1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫光コラボの種類・料金まとめ!おすすめプロバイダ紹介【2019年最新】

光コラボの種類・料金まとめ!おすすめプロバイダ紹介【2019年最新】

光回線と言えばひと昔前はNTTのフレッツ光がほぼ独占状態、おまけ程度にKDDIのauひかりみたいな感じでした。

しかしNTTが光回線の販売形態を変えて、いわゆる光コラボが登場してからは「〇〇光」を名乗る会社が沢山登場しました。

いえ、正直に申し上げて登場し過ぎた感が否めません。

今や光コラボは何十社もあり、正直どれを選べばいいのか分からないという人も沢山いるのではないでしょうか。

本記事では、そんな光コラボの沼にはまってしまった皆様に向けて、オススメの光コラボを紹介させていただきたいと考えております。

是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

光コラボの選び方

光コラボを選ぶ前にまずは「どうやって光コラボを選べばいいのか」という”基準”を把握しておきましょう。

具体的に言えば

  • スマホ基準
  • キャンペーン基準

という2つのどちらかを基準にして選ぶことをオススメします。

スマホ基準

光コラボを選ぶ上で最もスタンダードな選び方が「スマホ基準」です。

今やどの光コラボもスマホとのセット割引を実施しているため、皆さんが現在契約している携帯電話会社とのセット割が適用される光コラボを選びましょう。

キャンペーン基準

光コラボによって、さらに申し込む代理店によってキャンペーン内容が変わります。

キャンペーンの条件が良いところだと3万円を超えるキャッシュバックを受け取ることができ、キャンペーンの条件が悪いところだと”何もナシ”です。

少しでもお得に申し込みたい人は、やはりキャンペーンは比較するべきでしょう。

他に比較すべきもの

それでは光コラボを選ぶ上で「スマホ」と「キャンペーン」以外に検討すべき事項はないのかと言えば、正直に言ってありません。

例えば「回線速度はどうなんだ」と思う人もいるかもしれませんが、光コラボは元々同じNTTの光回線を利用しているため、どの光コラボを選ぼうが回線速度の理論値は同じです。

「月額料金は比較した方がいいだろ」と思う人もいるでしょうが、正直光コラボ同士の料金の違いなんて数百円程度しかありません。

数百円程度の違いしかない月額料金よりも、数千円の差が出るセット割を重要視しましょう。

So-net光

ソニーネットワークコミュニケーションズが提供するプロバイダサービスがSo-netです。

auスマホを使用していて、「auひかり」のサービス提供エリアにお住いの方は、
auスマートバリュー(最大2,000円割引×24か月)を受けることが出来るSo-netがおすすめです。

また、so-netは「NURO光」の運営をしており、「auひかり」のプロバイダとしての業務も行っています。

他回線である2社と「so-net光」の間ならば乗り換え等も楽という点もメリットとして挙げられます。

利用料金の安さや、キャンペーン・キャッシュバックも光コラボの中では優秀なので、是非検討すべきプロバイダです。

契約プラン料金
戸建てタイプ3,700円~5,200円
マンションタイプ2,600円~4,100円

BIGLOBE光

業界でも大手のプロバイダでKDDIの子会社であるBIGLOBEは、取り扱い代理店の多さとキャッシュバック金額が他社と比べ高い等の特徴があります。

また、BIGLOBE光もauスマートバリューを併用出来るので、auスマホを使用していて「auひかり」のサービス提供エリアにお住いの方は、so-netと並んで選択肢のひとつに入ります。

また、格安SIMのBIGLOBEモバイルを利用している方も、セット割を活用できるのでおすすめです。

契約プラン料金
戸建てタイプ4,980円
マンションタイプ3,980円

@nifty光

家電量販店を運営するノジマの完全子会社であるニフティは、so-netやBIGLOBEに次いで「auひかり」が利用できないauスマホユーザーにおすすめです。

上記2社と同様に、auスマホとのセット割であるスマートバリューを利用して、利用料金から最大2,000円の割引を受けることが可能です。

また、ニフティは生活で使用するもの全てをニフティで統一すると、コスパで他社と差別化が出来ます。

例えば回線や電気もニフティで、スマホも格安SIMであるNifMoを利用しているといったケースであれば、生活費と通信費の節約が出来ます。

契約プラン料金
戸建てタイプ4,500円~5,200円
マンションタイプ3,400円~3,980円

ドコモ光

ドコモのスマホを利用しているならフレッツ光とドコモとの光コラボである「ドコモ光」ほぼ一択です。

逆に言えばドコモのスマホはドコモ光以外では割引を受けることが出来ないので、悩む必要なくドコモ光を利用しましょう。

ドコモのスマホを利用している人なら月額料金から月300円~1,600円の割引が受けられます。

契約プラン料金
戸建てタイプ5,000円~5,700円
マンションタイプ3,800円~4,200円

ソフトバンク光

携帯電話3大手の一角を担うソフトバンクが展開する光コラボが「ソフトバンク光」です。

ソフトバンクのスマホを利用しているなら戸建て・集合住宅問わずソフトバンク光が一番お得になります。

一人でソフトバンクのスマホを利用しているならスマホ料金から500円~1,000円、家族4人でソフトバンクのスマホを利用しているならスマホ料金から2,000円~4,000円の割引が受けられます。

光コラボの中ではBIGLOBE光に並び取り扱い代理店が多く競争が激しいので、各代理店のキャンペーン内容がとても充実しているのも特徴です。

契約プラン料金
戸建てタイプ5,200円
マンションタイプ3,800円

OCN光

NTTコミュニケーションズが運営する日本最大規模(会員数800万人以上)の、インターネット接続サービス20年以上の老舗プロバイダです。

格安SIMであるOCNモバイルONEとのセット割(毎月200円)に対応しているので、通信費でスマホと回線を決めたい方にはおすすめです。

注意点としてOCNは公式サイトではキャンペーン等を行っていないという点があります。

なので申し込む場合は確実に代理店Webサイトの申し込みフォームから手続きを行いましょう。

ちなみに下にあるリンクが当サイトで推奨している、代理店の中で一番条件の良いキャンペーンです。

契約プラン料金
戸建てタイプ5,100円
マンションタイプ3,600円

DMM光

動画や書籍などでお馴染みのDMMも光コラボとしてサービスを提供しています。

格安SIMで

DMMモバイル

を利用している方はセット割の対象なので、是非DMM光を検討しましょう。

また、DMM光がほかの光コラボと一線を画すのが「ダイレクトコネクト」です。

DMM光を契約していると直接DMMサーバーと接続してくれるため、DMMの動画や書籍といったサービスを利用するとき曜日や時間に関係なくダウンロード時間を7割も削減することが可能なのです。

正直これ目当てでDMM光と契約をする人がいるくらい画期的なサービスです。

DMMユーザーはDMM光一択と言っていいでしょう。

契約プラン料金
戸建てタイプ3,720円~5,420円
マンションタイプ3,780円

楽天コミュニケーションズ光

皆さんご存知、国内最大規模のショッピングサイトを運営している楽天が提供する光コラボが楽天コミュニケーションズ光です。

楽天コミュニケーションズ光は、楽天スーパーポイントが毎月貯まるという特徴があり、貯めたポイントは買い物に使用することはもちろんマイルに交換し旅行に行くことも可能です。

楽天をよく利用する方は、お得にポイントがたまる楽天コミュニケーションズ光の契約を考えて良いでしょう。

契約プラン料金
戸建てタイプ4,800円
マンションタイプ3,800円

DTI光

株式会社ドリーム・トレイン・インターネットが運営する光回線です。

専門スタッフがトラブル時に遠隔操作で対応してくれる等、機械操作が苦手な人に評判の良いプロバイダです。

自社SIMであるDTI SIMとのセット割(毎月最大120円)だけでなく、auスマホとのセット割(毎月最大1,200円)や、東京ガスのガス・電気セット割(毎月最大250円)があるなど割引が豊富なので、通信費・生活費の料金を見直したいという方はDTI光を一度検討しても良いでしょう。

契約プラン料金
戸建てタイプ4,800円
マンションタイプ3,600円

Yahoo!BB

日本にインターネット定額制を根付かせブロードバンド黎明期をけん引したADSLの老舗プロバイダです。

ソフトバンクの子会社であるため光コラボはソフトバンク光の回線を使用しており、ソフトバンクのスマホを対象にした「おうち割」が適用され、スマホ利用料を毎月1,080円割り引かれるサービスを行っています。

ですが総合的な割引額はやはりソフトバンク光に及ばないので、ソフトバンクユーザーの方はあくまで契約の候補として覚えておきましょう。

契約プラン料金
戸建てタイプ5,200円円
マンションタイプ3,800円

エキサイト光

伊藤忠商事の関連会社であるエキサイト株式会社が提供する光回線です。

従来のPPPoE接続を採用した光コラボがエキサイト光、次世代のIPv6 IPoE接続を採用した方がexcite MEC光と分かれています。

基本の月額が割引済みと言っていいほど安いですが、その分初期費用の割引やエキサイトモバイルとのセット割はありません。

スマホとセットで使うと乗り換えがしづらくなるからスマホと光回線は分けて契約をしたいという人は、セット割なしで純粋に月額料金が安く設定されているエキサイト光を検討しましょう。

契約プラン料金
戸建てタイプ4,360円
マンションタイプ3,360円

U-NEXT光

映像配信サービス「U-NEXT」を展開するUSENが運営する光回線がU-NEXT光です。

自社の格安SIM「U-mobile」とのセット割は2回線以上の契約から割引対象です。

契約後はU-NEXTで使用できるポイント配布のイベントもあるので、U-NEXTで映画やドラマを見たいという方は、U-NEXT光での契約を考えて良いと思います。

契約プラン料金
戸建てタイプ4,200円
マンションタイプ3,180円

Broad光

ネット回線の代理店オールコネクト傘下の会社で、株式会社リンクライフが提供する光コラボです。

名前で分かれており光コラボはbroad光、とフレッツ光のプロバイダとしてはBroadOneとして業務を行っています。

ネガティブな口コミが多く料金もそこまで安くは無いので、残念ですが現状契約するメリットはありません。

契約プラン料金
戸建てタイプ5,180円
マンションタイプ4,080円

Marubeni光

丸紅グループの丸紅テレコムが運営する光コラボで、データ専用SIM「マルファイ」とのセット割が利用できます。

また、光回線と言えば定額制がスタンダードですね。

例えば月額5,000円の光回線を契約していたとして、月に50時間以上ネットにつなぐ人も5時間しか利用しない人も同じ5,000円を支払わなければなりません。

その点、Marubeni光は戸建(ファミリータイプ)限定で従量制プランを展開しており、全く使わない人で3年間利用する前提なら月3,400円という破格の料金で抑えることが出来ます。

ですが解約金の高さやセット割の無さなどメリットに比べて強めのデメリットも多いので、じっくり検討してから契約しましょう。

契約プラン料金
戸建てタイプ4,250円~4,350円
マンションタイプ2,850円~3,850円

@TCOM光

株式会社TOKAIコミュニケーションズが運営するプロバイダで、格安SIM「LIBMO」を利用していると、1台までの適用で毎月最大300円のセット割を受けることができます。

ですがその他特筆すべき特徴も無いので、現状@TCOMを選んで契約するメリットはありません

もし格安SIMユーザーでLIBMOを利用している場合は検討しましょう。

契約プラン料金
戸建てタイプ5,100円~6,400円
マンションタイプ3,800円~5,000円

Drive光

2012年創業の株式会社Twelve(トゥエルブ)が運営するプロバイダです。

Driveスーパープランforドコモ光(ドコモ光+Driveスーパープラン)ならドコモのスマホとのセット割に対応していますが、光コラボのメリットである窓口の一本化を崩してでも利用するメリットははっきり言って無いです。

ドコモユーザーの方が知識程度に覚えておく分には良いでしょう。

契約プラン料金
戸建てタイプ5,100円~6,400円
マンションタイプ3,800円~5,000円

AsahiNet光

朝日新聞社のASAHIパソコンネットを源流とする株式会社朝日ネットが運営する光回線がAsahiNet光です。

格安SIM「ANSIM」のセット割(毎月200円)に対応しており、元々の基本料金も他社に比べ1,000円程安いという特徴がありますが、その分割引が弱く料金に関してはあまり他社と差が付きません。

取扱代理店が無くキャッシュバックも期待できないので、申し込む場合は公式サイト一択です。

契約プラン料金
戸建てタイプ4,680円~
マンションタイプ3,780円~

hi-ho光

ISPホールディングスの子会社である株式会社ハイホーの提供する光回線ですが、正直言うと違約金の高さネガティブな口コミが多いです。

一概に悪いとは言えませんが、それらの悪い要素を考慮しなかったとしても契約するほどのメリットも特別見当たらないのが実情です。

格安SIM「hi-ho LTE typeDシリーズ」のセット割(毎月216円)に対応しているので、利用しているという方は契約を考えて良いでしょう。

契約プラン料金
戸建てタイプ5,100円
マンションタイプ3,900円

plala光

NTTコミュニケーションズ主要グループ企業のひとつ株式会社NTTぷららが運営する光回線です。

ドコモ光回線との組み合わせが使えるのでドコモユーザーには多少メリットがありますが、ドライブ光の項目でも説明したように窓口の一本化を崩してまで契約するメリットはありません。

ADSLやISDNから乗り換える場合40,000円キャッシュバック、光回線工事費無料、事務手数料無料、インターネット接続設定無料の、計64,000円分お得になるキャンペーンを行っているため、他回線から乗り換える方にはおすすめです。

契約プラン料金
戸建てタイプ4,800円
マンションタイプ3,600円

WAKWAK

NTT東日本の子会社であるNTT-MEが提供しているプロバイダです。

光コラボも提供しているものの、回線はほかの光コラボと契約しなければならないという光コラボのメリットを完全に殺すサービス内容で、特にスマホとのセット割も受けられないので現状では光コラボのプロバイダとしてwakwakを選ぶメリットはありません

契約プラン料金
戸建てタイプ950円(プロバイダのみ)
マンションタイプ800円(プロバイダのみ)

エディオン光

家電量販店大手の株式会社エディオンが展開する光回線です。

スマホとのセット割等は無いですし、エディオンで使えるポイントが貯まるわけでもないので、契約するメリットは現状ありません。

契約プラン料金
戸建てタイプ5,200円
マンションタイプ3,800円

TNCヒカリ

TOKAIコミュニケーションズが運営する光回線です。

格安SIM「LIBMO」とのセット割(毎月最大300円)に対応していますが、それ以外に目立った特徴はありません。

契約プラン料金
戸建てタイプ5,100円
マンションタイプ3,800円

IIJmioひかり

IIJは株式会社イードが毎年実施している通信速度測定サービス「RBB SPEED TEST」の『RBB SPEED AWARD 2017』(※)において、光コラボレーション部門西日本エリアで最優秀賞を受賞しています。

ただ、回線はNTTの回線なので速度で明確な優劣はつかないはずであり、この結果は元々IIJの回線を利用しているユーザーが少なく、混雑が回避されたことによって実現された可能性があります。

格安SIMでIIJmioを利用しているならばセット割を利用する契約を考えますが、
その他、特筆すべき強みもないので推奨はしません。

(※)参照:http://www.iid.co.jp/news/press/2018/022201.html

契約プラン料金
戸建てタイプ4,960円
マンションタイプ3,960円

スマホ別おすすめ光コラボ

auユーザーにおすすめ

auひかり提供エリア外の場合はコレ!
so-net光
4.5
回線so-net光(フレッツ光)
プロバイダso-net
回線速度最大1Gbps
月額料金2,600~5,200円
セット割月500円~2,000円割引
so-net光

so-netはauひかり回線のプランだけでなく、NTTフレッツ光との光コラボであるso-net光も展開しております。しかもso-net光はNTT回線を使用している光コラボであるのにも関わらずauスマホとのセット割であるauスマートバリューを受けることが出来ます。もし自宅がauひかりの提供エリア外でauのスマホを利用している人はso-net光を選びましょう。
また、文中で紹介したようにso-netならば後々auひかりとNURO光の2社へ乗り換える際に情報の移行が容易に出来ます。
キャンペーン等も豊富なので、是非auユーザーは検討をしましょう。

ドコモユーザーにおすすめ

スマホと光をドコモでまとめてお得!
ドコモ光
5
回線ドコモ光(フレッツ光)
プロバイダドコモ光
回線速度最大1Gbps
月額料金4,000円~5,400円
セット割月500~1,600円割引
ドコモ光

ドコモのスマホを利用しているならフレッツ光とドコモとの光コラボである「ドコモ光」ほぼ一択です。
一人で利用するのか、家族で利用するのか、申し込むプランによって変わってきますが、ドコモのスマホを利用している人なら月額料金から月500円~1,600円の割引が受けられます。
そして、ドコモの利用者はこれ以上の割引を受けられる回線・プロバイダは現状他になく、他社と比較する必要すらありません
ドコモのスマホを利用していて少しでも料金を安くしたいと考える人はドコモ光を申し込みましょう。

ソフトバンクユーザーにおすすめ

スマホと光をソフトバンクでまとめてお得!
ソフトバンク光
5
回線ソフトバンク光(フレッツ光)
プロバイダソフトバンク光
回線速度最大1Gbps
月額料金3,800~5,200円
セット割月500~1,000円割引
ソフトバンク光

ソフトバンクのスマホを利用しているなら戸建て・集合住宅問わず「ソフトバンク光」が一番お得になります。
一人でソフトバンクのスマホを利用しているならスマホ料金から500円~1,000円、家族4人でソフトバンクのスマホを利用しているならスマホ料金から2,000円~4,000円の割引が受けられます。
料金の安さを最も重視するなら間違いなくソフトバンク光がオススメです。

まとめ

ここまで光コラボを紹介しましたが、途中に触れたように光回線にはNTT以外の回線もあります。

NTTの回線として一番のメリットが、提供エリアが広いという点です。

auやソフトバンクのスマホを利用している方は、提供エリア内ならばauひかりNURO光といった別の光回線の検討もおすすめします。

auひかりは豊富な割引を利用しての月額料金の安さが特徴としてありますし、NURO光には標準で2Gbpsの回線速度があります。

2社ともに光コラボに比べて高額のキャッシュバックを行っていますし、提供エリアと居住形態さえ適合すれば最大10Gbpsの高速回線を利用できます。

2社の回線について気になる方はこちらの記事もご覧ください。


スポンサーリンク

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。