1. ホーム
  2. 口コミ・評判
  3. ≫J:COMはやめておけ!元利用者がジェイコムのデメリット解説!口コミ・評判も紹介!

J:COMはやめておけ!元利用者がジェイコムのデメリット解説!口コミ・評判も紹介!

CATV(ケーブルテレビ)のなかでも特に有名な会社が「J:COM(ジェイコム)」です。

テレビとインターネット、さらには固定電話をセットで利用することができ、一括りの請求にまとめることができるので月額料金を安く利用することができます。

一見、とても便利に見える「J:COM」ですが、ちょっと待ってください!

筆者はJ:COM(ジェイコム)の元利用者ですが、まったくオススメしません

J:COMでインターネットを利用するとなると回線速度が遅く、品質が良くありません

また、現在のインターネット回線の主流となっている「光回線」と比較すると、月額料金も高めです。

ということで今回は、J;COM(ジェイコム)の元利用者である筆者が「J:COM(ジェイコム)のデメリット」について解説していきます。

また、TwitterでJ:COM(ジェイコム)の評判や口コミについても集めてきました。

この記事を最後までご覧いただければ、J:COM(ジェイコム)がオススメではない理由がお分かりいただけます。

スポンサーリンク

J:COM(ジェイコム)のデメリット

早速、J:COM(ジェイコム)の元利用者である筆者が感じた「J:COM(ジェイコム)のデメリット」を解説していきます。

大きく上げると3点あります。

  • 月額料金が高い
  • 回線速度が遅い
  • 解約をする際の手続きが複雑

それぞれを見ていきましょう。

月額料金が高い

インターネットを利用するためにCATV(ケーブルテレビ)を契約すると、テレビ受信料分も含まれた月額料金を支払うことになります。

私の体験談ですが、いま住んでいる部屋がJ:COM(ジェイコム)と提携している「インターネット無料物件」でした。

そのため、その流れでJ:COM(ジェイコム)を契約する流れとなったのですが、私は基本的にテレビを見ません。

契約してから1年間は4,900円程度で利用できましたが、それ以降は5,900円程度の月額料金がかかります。

基本的にテレビを見ないでインターネットの利用のみなのに月額料金5,900円は高すぎです。

後述する「光回線」であれば月額3,000円~4,000円程度で利用できるので、ひと月あたりの支払いを大幅に減らすことができます。

回線速度が遅い

J:COM(ジェイコム)をはじめとするCATV(ケーブルテレビ)は、光ファイバーに同軸ケーブルを組み合わせることでインターネットを利用できるようにしています。

そのため、回線速度は遅くなりがちで、品質も良くありません

私が利用していたときは夜間80Mbps程度の速度が平均値でしたが、光回線の場合だと遅くとも200Mbpsは出ます。

インターネットの利用が多い方は、J:COM(ジェイコム)を利用するより光回線を利用した方が良いでしょう。

実際の使用感をご紹介しますね。

ブラウジング(ネットサーフィン)の使用感

J:COM(ジェイコム)を利用していたときは、夜間(20~25時頃)になるとWebサイトの表示に時間がかかるケースが多かったです。

特に会社員の方は20時以降に使う機会が多いと思いますが、ちょうど回線速度が遅くなる時間に当てはまるため、不便さを感じるかと思います。

オンラインゲームの使用感

J:COM(ジェイコム)時代は、Nintendo 3DSのゲームソフトでインターネット接続をして遊んだりしていました。

ポケットモンスターシリーズのインターネット通信対戦であれば問題なく利用できました。

ですが、任天堂スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS、スプラトゥーン(Nintendo Switch)ではタイムラグが起きて楽しむことができませんでした。

また、スマホゲームのインストールにも時間がかかりました。

近年ではデータ量が重いゲームも多いので、快適に楽しみたいという方にはオススメできません。

動画・映画視聴の使用感

YouTubeやAmazon Primeなどで動画や映画を楽しんでいる方も多いと思いますが、夜間に関してJ:COM(ジェイコム)はオススメできません。

動画の読み込み速度が遅く、よく止まっていました・・・。

自宅に帰ってきてからゆっくりと映画を楽しみたいという会社員の方も多いと思いますが、よく止まっていたので逆にストレスが溜まるかと思います。

解約をする際の手続きが複雑

いまではJ:COM(ジェイコム)を解約して他社に乗り換えていますが、解約方法についての記述が公式ホームページ上にありませんでした。

そのため、解約をする方法から調べる必要があり、非常に手間がかかりました。

2018年4月現在においては、公式ホームページから解約の問い合わせをするページが作られていますが、最終的にJ:COMサポートセンターからの電話を待たなければならないので時間がかかります。

解約させたくない気持ちはわかりますが、あまりにユーザビリティに欠けるサービスだと言わざるを得ません。

TwitterでのJ:COM(ジェイコム)の口コミ・評判

元利用者がオススメするJ:COM(ジェイコム)から乗り換えるときのオススメ光回線

上記でTwitterの口コミ・評判をまとめました。

いずれにおいても「回線速度が遅い」という内容が多く見受けられました。

また、筆者個人としてもインターネットを利用することが主目的ならJ:COM(ジェイコム)はオススメできません。

ということで、ここではオススメの光回線についてご紹介していきます!

回線速度重視なら「NURO光」

結論から言うと、回線速度を重視するのであれば「NURO光」がオススメです。

NURO光は、下りの最大通信速度が2Gbpsと超高速通信です。

また、ごく一部のエリアでは驚異の10Gbpsが使えるなど、業界内最速ともいえる光回線です。

月額料金も4,742円(NURO光G2V)と、そこまで高くありません。

さらに「ひかりTV for NURO」を利用することで、地デジもBS放送も視聴することができます。

光回線の中では最もオススメです。

難点と言えば、NURO光は2013年から開始された比較的新しい回線サービスの為、まだ全国展開ではありません。

利用する場合は必ずエリアチェックをしてから申し込んでくださいね。

NURO光のエリア外なら使っているスマホのキャリアに合わせよう

上述しましたが、NURO光はまだ全国展開為されていません。

また、都内でも一部ではNURO光の対象エリア外であるケースがあります。

そんな方は、いま使っているスマホのキャリアと同じネット回線を申し込みましょう!

その理由は、ズバリ「セット割」が適用されるからです。

携帯電話とネット回線を同じキャリアで利用することで適用される「セット割」を利用することで、ひと月あたりの通信費を大幅に減らすことが可能です。

また、請求を一括りにすることができるので管理も非常に楽です。

具体的にはこんな感じです。

auの場合はau光がありますが別途工事費が発生する可能性がある為、同様にセット割が適用される「So-net光」を挙げました。

それぞれの光回線の詳細は、上記のリンクから覗いてみてください。

まとめ

以上、元利用者が解説するJ:COMのデメリットでした!

最後にこの記事をおさらいしておきましょう。

  • J:COM(ジェイコム)は回線速度が遅く、テレビを見ない人にとっては月額料金が高いのでオススメできない
  • Twitterでの口コミ・評判を見てもわかる通り、回線速度が安定しないため不便
  • 回線速度を求めるなら「NURO光」、エリア外なら使っている携帯電話とセット割が組める光回線を選ぼう!

なお、光回線を入れる場合は工事が必要です。

インターネットが無料利用できる賃貸アパートに住んでいる方で、ネット回線がフレッツ光であればプロバイダを変えるだけで光回線に変更することができるケースがあります。

ですが、壁に穴を空ける必要があるなど大規模な工事の場合、賃貸アパートやマンションの大家さんに確認を取る必要があります。

トラブルに発展する可能性もありますので、必ず大家さんに確認を取ってから申し込んでくださいね。


J:COMの契約者様の口コミを募集しております。
お気軽にコメント欄に感想をお寄せください!

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。