huluやU-NEXTを見るのにオススメのネット回線を解説します

2020年3月以降、自宅で過ごす時間が増えた人がほとんどだと思います。

そしてまた、自宅でのインターネット利用時間も増えたのではないでしょうか。

ネットを使ってリモートワークをする人、オンライン授業を受ける人などなど・・・。

そんな中、やはり利用者を急激に増やしているのがhuluやU-NEXTといった動画配信サービス(VOD)です。

かくいう筆者も最近になってVODで海外ドラマを見る時間が増えました。

ただ同時に、WiMAXを利用しているせいか、ストリーミングの遅延も気になるようになりました。

VODをはじめ、ネットのサービスを快適に楽しむために、ネット回線をどこで契約するのかというのはとても重要です。

本記事ではネット利用者が増えた最近の社会情勢も踏まえ、なにを契約すべきかをテーマにしてみたいと思います。

スポンサーリンク

口コミ・評判

高画質で閲覧するために、動画を途切れずに見るためにはネット回線が安定している必要があります。

安定しているとはつまり、それなりに回線速度が速いこと、そしてデータ通信量に余裕があることを指します。

実はネットの利用者が急増した2020年4月以降、モバイルWiFiルーターの契約者が急増しているのですが、同時に回線速度やデータ通信量に不満を抱えている人も増えているんです。

まずは最近のネット回線に関する口コミをご覧ください。

こんな感じで2020年3月以降、ネット回線の利用者が急増したことから、ネットが遅いと感じる人が増えている現状があります。

ちなみに筆者自身、最近は主に自宅で仕事をしたり動画配信サービスを利用したりする時間が増えたのですが、自宅で利用しているWiMAXはすぐに速度制限に引っかかってしまって困っております。

そんなわけで、ここ最近の社会情勢を鑑みると、最もストレスなくネットに接続できるのは光回線だと断言できます。

ネット回線比較

完全な主観で申し訳ありませんが、ひとまず最近恐らく人気があるであろうネット回線を比較してみましょう。

eo光どんなときもWiFiUQ WiMAXソフトバンクエアー
料金5,049円/月3,480円/月3,880円/月4,880円/月
速度1~10Gbps下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
下り最大440Mbps
上り最大75Mbps
Airターミナル2:261Mbps
Airターミナル3:350Mbps
Airターミナル4:481Mbps
データ通信量無制限実質無制限3日間で10GBまで実質無制限

光回線も色々な種類がありますが、電力系の光回線は割と評判が良いので関西電力系のeo光を挙げました。

回線速度に関しては、まぁ言うまでもないでしょうけど、光回線のeo光に軍配があります。

ただし、ここで注目すべきは回線速度ではありません。

確かに4Kや8Kの映像を見るのであれば、確かに回線速度は必要です。

ただしVODレベルの映像であれば5Mbps前後が出ればストレスなく見ることが出来ます。

ここで注目したいのは「データ通信量」です。

どんなときもWiFiやソフトバンクエアーは実質無制限ですが、どちらも「常識的な範囲内で使い放題」という注釈がセットになります。

つまりモバイル回線は帯域に制限があり、全員がネット回線を使いまくったら制限をかけざるを得ないので、注釈をつけているんです。

ただ、ネット利用者が急増しだした2020年3月以降、モバイル回線の帯域は圧迫され、実質無制限をうたうモバイルWiFiルーターは制限を設けたり、あるいは新規受付停止をしたりしているのが現状です。

実質無制限系のモバイルWiFiルーターは恐らく新しいのが出ては消える状況が続く気がします。

要するに、文字通り完全に無制限なネット回線というのは光回線しかないんです。

結論

近年では、あえて工事をして光回線を導入しなくても、動画を見る程度であればモバイルWiFiルーターだけで十分まかなうことが出来ていました。

そして当サイトでも、オンラインゲームをする人に限っては光回線、そうでない人はモバイルWiFiルーターもオススメをしてきました。

しかし生活のあらゆる場面でインターネットに接続する人が急増した2020年3月は、間違いなく大きな変化の潮目となりました。

これだけトラフィックが増大しているのであれば、どんな用途であれモバイルWiFiルーターでは不安定ですから、やはり光回線を引くのがベストです。

光回線は確かにモバイルWiFiルーターに比べて工事が必要ですし月額料金も1,000円ほど高いですが、遅延というストレスから解放されるのなら払う価値はあります。

何よりネット接続が遅いということは何より貴重な時間を失うことになります。

ネット回線ほど安物買いの銭失いという言葉が当てはまるものはありません。

ちなみに光回線にも色々な事業者がサービス提供をしていますが、ソフトバンク光やドコモ光といったように全国展開していて、かつ契約者数が多いところは夜間に速度が低下しやすいという口コミが多いです。

ですから、比較表で挙げたような、その地域限定の光回線というのはオススメなんです。

関西エリアの人は是非eo光を検討してみてください。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください