1. ホーム
  2. 基礎知識
  3. ≫光回線とは?他の回線との違いを分かりやすく解説!

光回線とは?他の回線との違いを分かりやすく解説!

今ではすっかりとインターネットの主流となった光回線。

って付いてるくらいだし…とにかく通信速度が速いんでしょ?」

と思っている方は多いかと思います。

間違ってはいないのですが、これまで主流だったADSLや賃貸物件で多いCATV、持ち運びのできるモバイルルーター等と比較するとどれくらい速度が違うのか?についてご存知の方は少ないのではないでしょうか?

さらに、光回線には大きく分けて4つの種類があります。

  • フレッツ光系
  • auひかり
  • NURO光
  • 電力系

すべて同じ光回線ではありますが、光回線の種類によって特徴が異なり、さらには体感の通信速度が異なる場合があります。

これらの特徴を知っておくと「自分がどの光回線を使うべきなのか?」をすぐに決められるようになるのですが、大々的に告知されている訳ではないのでご存知ない方が大半でしょう。

ということでこの記事では、光回線の基本的な仕組みや特徴、他回線との比較を行っていこうと思います。

この記事を最後まで見てもらえれば、光回線の仕組みや特徴がわかり、どの光回線に申し込むべきかをすんなりと決められるようになりますよ。

また、記事の最後ではオススメの光回線についてご紹介しているので参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

光回線とは

それでは、まずは光回線の仕組みから解説していきます。

光回線とは、光ファイバーと呼ばれる「光」を使った伝送路を利用してデータの送受信を行う通信回線のことを指します。

光回線を使う場合は、自室の近くの電柱等から専用ケーブルを使って光ファイバーを引き込み、光回線終端装置(ONU)という機械を経由してWi-Fiルーターに接続します。

この状態のWi-Fiルーターにパソコンやスマートフォンを接続することで、光回線を利用することができます。

光ファイバーを自室まで引き込む際、壁に穴を開けるというイメージがあるかと思いますが、必ずしも穴を開けるとは限りません。

  • 固定電話回線と同じ配管を利用して自室まで引き込む
  • エアコンダクトを使用して自室まで引き込む

以上の方法を使うことで、壁に穴を開けなくとも光回線を導入することができます。

さらに光回線は、いま使っているスマートフォンとセット割を組むことができる等、メリットが非常に大きいです。

光回線については、主に以下の3点を覚えておけば問題ありません。

  • 光ファイバーを使って通信を行うので、回線速度が非常に速く安定している
  • 光回線は壁に穴を開けなくとも導入することが可能
  • キャリアによって光回線とスマートフォンのセット割を組むことができる

速度

これまで主流だった電話回線を併用しているADSL、同軸ケーブルを併用しているCATVと比較すると、

  • 通信速度が圧倒的に速い
  • 通信状況が安定している

という2点の特徴があります。

光ファイバーを使ったデータの送受信は、電磁気の影響が少なく長距離通信を行うことが可能です。

その為、光回線の下りの最大通信速度は一部を除いて1Gbps(一部では2Gbps最大10Gbpsというものもある)という数値です。

後述しますが、ADSLやCATV、モバイルルーターのいずれと比較しても最大通信速度は圧倒的に数値が大きいです。

ただし、この数値はベストエフォート型(記載の数値はあくまで最大値であり環境や状況により都度速度は変化する)なので、必ずしも最大値に近い数値が毎回出る訳ではありません。

料金

光回線の月額料金は、戸建てタイプ4,000~7,000円集合住宅タイプ3,000~5,000円程度です。

月額料金のほかに、光回線によっては工事費用として2万円程度の料金が発生します。

新規申し込みや他社からの乗り換え・転用でキャッシュバックがもらえる場合が多いので、そちらも含めて光回線を選んでみると良いでしょう。

他の回線との比較

それでは続いて、光回線と他の回線との比較をしていきます。

ADSL

ADSLは、電話回線と同じ回線を利用してインターネット通信を行う方法です。

光回線が主流となったのは10年程前からで、それまではADSLがインターネットの主流でした。

NTTの固定電話サービスを利用している方限定のサービスでしたが、徐々に需要が拡大していきNTTの電話回線を利用していなくともADSLを利用できるようなサービスへと変化していきました。

なお、ADSLを提供しているNTT東日本・西日本は2016年6月末時点で新規受付を終了しています。

また、2023年1月末には既存のADSL回線サービスを終了するという発表を行っています。

完全にサービスがストップするまで期日がありますが、サービス終了間近になればADSLから乗りかえる方が続出することが予想できます。

ADSL回線を利用している方は、この記事の最後にある「おすすめの光回線一覧」を参照の上、乗り換えを検討してみて下さい。

料金

ADSLの料金は、電話回線を利用しているという特性上、光回線と比較すると若干高めです。

電話共用型※ ADSL専用型
モアⅢ(47Mタイプ) 2,800円 5,050円
モアⅡ(40Mタイプ) 2,750円 4,950円
モア(12Mタイプ) 2,700円 4,850円
8Mタイプ 2,650円 4,750円
1.5Mタイプ 2,600円 4,550円
エントリー(1Mタイプ) 1,600円 2,950円

引用:NTT東日本公式ホームページ
※電話料金は含まれていません

ADSLの月額料金はこの一覧表の通りです。

電話共用型の場合は、毎月の固定電話利用費も加わるので大体5,000円程度といったところです。

現在ではすでに新規受付を停止していますが、電話回線がない方がADSLを利用する場合は初期費用として専用工事(3万円以上)が必要でした。

速度

ADSLと光回線を比較してみましょう。

結論から言えば、圧倒的な差で光回線の方が通信品質も良く速度も速いです。

最大通信速度
下り最大値 上り最大値
モアⅢ(47Mタイプ) 47Mbps 5Mbps
モアⅡ(40Mタイプ) 40Mbps 1Mbps
モア(12Mタイプ) 12Mbps 1Mbps
8Mタイプ 8Mbps 1Mbps
1.5Mタイプ 1.5Mbps 512Kbps
エントリー(1Mタイプ) 1Mbps 512Kbps

ご覧の通り、最も回線速度の数値が大きいプランを選んでも50Mbpsも出ません

光回線(1Gbps)と比較すると雲泥の差で、月額料金もやや高めなのでADSLを使うメリットはないといってしまっても過言ではありません。

現在ADSLを使っていて何の不自由もないという方でも、2023年にはサービスが完全に終了してしまうので早めに乗り換えることを検討してください。

CATV

続いてCATV(ケーブルテレビ)についてです。

CATVといえば「J:COM」が最も有名どころですね。

CATVは、地上波や衛星放送を受信するための同軸ケーブルというものを使ってインターネット接続をしています。

そのため、光回線と比較して品質が悪く通信速度もあまり出ません。

様々なチャンネルを楽しみたいという方にとっては、インターネットもセットになっているのでとてもお得に使えるサービスです。

ただ、口コミや評判を調べてみても通信速度や品質はあまり良いとは言えません

料金

J:COMの料金プランは大きく分けて3種類あります。

  • スマートお得プラン:テレビ(90ch)+NET
  • スマートお得セレクト:テレビ(31ch)+NET
  • NETパック:NETのみ

すべての料金プランで電話機能を付けることができますが、今回はテレビ+NETで料金の安い「スマートお得セレクト」を例に挙げて比較をしていきます。

戸建てタイプ 集合住宅タイプ
スマートお得セレクト
NET320M
6,648円 5,505円
スマートお得セレクト
NET120M
6,171円 5,029円
スマートお得セレクト
NET12M6,648円
5,219円 4,743円

引用:スマートお得セレクト|J:COM
※戸建てタイプのみ「スマートお得セレクトNET1G」(月額7,148円)が選択可能です

月額料金だけ見ると、光回線と同等かそれ以上の月額料金となります。

近年ではYouTubeやAbemaTVといった動画視聴サービスが人気の為、テレビの視聴時間が減っているそうです。

筆者も元々はJ:COMを利用していました(賃貸アパートがJ:COMの特別プランが使える物件だった)が、まったくテレビを見ない割に月額料金が高かったために解約をしました。

CATVの月額料金はテレビ視聴分も含まれているので、テレビをまったく見ない人にとっては損をするような形となってしまいます。

逆に、光回線でもテレビを見たい!という方は「ひかりTV」というオプションをつければテレビ視聴ができます。

ひかりTVのオプション料金(1,500円~)を加えると月額料金に差がなくなりますが、後述するように回線速度が速くなるので、光回線を利用した方がお得に使えるかと思われます。

速度

J:COMは、用途に合わせて通信速度を選ぶことができます。

それによって月額料金が変わりますが、光回線と比較すると最大通信速度はかなり遅めです。

下り最大値 登り最大値
スマートお得セレクト
NET320M
320Mbps 10Mbps
スマートお得セレクト
NET120M
120Mbps 10Mbps
スマートお得セレクト
NET12M
12Mbps 2Mbps

引用:コース案内・料金|J:COM

戸建てタイプであれば1Gbpsの料金プランを選ぶことができますが、賃貸マンションやアパートにお住いの方は最大で320Mbpsの料金プランしか選べません。

光回線であれば賃貸マンションやアパートでも最大通信速度1Gbpsなので、通信速度を求めるという方には「光回線」がオススメです。

モバイルルーター

特に一人暮らしの若い方に多い印象ですが、光回線やCATVといった固定のインターネット回線を引かず、モバイルルーターを使っているという方もいます。

モバイルルーターのメリットと言えば、やはり何といっても持ち運びができるということですね。

持ち運べるのでお気に入りのカフェや好きな場所でパソコンやゲーム機などをインターネットに接続することができます。

中でも様々な会社から販売されているWiMAXと呼ばれるモバイルルーターであれば、料金プランによってはデータ通信が無制限なので、さながら固定のインターネット回線を持ち運べるような感覚でインターネットが使い放題です。

また、契約すれば携帯電話と同じ感覚で当日から使い始めることができるので、工事を行う必要がないのもポイントですね。

デメリットとしては、光回線と比較すると通信速度が遅くなるという点と建物の構造や人ごみによって通信状況が大きく左右されるという点くらいでしょうか。

光回線との比較ということで、月額料金を見比べてみましょう。

料金

それでは、早速モバイルルーターの月額料金を見ていきます。

ここでは、最も有名どころのUQ WiMAXの料金プランを例に挙げて比較します。

UQ Flatツープラス ギガ放題 UQ Flatツープラス
契約年数 2年 3年 2年 3年 4年
月額料金 4,380円/月 3,696円/月
通信容量 無制限 7GB 7GB※
LTEオプション料 1,005円/月 無料 1,005円/月 無料

※au携帯電話を持っていて「auスマートバリューmine」加入者は無制限になります

UQ WiMAXは「WiMAX」と「au 4G LTE」という2つの電波を掴むことができます。

基本的にはWiMAXという電波を使いますが「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替えることで、WiMAXよりもエリアが広く、且つ通信速度が速いau 4G LTEエリアでの利用が可能となります。

上記の月額料金表をご覧の通り、無制限で使う場合はUQ Flatツープラス ギガ放題という料金プランの3年契約で月額料金が4,380円となります。

ただし、ハイスピードプラスエリアモードを使う場合は無制限ではなく7GBという制限が付いてくるので注意が必要です。

光回線と比較すると、月額料金の面ではそこまで差がありません

となれば気になるのが、通信速度の差ですね。

速度

WiMAXの通信速度については以下の表をご覧ください。

ハイスピードモード ハイスピードプラスエリアモード
データ容量 無制限 7GB/月
最大通信速度(下り)※ 最大558Mbps 最大708Mbps
エリア WiMAX 2+エリアのみ WiMAX 2+とau 4G LTEエリア

ハイスピードモードが「WiMAX」、ハイスピードプラスエリアモードが「au 4G LTE」です。

au 4G LTEは一部の機種限定にはなりますが、最大通信速度が708Mbpsです。

無制限で使えるWiMAXであれば最大で580Mbpsで、光回線のおよそ半分の最大値となります。

UQ Flatツープラス ギガ放題というプランを選ぶことで無制限で使うことができますが、そもそも光回線であればデータ通信量を気にする必要がありません。

月額料金もほぼ同金額なので、以下の特徴に当てはまる方は光回線を選んだ方が良いでしょう。

  • とにかく通信速度を求める方
  • パソコンやゲーム機を外出中に使うことを想定していない方
  • データ通信量を気にすることなく利用したい方

逆に、以下の特徴に当てはまるならモバイルルーターを検討しましょう。

  • 外出中にもインターネットに接続したい方
  • 賃貸物件に住んでいる等の都合で光回線の工事ができない方

主な光回線

冒頭で、光回線には大きく分けて4種類あるとご説明しました。

  • コラボ光
  • auひかり
  • NURO光
  • 電力系

ここでは、それぞれの特徴について説明していきます。

コラボ光

皆さんはドコモ光ソフトバンク光So-net光BIGLOBE光といった名称を聞いたことはありませんか?

これらはすべてNTTが提供するフレッツ光と、自社のプロバイダサービスを一括りにして販売している光コラボレーション(通称「光コラボ」)と呼ばれるものです。

本来、自宅でインターネットを使う場合は「ネット回線を提供するNTT」と「インターネットに接続するためのプロバイダ」の2社と契約する必要があるのですが、光コラボであれば1社と契約するだけでインターネットを利用できるようになります。

それにより、インターネットに接続できない等のトラブル時の問い合わせ先や月額料金の支払い先をまとめることができるようになりました。

問い合わせ先や月額料金の支払い先がひとまとめになるコラボ光ですが、元をたどるとすべてNTTの「フレッツ光」を使用した光回線です。

サービスを提供する事業者も多く、利用するユーザー数も多いため、回線が混雑を起こし通信速度が遅くなることがあります。

光コラボを提供している事業者の一例を挙げていきます。

  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • So-net光
  • BIGLOBE光
  • OCN光
  • DMM光
  • @nifty光

他にも数多くの事業者が光コラボとして、インターネット回線サービスを提供しています。

詳しくは下記の記事にまとめていますので、こちらをご覧ください。

auひかり

auひかりは、大手携帯キャリアのauを展開するKDDIが独自設備でサービスを展開する光回線です。

その特徴は、NTTの提供する回線ではなく独自設備の光回線を提供しているため、ユーザー数が少なく混雑を起こしにくいという点です。

つまり、光コラボよりも通信速度が速いということです。

また、au携帯電話を使っている方であればauスマートバリューというセット割を組むことができます。

デメリットといえば、NTTの提供するフレッツ光や光コラボと比較すると提供エリアが狭いのが難点だといえます。

auひかりを検討する際は、必ずエリア確認をしてからにしましょう。

また、auひかりは他社に比べて解約時のかかる費用が非常に高く設定されています。

契約解除料 工事費残債額 撤去工事費
ホーム ホーム ずっとギガ得プラン(3年単位の自動更新):15,000円
ホーム ギガ得プラン(2年単位の自動更新):9,500円
36カ月間以内に解約:10,000円
37,500円-(利用した月数×625円) 28,800円
マンション マンション お得プランA(2年単位の自動更新):7,000円 30,000円-(利用した月数×625円) 10,000円

他社の光回線であれば、契約解除料金は1~2万円程度で済みます。

光コラボであれば、一度工事をすれば同じ回線を利用して他社の光コラボへの乗り換えが楽にできるのですが、独自設備を利用しているauひかりではそれができません。

一度加入したら長期間使い続けなければならないので注意しましょう。

NURO光

業界最速を謳うインターネット回線、それがNURO光です。

NURO光は提供元であるSo-netが、NTTの使用していないダークファイバーと呼ばれる光回線を独自構築してサービスを提供しています。

それにより、下りの
という驚異的な数値を実現しています。

さらに一部エリアでは10Gbpsという超高速通信を提供しており、業界最速を謳うのも頷けます。

デメリットといえば、NTTのフレッツ光と比較すると提供エリアが狭く、引っ越しをする時に必ず解約をしなければならないという2点があります。

提供エリアは随時拡大していますが、九州地方には対応していない等、全国展開はまだされていません。

引っ越しをする際、引っ越し先でも継続してNURO光を使う場合でも一度「解約」をしなければなりません。

当然、更新月でなければ違約金が発生してしまうので、転勤が多い方には不向きだといえます。

電力系

光回線には、地方の電力会社が提供している電力系光回線と呼ばれるものがあります。

該当する光回線は以下の通りです。

光回線名称 電力会社 提供エリア
コミュファ光 中部電力系グループ
中部テレコミュニケーション
愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
eo光 関西電力系グループ
ケイオプティコム
大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、福井県、和歌山県
メガエッグ光 中国電力系グループ
エネルギアコミュニケーションズ
広島県、岡山県、山口県、島根県、鳥取県
ピカラ光 四国電力系グループ
ST Net
香川県、愛媛県、徳島県、高知県
BBIQ光 九州電力系グループ
QT Net
福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県

いずれも地域限定の光回線です。

こちらも光回線とプロバイダを一括りにして販売しているので、問い合わせ先や月額料金の支払い先が一か所で済みます。

すべてを自社設備で提供しているため、そのぶん月額料金が安く設定されています。

また、一部地域限定の光回線のためユーザー数が少なく、回線の混雑が起きにくいという点も特徴です。

さらにKDDIと提携している電力系会社が多いため、au携帯電話を持っている方であればauスマートバリューを利用することができます。

反面、総じて契約解除料金が高めに設定されているので、更新月をしっかりと確認しておかないと思わぬ出費につながる可能性があります。

おすすめの光回線一覧

ここまで、光回線の概要や種類、他回線との比較について解説してきました。

様々ある光回線の中から、果たして自分はどの光回線を申し込むべきなのでしょうか?

光回線を選ぶ際の一つの指標は、いま自分が使っているスマートフォンとセット割を組むことができるかどうかという点です。

セット割を適用させることで、スマートフォンの月額料金を大幅に削減でき、毎月の固定費を抑えることができます。

ドコモ利用者

携帯電話でドコモを利用している方にオススメなのはドコモ光です。

ドコモ光とセット割を組むことで、毎月800円の割引(ベーシックパック利用で通信量5GB未満の場合)を受けることができます。

ドコモの利用年数が長ければ長いほど、この割引金額は増えていくので長年ずっとドコモを使い続けている人には「ドコモ光」がオススメです。

au利用者

auスマートフォンを利用している人は、光コラボでauスマートバリューが適用できる光回線を選びましょう。

auスマートバリューは、au携帯電話の月額料金が最大で2,000円も割引されるサービスです。

auスマートバリューが適用される光回線は以下の通りです。

  • BIGLOBE光
  • So-net光
  • DTI光

また、電力系光回線はいずれもauスマートバリューが適用できるのでこれらもオススメです。

  • コミュファ光
  • eo光
  • メガエッグ光
  • ピカラ光
  • BBIQ光

auといえばauひかりですが、auひかりの提供エリア、且つ高速通信を求めるのであれば選択肢に入ります。

ただ、筆者個人的には「他社回線への乗り換えのしにくさ」や「解約時の費用が異常なほど高額」という2点が気になるので、auスマートバリューが適用できる光コラボをオススメします。

東海エリア・関西エリア

東海エリア・関西エリアは、NURO光の提供エリアとして新たに加わりました。

ですが、NURO光ではauスマートバリューが適用されないので、電力系光回線を選んだ方がより大きく固定費を削減することができます。

  • 東海エリア:コミュファ光
  • 関西エリア:eo光

ソフトバンク利用者

ソフトバンクの携帯電話使っている方は、ソフトバンク光かNURO光を選びましょう。

これらの光回線であれば、ソフトバンクの「おうち割 光セット」が適用され、毎月最大で1,000円の割引を受けることができます。

ただし、NURO光の場合は「NURO光でんわ」というオプションサービスが必須なのでその点はご注意ください。

格安SIM利用者

格安SIMを利用している方は、まずは自分が使っている格安SIMを運営している会社(MVNO)が光回線を提供しているかどうかを確認しましょう。

例えば、BIGLOBE SIMを利用している方であれば「BIGLOBE光」を使うことで『光☆SIMセット割』が適用されます。

格安SIMのBIGLOBE SIMの毎月の料金が300円割引されるというサービスなので、元々安く抑えられる携帯電話料金を更に安く抑えることができます。

他の格安SIMでも同じようなセット割があるので、まずは自分が使っている格安SIMを提供している会社の公式ホームページを確認してみて下さい。

セット割がなかった場合は、提供エリア内であればNURO光が最もオススメです。

提供エリア外だった場合は、以下の記事を参考にしてお好きな光回線を選んでみて下さい。

まとめ

以上、光回線について徹底解説してまいりました。

最後にこの記事をおさらいしていきましょう。

  • 光回線は光ファイバーを使っているので通信速度が速く安定している
  • 光回線は壁に穴を開けなくとも導入することが可能
  • 光回線を選ぶ時はスマートフォンとのセット割があるものを選びましょう

今ではインターネット回線の主流となった光回線。

これまで主流だったADSLや利用者の多いCATVと比較すると、圧倒的に通信速度が上がっており、通信品質も向上しています。

特にADSLに関しては、2023年には完全にサービスが終了してしまうので早めに光回線に乗り換えることを検討しましょう。

この記事が、あなたの光回線選びの参考となれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。