1. ホーム
  2. 基礎知識
  3. ≫ホームゲートウェイ、ONU、ルーター、モデムとは?機器の役割を解説!

ホームゲートウェイ、ONU、ルーター、モデムとは?機器の役割を解説!

光回線を自宅に導入しようと調べていると、様々なカタカナや英語がでてきますよね。

たとえば、

  • モデム
  • ONU
  • ルーター
  • ホームゲートウェイ

などなど。

正直言って、これらのワードが出てくるだけで調べるのを止めてしまう方も大勢いらっしゃるかと思います。

光工事を申し込むと、基本的に工事業者の方がすべての手配をしてくれますが、はたしてすべての機器が本当に必要なのか?

不要なものをつけられて無駄にお金を支払わされないか?

という不安がありますよね。

ということで今回は、光回線工事でよく聞く機械の名称について、イメージしやすく「パソコン」を例にして説明していきたいと思います。

この記事を最後までご覧いただければ、光回線工事を行う際に本当に必要な機械がおわかりいただけます。

さっそく中身を見ていきましょう。

スポンサーリンク

モデムの役割

それでは、まずは「モデム」の説明からしていきます。

通常、私たちが使っているパソコンをインターネットにつなぐためには「Wi-Fiルーター」に接続しますよね。

その為、Wi-Fiルーターさえあればインターネットに接続できると思われがちなのですが、厳密には違います。

厳密には、Wi-Fiルーターと「モデム」と呼ばれる機械が必要になります。

この「モデム」と呼ばれる機械は、「電話回線」を使ったインターネット回線を利用してインターネット接続を可能とするものです。

つまり、私たちが使っているパソコンをインターネットに接続するためには「パソコン→Wi-Fiルーター→モデム→インターネット」という順となります。

電話回線を使ってインターネットに接続するため、厳密には光回線とはまったく関係のない名称なのですが、後述する「ONU」のことをモデムという工事業者の方もいいます。

ここでは、「インターネットに接続するためにWi-Fiルーターとセットで使う機械」と覚えておきましょう。

ちなみに、パソコンとモデムをLANケーブルでつなげばWi-Fiルーターがなくてもインターネットに接続できます。

この点は、後述の「ルーター」の項目で解説していきます。

ONUの役割

続いて、「ONU」と呼ばれる機械について説明していきます。

「ONU(Optical Network Unit)」とは、回線終端装置という名称の機械のことです。

これはなにかというと上述した「モデム」と同じ機能の機械のことです。

なぜ名称が違うのかというと、モデムが「電話回線」を使用してインターネットに接続するのに対し、ONUは「光回線」を使用してインターネットに接続をします。

つまり、私たちが使っているパソコンをインターネットに接続するためには「パソコン→Wi-Fiルーター→ONU→インターネット」という順となります。

近年では「光回線」が主流となっているので、基本的にONUを使ってインターネットに接続するという図式になります。

ただし、ONUのことをモデムと言う工事業者の方も多数いるので、こちらも「インターネットに接続するためにWi-Fiルーターとセットで使う機械」と覚えておきましょう。

ちなみに、ONUもLANケーブルを使ってパソコンと接続することで、Wi-Fiルーターがなくてもインターネットに接続することが可能です。

ルーターの役割

続いて、「ルーター」についての解説です。

こちらは、よく聞く「Wi-Fiルーター」のことを指します。

Wi-Fiルーターだけではインターネットに接続することはできません(モバイルルーターとは別の意味を指す言葉です)。

インターネットに接続するためには、これまで解説してきた「モデム」や「ONU」とパソコンをLANケーブルで有線接続する必要があります。

ところが、「モデム」や「ONU」に接続してインターネットにつなぐことができるのは1台につきパソコン1台までです。

また、これらの機械は基本的にWi-Fi接続(無線接続)はできないので、同時に複数台の接続はできません。

そこで、「モデム」や「ONU」とパソコンの間に「Wi-Fiルーター」をはさむことで、Wi-Fi接続が可能となり、一度に複数の機器をつないでインターネットに接続することができるようになるのです。

最近では「ONU」と「ルーター」が一体化している機種もあるため、必ずしも2台の機械が必要というワケではありません。

ホームゲートウェイの役割

最後に「ホームゲートウェイ」の解説をしていきます。

ホームゲートウェイとは、光電話に対応したルーターのことを指します。

工事業者の方は、ホームゲートウェイのことをルーターと言う方も多いです。

光電話とは、光回線を使用した光IP電話のことで電話料金が安く抑えることができるので人気の固定電話サービスです。

基本的に、「光電話を使う場合のみホームゲートウェイという名前のWi-Fiルーターを使う」と覚えてもらえればよいかと思います。

ちなみに、ホームゲートウェイは通信会社がレンタルしている機械なので、自分で購入することはできません。

レンタルする際は別途料金が発生するので、光電話を利用しないのであればレンタルする必要はありません。

まとめ

以上、光回線に伴う機械の名称について解説してまいりました。

最後に、この記事をおさらいしていきましょう。

  • モデム:電話回線を使用してインターネットに接続するためのもの
  • ONU:光回線を使用してインターネットに接続するためのもの。モデムとほぼ同じ意味
  • ルーター:よく聞くWi-Fiルーターのこと。モデムやONUとつないで無線接続でインターネットを使えるようにする機械
  • ホームゲートウェイ:光電話つきのルーターのこと。通信会社からのレンタルでしか利用できない

要するに、モデム=ONU、ルーター=ホームゲートウェイというイメージで覚えていただければ良いかと思います(厳密には違います)。

基本的には、ONUとルーターの2台があればインターネットに接続することができます。

光電話を利用する場合は、ONUとホームゲートウェイという組み合わせで利用することになります。

パスワード暗号化やセキュリティ性を高める意味で別途機械を用意するケースはありますが、基本的には多くとも2台の機械に接続すればインターネットを利用することができます。

これを覚えておけば、不要な機械をつけられて余計なお金を支払わなくて済むので覚えておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。