1. ホーム
  2. 回線・プロバイダ比較
  3. ≫光コラボ徹底比較!乗り換えにおすすめの10社を紹介【2018】

光コラボ徹底比較!乗り換えにおすすめの10社を紹介【2018】

普段インターネットを利用しているときや、
月々のネットの利用料金をチェックしているとき、

「自分が加入しているプランは本当に最適なのか?」
「もっと安くなるんじゃないの?」

と、考えることはありませんか?

当サイトでは自身が利用しているスマホとセット割があるプロバイダこそ最適だと紹介しています。

皆さんが現在加入している回線プランにはセット割は適用されていますか?
また、適用されていたとしても実は他社の方が料金がお得になる事を見落としてはいないでしょうか?

ですが、いざ乗り換えを検討しようにも、
どこの会社の何を比較したらいいか分からないといった方も多いと思います。

当記事では誰もがお得にインターネットを利用するための、
乗り換えについての情報やおすすめのプロバイダを紹介します。

スポンサーリンク

乗り換えの必要性

乗り換えを検討する理由として、

  • 回線速度を向上させたい
  • 利用料金を安くしたい

このどちらか、もしくは両方が考えられます。

初めにこの二点について解説します。

回線速度の向上について

まず初めに注意することが、乗り換え(転用)によって回線速度の改善を図る場合、
「フレッツ光→光コラボA」「光コラボA→光コラボB」といった乗り換えの形では、回線速度の向上はあまり見込めないという点です。

なぜなら、光コラボを販売するプロバイダは自社で回線を新設しているわけではなく、回線自体は全社とも今までのフレッツ光と同じNTTの光回線を使用しているからです。

BIGLOBE光やso-net光、@nifty光といったように色々なブランド名を掲げる光コラボがあるので一見プロバイダによって回線品質が異なるようにも見えますが、どこもNTT回線を使用しています。

速度を上げようと思ったらそれこそKDDIのauひかりとか、So-netのNURO光といったように、そもそもの回線事業者を乗り換える必要があります。

たまに回線が同じでも乗り換えをしたら通信速度が変わったというレビューや口コミをネット上で見かけますが、
通信速度はお住まいの地域や通信環境や時間帯によっても大きく左右されるので、
乗り換えたこと自体が速度の変化に直接関係しているとは言い切れません

現在光回線は、

  • 光コラボ(NTT回線)
  • auひかり(KDDI回線)
  • NURO光(so-net回線)
  • 電力系光回線

といった種類があるので、
本気で回線速度(通信速度)に不満がある方は、
回線事業者ごと変更するというのも手段のひとつです。

利用料金について

乗り換えることで利用料金を安くすることは可能です。

今や光コラボはスマホとのセット割を展開している業者がほとんどのため、
フレッツ光から光コラボへの移行はお得になる場合が多いです。

他にも「光コラボA→光コラボB」といった同じ回線内での乗り換えや、
別の光回線への乗り換えもお得になる可能性は充分あります。

例えばauのスマホを利用しているならば光コラボよりも、「auひかり」を利用した方がお得になりますし、ソフトバンクのスマホを利用しているなら「NURO光」は光コラボと比較して利用料金が安くなります。

ですが2社とも対応エリアが限定されているので、こちらも手段のひとつとして考えましょう。

また、さらに通信費を安くしたいのであれば、
スマホを3大キャリアではなく格安SIMにすることで通信費全体の利用料金はもっとお得になります。

「格安SIM」とは

格安SIMとは小さなICカード(SIMカード)を使った、低価格でインターネットや通話を利用できる通信サービスです。

最近はドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアだけでなく格安SIMの利用者も増えてきており、固定回線も各社格安SIM利用者の囲い込みに乗り出しています。

例を出すと、DMMの光コラボである「DMM光」と自社の格安SIM「DMMモバイル」はセットで、月額6,130円の値段設定になっています。

3大キャリアでセット割を使用すると、どうしてもスマホと回線を合わせて利用料が10,000円前後になってしまうので、比較してみるとDMMの格安SIMのセット割が破格の安さだと分かりますね。

格安な分3大キャリアとはスマホの回線品質で差が出ますが、とにかく通信費を安くしたいという方はスマホごと変えることを検討しましょう。

では、以下からおすすめの光コラボをタイプ別で紹介します。

現在のスマホ基準で選ぶなら

まずドコモソフトバンクauの3大キャリアのスマホを利用している方に、
おすすめの光コラボをご紹介します。

ドコモ

スマホと光をドコモでまとめてお得!
ドコモ光
5
回線ドコモ光(フレッツ光)
プロバイダドコモ光
回線速度最大1Gbps
月額料金4,000円~5,400円
セット割月500~1,600円割引
ドコモ光

ドコモのスマホを利用しているならフレッツ光とドコモとの光コラボである「ドコモ光」ほぼ一択です。
一人で利用するのか、家族で利用するのか、申し込むプランによって変わってきますが、ドコモのスマホを利用している人なら月額料金から月500円~1,600円の割引が受けられます。
そして、ドコモの利用者はこれ以上の割引を受けられる回線・プロバイダは現状他になく、他社と比較する必要すらありません
ドコモのスマホを利用していて少しでも料金を安くしたいと考える人はドコモ光を申し込みましょう。

ソフトバンク

スマホと光をソフトバンクでまとめてお得!
ソフトバンク光
5
回線ソフトバンク光(フレッツ光)
プロバイダソフトバンク光
回線速度最大1Gbps
月額料金3,800~5,200円
セット割月500~1,000円割引
ソフトバンク光

ソフトバンクのスマホを利用しているなら戸建て・集合住宅問わず「ソフトバンク光」が一番お得になります。
一人でソフトバンクのスマホを利用しているならスマホ料金から500円~1,000円、家族4人でソフトバンクのスマホを利用しているならスマホ料金から2,000円~4,000円の割引が受けられます。
料金の安さを最も重視するなら間違いなくソフトバンク光がオススメです。

au

auひかり提供エリア外の場合はコレ!
so-net光
4.5
回線so-net光(フレッツ光)
プロバイダso-net
回線速度最大1Gbps
月額料金2,600~5,200円
セット割月500円~2,000円割引
so-net光

so-netはauひかり回線のプランだけでなく、NTTフレッツ光との光コラボであるso-net光も展開しております。しかもso-net光はNTT回線を使用している光コラボであるのにも関わらずauスマホとのセット割であるauスマートバリューを受けることが出来ます。もし自宅がauひかりの提供エリア外でauのスマホを利用している人はso-net光を選びましょう。

スマホごと乗り換えるなら

紹介した3大キャリア以外へスマホごと乗り換える場合の、
格安SIMとのセット割があるおすすめ光コラボを紹介します。

DMM光

DMMモバイルとセットで!
DMM光
5
回線DMM光(フレッツ光)
プロバイダDMM光
回線速度最大1Gbps
月額料金3,720円~5,420円
セット割月500円割引
DMM光

DMMユーザーは「DMM光」一択と言っていいでしょう。
DMMがほかの光コラボと一線を画すサービスである「ダイレクトコネクト」により、契約していると直接DMMサーバーと接続してくれるため、DMMの動画や書籍といったサービスを利用するとき曜日や時間に関係なくダウンロード時間を7割も削減することが可能な画期的なサービスです。
また、新規加入で初期工事費18,000円無料5,000円キャッシュバック23,000円分お得と料金プランも充実しており、
格安SIMでDMMモバイルを利用していれば、月500円のセット割の対象なので、是非DMM光を検討しましょう。

OCN光

OCN光
一家5人で最大1,000円割引!
OCN光
4.5
回線OCN光(フレッツ光)
プロバイダOCN光
回線速度最大1Gbps
月額料金3,600円~6,200円
セット割月200円割引

格安SIMのMVNOである「OCNモバイルONE」をセットで利用しているとスマホの月額料金が毎月200円割り引かれます。最大5回線までの割引で、1回線につき200円割引が適用されるので、家族5人でOCNモバイルONEを利用していれば一家で毎月1,000円の割引が受けられるので、家族で揃えた場合格安SIMの元々の利用料金の安さも相まって通信費の大幅削減になります。会員数800万人以上を抱える国内最大のプロバイダなので、下手な新興プロバイダよりも企業としての信頼性もあります。

格安SIMセット割回線一覧表

以下、紹介したものも含めてスマホと固定回線のセット割を展開しているMVNOと光コラボの組み合わせを紹介します。

MVNO おすすめプロバイダ 月額料金 セット割 公式HP
DMMモバイル DMM光 3,720円~5,420円 500円/月 公式HP
OCNモバイルONE OCN光 5,100円~6,200円 200円/月 公式HP
NifMo @nifty光 4,500円~5,200円 200円/月 公式HP
BIGLOBE SIM BIGLOBE光 4,980円 300円/月 公式HP
DTI SIM DTI光 4,800円 150円 公式HP
U-mobile U-NEXT光 4,980円 100円~300円 公式HP
IIJmio IIJmioひかり 4,960円 600円 公式HP

スマホは無視して比較

「使用しているスマホと光回線をセットにすると簡単に乗り換えができなくなるから別々に契約したい」

という方もいると思うので、最後にキャンペーンや料金、
契約金・解約金といった別ジャンルの中でおすすめの光回線をご紹介します。

キャンペーン比較

キャッシュバックなどのキャンペーンは、実店舗で申し込みを行うと、店舗での人件費や不動産賃料がかかる分どうしても内容が薄くなってしまいます。

なので申し込みは販売代理店のWEBサイトの窓口から行うのが一番お得です。

そういったお得なキャンペーンはほとんどが期間限定で行っているため、
中々比較しづらいといった事情がありますが、
今回は他社と比べ高額のキャッシュバックや大幅な割引を多く行っている光コラボをご紹介します。

BIGLOBE光

お得なキャンペーンが多い!
BIGLOBE光
5
回線BIGLOBE光(フレッツ光)
プロバイダBIGLOBE
回線速度最大1Gbps
月額料金3,980円~4,980円
セット割月300円~2,000円割引
BIGLOBE光

BIGLOBEは取り扱い代理店が多く、各代理店が競争して3万円を超える高額キャッシュバックや、利用料金の大幅割引などの魅力的なキャンペーンを行っています。代理店によってはキャッシュバックに併せてタブレットやルーターをプレゼントしているところもあるので、現金以外の特典も充実しています。また、自社の格安SIMのBIGLOBEモバイルとのセット割や、auスマホとのセット割の「auスマートバリュー」も利用出来るので、
料金を安くしたい方や、auスマホを使用していて「auひかり」のサービス提供エリアの方にもおすすめです。

@nifty光

@nifty光
固定電話を使わない人はコレ!
@nifty光
4.5
回線@nifty光(フレッツ光)
プロバイダ@nifty光
回線速度最大1Gbps
月額料金3,400円~5,200円
セット割月500円~1,200円割引

ニフティは新規だけでなく乗り換えの方にも同額の高額キャッシュバックを行うなど、キャンペーンの対象者が多いです。
また、auユーザーにもおすすめで、auスマホとのセット割であるスマートバリューを利用して、利用料金から最大2,000円の割引を受けることが可能です。他にも格安SIMである「NifMo」を利用しての割引や、「@niftyでんき」をセットで契約した時のキャッシュバックや割引などがあるので、生活で使用するもの全てをニフティで統一すると全ての利用料金の削減に繋がります。

上記で紹介した2社以外にも光コラボの中でお得なキャンペーンを行っている事業者や代理店は多くあります。

各代理店、プロバイダ公式サイトの最新のキャンペーン・キャッシュバックを紹介している記事があるので、興味のある方は以下の記事もご覧ください。

また、光コラボ以外のキャンペーン特典について興味がある方は、是非併せてこちらもご覧ください。

月額料金比較

「全くインターネットを使わない」
「使わない分料金を安くしたい」
といった方におすすめな光コラボをご紹介します。

Marubeni光

従量制プランで使った分だけ支払い!
Marubeni光
5
回線Marubeni光(フレッツ光)
プロバイダMarubeni
回線速度最大1Gbps
月額料金2,700円~5,900円
セット割無し
Marubeni光

純粋な月額料金で決めるならMarubeni光を推奨します。
光回線は定額制がスタンダードなのですが、Marubeni光は定額制プランの他に戸建(ファミリータイプ)限定で従量制プランも展開しています。使用してもしなくても月々決まった料金を支払う定額制と違い、Marubeni光は全く使わない人で3年間利用する前提なら月3,400円という破格の料金で抑えることが出来ます。ネットの使用頻度が少ない人にMarubeni光はオススメです。

光コラボ以外の光回線も含めた計16社の月額料金の比較記事もありますので、
そちらもご覧ください。

契約期間・解約金比較

「最低利用期間とか違約金なんて考えたくない」という方におすすめの光コラボです。

エキサイト光

契約に縛られたくないならココ!
エキサイト光
5
回線エキサイト光(フレッツ光)
プロバイダエキサイト光
回線速度最大1Gbps
月額料金3,360円~4,360円
セット割無し
エキサイト光

エキサイト光の特徴として契約期間と違約金とセット割が無いことが挙げられます。
セット割が無いことは一見デメリットのように感じますが、エキサイト光は元々設定されている月額料金が他社で割引を適用した金額と同じくらいに安いので、セット割特有の「一度まとめて一社で契約してしまうと他のプロバイダに乗り換えづらい」というデメリットを解消しています。最安値クラスの料金と縛りの無い契約内容がエキサイト光の魅力なので、契約に縛られずとにかく料金を抑えたいという人はエキサイト光を申し込んでおけば間違いないでしょう。

DTI光

DTI光
違約金無しに割引も!
DTI光
4.5
回線DTI光(フレッツ光)
プロバイダDTI光
回線速度最大1Gbps
月額料金3,600円~4,800円
セット割月150円~1,450円割引

エキサイト光と同じく違約金や契約期間が無いDTI光ですが、エキサイト光との違いとしてセット割等の割引が充実している点が挙げられます。格安SIM「DTI SIM」とのセット割で月額150円の割引だけでなく、東京ガスのガス・電気を同時に利用するセット割を展開しており、全てのセット割を利用すれば最大1,450円という大幅な割引を受けることが出来ます。契約に縛られたくないし割引も利用したいという方はDTI光を利用しましょう。

各プロバイダごとの契約期間や違約金をまとめた記事はこちらです。

まとめ

以上で乗り換えにおすすめな光コラボの紹介を終わります。

乗り換えを迷っているという方、当記事は参考になりましたか?

もしあまりピンとこなかったという方は、文中の「乗り換えの必要性」という項目でも触れたように、光コラボ以外の光回線を一度考えてみてもいいかもしれません。

こちらの記事で最適な回線・プロバイダの選び方、スマホ別のおすすめ光回線などを紹介していますので、併せて参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。