1. ホーム
  2. 回線・プロバイダ比較
  3. ≫JCOMとauひかりどっちが良い?料金・速度など徹底比較!

JCOMとauひかりどっちが良い?料金・速度など徹底比較!

auスマートフォンを使っている人で、これからインターネットを新しく契約しようと考えた時に思いつくのが「JCOM(ジェイコム)」「auひかり」の2つですよね。

どちらに申し込んでも、auスマートフォンの月額料金が安くなる【auスマートバリュー】が適用されるのでとてもお得になります。

ただ、ここで気になるのが「果たして、JCOM(ジェイコム)とauひかり、どっちがお得なの?」という点かと思います。

そこでこの記事では、JCOM(ジェイコム)とauひかりを以下の4点について徹底的に比較しました。

JCOMとauひかりの比較項目4点
  • 回線速度
  • 月額料金
  • キャッシュバックの内容
  • その他(工事費用・違約金・開通期間等)

これら4点を徹底的に比較した上で、最終的にJCOM(ジェイコム)とauひかりのどちらに申し込むのがお得なのかをお伝えしていきます。

JCOM(ジェイコム)とauひかりのどちらかで悩んでいるなら、ぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク

JCOMとは?


画像引用:JCOM企業情報トップ

まずは、JCOMに申し込む場合のメリット・デメリットを簡単に確認していきましょう。

JCOMのメリット・デメリットは、以下の通りです。

メリット

JCOMのメリット
  • ネットとテレビがセットの料金プランがある
  • テレビのチャンネル数が多い

それぞれを解説していきます。

ネットとテレビがセットの料金プランがある

JCOMでインターネットを契約する場合、選択肢は以下の4通りがあります。

JCOMの料金プラン
  • NETコース:インターネットのみ
  • NETパックコース:インターネット+VOD、電話、MOBILEの3つからどれか1つを選ぶセット
  • スマートお得セレクト:テレビ+インターネットのコース。電話も追加可能
  • スマートお得プラン:テレビ+インターネット+VODか電話のどちらかを選んだ3点セット

この内、「スマートお得セレクト」と「スマートお得プラン」はインターネット以外にテレビ視聴のサービスも付与されている料金プランです。

スマートお得セレクトかスマートお得プランのどちらかに申し込めば、インターネットとテレビの両方が使えるようになるので、面倒な手続きが必要ありません。

インターネットやテレビ関連の料金プランは複雑になっていることが多いですが、JCOMは上記2つのどちらかを選べば両方とも使えるようになるのが利点です。

テレビのチャンネル数が多い

JCOMでは、最大で90チャンネルのCS放送を視聴することができます

auひかりの「auひかりテレビ」では最大で42チャンネルまでなので、JCOMなら倍以上の番組を楽しむことができます。

さらに、別途オプションに申し込めば「WOWOW」やスポーツ専門番組を視聴することもできます。

JCOMは様々な番組を楽しみたいという人には打って付けです。

デメリット

JCOMのデメリット
  • 月額料金が高い
  • 通信速度が遅い
  • 通信品質が良くない
  • 点検営業が多い

デメリットについても、それぞれ解説していきます。

月額料金が高い

JCOMは全ての料金プランにおいて月額料金が高めに設定されています

ここでは、最も回線速度が速い「320Mコース」での例を挙げてみます。

JCOM 320Mコース(戸建て)料金表 13か月目まで※ 14か月目以降
NET320コース 6,000円
NETパック320Mコース(メガパック) 5,200円
スマートお得セレクトNET320M 4,750円 6,648円
スマートお得プラン320+ 8,150円 10,048円

※「スマートお得セレクト」「スマートお得プラン」の場合は13か月目まで「JCOMスタート割」が適用されます(参照:J:COM NETコース案内・料金)

JCOMの320Mコースとは、その名の通り最大通信速度が320Mbpsまで出るという料金プランです。

ですが、現在主流となりつつある「光回線」は最大通信速度が1Gbpsあり、JCOMの約3倍の通信速度が出ます。

にもかかわらず、光回線の月額料金はJCOMとほぼ同額、もしくは光回線の方が少し安い金額となっています。

JCOMの月額料金が高い理由は「衛星放送の設備費も含まれているもの」と推測できますが、テレビをほとんど見ないという人にとっては無駄に料金を支払っていることになります

通信速度が遅い

JCOMは、光回線と比較すると通信速度が遅いです

JCOMでは、料金プランを選んだあとに回線速度が違う4つのコースから1つを選ぶ形式となっています。

JCOMで選べる回線速度の4つのコースは以下の通りです。

JCOM回線速度の4つコース 最大通信速度(下り) 最大通信速度(上り)
320Mコース 320Mbps 10Mbps
120Mコース 120Mbps 10Mbps
12Mコース 12Mbps 2Mbps
1Mコース 1Mbps 512Kbps

参照:J:COM NETコース案内・料金

上記の表をご覧いただければわかる通り、最も回線速度が速いコースでも最大で320Mbpsしか出ません

光回線は最大通信速度が1Gbpsであることが多い上、「auひかり」や「NURO光」であれば一部地域で10Gbpsの通信速度が出ます。

これらはあくまで最大値なので常にこの通信速度が出る訳ではありませんが、およそ3倍は通信速度が違うので、通信速度を求める人は光回線に申し込んだ方が良いと言えます。

通信品質が良くない

JCOMと言えばCATV(ケーブルテレビ)という印象の人も多いと思います。

CATV(ケーブルテレビ)は、光ファイバーと同軸ケーブルを組み合わせてインターネット通信を実現しているため、通信品質が良くありません

そのため、インターネットに接続するのに時間がかかったり、接続が突然切れてしまったり、動画の読み込みができなかったり等、様々な問題が起こる可能性が高いです。

現に筆者はJCOMを利用していた時期がありますが、通信速度も遅く途切れることも多かったので非常にストレスを感じていました。

快適にインターネットや動画を楽しみたいという人にはオススメできません

点検営業が多い

JCOMの口コミについて調べてみると、点検営業が多いという声をよく見かけます

実際に設備や機器の点検に来ることもありますが、その頻度が尋常ではなく、その都度時間を取られてしまうので非常に面倒くさいです。

さらに、高額な料金プランへの変更や不要な機器のレンタル(レンタル料金発生)を勧められることもあるそうなので、注意が必要です。

auひかりとは?


画像引用:インターネット回線|au

これまで、JCOMのメリット・デメリットについて説明してきました。

続いて、auひかりのメリット・デメリットについても見ていきましょう。

auひかりのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

auひかりのメリット
  • 回線速度が速い
  • キャンペーンが豊富

回線速度が速い

auひかりは、下りの最大通信速度が1Gbpsの光回線です。

さらに、関東の一部エリアでは最大通信速度が10Gbpsの「auひかり ホーム10ギガ」、5Gbpsの「auひかり ホーム5ギガ」を選ぶことができます

光回線と言えばNTTが提供する「フレッツ光」や「光コラボ」が一般的ですが、auひかりはフレッツ光とは異なるKDDI独自の通信回線を使っています。

そのため、これほどの驚異的な通信速度を実現することができます(同様にNURO光も独自回線で最大通信速度が10Gbps)。

また、auひかりの提供エリアは狭いので、日本全国で展開しているフレッツ光や光コラボと比較すると利用するユーザー数が多くありません。

ユーザー数が多くない=通信回線が混雑を起こさないので、他の光回線よりも通信速度が速いと感じることが多いことも特徴です。

キャンペーンが豊富

auひかりでは、非常に多くのキャンペーンを展開しています。

2018年9月時点で、au公式で行われているキャンペーンは以下の通りです。

au公式キャンペーン 内容
auスマートバリュー auひかりに申し込むとau携帯電話の月額料金がお得になる!

  • auひかりの「ネット」+「電話」に加入
  • 自動適用ではないので申し込み忘れに注意!
auひかりスタートサポート auひかりホームに新規加入で2つの特典が受けられる!

  • 他社サービスの解約違約金相当額を「郵便為替」か「au WALLETプリペイドカードへの入金」で還元
  • 他社携帯電話の解約違約金相当額を「au WALLETプリペイドカードへの入金」で還元
auひかり(au one net)
10,000円キャッシュバック
auひかりに新規加入で10,000円を現金でキャッシュバック!

  • auひかり ホーム ずっとギガ得プラン or auひかり マンション お得プランAの加入
  • 「ネット」+「電話」に新規加入
初期費用相当額割引
(auひかり ホーム)
auひかりの初期費用相当額を月額料金から割引!

  • 「ネット」+「電話」に新規加入
  • 選んだプロバイダによって内容が異なる
超高速スタートプログラム auひかり ホーム10ギガ・5ギガ利用者限定!
高速サービス利用料から3年間500円割引!

  • auひかり ホーム10ギガ・5ギガにて「ずっとギガ得プラン」利用者限定
  • プロバイダが「au one net」であること
auひかりスタートサポート マンション auひかり マンションの初期費用相当額を月額料金から割引!

参照:auひかり特典一覧

これらはauひかりに申し込むことで、auから受けられる特典一覧です。

上記以外に、auひかりの代理店から申し込むことでさらに多くの特典やキャッシュバックを受け取ることができます。

これらの特典やキャッシュバックは、auひかりの代理店によって内容が大きく異なり、受け取れるキャッシュバック金額に2倍以上の差が生まれます

auひかりの代理店ごとの特典やキャッシュバックキャンペーンについて詳細を知りたい人は、2018年最新版の情報をまとめた記事をご覧ください!

デメリット

通信速度が速く、様々な特典やキャンペーンが受けられる「auひかり」ですが、いくつかデメリットもあります。

auひかりのデメリット
  • 提供エリアが狭め
  • 解約時にかかる料金が高い

デメリットについても、それぞれ確認していきましょう。

提供エリアが狭め

auひかりは、日本全国に展開していますが全ての都道府県で導入できる訳ではありません

また、提供可能エリアだとしても導入できない地域もあります。

そのため、通信速度が速いからauひかりに変えたい!と思っても導入できないケースが多々あります。

auひかりがお住まいの地域に対応しているかどうかはau公式ホームページの「提供エリア検索」で調べることができます。

ちなみに、auひかり ホーム10ギガ・5ギガは東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の一部エリアでのみ提供されているため、さらに利用者は限られます。

解約時にかかる料金が高い

auひかりは、他社の光回線と比較すると契約解除料や撤去工事費が非常に高いです

auひかりを解約する際の費用は以下の通りです。

契約解除料 工事費残債額 撤去工事費
ホーム ホーム ずっとギガ得プラン(3年単位の自動更新):15,000円
ホーム ギガ得プラン(2年単位の自動更新):9,500円
36カ月間以内に解約:10,000円
37,500円-(利用した月数×625円)

※工事費分割の場合は60回払いのみ

28,800円
マンション マンション お得プランA(2年単位の自動更新):7,000円 30,000円-(利用した月数×625円) 10,000円

auひかりを解約する場合、それまで使っていたauひかりの回線を撤去する工事が必ず行われます

それに伴い、auひかり ホームであれば28,800円もの撤去工事費が発生します。

また、工事費用を分割払いにしている人が多いと思いますが、その残債分も請求されます(60回分割の残り)。

解約にあたって、約40,000円程度の支払いが発生するので注意が必要です。

料金比較:auひかりの方が月額料金は安い

それでは、ここからは実際に「JCOM」と「auひかり」を比較していきます。

まずは月額料金の比較から見ていきましょう。

プラン名 戸建てタイプ マンションタイプ
JCOM
スマートお得セレクト320Mコース
4,750~6,648円 3,600~5,505円
auひかり
ホーム 1ギガ/マンション
3,950~6,800円 2,550~5,000円

月額料金はどちらも大きな差はありませんが、auひかりの方が戸建て・マンションどちらにおいても安く使える可能性が高いです

auひかりの月額料金は各プロバイダによって異なります。

また、auひかりを販売している代理店からのキャッシュバックや特典を活用することでさらに月額料金を安くすることが可能です。

auひかりのキャンペーンについては、以下のページで詳しくまとめているのでこちらをご覧ください。

速度比較:auひかりの方が圧倒的に速い!

続いて、「JCOM」と「auひかり」の通信速度の比較をしていきます。

プラン名 最大通信速度(下り) 最大通信速度(上り)
JCOM
スマートお得セレクト320Mコース
最大320Mbps 最大10Mbps
auひかり
ホーム 1ギガ/マンション
最大1Gbps 最大1Gbps

通信速度に関しては、auひかりの方が圧倒的に速いですね。

さらにJCOMは、光ファイバーと同軸ケーブルを組み合わせてインターネット通信を実現しているので通信品質が良くありません。

上述の月額料金と合わせて、auひかりを選んだ方が快適にインターネットを利用することができます。

なお、JCOMでも最大通信速度が1Gbpsの「JCOM NET 1Gコース on auひかり」が登場していますが、2つのデメリットがあるため除外しています。

JCOM NET 1Gコース on auひかりのデメリット2つ
  • 戸建て限定
  • auスマートバリューを適用させようとすると月額料金が高額になる

JCOMとauひかりの料金プラン速度一覧表

ここでは「JCOM」と「auひかり」それぞれの料金プラン毎の速度一覧表を紹介します。

詳細を知りたい人のみ、こちらの項目をご覧ください。

JCOM

プラン名 最大通信速度(下り) 最大通信速度(上り)
320Mコース 最大320Mbps 最大10Mbps
120Mコース 最大120Mbps 最大10Mbps
12Mコース 最大12Mbps 最大2Mbps
1Mコース 最大1Mbps 最大512Kbps

auひかり

プラン名 最大通信速度(下り) 最大通信速度(上り)
auひかり ホーム10ギガ 最大10Gbps
auひかり ホーム5ギガ 最大5Gbps
auひかり ホーム1ギガ 最大1Gbps
auひかり マンション(マンション ギガ) 最大1Gbps
auひかり マンション(マンションミニ ギガ) 最大1Gbps
auひかり マンション(タイプV) 最大100Mbps 最大30Mbps
auひかり マンション(都市機構デラックス) 最大100Mbps 最大30Mbps
auひかり マンション(タイプE) 最大100Mbps
auひかり マンション(タイプF) 最大100Mbps

提供エリア比較:地域によってはどちらも提供エリア外

「JCOM」と「auひかり」それぞれの提供エリアについても見ていきましょう。

結論から言えば、JCOMもauひかりも日本全国規模で展開しているものの、すべての都道府県でサービスを提供している訳ではありません

どちらにも申し込めない地域にお住いの人は「auのインターネット契約におすすめ!KDDI系の光回線47社を比較!」を参考にして、auスマートバリューが適用できる他の光回線をご検討ください。

なお、auひかりは提供エリア内だとしても一部の地域で対応していない可能性があるので、必ず提供エリア検索で確認をするようにしましょう。

JCOMの提供エリア

  • 北海道
  • 宮城県
  • 群馬県
  • 茨城県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 千葉県
  • 埼玉県
  • 大阪府
  • 和歌山県
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 福岡県
  • 熊本県
  • 山口県
  • 大分県

※16都道府県に対応
参照:J COMのサービスエリアを選択

JCOMは全国規模に展開しているものの、すべての都道府県で提供されている訳ではありません。

上記記載のない都道府県の場合、各地方にあるCATV局がサービスを展開しているので、「JCOMではないけれどもCATVを契約してい」るという人は多いと思われます。

auひかりの提供エリア:記載地域以外に対応

auひかり ホーム
  • 大阪府
  • 京都府
  • 和歌山県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 兵庫県
  • 三重県
  • 愛知県
  • 静岡県
  • 岐阜県
  • 沖縄県

※上記記載の地域以外に対応
参照:auひかり提供エリア検索


auひかり マンション
  • 全国のauひかり導入済みのマンション

※沖縄県を除く
※マンションミニ ギガの提供エリアは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の一部
参照:auひかり提供エリア検索

auひかりは日本全国に展開していますが、すべての都道府県でサービスが提供されている訳ではありません。

また、KDDIは各地方にある電力会社と業務提携、もしくはKDDIが買収して子会社化しています。

そのため、関西地方の「eo光」・東海地方の「コミュファ光」との競合を避ける意味で、これらの地域ではauひかりが提供されていません

関西地方の「eo光」・東海地方の「コミュファ光」については以下の記事にて詳しくまとめているので、詳細が気になる人はこちらの記事をご覧ください。

キャッシュバック・特典比較

ここでは「JCOM」と「auひかり」に申し込んだ場合のキャッシュバックや特典の比較をしていきます。

キャッシュバック
特典比較
JCOM auひかり
キャッシュバック
※対象プラン加入で最大30,000円キャッシュバック

※プロバイダを「au one net」にすると10,000円
auスマートバリュー
その他特典 JCOMスタート割
※対象プラン加入で月額料金割引基本工事費0円
※対象プラン加入で基本工事費0円
auひかりスタートサポート
※他社サービスの解約違約金相当額をキャッシュバック
初期費用相当額割引
※対象プラン加入で初期費用相当額を割引
超高速スタートプログラム
※auひかり ホーム10ギガ・5ギガだと3年間の継続割引
auひかりスタートサポート マンション
※auひかり マンションの初期費用相当額を割引
その他代理店キャンペーンあり
※auひかりのキャンペーンについての特集ページはこちら

2018年9月時点でのキャッシュバックや特典を一覧表にして比較してみました。

上記の一覧表を見ると、特典の多さは「auひかり」の方が圧倒的に多いですね。

また、代理店経由で「auひかり」に申し込むことで代理店独自のキャッシュバックキャンペーンや特典を受けることができます。

例えば、auひかり ホーム1ギガは通常だと毎月5,600円程度かかりますが、So-net経由で「auひかり」に申し込むと、工事費込みで3年間は毎月3,500円で利用できます

キャッシュバックや特典の観点で見ても、圧倒的に「auひかり」の方がお得です

JCOM、auひかりそれぞれのキャッシュバック内容が知りたい人は以下をご覧ください。

JCOMのキャッシュバック・特典

2018年9月時点で、JCOM公式サイトで行われているキャンペーンは以下の通りです。

JCOM
キャッシュバック・特典
内容
JCOM NETキャッシュバック
戸建住宅
新規またはサービス追加で対象プランへ加入すると最大30,000円のキャッシュバック

  • スマートお得プラン(ネット+TV+VoD等):新規契約30,000円、サービス追加15,000円
  • スマートお得セレクト(ネット+TV+電話):新規契約20,000円、サービス追加10,000円
  • スマートお得セレクト(ネット+TV):新規契約、サービス追加10,000円
JCOM NETキャッシュバック
集合住宅
新規またはサービス追加で対象プランへ加入すると最大20,000円のキャッシュバック

  • スマートお得プラン(ネット+TV+VoD等):新規契約20,000円、サービス追加10,000円
  • スマートお得セレクト(ネット+TV+電話):新規契約、サービス追加10,000円
  • スマートお得セレクト(ネット+TV):新規契約、サービス追加10,000円
JCOMスタート割 対象プラン加入で月額料金が割引!

  • 「スマートお得セレクト(ネット+TV+電話)」と「スマートお得プラン(ネット+TV+VoD等)が対象
  • 戸建て:1,898円×12か月割引、集合住宅:1,905円×6か月割引
基本工事費0円 対象プラン加入で基本工事費が0円!

  • スマートお得セレクト、スマートお得プラン、NETパック、NETパック特別コース加入
  • 事務手数料は別途発生(3,000円)

参照:JCOM特典・キャンペーン一覧

auひかりのキャッシュバック・特典

2018年9月時点で、au公式で行われているキャンペーンは以下の通りです。

au公式キャンペーン 内容
auスマートバリュー auひかりに申し込むとau携帯電話の月額料金がお得になる!

  • auひかりの「ネット」+「電話」に加入
  • 自動適用ではないので申し込み忘れに注意!
auひかりスタートサポート auひかりホームに新規加入で2つの特典が受けられる!

  • 他社サービスの解約違約金相当額を「郵便為替」か「au WALLETプリペイドカードへの入金」で還元
  • 他社携帯電話の解約違約金相当額を「au WALLETプリペイドカードへの入金」で還元
auひかり(au one net)
10,000円キャッシュバック
auひかりに新規加入で10,000円を現金でキャッシュバック!

  • auひかり ホーム ずっとギガ得プラン or auひかり マンション お得プランAの加入
  • 「ネット」+「電話」に新規加入
初期費用相当額割引
(auひかり ホーム)
auひかりの初期費用相当額を月額料金から割引!

  • 「ネット」+「電話」に新規加入
  • 選んだプロバイダによって内容が異なる
超高速スタートプログラム auひかり ホーム10ギガ・5ギガ利用者限定!
高速サービス利用料から3年間500円割引!

  • auひかり ホーム10ギガ・5ギガにて「ずっとギガ得プラン」利用者限定
  • プロバイダが「au one net」であること
auひかりスタートサポート マンション auひかり マンションの初期費用相当額を月額料金から割引!

参照:auひかり特典一覧

これらはauひかりに申し込むことで、auから受けられるキャッシュバック・特典一覧です。

代理店経由で申し込むことで、上記のキャンペーンを適用しつつ、さらに代理店独自のキャッシュバックや特典を受けることができます。

どの代理店で申し込むと高額キャッシュバックが受け取れるのか?については「auひかりキャンペーン比較8選!高額キャッシュバックを紹介【2018最新】」で詳しく解説しているので、あわせてご覧ください。

工事費用・開通期間・違約金比較

比較の最後に「JCOM」と「auひかり」の工事費用や開通期間、違約金の比較をしていきます。

工事費用・開通期間・違約金比較 JCOM auひかり
工事費用・初期費用 新規加入:6,000円
※Webからの申し込みだと5,000

サービス追加:6,000円

契約事務手数料:3,000円

土日指定工事手数料:3,000円

新規加入
戸建て:一括37,500円、分割625円×60か月
マンション:一括30,000円、分割1,250円×24か月

登録料:3,000円

土日指定工事手数料:3,000円

開通期間 戸建て:1~2週間程度
集合住宅:1週間程度
戸建て:1~2か月
マンション:2週間程度
解約時にかかる費用 契約解除料
戸建て:8,500~20,000円(2年契約)
集合住宅:3,500~10,000円(1年契約)

撤去工事費用
戸建て:部分解約2,000円、全解約6,000円
集合住宅:部分解約、全解約2,000円

契約解除料
戸建て:ずっとギガ得プラン15,000円、ギガ得プラン9,500円
マンション:お得プランA7,000円、それ以外0円
※プロバイダによって解除料発生

撤去工事費用
戸建て:28,800円
マンション:なし

参照:JCOM:JCOMサービスご加入に関する重要事項説明
参照:auひかり:ずっとギガ得プラン(3年契約)ギガ得プラン(2年契約)

上記の一覧表を見ると、初期費用や開通機関に関してはJCOMの方がお得なように見えますね。

ですが、auひかりに関しては「初期費用相当額割引」があるので初期費用は実質0円となります。

上記の一覧表内で特筆すべきは、auひかり戸建てタイプの回線撤去工事費用が28,800円かかる点です。

これまでは回線撤去工事費用として10,000円かかっていたものが、2018年3月1日からは28,800円と3倍近い価格に増大しました。

引っ越しする場合、引っ越した先でもauひかり戸建てタイプを利用するなら撤去工事費用はかかりませんが、auひかりは日本全国でサービスを提供している訳ではありません。

auひかりを使い続けたくても引っ越す先の地域により、必然的に撤去工事費用28,800円を支払わなければならないケースもあるので、この点は覚えておきましょう

auスマートバリューに関して


画像引用:auスマートバリュー

auの携帯電話を使っている人は「JCOM」「auひかり」のどちらに申し込んでも『auスマートバリュー』に申し込むことができます

auスマートバリューとは、インターネット+電話(対象固定サービス)とauスマートフォンをセットで利用することで、au携帯電話の月額料金が最大で2,000円割引されるサービスです。

「JCOM」でも「auひかり」でも、auスマートバリューによる割引金額は変わりません

以下、auスマートバリューの割引金額です。

au携帯電話料金プラン 割引金額
auピタットプラン(シンプル) 1GBまで:対象外
1~2GBまで:500円
2GB以上:1,000円
auピタットプラン(スーパーカケホ/カケホ) 2GBまで:500円
2GB以上:1,000円
auフラットプラン20/30
auフラットプラン25 Netflixパック
1,000円
データ定額1 最大2年間:934円
3年目以降:500円
データ定額2/3
カケホ(3Gケータイ・データ付)
934円
データ定額5/20
LTEフラット
最大2年間:1,410円
3年目以降:934円
データ定額30 最大2年間:2,000円
3年目以降:934円

参照:auスマートバリュー

上記の一覧表のように、au携帯電話の料金プランによって毎月の割引金額が異なります。

また、データ定額1・5~30GBまでのプランを使っている人は2年間を過ぎるとauスマートバリューの割引金額が大幅に減額となるので覚えておきましょう。

ちなみに、auスマートバリューを適用させるためのインターネット回線は「JCOM」と「auひかり」以外にも数多くあります。

BIGLOBE光、So-net光等の光回線を契約している人でも「auスマートバリュー」を適用させることができるので、au携帯電話を利用している人はぜひ活用してみてください。

【結論】JCOMとauひかり比較

以上、JCOMとauひかりの比較をお送りしました。

  • JCOMとauひかりを比較すると、月額料金・通信速度・キャンペーンや特典、どの観点で見ても「auひかり」が圧倒的にお得!
  • auひかりには代理店経由で申し込むと代理店独自のキャンペーンや特典も受けれるのでさらにお得!
  • auひかりの戸建てタイプに申し込む場合は、解約や引っ越す場合のことも考えておこう

結論を言うと、月額料金面・通信速度のどちらにおいても、戸建て・集合住宅問わず圧倒的に「auひかり」の方がお得です。

さらに、auひかりに申し込むなら代理店経由で申し込むとより多くのキャッシュバックや特典が受けられるのでオススメです。

どの代理店で申し込めばよいのかわからない…という人は、以下の記事でauひかりを申し込む場合のオススメの代理店について紹介しているのでご参照ください!

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。