1. ホーム
  2. 基礎知識
  3. ≫インターネット回線の引っ越しまとめ!光回線・プロバイダの移転手続き・流れ・費用など!

インターネット回線の引っ越しまとめ!光回線・プロバイダの移転手続き・流れ・費用など!

転勤や結婚等で引っ越しをしなければならなくなった場合、既に契約をしている光回線はどのような手続きをすればいいのでしょうか。

方法としては大きく分けて

  • 現在契約しているプロバイダ・回線業者を引っ越し先でも継続利用する
  • 現在契約しているプロバイダ・回線業者を解約して引っ越し先で新たに契約する

の2パターンが考えられます。

そこで引っ越し先で継続利用する場合と、解約して契約し直す場合の手続きや費用などを解説させていただきます。

是非参考にして下さい。

注意点
  • NURO光は光コラボやauひかりで言うところの「移転手続き」というものがありません。詳しくは下で説明します。
  • 引っ越し手続きには1ヵ月近くかかる場合があります。引っ越す日程が決まり次第余裕を持って回線業者・プロバイダに連絡をしましょう。
スポンサーリンク

引っ越し・移転手続きの流れ


引っ越し先で契約中の回線が利用できるかどうか確認

一戸建てに引っ越す場合にはフレッツ光・auひかりなど契約している回線業者の提供エリア内かどうか、マンション・アパートに引っ越す場合にはフレッツ光・auひかりが契約されている建物かどうかということを事前に調べておく必要があります。
特にauひかりは提供エリア・契約建物が限られているので必ず確認しましょう。


回線業者・プロバイダのページで引っ越し手続き

回線業者・プロバイダの公式サイト上、またはログインページで引っ越し手続きをします。画面の案内に従って必要情報を入力しましょう。
※このステップはプロバイダにより手続きが異なります。回線業者・プロバイダの正規手順に基づき手続きをしてください。


機器返却・撤去工事

マイページで引っ越し手続きが完了すると後日プロバイダから連絡がくるので撤去工事の日程や移転先の工事日を調整します。
引越し前の契約住所に返却用伝票が送付されるはずなのでレンタル機器を返却しましょう。
※このステップはプロバイダにより手続きが異なる場合があります。プロバイダの正規手順に基づき手続きをしてください。


引越し先の開通工事

工事担当者から工事日の訪問時間帯や工事実施の確認のための連絡が電話で来るはずです。
工事当日は回線業者から派遣される工事担当者が利用者宅にきて開通工事を行います。時間にしておよそ1~2時間程度で完了します。
※工事は基本的に契約者の立ち合いが必要です。
※無派遣工事の場合は工事担当者からの連絡と宅内工事はありません。


インターネット接続・利用開始

回線移転・回線タイプ変更工事完了の連絡メールが届きます。契約プロバイダの接続IDにてパソコン・端末装置の設定を行いましょう。

移転にかかる費用

引っ越し先でも回線を継続利用が出来ると分かった場合、次に把握すべきは「移転にかかる費用」です。

移転手続きが可能な

  • フレッツ光
  • 光コラボ
  • auひかり

の費用をそれぞれ紹介します。

フレッツ光(東日本→東日本)

一戸建て 集合住宅
工事費 分割払いor一括払い
9,000円(300円/月×30回)
分割払いor一括払い
7,500円(250円/月×30回)
土日祝日
工事割増料金
3,000円

フレッツ光(西日本→西日本)

契約プラン 工事費
フレッツ 光ネクスト
ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼
ファミリー・ハイスピードタイプ
ファミリータイプ
フレッツ 光ライト
ファミリータイプ
18,000円
フレッツ 光ネクスト
マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼
マンション・ハイスピードタイプ
マンションタイプ
フレッツ 光ライト
マンションタイプ
ひかり配線方式 15,000円
フレッツ 光ネクスト
マンションタイプ
フレッツ・光プレミアム
マンションタイプ
VDSL方式
フレッツ 光ネクスト
マンションタイプ
フレッツ・光プレミアム
マンションタイプ
LAN方式 7,600円

光コラボ

一戸建て マンション
工事費 24,000円 24,000円
登録料 800円 800円
土日祝日
工事割増料金
3,000円
かけつけ設定サポート 初回基本設定(有線)6,800円 初回基本設定(有線)6,800円

auひかり

ホーム マンション マンションミニ ギガ
初期費用
(工事費含む)
1,250円×30カ月間=37,500円 1,250円×24カ月間=30,000円 1,250円×24カ月間=30,000円
登録料 800円 800円 800円
土日祝日
工事割増料金
3,000円
かけつけ設定サポート 初回基本設定(有線)6,800円 初回基本設定(有線)6,800円 初回基本設定(有線)6,800円

移転手続きが出来ないケース

NTT東日本・西日本をまたいで引っ越しをする場合のフレッツ光」および「NURO光」には移転手続きというものがなく、基本的に引っ越し先で同じ回線を利用する場合でも一度解約をして新規契約という形になります。

そして更新月以外での引っ越しの場合、通常の解約同様に契約解除料が発生します。

また、工事費用分割払いの残債分がある場合には一括での請求になります。

さらに言えば、引っ越し先の開通工事費も通常通り支払わなければならないので要注意です。

まとめ

まずは引っ越し先でも現在契約している回線業者が利用できるかどうかを調べましょう。

引っ越し先で同じ回線が利用出来なければそもそも新規契約をするしかないわけですから。

特にauひかりは提供エリアが狭く、契約している集合住宅も少ないので、今は利用出来ていたとしても引っ越し先では使えないケースというのが非常に多いです。

また、光コラボ(フレッツ光)を利用していてNTT東日本・西日本をまたいで引っ越すケースやNURO光を利用している人に関してはそもそも移転手続きというものが出来ないので新規契約をし直すしかありません

また、移転手続きには1ヵ月近くかかるケースがあるので、引っ越し先で利用できることが分かったら遅滞なく契約中の回線業者・プロバイダにその旨を連絡するようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。