1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫関西ならコレ!NURO光と他3回線を徹底比較!

関西ならコレ!NURO光と他3回線を徹底比較!

2018年に関西で提供され始めたばかりの「NURO光」ですが、業界最速の下り10Gbpsを実現させていたりキャッシュバッグが最大35,000円で高額だったりするので、気になる人も多いかと思います。

ですが関西にはNURO光以外にも代表的な「ソフトバンク光・ドコモ光・eo光」などが光回線として利用する事が出来ます。

光回線はスマホとのセット割を用意しているので「スマホ+固定回線」を合わせた通信全体の合計金額でお得かどうかを判断する必要があります。

なので、ソフトバンクユーザー・ドコモユーザー・auユーザーそれぞれに最適な光回線があります。

例えばソフトバンクユーザーなら「ソフトバンク光」、ドコモユーザーなら「ドコモひ光」というようにです。

しかし光回線に参入し始めたばかりの第三勢力の「NURO光」は、それぞれのキャリアではお得になるのでしょうか?

という事で今回は関西にお住まいの方で各キャリア別にNURO光と契約するべきなのか、他の回線と契約するべきなのか「料金・通信速度・利用者の実際の口コミ」を徹底比較して最適な回線が見つかるよう紹介していこうと思います。

本記事を参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

回線の選び方

まずは、NURO光と他の回線を比較する前に光回線の選び方についてご紹介します。

光回線をお得に利用する為に、気にして欲しいのは「現在の通信環境」「契約しているスマホ

この2つを軸に考えれば自分にとって最適な回線が見つかります。

現在の通信環境

現在の通信環境とはつまり「一戸建てに住んでいるのか?マンションに住んでいるのか?」「回線が提供されているエリアに住んでいるのか?」という事です。

例えば、フレッツ光は全国で提供されていますがNURO光は提供エリアがかなり限られているので契約が出来るかどうかは既に決まっています。

またマンションやアパートのような集合住宅では建物の管理会社やオーナーによって契約する回線業者は決められてしまうので、
そもそも一住居者がどこの回線業者を選ぼうかなんて考える必要がないのです。

使用しているスマホ

光回線では、回線業者やプロバイダでスマホとのセット割を用意しているので、スマホと固定回線を合わせた通信全体の合計金額でお得かどうかを判断する必要があります。

つまり、現在使用しているスマホがドコモなのか、ソフトバンクなのか、auなのか、あるいは格安SIMなのかによってどこの回線・プロバイダに申し込めばお得になるのかはかなり絞り込まれてくるわけです。

NURO光の特徴・基本情報

それでは、まずみなさんが気になるであろうNURO光の特徴についてさらっとおさらいしておきましょう。

  • so-netが提供する光回線
  • NTTが敷設した「ダークファイバー」と呼ばれる光回線を独自構築して使用
  • 標準で2Gbpsの高速回線
  • 条件さえ合えば最大10Gbpsの回線も実現
  • ソフトバンクスマホとのセット割有り
  • サービス提供エリアが限られている

NURO光のサービス提供エリアは以下の通りです。

  • ■一戸建て・7階以下のマンション
    関西2府3県(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)
  • ■NURO光forマンション(8階以上のマンション)
    全国のNURO光forマンション導入済みのマンション

上記をご覧頂くとわかると思うのですが関西と言っても和歌山県にお住まいの方はNURO光を利用する事が出来ないのでお気をつけ下さい。

次にNURO光の料金についてご紹介します。

戸建 マンション
初期費用 契約事務手数料:3,000円
工事費:40,000円(30か月の分割請求)
契約事務手数料:3,000円
宅内工事費:40,000円(30か月の分割請求)
月額料金 NURO 光G2V:4,743円/月
NURO 光G2:7,124円
※マンションの利用者数により変動
4人~6人:2,500円/月
7人:2,400円/月
8人:2,300円/月
9人:2,200円/月
10人以上:1,900円/月
オプション料金 NURO光でんわ(関東):500円/月
NURO光でんわ(東海・関西):300円/月
ひかりTV:1,500円~/月
U-NEXT for NURO:980円~/月
アビバアットホーム for NURO:500円/月
NURO リモートサポート:500円/月
解約費用 【NURO 光G2V】
更新月以外の解約(2年単位の自動更新):9,500円
更新月以外の解約(2年単位の自動更新):9,500円

NURO光はNTTが使用していない光ファイバー網を独自構築し
業界最速の下り10Gbpsを実現しています。

また標準が2Gbpsの回線速度だったり「価格.comネット回線満足度ランキング2017(関東・甲信越エリア)」第1位を取得するなど、実際の利用者からの評価も高いです。

ちなみに2Gbpsは条件が整った通信環境でない限り2Gbpsなんていう速度は出ませんが、それでも平均して1Gbps付近が出る可能性は十分にあります。

各回線徹底比較

それでは次に関西で利用できる光回線の「NURO光・ソフトバンク光・ドコモ光・eo光」をざっと比較したものです。

NURO光 ソフトバンク光 ドコモ光 eo光
初期費用 手数料 契約事務手数料:3,000円
工事費用 【戸建】
40,000円
【マンション】
・宅内:40,000円
【戸建】
・立会がある場合:24,000円
・建物内工事なし、室内工事のみの場合:9,600円

【マンション】
・立会がある場合:24,000円
・立会がない場合:2,000円

【戸建/フレッツ光利用中/転用】
・最大速度を変更しない場合:0円
・最大速度を変更する場合:7,600円
【戸建/フレッツ光利用中/新規】
18,000円
【マンション/フレッツ光利用中/転用】
・最大速度を変更しない場合:0円
・最大速度を変更する場合:7,600円
【マンション/フレッツ光利用中/新規】
15,000円

【戸建】
27,000円

【マンション】
VDSL方式モデム買取:11,286円
VDSL-S方式モデム買取:21,286円

月額料金 戸建 NURO 光G2V:4,743円/月
NURO 光G2:7,124円
2年自動更新プラン:5,200円/月
5年自動更新プラン:4,700円/月
自動更新なしプラン:6,300円/月
18,000円 【即割+長割】
1ギガコース1~2年目:〜4,953円/月
【通常月額料金】
1ギガコース1年目:〜5,048円/月
マンション ※マンションの利用者数により変動
4人~6人:2,500円/月
7人:2,400円/月
8人:2,300円/月
9人:2,200円/月
10人以上:1,900円/月
2年自動更新プラン:3,800円/月
自動更新なしプラン:4,900円/月
15,000円 VDSL方式】
モデムレンタルの場合:3,524円/月
モデム買取の場合:3,124円/月
【VDSL-S方式】
モデムレンタルの場合:3,791円/月
モデム買取の場合:3,391円/月
回線速度 【戸建】
・NURO光10Gs:最大10Gbps
・NURO光6Gs:最大6Gbps
・NURO光:下り最大2Gbps/
上り最大1Gbps
【マンション】
NURO光forマンション:
下り最大2Gbps/上り最大1Gbps
【戸建】
最大1Gbps
【マンション】
・光配線方式:最大1Gbps
・VDSL方式/LAN配線方式:最大100Mbps
【戸建】
最大1Gbps
【マンション】
・光配線方式:最大1Gbps
・VDSL方式/LAN配線方式:最大100Mbps
【戸建】
1ギガコース:最大1Gbps
100Mコース:最大100Mbps
【マンション】
1ギガコース:最大1Gbps
100Mコース:最大100Mbps
解約費用 【戸建】
・NURO 光G2V/更新月以外の解約(2年単位の自動更新):9,500円
【マンション】
・更新月以外の解約(2年単位の自動更新):9,500円
【戸建】
(2年自動更新プラン)
更新月以外の解約(2年単位の自動更新):9,500円
(5年自動更新プラン)
更新月以外の解約(5年単位の自動更新):15,000円

【マンション】
更新月以外の解約(2年単位の自動更新):9,500円

【戸建/契約期間あり】
更新月以外の解約(2年単位の自動更新):13,000円

【マンション/契約期間あり】
更新月以外の解約(2年単位の自動更新):8,000円

【戸建】
・設備撤去費用:10,000円(希望者のみ)
(即割申し込みの場合)
・1年以内の解約:28,704円
・2年以内の解約:14,064円
(即割を申し込んでいない場合)
・1年以内の解約:27,000円
【マンション】
・1年以内の解約:「通常時 初期費用」と「キャンペーン適用時」の差額一括
提供エリア

ソフトバンクユーザー

NURO光 vs ソフトバンク光

まずは関西でソフトバンクのスマホを利用している人はNURO光の他に「ソフトバンク光」と契約する事が出来ます。

では、ソフトバンク光の料金について以下の表をご覧ください。

戸建 マンション
初期費用 【フレッツ光利用中の人(転用)】
契約事務手数料:3,000円
【フレッツ光を利用していない人(新規)】
契約事務手数料:3,000円
立ち会いがある場合の工事費:24,000円(分割400円×60回)
建物内工事なし、室内工事のみの場合の工事費:9,600円
【フレッツ光利用中の人(転用)】
契約事務手数料:3,000円
【フレッツ光を利用していない人(新規)】
契約事務手数料:3,000円
立ち会いがある場合の工事費:24,000円(分割400円×60回)
立ち会いがない場合の工事費:2,000円
月額料金 2年自動更新プラン:5,200円/月
5年自動更新プラン:4,700円/月
自動更新なしプラン:6,300円/月
2年自動更新プラン:3,800円/月
自動更新なしプラン:4,900円/月
オプション料金 初期設定サポート:9,000円(分割375円×24回)
Yahoo! BB基本サービス:300円~/月
光電話:500円/月
ホワイト光電話:467円~1,410円/月
光テレビ:660円/月
ホームゲートウェイ(N)/無線LAN(N):100円~450円
公衆無線LAN:290円/月
解約費用 【2年自動更新プラン】
更新月以外の解約(2年単位の自動更新):9,500円
【5年自動更新プラン】
更新月以外の解約(5年単位の自動更新):15,000円
更新月以外の解約(2年単位の自動更新):9,500円

ソフトバンク光は元々NTTの回線網を利用している光コラボであるため提供エリアは非常に広く、当然のことながら後発組のNURO光よりも広いです。

そしてその名の通りソフトバンクのスマホとのセット割もあるのですが、いかんせん最大10Gbpsという明確な売りがあるNURO光に比べると見劣りしてしまいます。

そのためNURO光が提供エリア外だった場合の第二候補としてソフトバンク光を検討するというのがソフトバンクユーザー王道の選び方です。

次に以下の表はNURO光とソフトバンク光の回線速度と月額料金を比べたものです。

NURO光 ソフトバンク光
回線速度 戸建 ・NURO光10Gs:最大10Gbps
・NURO光6Gs:最大6Gbps
・NURO光:下り最大2Gbps/上り最大1Gbps
最大1Gbps
マンション NURO光forマンション:下り最大2Gbps/上り最大1Gbps ・光配線方式:最大1Gbps
・VDSL方式/LAN配線方式:最大100Mbps
月額料金 戸建 ・NURO光10Gs:5,743円/月
・NURO光6Gs:5,243円/月
・NURO光:4,743円/月
2年自動更新プラン:5,200円/月
5年自動更新プラン:4,700円/月
自動更新なしプラン:6,300円/月
マンション 4人:2,500円
5人:2,500円
6人:2,500円
7人:2,400円
8人:2,300円
9人:2,200円
10人以上:1,900円
2年自動更新プラン:3,800円/月
自動更新なしプラン:4,900円/月

ちなみにソフトバンク光はTポイントカードを持っていると非常にお得に利用できます。

Yahoo!BB基本サービス「プレミアムプラン」に加入するとTポイントが14倍になり、さらにソフトバンクサービスを利用すると5倍+なので、合計19倍にもなります。

プロバイダを比較していて「特に決定打がない」というTポイントユーザーはソフトバンク光を検討してみても良いでしょう。

また、ソフトバンク光とNURO光は「ソフトバンクユーザーであればスマホ割」が適用されますが、どちらも「固定回線・IP電話の加入が条件」となります。

例えばソフトバンク光でホワイト光電話に加入した場合は基本料金「毎月467円」で、BBフォンの場合は機器レンタル料金として「毎月467円」が追加でかかってしまいます。

一方NURO光で提供する「NURO光でんわ」に加入した場合は「毎月300円」追加でかかるので、ここでもNURO光の方が若干ながらもお得になります。

どちらにせよ、自宅で固定回線を利用している人やこれから使用する予定の人は問題はないかもしれませんが、特に自宅で固定回線を使用する事がないであろう人は「スマホ割」は1,000円割引ではなくソフトバンク光の場合は大体500円程度、NURO光の場合は700円程度の割引と考えた方が良いでしょう。

ただし先程もお伝えしましたがソフトバンクユーザーは料金や回線速度を考慮すると明らかにNURO光を選択するべきなのですが、NURO光の弱点として提供エリアがかなり狭いと言った事があります。

その為、NURO光の提供エリア外の人はソフトバンク光を選択せざるおえません。

それでは、まとめると

  • 回線速度が高速・料金が安いという事からNURO光はオススメですが、提供エリアがかなり限られる
  • 提供エリア外の人はNURO光を導入する事は出来ませんから「ソフトバンク光」の導入を検討するのが最適

となります。

ドコモユーザー

NURO光 vs ドコモ光

それでは次にドコモ光の基本的な料金を確認していきましょう。

戸建 マンション
初期費用 【フレッツ光利用中の人(転用)】
契約事務手数料:3,000円
最大速度を変更しない場合の工事費:0円
最大速度を変更する場合の工事費:7,600円
【フレッツ光を利用していない人(新規)】
契約事務手数料:3,000円
工事費用:18,000円
【フレッツ光利用中の人(転用)】
契約事務手数料:3,000円
最大速度を変更しない場合の工事費:0円
最大速度を変更する場合の工事費:7,600円
【フレッツ光を利用していない人(新規)】
契約事務手数料:3,000円
工事費用:15,000円
月額料金 タイプA:5,200円/月(契約期間なし:6,700円/月)
タイプB:5,400円/月(契約期間なし:6,900円/月)
単独タイプ:5,000円/月(契約期間なし:6,500円/月)
ドコモ光ミニ:2,700円~5,700円/月(契約期間なし:4,200円~5,700円/月)
タイプA:4,000円/月(契約期間なし:5,000円/月)
タイプB:4,200円/月(契約期間なし:5,200円/月)
単独タイプ:3,800円/月(契約期間なし:4,800円/月)
オプション料金 ドコモ光電話:500円/月
ドコモ光電話バリュー:1,500円/月
ドコモ光テレビオプション:660円/月
スカパー!セレクト5:2,223円/月
スカパー!新基本パック:3,790円/月
スカパー!光パックHD:4,152円/月
ひかりTV:2,000円/月
解約費用 【契約期間ありの場合】
更新月以外の解約(2年単位の自動更新):13,000円
【契約期間ありの場合】
更新月以外の解約(2年単位の自動更新):8,000円

まず大前提として関西に限らずドコモのスマホを利用している人は、スマホ割を提供しているのは「ドコモ光」だけなのでそれ以外選択する余地はありません。

しかもドコモ光は、ソフトバンク光やauひかりと比べて割引額が低いです。

docomo(ドコモ光) au(eo光) SoftBank(ソフトバンク光・NURO光)
セット割(一人) データSパック:500円割引
データMパック:800円割引
データLパック:1,400円割引
データLLパック:1,600円割引
auぴたっとプラン(1GB~2GB):500円割引
auピタットプラン(2GB超~20GB):1,000円割引
LTEフラット:1,410円割引
データ定額10/13/30:2,000円割引
データ定額50GB/20GB/5GB:1,000円割引
セット割(家族) シェアパック5:800円割引
シェアパック10:1,200円割引
シェアパック15:1,800円割引
ウルトラシェアパック30:2,500円割引
ウルトラシェアパック50:2,900円割引
ウルトラシェアパック100:3,500円割引
セット割(一人)×人数(回線)分
※最大10回線まで(最大8,000円)
セット割(一人)×人数(回線)分
※最大10回線まで(最大10,000円)

以上の事から、一人で利用している分はそこまで他社と比べても大きな差は出ませんが「家族」でセット割を利用する場合、信じられないほどドコモのセット割は他社よりも割引額が安くなります。

どう言う事なのかというと、auやソフトバンクは家族何人で利用しても人数分の割引を受ける事が出来ますが、ドコモ光の場合はシェアパックに対して割引が適用されます。

例えば家族4人がauを利用している場合、家族全員がauピタットプラン(2GB越〜20GB)を利用したとすると、1,000円の割引×4人で合計4,000円の割引が受けられます。

またソフトバンクを利用している場合は、家族全員がデータ定額5GBを利用したとすると、1,000円の割引×4人で合計4,000円の割引が受けられます。

一方ドコモは、家族4人でシェアパック10を契約していた場合たった1,200円しか割り引かれません。

確かに他社と比べると割引額は低いのですが、ドコモユーザーがお得に利用する場合は結局のところドコモ光しか選べません。

なので、上記の説明を理解したうえで「少しでも安く抑えたい」ならドコモ光が良いですし、「セット割の割引額に対してそこまで魅力を感じない」と思うなら、提供エリア内であれば回線速度が高速なNURO光を選択しても良いでしょう。

auユーザー

NURO光 vs eo光

次に、関西にお住まいのauユーザーはNURO光の他に「eo光」があります。

まずはeo光の料金について以下の表をご覧ください。

戸建 マンション
初期費用 契約事務手数料:3,000円 契約事務手数料:3,000円
VDSL方式モデム買取:8,286円
VDSL-S方式モデム買取:21,286円
月額料金 【即割+長割】
1ギガコース1~2年目:4,953円/月
1ギガコース3~5年目:4,795円/月
1ギガコース6年目以降:4,543円/月
100Mコース1~2年目:4,667円/月
100Mコース3~5年目:4,523円/月
100Mコース6年目以降:4,285円/月
【通常月額料金】
1ギガコース1年目:5,048円/月
1ギガコース2年目:5,000円/月
1ギガコース3年目:4,953円/月
100Mコース1年目:4,762円/月
100Mコース2年目:4,715円/月
100Mコース3年目:4,667円/月
【VDSL方式】
モデムレンタルの場合:3,524円/月
モデム買取の場合:3,124円/月
【VDSL-S方式】
モデムレンタルの場合:3,791円/月
モデム買取の場合:3,391円/月
オプション料金 eo光テレビ:4,800円~/月
eo光電話:1,039円~/月
eoセキュリティーパック:250円
eo光多機能ルーター(有線ルーター機能)レンタルサービス:無料
eo光多機能ルーター(無線ルーター機能)レンタルサービス:96円
リモートサポートプラス:200円
インターネットサギウォール for eo:350円
eo光PLCアダプターレンタルサービス 1セット(2台):478円
解約費用 設備撤去費用:10,000円(希望者のみ)
【即割申し込みの場合】
1年以内の解約:28,704円
2年以内の解約:14,064円
【即割を申し込んでいない場合】
1年以内の解約:27,000円
1年以内の解約:「通常時 初期費用」と「キャンペーン適用時」の差額一括

関西電力が提供する「eo光」は地元利用者の満足度調査で高評価を得ており、
基本的に関西地方2府4県(滋賀/京都/大阪/兵庫/奈良/和歌山)全てで使用する事が出来ます。

またeo光はKDDI傘下ですのでauユーザーであればスマホ割が適用されます。

一方、NURO光はスマホ割が適用されません。

なので料金を考慮すると関西にお住まいのauユーザーは「eo光」一択となります。

以下の表をご覧ください。

NURO光 eo光
回線速度 戸建 ・NURO光10Gs:最大10Gbps
・NURO光6Gs:最大6Gbps
・NURO光:下り最大2Gbps/上り最大1Gbps
1ギガコース:最大1Gbps
100Mコース:最大100Mbps
マンション NURO光forマンション:下り最大2Gbps/上り最大1Gbps 1ギガコース:最大1Gbps
100Mコース:最大100Mbps
月額料金 戸建 ・NURO光10Gs:5,743円/月
・NURO光6Gs:5,243円/月
・NURO光:4,743円/月
【即割+長割】
1ギガコース1~2年目:〜4,953円/月
【通常月額料金】
1ギガコース1年目:〜5,048円/月
マンション 4人:2,500円
5人:2,500円
6人:2,500円
7人:2,400円
8人:2,300円
9人:2,200円
10人以上:1,900円
【VDSL方式】
モデムレンタルの場合:3,524円/月
モデム買取の場合:3,124円/月
【VDSL-S方式】
モデムレンタルの場合:3,791円/月
モデム買取の場合:3,391円/月

ただeo光のデメリットとしてマンションやアパートなどの集合住宅に戸建タイプを導入する事が出来ません。

例えば、建物自体に光回線を導入していないケースであっても住人が管理人やオーナーに交渉すれば個人で回線業者と契約を結ぶ事が出来る場合がありますが、eo光は2014年8月31日を持って新規申し込みの受付が停止されているので、個人で光回線を導入する事が出来なくなったという訳です。

つまり集合住宅にお住まいの方で「eo光を利用したい!」と考えた場合、マンションやアパートの建物自体で「eo光マンションタイプ」が導入されていなければ、そもそも利用する事が出来ないという事です。

ちなみにeo光のデメリットとしてもうひとつ解約金が高いという事があります。

以下、解約費用を比較した表です。

戸建 マンション
NURO光 【NURO 光G2V】
更新月以外の解約(2年単位の自動更新):
9,500円
更新月以外の解約(2年単位の自動更新):9,500円
eo光 設備撤去費用:10,000円(希望者のみ)
【即割申し込みの場合】
1年以内の解約:28,704円
2年以内の解約:14,064円
【即割を申し込んでいない場合】
1年以内の解約:27,000円
1年以内の解約:「通常時 初期費用」と
「キャンペーン適用時」の差額一括

このようにeo光は1年未満で解約すると2万円以上請求されます。

更にeo光テレビには最低利用期間が設けられている為、テレビとセットで申し込んで1年未満で解約すると追加で更に請求される事になるので引越しや転勤が多い人は注意する必要があります。

料金的にauユーザーは、スマホ割が適用される「eo光」を選ぶべきですが、
NURO光は「業界最速の最大10Gbps」が実現可能ですので、仕事で大容量のファイルの送受信をする事が多かったりオンラインゲームをよくプレイする等「速度重視」の方はNURO光を選択するのが最適です。

それでは、まとめると

  • 料金を重視するなら、auのスマホ割が適用される「eo光」がオススメ!
  • インターネットを使用するうえで「高速通信」を要する人はNURO光がオススメ!

となります。

料金を安く抑えるか、高速通信が必要なのかで選択する回線は異なりますので、
まずは自分の通信量を把握するのが大切です。

関西のNURO光の口コミ・評判

関西のソフトバンク光の口コミ・評判

関西のドコモ光口コミ・評判

関西のeo光の口コミ・評判

まとめ

以上で関西のお住まいの方が選ぶべき回線についてまとめると…

  • ソフトバンクユーザーは回線速度が高速で料金が安いNURO光が一番オススメ!
    ただしNURO光は提供エリアが限られる為、提供エリア外の人はソフトバンク光を選択するのが最適!
  • ドコモユーザーが光回線をお得に利用するなら「ドコモ光」、auユーザーが光回線をお得に利用するなら「eo光」

となります。

例えば、仕事で動画などの大容量のファイルを送受信したり、FPSなどのオンラインゲームをプレイするなど「高速」でインターネット楽しみたい人は「NURO光」が最適です。

つまりドコモユーザーやauユーザーは「料金重視」で選択するのか、「通信速度を重視」するのかで選択する回線が異なるという事です。

ちなみに回線によって提供エリアとされている府や県であっても、一部の市町村では提供されていない事があります。

まずは「提供エリア」をしっかり確認してから回線を選択しましょう。

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。