
・ネット+電話:代理店33,000円+So-net25,000円
・ネットのみ:代理店23,000円+So-net19,000円
【オプション加入キャッシュバック】
代理店最大58,000円+So-net25,000円
【違約金負担】
指定サービスへの乗り換えにかかる費用を最大25,000円まで負担
4位ブロードバンドサービス【NURO光】
・ドコモ・au からソフトバンクへの乗換え:10,000円キャッシュバック
・NURO光でんわのお申込み:3,000円キャッシュバック
・NURO スマートホームの申込み:3,000円キャッシュバック
・オプション申込:各500円最大4,000円キャッシュバック
・So-net LTEサービスハイスピードプラン(月額3,619円)申込:11,000円キャッシュバック
【NURO光forマンション】
・ドコモ・au からソフトバンクへの乗換え:10,000円キャッシュバック
・NURO 光 でんわ申込み:5,000円キャッシュバック
・くらしの便利パック for マンション申込み:5,000円キャッシュバック
・ひかりTV(関東エリアのみ)申込み:基本放送プラン1,000円キャッシュバック
・その他プラン:3,000円キャッシュバック
5位フルマークス【キャッシュバック】
・無条件キャッシュバック(ネット+電話):代理店33,000円+So-net25,000円
・無条件キャッシュバック(ネットのみ):代理店23,000円+So-net19,000円
・指定サービス加入キャッシュバック:代理店58,000円+So-net25,000円
6位LifeBank【通常キャンペーン】
・ネット:3,000円キャッシュバック
・ネット+光電話:5,000円キャッシュバック
・ネット+光電話+ひかりTV for NURO:30,000円キャッシュバック
【紹介キャンペーン】
・紹介1名:10,000円キャッシュバック
・紹介2名:20,000円キャッシュバック
・紹介3名:30,000円キャッシュバック
・紹介4名:40,000円キャッシュバック
+
NURO光公式キャンペーン

・月額基本料金 30ヵ月割引(1,334円 × 30ヵ月)
・モバイル回線の通信料金から10,260円(1,026円 × 10ヵ月)割引

まとめ

以上が皆さんが乗り換えるべき光回線です。

内容をまとめると

  • 回線速度を重視+NURO光の提供エリア内=NURO光(申し込み窓口:NURO光公式
  • 回線速度を重視+auひかりの提供エリア内=auひかり(申し込み窓口:NEXT
  • 料金を重視+ドコモのスマホを契約=ドコモ光(申し込み窓口:GMOとくとくBB
  • 料金を重視+ソフトバンクのスマホを契約+NURO光の提供エリア内=NURO光(申し込み窓口:NURO光公式
  • 料金を重視+ソフトバンクのスマホを契約+NURO光の提供エリア外=ソフトバンク光(申し込み窓口:NEXT
  • 料金を重視+auのスマホを契約+auひかりの提供エリア内=auひかり(申し込み窓口:NEXT
  • 料金を重視+auのスマホを契約+愛知/岐阜/三重/静岡に住んでいる=コミュファ光(申し込み窓口:NEXT
  • 料金を重視+auのスマホを契約+滋賀/京都/大阪/兵庫/奈良/和歌山/福井に住んでいる=eo光(申し込み窓口:eo光公式
  • 料金を重視+auのスマホを契約+山口/島根/広島/鳥取/岡山に住んでいる=メガエッグ(申し込み窓口:NEXT
  • 料金を重視+auのスマホを契約+徳島/香川/愛媛/高知に住んでいる=Pikara(申し込み窓口:NEXT
  • 料金を重視+auのスマホを契約+福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島に住んでいる=BBIQ(申し込み窓口:NEXT
  • 料金を重視+auのスマホを契約+auひかりor電力系の提供エリア外=BIGLOBE光(申し込み窓口:NEXT

となります。

皆さんがお得に乗り換えられること、そして快適なインターネットライフが送れることを祈っております。

それでは。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください