1. ホーム
  2. 回線・プロバイダ比較
  3. ≫J:COM光1Gbpsコースはやめておけ!デメリットや口コミ・評判を紹介!

J:COM光1Gbpsコースはやめておけ!デメリットや口コミ・評判を紹介!

JCOM光1Gbpsコース評判おすすめ

CATV(ケーブルテレビ)として有名なJ:COM(ジェイコム)ですが、「J:COM光」という名称で光回線のサービスも展開しています。

そんなJ:COM光について検索してみても、本家J:COMと混同して紹介しているサイトが少しある程度で、J:COM光を専門に解説しているサイトが現状全く無いです。

J:COM光を検討していても、判断材料や情報が少ないので契約に踏み切れない方も多いのではないでしょうか?

「CATVの頃のJ:COMとは何が違うのか?」
「プランの名前にauひかりと入っているが、どういうことなのか?」
「J:COMのテレビサービスはどうなっているのか?」

本記事では上記のような、皆さんが本当に知りたいであろうJ:COM光についての情報を紹介していきます。

J:COM光を検討している方は、是非ご活用ください。

スポンサーリンク

J:COM NET 光1Gコース on auひかりとは?

JCOM光

CATVとして有名なJ:COMが提供する光回線です。

KDDI連結子会社である、ジュピターテレコムと、さらに子会社の大分ケーブルテレコムが運営しています。

J:COM光はKDDI回線(auひかり)を利用して事業を展開しています。

名前が複雑なので分かりづらいですが、単に「auひかりのプロバイダにJ:COMを選んで契約したもの」と考えましょう。

もちろん光回線なので回線速度はCATVのJ:COMより3倍以上速くなっています。

CATVと光回線の違いについてはこちらの記事をご覧ください。

従来のJ:COM(CATV)とJ:COM光(光回線)の違い

JCOM光

J:COMとJ:COM光には、

  • 回線の種類品質速度
  • 月額料金
  • テレビサービスを利用したときの導入工事回数

以上の違いがあります。

それぞれについて解説します。

J:COM光の前に、J:COMについて知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

回線の種類・速度・品質

J:COMはCATV、J:COM光は光回線なので、当然ですがインターネット回線の種類が違います。

よって、回線速度もCATVのJ:COMでは最大320Mbpsだったのが、光回線のJ:COM光では1Gbpsの速度を実現しています。

また従来のJ:COM(CATV)では、放送用のケーブルに無理やりネット回線を同居させていたので、NTTやKDDIのネット回線と比較するとどうしても品質が落ちていました。

ですがJ:COM光はネット回線が上の図のように別個で確立しているので、回線品質が向上しています。

J:COM光はJ:COMよりも、ネット回線のレベルが全体的に上昇していると言えます。

月額料金

J:COM光の方が回線速度が速くなった分高額になると思いますが、実は料金はJ:COM光の方が安いです。

後述する「J:COM光の料金」という項目で詳しく解説しますが、回線のみの契約でJ:COM光の方が月額料金が1,000円ほど安くなります。

J:COM光はJ:COMよりもコスパが良くなりました。

テレビサービスを利用したときの導入工事回数

CATVの頃のテレビサービスである「J:COM TV」をJ:COM光で利用するためには、光回線導入工事とは別にCATVの引き込みが必要となります。

J:COMの頃にテレビとネットを利用する場合、放送用のデータを受信するために用いているケーブルに手を加えて無理矢理インターネットの利用を可能としていました。

それがJ:COM光の場合だと、ネットと放送の回線をにする仕様となっています。

J:COM光でJ:COM TVを利用する場合は、導入工事回数が1回多くなります。

J:COM光とauひかりの関係性や違い

JCOM光

上文でも解説しましたが、J:COM光はKDDI回線(auひかり)を利用しています。

よって、J:COM光のプラン名にはauひかりと表記されています。

覚えるべきは、「J:COMをプロバイダにしたauひかり」ということです。

なので、auひかりで出来ることならばJ:COM光でも出来ると考えてしまいますが、実は両社には大きな違いがあります。

  • 対応している住居タイプ
  • 最大の回線速度

の2点において、同じKDDI回線でも差異が発生しています。

以下から紹介します。

J:COM光とauひかり提供エリア・対応住居タイプ

auひかりは、

auひかりの提供エリア&居住タイプ

■auひかりホーム(一戸建て)
大阪府、京都府、和歌山県、奈良県、滋賀県、兵庫県、三重県、愛知県、静岡県、岐阜県、沖縄県以外
■auひかりマンション
全国のauひかり導入済みのマンション
※沖縄県を除く
※マンションミニ ギガの提供エリアは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の一部

以上をサービス提供可能としています。

そしてJ:COM光は、

J:COM光の提供エリア&居住タイプ

auひかりの提供エリア内の「戸建住宅」

をサービス提供可能としています。

使用している回線はどちらも同じKDDI回線なのですが、なぜかJ:COM光はマンションに対応していません

そして何故か大分県では、マンションも一部地域のみ利用可能となっています。

auひかりと同じで提供エリアが限られているだけでなく、J:COM光は対応する居住タイプも限られています。

auひかりについてはこちらの記事をご覧ください。

J:COM光とauひかりの最大回線速度

auひかりは、

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の一部

上記の地域で居住タイプが問題なければ、最大10Gbpsの高速回線を導入することが出来ます。

ですがJ:COM光は同じKDDI回線でありながら、最大でも1Gbpsの回線サービスしか提供していません。

J:COM光のメリット

JCOM光

高速のWi-Fiが利用可能

CATVの頃に比べると、品質が良いWi-Fiサービスが利用可能です。

ただ、これに関しては今回対象がJ:COMであったためにメリットとして挙げただけで、光回線といえば快適なWi-Fiサービスは当たり前です。

「以前のJ:COMに比べたら」大きなメリットとして紹介しました。

回線速度が速い

利用者の数も関係あるかもしれませんが、J:COM光は他社に比べ回線速度についてネガティブな評判が少ないです。

J:COM光を契約するユーザーは「TVはJ:COMチャンネル(CATV)」と割り切っている方が多いため、ひかりTVを利用しない分光回線の速度の向上に繋がっているのかもしれません。

ネガティブな評判が少ないというのはメリットといえます。

J:COM光のデメリット

JCOM光

工事に時間がかかる

紹介したようにJ:COM光は、

  • KDDIの工事
  • J:COMの工事

が両方必要なため、工事に1日まるまる要することがあります。

他の光回線でも1日掛かるのは珍しいので、デメリットといえます。

提供エリアと対応の居住タイプ

上でも紹介しましたが、auひかりと同じKDDI回線であるにも関わらず、J:COM光は提供エリアと対応の居住タイプが限定されています。

以下、表にまとめます。

タイプ/回線 auひかり J:COM光
戸建て 大阪府、京都府、和歌山県、奈良県、滋賀県、兵庫県、
三重県、愛知県、静岡県、岐阜県、沖縄県以外
左から関西エリア
除いた地域のみ提供
マンション 全国のauひかり導入済みのマンション
(沖縄県を除く)
大分県の一部地域のみ対応

戸建てタイプでは関西エリアが、マンションタイプでは大分県以外が提供不可となっています。

ただでさえ限られているauひかりの提供エリアがさらに狭まっているので、デメリットとして紹介しました。

割引プランが面倒

J:COM光はネットのみの契約だと月額6,500円と、光回線の中では高額です。

他社の場合、定期契約をすることで基本料金の割引が出来ますが、J:COM光はVODJ:COM TVなどとのセット契約で割引になります。

プラン名 セットサービス
スマートお得プラン
1G 電力セット
ネット+TV+固定電話+電気
スマートお得プラン 1G ネット+TV+固定電話 or VOD(ビデオオンデマンド)
スマートお得プラン 1G+ ネット+TV+固定電話 or VOD(ビデオオンデマンド)
スマートお得セレクト
NET1Gコース
ネット+TV
NETパック
1G メガパックコース
ネット+VOD(ビデオオンデマンド)

問題は、「ネットと電話のみ」のセットが無い点です。

auスマホとのセット割(スマートバリュー)には「ネット+固定電話+auスマホ」が必要なので、むしろ「ネット+固定電話」のセットこそ需要があるはずなのですが、その2点のみのセットはありません。

一番必要なはずの契約プランが無いということが大きなデメリットです。

J:COM光の料金プラン

JCOM光

J:COM光の料金プランを紹介します。

また、割引適用中終了後の金額も記載します。

料金プラン 内容 金額
スマートお得プラン
1G 電力セット
ネット+TV+固定電話+電気 ~1年間 6,650円 1年後~ 9,548円
スマートお得プラン1G ネット+TV+固定電話 or VOD ~1年間 7,650円 1年後~ 9,548円
スマートお得プラン1G+ ネット+TV+固定電話 or VOD ~1年間 8,650円 1年後~ 10,548円
スマートお得セレクト
NET1Gコース
ネット+TV ~1年間 5,250円 1年後~ 7,148円
NETパック 1G
メガパックコース
ネット+VOD 5,700円
光1Gコース on auひかり
(ネットのみ)
ネット 6,500円

J:COM光 on auひかりの口コミ・評判

JCOM光

以下、Twitterと価格コム上でのJ:COM光の口コミ・評判を紹介します。

Twitter上の口コミ・評判

価格コム上の口コミ・評判

口コミ
J:COM光のメリットは、該当するページを読む限り家庭内まで光ファイバーが通り、上下速度が1Gbpsになります。
ケーブルテレビは、幹線路まで光になっているところがあり、そこから同軸ケーブルを引き込むため、上下速度が非対称でした。
また、同軸ケーブルはノイズが乗ってしまうと周囲の契約している家庭まで速度を落としたり、プチ切断を発生したりする代物でしたので、光にするとそう言った速度低下の起因することが解消されます。

クラウドが少しずつ流行っていますので、写真や各種データをアップロードするときは、格段に速く進むと思いますよ。
気になるのはバックボーンは、J:COMかauひかりのどちらが受け持つのでしょうかね。
これによって、速度の快適度合いも変わると思います。
高いように思いますが、フレッツと比べるとそうでもありませんし、何よりもauスマホを持っているとパケット割引が利く(J:COMも同様)ので、その点でdocomoやSoftbankと比べると一歩リードしていると言ったところでしょうか。

あと、バックボーンがauひかりの場合、夜間時間帯の速度低下に悩まされることは殆どないと言っても良いと思います。
価格だけにとらわれず、快適に使えるかどうかも総合的に見られた方が良いですよ。


口コミ
auひかりを普通に引くと月額6300円で、こちらが6500円ですか・・・
電話のサポートを考えるとauひかりの方がトラブルは少なそうに思えます。

料金以外ですと・・・テレビの多チャンネルサービス、動画視聴サービスを受けたい人はJ:COMの方が良い人もいるかと思います。

まとめ

JCOM光

今回J:COM光について紹介しましたが、auひかりの回線を使用しているだけあってCATVであったJ:COMの頃に比べるとネット回線としてかなり利用しやすくなりました。

ただ、最終的に料金の割引プランキャッシュバックといった要素に魅力が少ないので、J:COM TVをかなり利用しているといった方でない限り、J:COMを通してauひかりを契約する必要は無いと言えます。

お得にauひかりの契約をするために選ぶべきプロバイダや窓口について紹介している記事があるので、是非参考にして下さい。

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。